カテゴリー「日記」の投稿

2022年9月23日 (金)

初めて知ったアオハダの実

昨日も 体操の後いつものように池の方から日本庭園に向かいました。歩きはじめてすぐ、池の傍で足元の草に混じって小さな赤い実が散らばっているのに気がつきました。見上げると緑の葉に映えて赤い実が鈴なりです。

ここにこのような樹があったなんて❕
もう何年も通っている公園で、しかもよく歩いている場所ですよ。何で今まで気がつかなかった??
「アオハダ」と名札が付いて居りました。
はじめて知る名前だったので、すぐベンチに掛けて検索しました。

モチノキ科の落葉樹、雌雄異株で5~6月頃に目立たない花が咲く。
コショウの果実に似ているので別名「コショウブナ」
クマが好んで食べる。
新芽を乾燥させて「弘法茶」として飲用。
樹皮は爪で容易に剥がれて緑色の内皮が現れるのが名の由来。
とのことでした。
Photo_20220923144801

もう一つ、リョウブも実を付けて居りました。
こちらも落葉樹ですが、花は小花が集まって房状に垂れ下がって咲くのですぐ分かります。
Photo_20220923150601

日本庭園の彼岸花、今年は少なくて 一寸寂しいな~
Photo_20220923150604

体操場所の脇に咲いた彼岸花も少なめです
Photo_20220923150603

前回最後と思った蓮は、その後 新たに二つの蕾が立ち上がって咲きました。その後蕾は見当たらず、ホントに終わったかな?

昨日は曇りの予報でしたが、良く晴れました。
思いがけず 気持ちの良い青空、秋の雲が広がって居りました。
Photo_20220923150602

ひろびろとさと刷きすとのび秋の雲   富安風生

獄塀に添うてゆく道秋の雲       飯田龍太

昔、就職して上京し、叔母に付添ってもらって行った就職先は巣鴨刑務所の隣でした。長い壁があって、残業で遅くなった帰りは何となく怖かったこと思い出しました。








 

| | | コメント (2)

2022年8月22日 (月)

8月20日の公園

このところ 気温が30度を超えず、過ごしやすいです。
雨も降って水遣りも少なく、楽ですね。
体操が夏休み中も公園に行くつもりだったのに、猛暑日もあって、最終日に1日行っただけで終わった夏休みでした。
休み明けの今日は、東電から設置したエコキュートの確認に来るとのことで、休みました。
3ヶ月掛かると言われたエコキュートは1ケ月足らずで設置されました。追い焚きも出来るようになって良かったです。

8月20日の公園です。
一日曇りの予報でしたが、午後2時頃、家を出る時に降り始めました。雨もまた良しと 傘をさして出かけて、30分。公園に着くと止みました。雨に濡れた赤いサルビアが一段と鮮やかに見えました。

雨に濡れサルビアいよよ鮮やかに    蘖

Photo_20220822140301

高砂百合が、あちらこちらに咲いています。
園内何処も蝉時雨。空蝉も沢山見かけます。

空蝉にものを見る目のなほ残り   片山由美子


Photo_20220822142401

放送塔脇の藤棚から航空公園駅方面出口近くまで、案内図では沈床茶園と書かれていますが?今はボランティアさん協力の花壇&広場になってます。
飛行場の滑走路だった場所と聞いてます。
Photo_20220822144701

飛行機の形をした花壇ですが~
上から見ないと分かりませ~ん。
Photo_20220822144702

ピンクの日日草が咲いて
Photo_20220822150201

マリーゴールドには 赤とんぼ&モンキチョウ
Photo_20220822145402

Photo_20220822145401

珊瑚樹(サンゴジュ)の赤い実も、先日より きれいに見えました。樹下に実の付いた枝が幾つも落ちていて、風で落ちたのか?小鳥さんがちぎったのか?
Photo_20220822151301

日本庭園の蓮は未だ咲いてます。
昨年より殖えてるかな~?
Photo_20220822152501


2月頃、10往復して膝が痛くなった40段の石段。
久しぶりに登ってみました。
途中で蟻さんが蝉の翅を引いてました。
暫く見ていたら、もう1匹寄ってきて2匹になった。
並んだり離れたりしながら、石段の上に上げようとしています。
1匹が上から翅を持ち上げたら、反対側にいた蟻は振り落とされて、下でウロウロキョロキョロしてました。最初の蟻さんはどっちだった?
上に上げた翅は 石段脇の草むらへと運ばれていきました。
Photo_20220822153501

