カテゴリー「おでかけ」の投稿

2024年2月22日 (木)

玉川上水を一駅だけ

2月14日、東京都薬草植物園を見学した後、玉川上水に出て 玉川上水駅まで歩きました。
風もなく 良く晴れて暖かく 申し分ない日和でした。

玉川上水は、江戸市中への飲料水が流れた六つの上水道の内の一つです。
クリックで拡大します
Img_1417

多摩川の羽村から四谷まで、全長42.74km、高低差92.3mの間、全て露天堀りで築かれたと。
Img_1416
Img_14162

玉川上水は、庄右衛門と清右衛門の兄弟が立てた計画を幕府が認め、6000両の資金が与えらた工事ですが、途中お金が足りなくなって自分たちの家を売って費用に充てたとも。その功績によって 玉川の姓を与えられたとのことです。
約8ヶ月でこの大工事を完成させました。

玉川上水を このあたりから ゆっくりと歩きます。
12_20240222125401

3_20240222130801

4_20240222131301

少し開けてところがあって
5_20240222132001

ここから奥武蔵の伊豆ケ岳(851m)を眺めました。
何度か登った思い出の山です。
6_20240222133501

散策路に戻って
8_20240222150401

イメージしたのとは違って、水面は かなり下の方です。
7_20240222142501

しばらく行くと下にも道が見えました。
9_20240222142701

その先に 下る道があって、
10_20240222142801

 ここから再生水(処理水)を放流しているのですね。
11_20240222144301
15
Img_14393

先ほど見た橋(上水小橋)
上水に下りることができる数少ない場所とのこと。
12_20240222145301

14

ここまでくれば玉川上水駅はすぐです。
一緒に歩いた友達Tさん、Sさん お二人とも80代半ば。
Tさんは杖をお使いですが、良く歩かれました。
何度も休憩し、お喋りし、歩行時間より休憩時間が長かったけど、こうしてお出かけなさること、見倣いたいと思います。

玉川上水を詠んだ句を調べてみました。
前書きに玉川上水とありました。

虎杖がかぶさり青き水ねぢれ    細見綾子

取りて来し虎杖を捨つ浪ぎはに   細見綾子




















 

 

| | | コメント (0)

2024年2月16日 (金)

東京都薬草植物園

2月14日、体操の友達二人と東京都薬草植物園(小平市)に行きました。
体操をしてからでは遅くなるからと三人とも休んで所沢駅・小平駅で待合せ、東大和駅で下車。駅から2分、すぐ目の前でした。
Photo_20240216140401

門を入った左手に咲いていたオウバイ
白い建物が温室です。
工事中で温室以外は見学できず、入園は無料でした。
Photo_20240216140701

初めて見た カカオの木
Photo_20240216141301

Photo_20240216141401
Photo_20240216141402

ムユウジュ(無憂樹)
覚えにくい名前ですが、「仏教の三大聖樹」の一つ とのこと。
仏教三大聖樹とは、
ムユウジュ(釈迦が生まれた所にあった木)
アソカノキ 釈迦誕生 この木の下で生まれたと言われているようです。
インドボダイジュ(釈迦が悟りを開いた所にあった木)
サラノキ(釈迦が亡くなった所にあった木)
菩提樹や沙羅双樹はよく聞きますが、ムユウジュは知りませんでした。
Photo_20240216141501

ブーゲンビリアのアーチ
Photo_20240216144301

おもしろい形のヒョウタンウツボカズラ(和名)
食虫植物ですね。
Photo_20240216145201

ミラクルフルーツ
果実自体は甘くないが、次に食べた物を甘く感じさせると?
Photo_20240216145301

ノッポのローゼル
ジャムやハーブティーに利用するとのこと。
Photo_20240216145701

オオベニウチワ  ピンク・チャンピオン
別名アンスリウム、赤い色はよく見かけますね。
Photo_20240216150701

アップルゼラニュウム
小さくて白い花、 可憐なゼラニュウムです。
Photo_20240216151201


Photo_20240216152601

胡蝶蘭
Photo_20240216152801

コエビソウ
これ 体操の公園にあったのと同じかも?
名前が分からなかったのです。
Photo_20240216153201

他にも 色々ありました。
夏に咲くオジギソウが咲いて居たり、今 我が家にも咲いているキルタンサスなど。

植物園を出て、はま寿司で昼食後、玉川上水駅まで玉川上水に沿って歩きました。
出来れば次回に・・・





















 

| | | コメント (4)

