カテゴリー「日記」の投稿

2023年1月21日 (土)

青木の実

青木の実がゆっくりと色付きました。
Photo_20230115132001

つややかにかたまりうれて青木の実  岡崎莉花女

夜に雨が降った翌日、反り返った葉先に雨水が溜まってました。
Photo_20230121154801

昨夜(よべ)の雨ひと葉に留め青木の実  
この句、三段切れかと思い訂正。

昨夜の雨とどめし一葉青木の実

夜の雨をとどむる一葉青木の実     

やっぱり変だ。
推敲の堂々巡りの始まりです。
留む、に拘り過ぎたみたい。

青木の実その葉に昨夜の雨雫   蘖

これが一番スッキリするかな?

 

トベラの実はすっかり割れて 赤い種が零れそうです。
Photo_20230115132101


この実が分かりません。ヒヨドリジョウゴの実かしら?
Photo_20230121164601


一昨日は句会でした。
先生に3句(入選2句、佳作1句)とって頂きました。
また会員の1番良いと思った句では2句選んでいただきました。
内1句は先生の選外でしたけど。

先日の出初準備の句は、更に推敲し、ダメもとで季重なりで投句しました。
山茶花のかなた出初の矢倉建つ
やはりダメでした。
山茶花を生垣にしなさいと。
生垣のかなた出初の矢倉建つ

自分としては山茶花が良いのですが。
どっちみち駄句は駄句でした。

 

| | | コメント (2)

2023年1月10日 (火)

冬ぬくし

成人年齢が18歳に引き下げられて初めての成人の日、9日は良く晴れて暖かく申し分のない日和でした。新成人の皆様おめでとうございます!

公園を歩くと汗ばむようで途中1枚脱ぎました。
枯芝の丘にはテントが張られ、子供たちは凧揚げを楽しむ。この平和な景色に ウクライナのことを思い、なんとも悲しく切なくなりました。

国安く冬ぬくかれと願ふのみ   高浜虚子

Photo_20230110144601

枯芝に日ざしは語る如くあり     稲畑汀子

凧の尾の空にからまる物もなし   石井露月

ははそはの母の温もり枯芝生      蘖

 

飛行機を囲むフェンスのピラカンサスの実が見事です。
Photo_20230110144501

飛行機の説明版がありました。
文字が薄れて読みにくいですが、写真のクリックで拡大します。
Photo_20230110154901
Photo_20230110144402

冬空をいま青く塗る画家羨(とも)し   中村草田男

 

きょうは体操の休み明けでしたが、月一の内科の通院日。終って時間があればと思っていましたが、待ち時間ばかりが長くて、やはり行けませんでした。一寸残念。年末は勘違いして、休みに入った日に行ったりしてました。ダメですね(>_<)
               

| | | コメント (2)

2023年1月 8日 (日)

短き日

七草が過ぎ、少しは日が伸びましたが、まだまだ暮れるのが早いですね。
午前中に通っていた公園の体操は9日まで冬休み。
久々 午後から公園に行きました。
家を出たのが3時過ぎ、公園まで徒歩30分。
園内を少し歩いただけで帰宅しました。
歩数計のために行ったようなもので、沈む太陽を樹の幹に隠して撮りました。
その時の写真がこの1枚
Photo_20230107211701

せはしなく暮れ行く老の短き日   高浜虚子

その夜、歩数計の電池切れで電池を交換したら歩数は継続しているのに、時間表示が全く違います。
翌日、保健センターのタブレット端末に翳してもダメで、係りの職員さんに見て頂いて、やっと正常に表示されるようになりました。
やれやれ、ホッと 公園に向かいました。

彩翔亭の門と門松
Photo_20230107214601

門松にこぼれてありぬ龍の玉   中村汀女

日本庭園の池には薄く氷がはって、鯉の姿は見えず、岩陰に固まっているのでしょう。腰の曲がった錦鯉がゆっくりと氷の下から出てきました。
Photo_20230107215401

