カテゴリー「俳句」の投稿

2024年5月31日 (金)

紫陽花が咲き出した公園

5月も今日まで、明日はもう6月、梅雨の季節です。
梅雨に咲く花は紫陽花、梔子、睡蓮、花菖蒲など色々 これからも楽しめますね。

日本庭園の紫陽花は 先ず白い花から咲き出します。
後ろの赤い花は杜鵑花(サツキ)です。
O523

Photo_20240531095801

紫陽花を見ると思い出してしまいます。
66歳で逝った姉のこと。

あぢさゐに雨降るあの日忘れえず   蘖

火葬場の雨のあぢさゐ見てゐたり   蘖



日本庭園の十薬(ドクダミ)の花
あちらこちらに群生して、馴染み深い花ですね。
我が家では八重咲きの花が咲きました。
0523_20240530170801

十薬や母の生地の土やはらか   上田五千石


躑躅に遅れて咲く杜鵑花(サツキ)は躑躅の仲間でよく似てますが、雄蕊の数が違います。杜鵑花の雄蕊は5本、躑躅の雄蕊は5本以上あるとのことです。
O524
日本庭園の杜鵑花
0524_20240530170801

さも新居らしく金魚鉢と杜鵑花   富安風声


この白い花は何?
昨年12月に、この公園の野球場の脇に咲いていた花に似てますが?
夏にも冬にも咲くのかしら?
翼を抱いた3人の航空整備兵の像の傍に咲いていました。
0524_20240530170901

Photo_20240530170901

夏の空あおぐ航空整備兵の像   蘖


蛍袋(釣鐘草)
日本庭園の この場所に少しづつ増えてます。
0529_20240530170901

宵月を蛍袋の花で指す    中村草田男

人声の蛍袋に来てやさし   高橋悦男



未央柳(ビヨウヤナギ)、美女柳とも
O529

又きかれ未央柳とまた答へ   星野立子


3月頃から管理棟の脇で作製中だった木彫の大きな鳥。鷹? 鷲? か分かりませんが、時計塔の下に設置されていました。
園内は他にも木彫の作品がありますが、これが一番大きいです。
周りが開けていてよく目立ちます。
捕らえたのは鮭?
0524_20240530170902

今日は朝から雨で体操は無し、午後は止みそうなので、ポットに蒔いた朝顔を鉢に移植しようかと思います。朝顔は直播きでしたね。間違えて2袋買ってしまったので、1週間ほど遅れて、プランターとブロック下にも直播きしました。こちらも昨日から発芽が始まりました。

| | | コメント (8)

2024年5月17日 (金)

初夏の公園

今まであまり気に留めてなかった公園の松。
先日 たまたま蕊を伸ばした松を見てから、急に興味を持ち、何度か松を見に通いました。

5月8日
3人の庭師さんが松の芯を摘んでいました。
脚立というのか?梯子というのか?
池の中にもありました。
庭園には誰も居らず、縁台で冷茶セット(抹茶ときんとん)を頂きながら、しばらく見学させて頂き、帰りかけた時、偶然 Yさんに出合いました。
もう少し早かったら一緒に頂けたのに・・・
Yさんはこの公園のすぐ近くにお住まいで、ご自分の庭のように散歩していると、以前おっしゃってましたよ。
0508_20240516211001

よく見ると、長い蕊と短い蕊があって、長い蕊は残して形を整えるのでしょうか?もしかしたら、一日だけではなく作業をなさっているのかも?
Photo_20240516211001

5月14日
池の周りに8本の松があります。
緑を摘み終えた松が清々しく、この日も人が居らず、池に流れ込む水音ばかり。

寂として水音さやか松の芯   蘖

0514_20240516211001

5月6日
可愛い河津桜の実
花は葉に(葉桜の副題)・・・
ですが、花は実に? これは季語にはならないようです。
0506_20240516211001

百合の木の花
チューリップのようにも見えますね。
昨年の果実が残ってます。

百合の木の花乾杯は高々と   椎名智恵子

0506_20240516211002

薔薇園
体操の会員Kさんが 薔薇を撮ってました。
お花を背景にお撮りしましょうか。
と お声をかけて、Kさんのスマホで撮って差し上げました。

手の薔薇に蜂来れば我王のごとし  中村草田男

薔薇守の証の腰の鋏かな       高田正子

0506_20240516211101



5月8日
シャリンバイ
車輪状に出る葉と、小花のひとつひとつの花が梅に似ているので車輪梅となったようです。
これも季語にはなってませんね。

0508_20240516211002

紅葉(楓)の種
風に揺れてなかなか撮り難い紅葉の種です。
たまたま風の少ない日で何とか撮れました。
風で飛びやすいように、プロペラみたいになってます。
花の時も風で撮れませんでした。
0508_20240516211003