2022年4月 8日 (金)

歩こう会(東川の桜)

4月6日、中健体操の歩こう会に参加しました。
私たちの会場には、約60名の会員がおりますが、参加したのは20名ほど。

今回は会場近くの東川に沿って所沢サクラタウン(KADOKAWAが運営する総合文化施設、2020年11月オープン)までを歩きました。
休憩など入れて1時間20分ぐらいだったでしょうか?
サクラタウンの北側に昨年5月にオープンした「所沢市観光情報・物産館YOT-TOKO(よっとこ)」の前で解散しました。

所沢市を東西に流れる東川の桜並木は、1965年の東京オリンピックを記念して、西新井町から牛沼まで約2キロの両岸に180本植えられました。現在は松郷まで約5キロに700本ぐらいあるようです。

私たちは東川のこの辺りから歩きはじめました。
Photo_20220408145801

桜の下には諸葛菜、菜の花、ハナニラ、水仙など色々と咲いていて、お話しながらゆっくりと歩きました。
Photo_20220408145901

この桜並木の両岸を結ぶ橋は数多く、全部で幾つあるのかしら? かなりの数と思いますが、地図を見ながら数えてみようか・・・?
Photo_20220408145902

満開は過ぎて、ちらほらと散り始めです。
花吹雪、花筏の頃も好きです。もうすぐですね。
Photo_20220408145903

枝ぶりが イイですネ。
Photo_20220408150001

雪柳も満開
6_20220408150001

川沿いのお宅の、これは咲き分け枝垂れ桃でしょうか?  素敵です。
Photo_20220408150101

このように川に降りることが出来る石段も幾つかにありました。
Photo_20220408150102

見えてきました。桜の後ろ、左端に見えるのがサクラタウンの建物です。
Photo_20220408150202

もう鯉幟が泳いでました。
Photo_20220408150301

これは素晴らしい!!
一面の菜の花畑。
山村暮鳥の「いちめんのなのはな」の誌をふと思いだしました。
麦笛も、雲雀も、昼の月もないけれど・・・
遠くの景色と、白い雲が無ければ  ウクライナの色になるかも。
Photo_20220408150302

「よっとこ」で解散後、指導員の I さんと二人の会員さんと私の4人、お店の前のテーブルで昼食、私は持参のおにぎりを頂きました。帰りは皆さんと方向が違うので、東所沢駅への道を教えて頂き、自宅近くまで バスを利用しました。指導員の I さんが、何かと気を使ってくださったのが とても嬉しく、有り難く、感謝しております。

サクラタウンの中に入ったことはなく、今度来たときには入ってみたいです。






 

| | | コメント (7)

2022年4月 3日 (日)

師の墓参り&花巡り

3日前の3月31日、句会のK先生のお墓参りと周辺の桜巡りをしました。
会員7名、小手指駅に9時に待ち合わせました。
先ず、駅近くの砂川堀の枝垂れ桜を少しだけ鑑賞しました。
No

まさをなる空よりしだれざくらかな   富安風生

枝垂桜わたくしの居る方が正面    池田澄子

此処で見かけた赤い花。これも金縷梅だよねって・・・
私は初めて見たような気がしますが、ふと気がつきました。紅花トキワマンサクだと思います。
Photo_20220403145401

 


駅に戻ってバスに乗り 公民館前で下車。
仏の座、姫踊り子草などの違いを確かめながら、全徳寺へと向かいました。
途中、普段 見かけない菫を発見しました。
葉に模様が入っています。
帰宅後に調べて 「斑入り源氏菫」かしら?
 Photo_20220403144201