寒鯉の静かにむきをかへにけり   保坂文虹


築山の日本水仙
我が家の日本水仙は地植えは咲きますが、鉢植えは 大事に育てているのになかなか咲きません。
Photo_20230107215406

水仙のしづけさをいまおのれとす   森 澄雄

 

臘梅園の見頃は未だですが、咲いている樹もあり、訪れる人もちらほら 見かけます。Photo_20230107215405

臘梅に雀の来啼く日和かな   内藤鳴雪

 

臘梅園脇の道に沿って山茶花が咲いてます。
遠くに見える赤い車は消防署の車で、翌日の出初式の準備をしていました。
Photo_20230107215402
Photo_20230108154201

垣根越し出初準備をながめけり    蘖

山茶花や出初準備を遠く見て
と作句しましたが、季語が2つだと気がつき訂正しました。

 

ウォーキングコースの傍に 小さな黒い実が沢山散らばってました。見上げると大きな樹にいっぱいの実がついてます。葉と幹を見ると これは楠ですね。
Photo_20230107215407

艶があって綺麗な実を幾つか 拾って来ました。
実の大きさは、大豆より少し小さいです。
青大豆と比べてみました。
Photo_20230107215404

少し前に拾った茶の実と一緒に暫く飾って置きましょう。

 

| | | コメント (2)

2022年12月25日 (日)

12月の公園

あれよあれよと日が過ぎて今年も残り少なくなりました。
相変らずの公園通い、体操は28日まで、柔力球の練習は先週で終わりました。
12月の園内散策は3日ほどでした。
12月に入ってもまだ紅葉が見られました。

            12月2日
1202 

12月7日
Photo_20221225145902

12月9日
Photo_20221225145901

夕映に何の水輪や冬紅葉    渡辺水巴
幾行幸ありけん離宮冬紅葉   大橋桜坡子


山茶花は真っ盛り、気持ちよく晴れて1万歩越えの散策です。駐車場の入口以外 3方向の山茶花垣が見事でした。
Photo_20221225153101

赤い山茶花とピンクの山茶花が重なると華やかです。
Photo_20221225153102

霜を掃き山茶花を掃くばかりかな     高浜虚子
山茶花の葉にささやいて落ちしかな    原 月舟


日本庭園では白い椿が咲いていました。
控えめで清楚な感じが好きです。
落ちている赤い花弁は山茶花です。
Photo_20221225154401

赤い椿白い椿と落ちにけり   河東碧梧桐


開花1日目から4日目まで毎日通って観察した蓮は、枯蓮に・・・
Photo_20221225155901

枯蓮をうつす水さへなかりけり   安住 敦


日本庭園の流れの脇に咲いた石蕗の花
Photo_20221225160301

石蕗黄なり文学の血を画才に承け   富安風生
落つ雨にすぐ掃きやめぬ石蕗の花   中村汀女


八つ手の花
我が家の八つ手は24年も前からあったのに、今年の夏に何故か枯れてしまいました。残念(>_<)
Photo_20221225161301

八つ手散る楽譜の音符散るごとく   竹下しづの女


池の傍の梅もどき、今年はじめて気がつきました。
Photo_20221225161901

若き日のちちにははゐて梅もどき   加藤楸邨


すっかり葉を落とした園の景色。
冬木の影が印象的です。
Photo_20221225162501

大空に伸び傾ける冬木かな     高浜虚子
触るるものなくて枯枝穹に張り   桂 信子

楪(ゆずりは)の実を見つけました。
楪は 我家では門松の飾りに使ってます。
何本も並んでいるのですが、実の付いている樹と付いて無い樹があります。
葉柄が赤い樹と白い樹があって、実はどれも白い方の樹についてました。
Photo_20221225163601
Photo_20221225163801

盆の上に枝楪の逞しき   長谷川かな女


公園の帰り、保健センターの山梔子です。
Photo_20221225164501 

山梔子の実のみ華やぐ坊の垣   貞弘 衛

きょうはクリスマス。我家では何もなく、いつも通り。
明日から年末の掃除を頑張りましょう。

 

 

| | | コメント (2)

2022年12月 1日 (木)