私の膝は何ともなく、調子良さそうなので3往復しました。今度は過ぎないように気を付けて、また昇降してみましょう。














 

 

 

| | | コメント (2)

2022年1月 9日 (日)

雪 翌日の公園

1月7日、初積雪の翌日、4週間ごとに通う医療センターの後、時間があったので、公園まで行ってみました。
人影はまばらで、池には広く氷が張っていました。
Img_6795

Img_6804

Img_6800

鴨たちは寄り固まってあまり動かず・・・
 ああ鴨よ凍れる池は寒からう   蘖
Img_6798
Img_6801

Img_6803 

雪を被った蝋梅、美しいかも?
期待は外れ、花に雪は見られずでした。
蠟梅の花をアップで撮りたいのに、いつもピンボケばかり、なかなか撮れません。
Img_6805

Img_6808

日本庭園では、水仙が雪にひれ伏していました。
払ってあげたいけど、柵があって入れずです。
Img_6810

2日前の写真です。
私の好きな水仙の一句
 水仙や古鏡の如く花をかゝぐ   松本たかし
Img_6791

ひこうき広場の飛行機、いつもと違う?
雪で幅広の縞模様が出来てました。
Img_6811-2

 新しき年新しき雪降らせ   細見綾子
雪から3日目の今日、未だ北側の路上には凍った雪が残ってます。
回り道しても雪の無い道を歩こうと思います。



  



 

| | | コメント (4)

2020年4月25日 (土)

 下新井熊野神社

公園の体操が中止になって十日。
園内の散策は 自粛しております。
家に籠って居るばかりではいけない、少し歩こうと。
やはり、公園方面に足が向いてしまいます。
きょうは東川に沿って歩き、東川に面した熊野神社にお参りしました。
まだ新しいこの鳥居は平成27年10月の建立で、タイムカプセルが埋設されていると。
Photo_20200425143201

参道入口に咲いていたコデマリ
Photo_20200425143002

境内に入ると二の鳥居があり、右手の手水舎は感染防止のため、手水の杓は置きませんと。
Photo_20200425143007

この二の鳥居には大蛇が巻き付いて、睨みを効かせていました。
入口の説明版によると、昔、御神木に大蛇が棲み、参詣の人や、境内に遊ぶ子供がこれを見ると、原因不明の高熱や病に罹るため、毎年新しくお姿を作り替えお祭りするので災いのないようにお願いしたところ、現れなくなったとのこと。大晦日の夜、近隣の人々二十余名が奉仕して、藁で大蛇や注連縄を作り、午前零時の一番太鼓のなか懸替を行っている。とのことです。
Photo_20200425152101

鳥居を潜って拝殿へ
Photo_20200425152701

子狛犬と一緒の狛犬にほっこりです。
台座には彫刻が施されていました。
きれいに撮れなくてすみません。
Photo_20200425155701

鈴緒には、素手で触らないようにとの注意書きが付けられていました。
新型コロナがこれ以上拡大しませんように、ワクチンや治療薬が一日も早くできますようにとお願いいたしました。
Photo_20200425154201

拝殿の奥が本殿ですね。
Photo_20200425143008

本殿左脇の境内社
Photo_20200425160801

境内脇の参道に咲いていました。
この先の鳥居を出ると、国道の向こう側は航空公園です。
Photo_20200425160901

境内を東川の方に戻って、航空公園駅方向に歩きました。
これは花菖蒲かな。
Photo_20200425143004

この先、左手が航空公園駅。
二つ見える建物の右が所沢市役所。
道路の向こうは航空公園です。
Photo_20200425162301

駅前に展示されたYS‐11。(駅までは行きません)
このYS11機は平成9年4月13日の大島→東京を最後に引退したと。
また、日本の民間航空におけるYS‐11は平成18年9月30日を以て全て引退したと説明版にありました。
ハナミズキの中では可愛い小鳥さんがチョコチョコと動いてましたが、葉の陰で撮れません。
Photo_20200425143003

帰り道、市役所裏の図書館の所からちょとだけ公園に入ってみました。
誰もいない万葉植物園にチゴユリが咲いていました。
懐かしく、嬉しかったです。
昔、実家の裏山に咲いていたのですよ。
Photo_20200425143005

















 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | | コメント (8)

2020年2月11日 (火)