菫程な小さき人に生まれたし  夏目漱石

漱石は日本に「ガリバ旅行記」を本格的に紹介した人。
童話ではなく、堕落した人間の本質を抉る風刺小説である とのこと。

カメラ構えて彼は菫を踏んでいる  池田澄子

池田澄子さんの句はどれも好きです。

諸葛菜の咲く向こうに全徳寺が見えてきました。
花大根、紫花菜、オオアラセイトウとも言いますね。
Photo_20220403150001

この花は36歳の4月に逝った姉の好きな花でした。

病室にむらさき充てり諸葛菜   石田波郷


全徳寺の枝垂桜が見事でした。
Photo_20220403152301

K先生のお墓参りを済ませてから、狭山湖へ向かいました。
桜が見頃です。
1_20220403152101

2_20220403152501

狭山湖から狭山不動尊をサッと通り抜けて西武球場前駅へ。

狭山不動尊  桜井門
Photo_20220403152901

御成門から勅額門へ、急な階段の先、勅額門の向こうにベルーナドーム( 2022年3月1日より名称変更)旧 西武ドーム、がど~んと見えました。
Photo_20220403153001

電車で多摩湖駅まで行き、30分程待たされましたが、掬水亭で昼食をとりました。7階の展望の素晴らしい席でした。
目の前に多摩湖が拡がり、左に遊園地の展望塔、右はベルーナドームまで一望できました。
Photo_20220403155901

遠い山並みがはっきり見えなかったのは残念。
Photo_20220403160201

この日の天気予報は午後6時ごろより雨になるかも?
帰りの駅でチラッと落ちて来たような気がしましたが、降られずに済みました。
春の草花&満開の桜、先生のお墓参りも済んで、午後4時過ぎには帰宅出来て良かったです。
この日出会った草花や景色での作句を頑張りましょう。


 

| | | コメント (2)

2020年2月23日 (日)

秩父紅 咲いていました

2月21日、秩父紅(ちちぶべに)を見に行きました。
オレンジ色の福寿草です。
秩父 皆野町のムクゲ自然公園で見られると聞いていましたが、まだ、見たことはありません。
今年は、2月12日に見頃を迎えたとのこと、また、晴天の11時~15時がおススメ、陽がかげると 花は閉じてしまいます。
昨日21日は一日中☀マーク、思い切って出かけました。
西武鉄道と秩父鉄道の乗り換え駅(御花畑)で30分の待ち時間があり、駅の立食い蕎麦で昼食を済ませ 、皆野駅で下車、地図を頼りに15分ほど歩いて12時前に着きました。入園券500円。

秩父紅は、江戸中期以前、秩父山中の自生種か又は移植したものの中から突然変異として出現したと思われる。また、福寿草は、氷河期に大陸から日本列島に到来した植物で寒さに強いが、暑さに弱い。と説明版に記されていました。

秩父紅、咲いてましたよ!
山の緩やかな斜面に たくさん!!
Photo_20200222210302
一万株もあるとのこと
Photo_20200222210205

嬉しいな~ 満面の笑みで迎えてくれました。
2_20200222210301

花蜂さんも あの花、この花と、忙しなく飛びまわっています。
Photo_20200222210301

黄色の福寿草もい~ぱい咲いてます。
水仙の芽も出てました。
Photo_20200222210303

蝋梅は、見頃は過ぎましたが、未だ咲いてます。
蝋梅の向こう、背中を向けている人たちが見ているのは節分草です。
Photo_20200222210304

節分草
節分の頃に咲くから節分草。
花径は2㎝ぐらい、花びらのように見えるのは萼で、花びらは退化して花の中心の蜜槽になっています。
ホントに小さくて、可憐な花が、ほんのわずかですが咲いていました。
一枚目の写真の花は、萼(花びら)が6枚ありますね。
萼の数は5枚、6枚、7枚、8、9、10~13枚と色々あるようです。
Photo_20200222210204