11月最後の公園散策

11月26日
降ったり止んだりのハッキリしない天気。
9時半に降っていれば体操は無し。
降ってないので 支度して出かけようとしたら~
シッカリ降ってました。
でも、郵便局(ATM)までと出かけ、ついでなので公園まで行くことに。途中雨は止みました。体操を始めると 又 降り出したので中止、解散に。
私は、傘をさして散策することにしました。
その後も降ったり止んだりの繰り返しでした。
前回から1週間経った園内の紅葉は違いますね。


先ず 池の周辺から
Photo_20221201115001

3_20221201115001

2_20221201115001


日本庭園正門前
Photo_20221201125601
Photo_20221201125602


日本庭園内の紅葉
Photo_20221201125703
このもよりかのも色こき紅葉かな   与謝蕪村


Photo_20221201125702

Photo_20221201125704

Photo_20221201125701


何本か纏まって紅葉が見られるこの場所、この紅葉が一番好きです。
Photo_20221201125902


歩いて300歩のサルビア花壇の続く道
Photo_20221201125901


山茶花の垣根
Photo_20221201130003
山茶花の垣根に人を尋ねけり   正岡子規

山茶花も見頃に
2_20221201135201


満天星紅葉(ドウダンモミジ)
冬芽も出来てます。
Photo_20221201130002


ピラカンサスと蔦紅葉
Photo_20221201130201
蔦の葉は昔めきたる紅葉哉   松尾芭蕉

帰りに とことこマイレージの歩数送信で立ち寄った保健センターの千両が綺麗でした。
Photo_20221201130202
われ富めり千両万両くれなゐに   山口青邨




| | | コメント (6)

2022年11月21日 (月)

晩秋の公園(11月16日、18日)

柔力球の練習が無い日の公園です。
この日珍しく、鴨の群に一羽の鷺が来ていました。
アオサギでしょうか?

白鷺の孤高を余所に鴨の陣   稲畑廣太郎

Photo_20221121134301

池の傍のメタセコイア並木の黄葉です。
下の方の枝から黄葉してますね。
Photo_20221121134901

これも池の傍、ヤマモミジと名札が付いてますが、イロハモミジとの違いは?イロハモミジより葉が大きいとのことですが、見分けるのは難しいかも?
Photo_20221121135701

これはイロハモミジと思います。
何本か纏まって観賞出来ます。
Photo_20221121140101

紅葉の遅速も きれいです。
Photo_20221121140201

散った紅葉を集めて放り上げて・・・
楽しそうでした。
Photo_20221121141001

イロハモミジと山茶花

山茶花のふちのくれなゐ日あたれる    森澄雄

Photo_20221121141801

山茶花には蝶が、ツマグロヒョウモンに似てるけど?
Photo_20221121142001

トウカエデ
Photo_20221121143301

トチノキ
マロニエと同じかと思いましたが、似ているけど違うとのこと。
Photo_20221121143901



日本庭園の紅葉と枯蓮

蓮枯れて泥に散りこむ紅葉かな    正岡子規

蓮枯れて眺めてふものなき眺め    富安風生

Photo_20221121140701
Photo_20221121141201

ツワブキの花が咲いてました。
毎年此処に咲きます。

いつも咲くところすなはち石蕗の花    山口青邨

Photo_20221121141401

薔薇園の薔薇

冬薔薇一輪風に揉まれをり    高浜虚子

Photo_20221121144401

ふと 見上げた空に白い昼の月、見ていると 月に向かって飛行機が・・・ グッとタイミングでした。
Photo_20221121145101

蜻蛉は 水辺(と言っても水の少ない泥面状態)で産卵中でした。
Photo_20221121145401

蜻蛉の産卵について調べてビックリ Σ(´∀`;)
種類によってさまざまな場所&方法があると知りました。
それは決まっているので、環境が変わって場所や方法が使えないと、卵が産めず 姿が消えていくとのことでした。

















 

 

 

| | | コメント (4)

2022年11月 6日 (日)

公園の紅葉(11月3日&4日)