公園散策 池の氷、シジュウカラ、他

昨日2月10日の朝は、この冬一番の寒さでした。
体操だけのつもりで 公園に出かけたのに、やっぱり園内を歩いてしまいました。
いつもは行かない池に行ってみると、あら、少し氷が張っていました。
鴨たちも冷たいでしょね。
Photo_20200211153003

日本庭園の池にも氷が張っていました。
錦鯉は池の縁に集まってますが、時折 ゆ~くりと泳いでいました。
立春は過ぎましたが、寒鯉の風情。
Photo_20200211153004

池の鴨を見ていた時、池の上を、木から木へ飛び移る小鳥たちがいました。
素早くて、撮れません。たまたま、目の前のアカマツに止まった小鳥を撮りました。
シジュウカラでしょうか? 春に備えての巣作りかしら?
Photo_20200211153001

今まで、梅園と日本庭園の梅ばかり見ていましたが、時計塔の近くで、一本の白梅が 見ごろになっていました。
Photo_20200211153006

日本庭園の梅はもう少しかなぁ…
Photo_20200211153005

蝋梅は衰えはじめましたが、まだ、香りが漂っていました。
Photo_20200211153007

日本庭園の入口前を野球場の方へ少し下った左側に、フォール大佐の胸像が建っています。
背後の白梅が咲き始めていました。
フォール大佐は、第一次世界大戦後、日本の航空技術の指導のために、フランス航空団の団長として来日しました。
昨年4月に100周年の記念イベントが開催され、 記念の枝垂れ桜が植樹されました。
Photo_20200211211102

当初、大佐像と来日した団員の名前を刻んだプレートが設置されてましたが、第二次大戦時に取り外され、所在不明になりました。戦後、大佐像を復元し、プレートは別のものになっていましたが、フランス大使館&フランス航空宇宙工業会より、オリジナルを復元したプレートを贈られて、建立当時の姿になったとのことです。(所沢市ホームページ参照)
上の大佐像の写真は名前を刻んだ新しいプレートです。

名前を刻んでない旧プレート(2年ほど前に撮りました)
Photo_20200211211101



 











| | | コメント (6)

2019年10月14日 (月)

ベランダからの雨漏り

 19号台風は、堤防の決壊、河川の氾濫、土砂崩れなど、甚大な被害を各地にもたらしました。被害に遭われた皆さまには、心よりお見舞い申し上げます。

前日は台風に備えて窓にテープを張ったり、鉢の移動や固定など済ませ、当日は雨戸を閉めたまま、時々玄関から外の様子を見ていました。携帯にレベル3の通知が入り、とりあえず非難の準備もしました。

レベル4になったらと思っていましたが、夕方には主人がもう行こうと・・・暗くなったからでは何が飛んでくるか分からないし、家の屋根が飛ばされたらどうする。と強く言われてしぶしぶ小学校の体育館に避難しました。初めての経験です。
夜の10時ごろ玄関から外を見ると雨も余り降っていない様子。11時過ぎ、壁に積んであった毛布の空のダンボール箱が次々に運ばれていきます。大部屋を覗くと、沢山いたはずの人達が疎らでした。もう、大丈夫と、私たちも帰ることに。

帰宅してテレビを見ると多摩川など 大変なことになっていました。
就寝前(午前1時過ぎ)雨戸を開けたら、まあ、きれいなお月さま! 周りに赤い輪が掛かってました。
十三夜の翌日の月ですね。
道路に すーとライトが走り、何かしらと思ったら、朝刊の配達です。
こんな時間にとビックリしました。

翌朝、1階和室の畳に染みが二ヶ所? 天井を見上げたら、雨漏りしてました。
Spa132057-2

この真上に私が寝ていたんです??? おねしょはしてませんよ(笑)
起きて来た主人言ったら、これはベランダからだと。
畳をあげて、下に張ってあった板を外すと、やっぱり・・・
畳の下はこのようになっていたのですね。はじめてみました。
Spa132058

ベランダ側の細く暗い隙間に水が溜まっていました。
Spa132064

雑巾で何度も何度も水を吸い取りました。
Spa132063-2

水を取り除いた後は、小型扇風機で乾かしました。
天気も良く 風もあって良かった。
Spa132065

張ってあった板を元に戻し、取り合えず完了。
お疲れ様でした。ありがとう‼
肝心のベランダはどうする?
プロにお任せしたらって言ったけど、主人は自分でやるつもり。ホームセンターで刷毛やら塗料やら色々と買ってきたみたいです。
「大工さんのようなことも出来るのね。」と言ったら、「昔、色々なバイトをしたからね。」って。
Spa132067