金縷梅(まんさく)も2種類咲いていました。
早春に「まず咲く」が、 名前の由来のようです。
黄色い花をよく見ますが、このように赤い花もあるのですね。
Photo_20200222210201

森の美術館で七宝焼きの作品展を鑑賞した後、稲穂山古墳まで登りました。
秩父地域で最大、最古の古墳とのことですが、被葬者については分からないと。
盛土をしたわけではなく、自然の地形を生かして造られたとのことです。
Photo_20200223092202

古墳前に韓国式の四阿、丹心亭があります。
韓国の森林組合から寄贈されたとのこと。
因みに この公園の名前になっているムクゲは、韓国の国花だそうです。
Photo_20200223092201

高いところで、眺めが良く、この辺りが蝋梅の多い場所みたいです。
このムクゲ自然公園は、30年の歳月をかけ、自然とムクゲを愛した一人の花咲爺さんによりつくられた私設公園とのこと。
想像以上に広く、四季折々に楽しめる公園でした。
次回はムクゲの咲くときに訪ねたいと思います。
Photo_20200223094301

 






 

 



  





 

 

| | | コメント (8)

2020年2月 3日 (月)

所沢七福神巡り(本覚院・海蔵寺)

ドレミの丘で休憩後、本覚院へ向かいました。

月桂山 本覚院(ほんかくいん)喜福寺  真言宗豊山派 

本覚院は昭和60年前後は無住の荒れ寺でしたが、平成12年に全面改築されたとのことです。

参道の入口に弁財天が祀られていました。
Photo_20200202160201

本堂  ご本尊は不動明王
Photo_20200202160202

3枚の写真の上から六地蔵尊、観音像、文殊菩薩像
文殊菩薩の左は? 普賢菩薩でしょうか?
文殊菩薩と普賢菩薩は共に釈迦如来の脇侍ですから…(釈迦三尊)
文殊菩薩は仏の知恵を表し、普賢菩薩は慈悲の徳を表す菩薩様です。
Photo_20200202160101

七福神は、布袋尊です。
令和元年12月初旬に建立とのこと。
ほんのひと月ほど前ですね。
Photo_20200202160102

納経所に筆が用意されていました。どこのお寺さんも、納経所は無人で、御朱印の日付は自分で記入ますが、筆が用意されてたのは、最初の持明院さんとここ本覚院さんだけでした。今まで頂いた御朱印4枚にも日付を記入し、最後の海蔵寺へ向かいました。

川嶋山 海蔵寺(かいぞうじ) 真言宗豊山派

P1203157

本堂 と毘沙門天
ご本尊は釈迦如来
毘沙門天は、四天王の一人として、多聞天とも呼ばれ、北を守る守護神でもあります。
四天王としては多聞天、七福神としては毘沙門天ですね。
踏みつけているのは天邪鬼(あまのじゃく)です。
Photo_20200202160303
Photo_20200202160301
御朱印に出世寺とあるのは、江戸時代に、出世寺、出世釈迦尊と信仰を集めたとのことです。

六地蔵尊
人は、生前の行為の善悪によって、死後に、地獄、畜生、飢餓、修羅、人間、天上という境涯を輪廻転生するといわれ、私たちの衆生救済をお祈りするのが六地蔵尊です。
六体が一列に並んでいるのが六地蔵様と思っていましたが~このように一体づつ飛び飛びに というのは初めてです。
梅の蕾が膨らんでいました。
Photo_20200203142302

境内
石庭風の 趣ある 境内
P1203159-2

御朱印は 玄関の中に。
この日は 私で5人目ぐらい?
P1203158

開場二十日目の所沢七福神巡り 完了しました。
自然に恵まれ、眺めの良いハイキングコースもあり、古刹を巡って、所沢の歴史にも触れることができました。
とにかく、地元ですから、また若葉の頃にでも…と思います。
























 

 

| | | コメント (4)

2020年2月 1日 (土)

所沢七福神巡り(光蔵寺・荒幡富士)