11月3日 
柔力球の練習の後、紅葉が気になって、池の周りだけ 一周することに・・・
久々にJtrimの枠を使ってみました。
忘れずに何とか出来ましたが~

この枠(ブラインド縦横)は写真端の色が薄いとダメですね。  

Photo_20221106132801

トウカエデの紅葉が綺麗でした。(横ブラインド枠)
Photo_20221106133001

(立体枠のみ)
Photo_20221106133002

もうこんなにも 散っていたのですね。
Photo_20221106133801

11月4日
指導員さんも、教えてくださる会員さんも都合が悪く、柔力球の練習は無し。
何日ぶりかしら? 園内散策です。

カツラ
Photo_20221106140001

ケヤキ
Photo_20221106140202

ユリノキ
Photo_20221106140101

ゆっくりと楽しんだ園内の景色

日本庭園前のイロハモミジ
Photo_20221106140201

紅葉眺めてベンチでゆっくり・・・
Photo_20221106140203

紅葉の向こうに建ち並ぶビル
Photo_20221106140204


子供広場
孫はいないけど、子供たちの遊ぶ姿に癒されます。
Photo_20221106140302

銀杏並木  まだ少し早いようです。
Photo_20221106140205

出口に向かうケヤキ、イヌシデ、アカシデ等の並木
Photo_20221106140301

落葉はユリノキの落葉です。
お手入れ管理される方がいらして、私たちは楽しむことが出来るのですね。
感謝です。
Photo_20221106140303

紅葉の見ごろには一寸早かったみたいです。


昨日は八国山緑地のハイキングに行ってきました。
句会の7名参加でした。
この公園で知った幾つかの樹に出合って嬉しかったです。

| | | コメント (6)

2022年10月25日 (火)

雨の公園&柘榴の実

10月 24日 AM9:30 それまで雨は降ってなかったのに、出かけようとしたら、シッカリ降ってます。迷いましたが、10頃から止むとの予報。体操は10時からなので、柔力球のラケットも持って出かけました。
公園に着くと 指導員さん二人が帰るところで、他の人たちは皆帰られたとの事。
雨は降ったり、止んだりの繰り返しです。
せっかくなので少し歩くことに。

園内 今は薄紅葉です。
Photo_20221025151501

Photo_20221025151201
なつかしき旅はるけしや薄紅葉   稲畑汀子

Photo_20221025151202
家の近くでは一面に咲き乱れている背高泡立草 ですが、ここではほんの少し。
俳句には長すぎる名前です。アキノキリンソウともいうようですが、別の花のようですし、風声編歳時記にはありません。
朝日新聞社の草木編歳時記(秋の巻)1998年11月発行に泡立草、秋の麒麟草で記載された句がありました。
その中から1句
廃線路泡立草に占められし   安原 葉



Photo_20221025151502
池の縁に柿の木があって、実も付けましたが、もうありません。
ひと際鮮やかな落葉が一枚


Photo_20221025151601
桜の木です。
この先に筋トレの40段の石段があります。
10往復して膝を痛めたので、様子を見ながら1週間づつ、2往復、3往復と回数を増やし、下る時 膝が変なら無理をせず。今6往復になりました。


ヒイラギモクセイが満開でした。
ギンモクセイとヒイラギの交雑種とのことです。
香りもありますが、咲いても あまり目立ちませんね。
Photo_20221025151602
Photo_20221025151603


公園の帰り道の柘榴
ぱっくりと割れてました。
Photo_20221025165301
ひやびやと日のさしてゐる柘榴かな   安住 敦
 
実柘榴の笑ひすぎたる裂目かな      蘖

今週は体操の「歩こう会」あり、翌週は句会のハイキングあり、一寸楽しみです。

 

| | | コメント (4)

2022年9月23日 (金)

初めて知ったアオハダの実

昨日も 体操の後いつものように池の方から日本庭園に向かいました。歩きはじめてすぐ、池の傍で足元の草に混じって小さな赤い実が散らばっているのに気がつきました。見上げると緑の葉に映えて赤い実が鈴なりです。

ここにこのような樹があったなんて❕
もう何年も通っている公園で、しかもよく歩いている場所ですよ。何で今まで気がつかなかった??
「アオハダ」と名札が付いて居りました。
はじめて知る名前だったので、すぐベンチに掛けて検索しました。