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | | コメント (10)

2019年8月20日 (火)

公園散策

健康体操の夏休みが終わり、遠のいていた公園の散策を再開しました。
園内は蝉の声があふれ、体操後の合唱は聴き取れなくても、蝉の声は分かります。
ミンミン蝉、油蝉、ツクツクボウシなど。
ツクツクボウシの姿は見えずでした。
上がミンミン蝉、下が油蝉
Photo_20190820132806

空蝉は草木の葉裏から樹の高いところまで、かなり混み合ってます。
Photo_20190820132805
Photo_20190820134501

たった一本の蜘蛛の糸が頼りなの。
4_20190820132801

向かうの緑が透けてる~
1_20190820132801

サンゴジュの赤い実。もう少し濃い色になりそう。
かなり実が落ちてしまったみたいですが、未だこれからなの?
Photo_20190820132804

サンゴジュの木陰から
Photo_20190820132803

逆にサルビアの方から見たサンゴジュ&放送塔
Photo_20190820132802

キバナコスモス、黄色とオレンジ色が咲いていました。
Photo_20190820132801

テッポウユリに似ているけど、葉が細いので、高砂百合かな?
園内のあちらこちらに咲いています。
Photo_20190820132807

百日紅が咲いて、蕾だった蓮が開いたかも・・・
また、次回に

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | | コメント (6)

2019年1月30日 (水)

公園散策

昨日は風が強くて、公園の体操を休もうか 一瞬迷ったけど、出かけました。

園内の立木は風除けにもなります。

先ずストレッチ。
両手を大きく広げ  仰いだ青空に鈴なりの実が・・・
毬栗のような ま~るい実がありました。                                  3                 
体操をしていた時、 大きな葉がゆらゆらと落ちて来たプラタナス。
今はすっかり裸木です。

実が落ちていないかと 落葉の中を探したらありました。                   Photo_2
の中には細長い種がビッシリ入っていました。        

ウォーキングコースを挟んで 向かいの枯芝にユリノキがあります。
ユリノキと言いますが、初夏にチューリップのような花が咲いてましたね。              Photo_4                      一本は上の方で折れてます。

見上げると 枯れたままの花の姿が枝に残っていました。
花後の種は冬の間 枝に残っているとのこと。                     Photo_5

枝先の冬芽がしっかりと春を待ってます。                                         Photo_6        

こちらも 春を待つシャクナゲ。           Photo_7    
ですが・・・これは花芽か? それとも葉芽?
ふっくらとしていたら花芽、ほっそりなら葉芽とのことですが~

馬酔木の蕾が膨らんで 、楽しみです                                                   Photo_9

昨日と今日と池の周りを歩きました。
きょうは日陰になる所に 薄っすらと氷が張っていました。
クリックで拡大します                                                        Photo_11  

池の鴨は 同じ方向に進んだり                                           2

うとうとと 眠っていたり                                  4

丸まって日向ぼっこも                                     1  

1羽だけ すいすいと前進したり                              5  

羽繕いをしていたり                                          P1307488_2

きょうは色々と鴨の仕草を見てきました。

昨日の鴨の様子                                        Photo_12  

帰宅後、山口誓子の鴨の俳句を勉強しました。                

ぢりぢりと鴨の大群移動する


八方に向き鴨の向定めなし


浮くは鴨かと問ひ佳き句得たるらし

  

立ち並ぶ杭にて鴨も立ち並ぶ

 

羽搏けば鴨の翼の大いなる

     

鴨の意のまま右往する左往する

全て山口誓子の句ですが、次の一句、特に惹かれました。


 海に鴨発砲直前かも知れず 山口誓子




hikobaeの鴨の一句 (昨年の春)

 鴨去りて蝌蚪の天下となりにけり

まだ、おたまじゃくしの季節には早すぎますね。

 

 

 

 

 

 

 

 



                                                      
  
                                                   

| | | コメント (4) | トラックバック (0)

2019年1月 7日 (月)

金山公園へ

1月5日、3月のように暖かく、風もなく、雲一つない青空が広がりました。
家に居てははもったいない良い天気。
一緒に歩きませんか?と主人を誘って、清瀬の金山緑地公園に行きました。
3月下旬に桜を見に行った公園です。                                  
                                  