鳩峰八幡神社を後に、光蔵寺へと向かいました。
鳩峰公園からの坂道を下っていくと 社殿の屋根が見えてきました。
P1203117

荒幡山 光蔵寺(こうぞうじ) 真言宗豊山派

 山門
Photo_20200131125601

本殿 & 弘法大師像
ご本尊は 阿弥陀如来
Photo_20200131133801

5番 寿老人
Photo_20200131125602

聞くぞう地蔵尊
嬉しい事、悲しい事、愚痴・・・何でもお話を聞いてくださいます。穏やかな優しいお顔、何か話してみたくなりますね。
平成19年5月開眼
Photo_20200131125603

光蔵寺の次は本覚院ですが、少し道をそれて、荒幡富士に登ってから、ドレミの丘で休憩することに…
前にも来たことがあり、見晴らしの良い所なのです。

荒幡富士と浅間神社
左の小高いところが荒幡富士です。
荒幡富士は人工の富士山(富士塚)で、標高119m、山の高さは10mほど(実測ではないかも?)明治時代に15年の歳月をかけて完成したとのこと。所沢市のホームページによると、大正12年の関東大震災で8合目から上が崩れ落ちたそうです。地域住民が復興に努め、現在も、保存会によって整備されているとのこと。 
P1203130

浅間神社のご祭神は木花咲耶姫命
明治14年、荒幡村の小字ごとにあった鎮守(三島神社、松尾神社、氷川神社、神明神社)を村社 浅間神社に合祀したとのことです。
P1203141

荒幡富士の登山口  猿田彦神社
祭神は、天孫降臨を啓行(みちひらき)されたと伝えられている猿田彦大神。
山頂まで、九十九折の曲がり角ごとの合目石に1合目、2合目と刻まれています。
Photo_20200131125702

山頂からの富士山
山頂の写真(下)は2年ほど前のものです。
富士山(上)は はっきりしませんが、今回撮ったものです。
360度の展望が気持ち良いですね。
Photo_20200131162201

浅間神社から3~4分、ドレミの丘。
隣接の荒幡小学校の児童たちによって付けられた名前らしいです。
市内を一望しながら、持参したメープルワッフルで一休み。
Photo_20200131125701

風もなく暖かいハイキング日和。
休憩後は、本覚院へ向かいました。




























 

| | | コメント (4)

2020年1月30日 (木)

所沢七福神巡り(佛眼寺・鳩峯八幡神社)

永源寺をあとに、佛眼寺へ向かう途中、寄り道して鳩峰(はとがみね)八幡神社に参拝しました。
鐘楼があり、木立に囲まれた静かな参道
Photo_20200130112001

本殿
新田義貞が八国山に鎌倉攻めの陣を張ったおり、戦勝祈願をしたとのことです。
Photo_20200130112002

八坂神社
本殿は覆屋により保護されており、拝見できず、高い桟の隙間からデジカメで・・・
Photo_20200130112101

水天宮を過ぎた この辺りは鳩峯公園(トトロの森2号地)でしょうか。
佛眼寺へ向かいました。
Photo_20200130112102

王禅山 佛眼寺(ぶつげんじ) 真言宗 豊山派
Photo_20200130125701

本堂 ご本尊は釈迦如来
本堂前の弘法大師像、一願観音像、その脇に福禄寿神
P1203090

福禄寿
Photo_20200130115701

十三仏
亡くなった後、冥土へと導いてくださる仏様。
明王様、如来様、菩薩様です。
P1203098


地蔵堂
水子地蔵尊と慈母観音像
P1203096


六地蔵尊
八国山の狭山丘陵は、映画「となりのトトロ」の舞台となった所ですが、ここの六地蔵様が、メイちゃんが迷子になった時に発見されたシーンのモデルになった場所の一つとのことです。
P1203099

来た道を少し戻って、次の光蔵寺へと向かいました。

記憶違いです。
写真の時間を見たら、佛眼寺が先で、その後、鳩峰八幡神社でした。














 