モチノキ科の落葉樹、雌雄異株で5~6月頃に目立たない花が咲く。
コショウの果実に似ているので別名「コショウブナ」
クマが好んで食べる。
新芽を乾燥させて「弘法茶」として飲用。
樹皮は爪で容易に剥がれて緑色の内皮が現れるのが名の由来。
とのことでした。
Photo_20220923144801

もう一つ、リョウブも実を付けて居りました。
こちらも落葉樹ですが、花は小花が集まって房状に垂れ下がって咲くのですぐ分かります。
Photo_20220923150601

日本庭園の彼岸花、今年は少なくて 一寸寂しいな~
Photo_20220923150604

体操場所の脇に咲いた彼岸花も少なめです
Photo_20220923150603

前回最後と思った蓮は、その後 新たに二つの蕾が立ち上がって咲きました。その後蕾は見当たらず、ホントに終わったかな?

昨日は曇りの予報でしたが、良く晴れました。
思いがけず 気持ちの良い青空、秋の雲が広がって居りました。
Photo_20220923150602

ひろびろとさと刷きすとのび秋の雲   富安風生

獄塀に添うてゆく道秋の雲       飯田龍太

昔、就職して上京し伯母に付添ってもらって行った就職先は巣鴨刑務所の隣でした。長い壁があって、残業で遅くなった帰りは何となく怖かったこと思い出しました。








 

| | | コメント (2)

2022年8月22日 (月)

8月20日の公園

このところ 気温が30度を超えず、過ごしやすいです。
雨も降って水遣りも少なく、楽ですね。
体操が夏休み中も公園に行くつもりだったのに、猛暑日もあって、最終日に1日行っただけで終わった夏休みでした。
休み明けの今日は、東電から設置したエコキュートの確認に来るとのことで、休みました。
3ヶ月掛かると言われたエコキュートは1ケ月足らずで設置されました。追い焚きも出来るようになって良かったです。

8月20日の公園です。
一日曇りの予報でしたが、午後2時頃、家を出る時に降り始めました。雨もまた良しと 傘をさして出かけて、30分。公園に着くと止みました。雨に濡れた赤いサルビアが一段と鮮やかに見えました。

雨に濡れサルビアいよよ鮮やかに    蘖

Photo_20220822140301

高砂百合が、あちらこちらに咲いています。
園内何処も蝉時雨。空蝉も沢山見かけます。

空蝉にものを見る目のなほ残り   片山由美子


Photo_20220822142401

放送塔脇の藤棚から航空公園駅方面出口近くまで、案内図では沈床茶園と書かれていますが?今はボランティアさん協力の花壇&広場になってます。
飛行場の滑走路だった場所と聞いてます。
Photo_20220822144701

飛行機の形をした花壇ですが~
上から見ないと分かりませ~ん。
Photo_20220822144702

ピンクの日日草が咲いて
Photo_20220822150201

マリーゴールドには 赤とんぼ&モンキチョウ
Photo_20220822145402

Photo_20220822145401

珊瑚樹(サンゴジュ)の赤い実も、先日より きれいに見えました。樹下に実の付いた枝が幾つも落ちていて、風で落ちたのか?小鳥さんがちぎったのか?
Photo_20220822151301

日本庭園の蓮は未だ咲いてます。
昨年より殖えてるかな~?
Photo_20220822152501


2月頃、10往復して膝が痛くなった40段の石段。
久しぶりに登ってみました。
途中で蟻さんが蝉の翅を引いてました。
暫く見ていたら、もう1匹寄ってきて2匹になった。
並んだり離れたりしながら、石段の上に上げようとしています。
1匹が上から翅を持ち上げたら、反対側にいた蟻は振り落とされて、下でウロウロキョロキョロしてました。最初の蟻さんはどっちだった?
上に上げた翅は 石段脇の草むらへと運ばれていきました。
Photo_20220822153501

私の膝は何ともなく、調子良さそうなので3往復しました。今度は過ぎないように気を付けて、また昇降してみましょう。














 

 

 

| | | コメント (2)