家を出たのは午後1時40分頃。
柳瀬川は河川工事中です。
水が無くなった川の中に白鷺が5羽、何かを啄んでいます。
白鷺と言いますが、鳥の名前ではなく、「白い鷺」の総称とのことです。 
流れていた川の水はどのようにして消したのかしら?         
Photo_6

Photo                      

途中のカタクリの群生地を通ると、道端に腰を下ろし、草むらに カメラを向けている人がいます。近づいて その先をみると、鳩ぐらいの大きさの鳥がいました。
何ですか?
小綬鶏だよ
これが小綬鶏、名前だけは知っていました。
手前に2羽、その奥に2~3羽、さらに奥にもいるとの事。
あまり近づけないし、ちょこちょこ動くし、上手く撮れません。
やっと一枚                                                   Photo_3   
 
公園に着いたのは3時頃                                        Photo_4                       
                   
日本三大桜で有名な三春滝桜の子孫の木(花芽は未だ固い) 
満開の姿を思って・・・                                     Photo_5                       
                    
池には鴨の他、クイナもいました。                                P1057166                       
                   
石のベンチに腰かけて一休み。
持っていたビスケットを小さく砕いて投げると鯉が寄ってきます。                Photo_8                       
 
日本水仙が咲いていると思って来たのですが、もう、遅かったみたい。
思ったほど咲いていません。                                       Photo_9


川に沿って黄色い実を沢山付けた木が並んでいました。
対岸から見た時、枯葉ではなさそうと思いましたが、やっぱり。
実の中心部分に未だ少し青みが残っています。
何かしら?主人も知らないと。
やっと手が届くところの小枝を一つ折取ってくれました。
帰宅後に調べた結果、センダンですね。
花は5月ごろに咲くとの事。                            Photo_10                        
                   
帰り道ハクモクレンの蕾が膨らみ初めていました。                        Photo_11                      
橋の下に三脚を立てたカメラが6~7台、全て同じ方向で何か撮っています。
行く時にもいたので、ず~と何か狙っているのですね。
後ろをそ~と通った時、何か小鳥の鳴き声がしたような・・・
と思ったら、対岸の小さな木から小鳥が一羽飛び出してこちら側に・・・
その一瞬を撮る方たちだったようです。
小鳥は何かしら?
カワセミ?                                                   
                                                 
帰宅するともう4時半近くになっていました。
 
 
 

| | | コメント (4) | トラックバック (0)

2019年1月 3日 (木)

謹賀新年

明けましておめでとうございます
昨年は拙いブログにお付き合いを頂きまして有難うございました。
本年もよろしくお願い申し上げます。   

                          
例年通り、家族5人で迎えた元日。
お節も例年通り・・・
黒豆とお雑煮は私が、八頭、牛蒡、田作り、なます は夫が作りました。
今年は 大晦日に次男夫婦がお友達のお母様から頂いた味付け煮卵が加わって 日の出のイメージも。
黒豆は所々に松葉を挿せば良かったと、以前は長呂儀を添えてました。
丹波篠山産で、作り方は袋に書いてある通り。
煮汁から出してもシワになりません。
その他は市販品で・・・
料理苦手主婦と 料理もマメな夫と二人で作ったお節。         Photo
重箱は私たちの結婚のお祝いに、山仲間の友人二人から頂いた春慶塗。
四十数年、お正月だけ、大事に使っています。

お雑煮を頂いた後は 氏神様へ初詣。
穏やかな元日日和の境内から見た初富士。
電線が邪魔~ 仕方ないね。                                     Photo_2

午後は、夫と次男が水槽の掃除
大きな水槽で大変なんです~
水槽の主は次男が結婚した時に 次男夫婦が買ったスッポンモドキ。
香港への転勤で預かって以来、帰国後もず~と夫が世話をして、17年。
体長を測ってみることに・・・
でも、嫌がって動き回って、正確には測れず終い。
55cmぐらいかなって・・・                                   55cm

後何年?
次男は 飼育状況によっても寿命が決まるんだよって・・・
仕事も大変かと思うけど、日本に居るんだったら、もう少し面倒見て欲しいなって スッポンモドキ君が言ってますよ~                                           Photo_4   
 
今年も また お付き合いのほど宜しくお願いいたします。  

| | | コメント (4) | トラックバック (0)