 

 

 

| | | コメント (4)

2020年1月29日 (水)

所沢七福神巡り(永源寺)

七福神巡りパンフレットでは、3番目が佛眼寺ですが、道順からして4番目の永源寺に向かいました。

4番 大龍山 永源寺(えいげんじ) 漕洞宗
P12030782

山門から本堂へ
参道の石灯籠のことを調べてみると、この石灯籠二基は芝増上寺(徳川家の菩提寺)にあったもののようです。
芝増上寺は戦災で焼けてしまい、貴重な文化財も焼失しましたが、各地の大名から寄進された沢山の石灯籠は残されたと。戦後、西武鉄道がその敷地を買収してプリンスホテルが建ちました。石灯籠は、現在の西武球場あたりに集められていましたが、球場を造るために、近隣の寺院に引き取られていったと。現在、所沢市に120基が確認されているとのこと。因みに、所沢七福神巡りの寺院では持明院、長久寺、佛眼寺、海蔵寺にありました。
Photo_20200128162002

本堂   ご本尊は釈迦牟尼如来
Photo_20200128162005

六地蔵尊
写真下手で、お顔が暗い影になってしまいました。                                       
Photo_20200128162006

庚申塔
道教の教えによるもので、人間の体内に宿る三つの霊のうちの一つ、三尸(さんし)が庚申の日に体内を抜け出して天帝に告げ口しないように、庚申の前日に集団で徹夜をした。徹夜をすれば三尸は体から抜け出せない。この集会を3年18回続けた記念として建立した塔。庚申塚とも
P12030862

弁天堂
山門前の道路を挟んで右斜め方向に見えます。
七福神の中で唯一の女神、弁財天が祀られています。
新しく祀られた 弁財天の石像は見当たりませんでした。
Photo_20200128162004
Photo_20200128162001

子育て延命地蔵尊
山門の並び 道路に面して建てられていました。
Photo_20200128162003

所沢で雪割草が咲く場所があると聞いたことがありますが、この永源寺だったようです。
すっかり忘れていましたが、まだ、咲いてないでしょう。












| | | コメント (2)

2020年1月27日 (月)

所沢七福神巡り(長久寺)

1月20日、持明院をあとに、2番 長久寺へ向かいました。

花向山 長久寺(ちょうきゅうじ)時宗 
 
鎌倉街道に面した山門
仁王像は東大寺南大門の金剛力士像を模して、粘土形成からはじめ、鋳造したとのこと 
Photo_20200127091701

本堂 ご本尊は阿弥陀三尊(秘仏)
P1203065

所沢で唯一 の時宗(じしゅう)のお寺とのことです。
時宗の開祖、一遍上人の像です。
P1203066

七福神の大黒天は、山門を入った右手です。
Photo_20200127150701

大黒天の向かい側に水子地蔵尊が建ち、本堂に向かって廻国供養塔、六地蔵尊、寿和婦貴(咳)尊、と並んでいます。
P12030502

廻国供養塔
江戸時代中期、国中の寺社仏閣を参拝した記念として、平塚宋順常陽が建立した供養塔とのこと。宋順夫妻の和歌を刻んだ供養塔の上に薬師如来座像が置かれています。(長久寺 公式ホームページ参照)
Photo_20200127161001

六地蔵尊
Photo_20200127161002

寿和婦貴(咳)尊 (すわぶきそん)
おしゃびき様とも呼ばれている六体の首なし地蔵様。
咳を止めるために六体の首なし地蔵を祀って祈願したら治ったとのこと。
子供の咳が止まらないとき、地蔵様のたすきを頂いて、子供の身に着けて祈願し、治ったら新しいたすきを足してお礼にしたとのことです。(長久寺 公式ホームページ参照)
Photo_20200127165301

山門を出ると左に豊川稲毛がありました。
長久寺の鎮守として大切にお祀りしているとのことです。
P1203069
























 

 

          







 

| | | コメント (0)

より以前の記事一覧