5月14日
睡蓮と河骨

河骨の二もとさくや雨の中     蕪村

睡蓮をわたり了せて蝶高く     高浜年尾

0514_20240516211002

昨日は句会でした。
自分句の良し悪しが自分では分からないこと実感しました。
以前中尊寺を訪れた時の1句ですが、あまりにも単純すぎるかと悩んだ末、句会に向かう電車の中で書き変えました。下車してから、書き変えた句は当たり前でつまらないと思いなおし、結局元のまま、ダメ元で投句しました。
やはり、会員のどなたからも とって頂けませんでしたが、何と先生の特選に!
嬉しかったです。
奥の細道の、芭蕉の足跡を訪ねた中尊寺で2句、室の八嶋で1句、公園散策で2句、今月は5句全て選に入って良かった!!
先月は1句だけでしたからね。
頑張った甲斐がありました。









 

| | | コメント (6)

2024年4月19日 (金)

公園のタンポポ 他、御衣黄桜など

満開だった桜が散って、春は先へ先へと駆け足です。
私は取り残されていくばかり・・・

4月11日
開花から楽しませてもらった桜ですが、 満開を過ぎる頃、黄色いタンポポが目立つようになりました。
Photo_20240419144601
Photo_20240419144901

ジョギングコースで囲まれたサークルの中心が時計塔で、その下 一面がタンポポです。
サイクル内のタンポポ
Photo_20240419150301
Photo_20240419150401
Photo_20240419150402
Photo_20240419150403

4月16日
体操に遅れたので、後ろからタンポポを入れて撮らせて頂きました。
Photo_20240419151801

同じ日体操後の散策で
Photo_20240419152001

何となくスッキリせず、推敲しました。
Photo_20240420141701
推敲しても堂々巡り・・・いつものことです。


4月11日
日本庭園、牡丹の蕾と
Photo_20240419153801

芍薬の蕾 、楽しみです。
Photo_20240419153901

4月11日 もみじの花
小さくて 風に揺れて上手く撮れませんがー
若葉の緑が清々しいです。
Photo_20240419154301

4月15日
3日前は 4~5輪? だった御衣黄桜はほぼ満開。
嬉しくて何枚も撮りました。
4-0415

0415_20240419155701

黄緑色の中心部から 次第にピンクの色が入ってきます
3-0415

2-0415

遠目には咲いているのか? いないのか?
知らないと見過ごしてしまいそうです。
Photo_20240419155701

日本庭園では躑躅が見頃でした。
Photo_20240419162001
Photo_20240419161701
Photo_20240419161801

庭つつじ庭師の刈リし通り咲く    高田風人子































| | | コメント (8)

2024年1月19日 (金)

元日の富士山、公園の紅梅(17日)

松が明けて、体操が始まって、日脚が伸びて・・・
やることなすこと遅くなったせいか?
何もせずに日にちだけが過ぎてしまいます。

昨日は句会でした。
俳句では 季節の分け方が、春・夏・秋・冬・新年の五つになります。
1月句会は できれば新年の句をと思いながら、結局 新年で2句、冬で3句の投句でした。
先月 先生にとって頂いたのは1句のみ。
1句もとって頂けないと、句会報に載りません。
それだけは避けたいと。
会員の誰もが思っていることです。
今回は3句とっていただきました。
内2句が新年の句で頑張った甲斐があったかな?

元日の初詣、氏神様の境内から眺めた富士山です。
初富士という季語は、元日の富士山のことです。
電線がよぎるのは仕方ないですね。
初景色も元日に眺める景色のことです。

富士の前電線よぎる初景色   蘖

Photo_20240119155801

初富士や草庵を出て十歩なる   高浜虚子

17日、穏やかな良い天気。
紅梅が咲いているかも?と日本庭園へ。
とびとびの枝にぽつぽつと咲いていました。
Photo_20240119161801


Photo_20240119161901

寒紅梅馥郁として招魂社   高浜虚子


この紅梅の下に未だ小さな蠟梅の木があってしっかり咲いていました。
今まで ここには無かったと思います。
新しく植えたのかしら?
22_20240119162801

1_20240119162801

今日は暖かかったけど、明日は雨が降って寒い一日になりそうです。





 

 

 

 

| | | コメント (6)

2023年11月26日 (日)

枯蓮、ハゼランなど

あれからもう6日も経ってしまいました。
体操の帰り、天気が良かったので、帰りかけた道を急に引き返し また公園へ。いつもとは違う 道路沿いの歩道を、正面の入口へと向かいました。

歩道と公園との境の石垣に、小さな赤い実がとびとびに並んでいました。可愛い‼
屈んで撮っていると、女性が自転車を降りて「可愛いでしょう!」って。
私はこの名前を知らなかったのでお聞きしました。
ハゼランです。ドライフラワーにも使いますよ。」と教えて頂いて 嬉しかったです。
公園に戻ってラッキーでした。
Photo_20231125154501

草の実や一粒にして日の熱さ    鷹羽狩行

大きな株は日陰だったので撮ってませんが、大きな株から小さな株まで 色々な姿でズーと並んでました。
2_20231125154501
2年ぐらい前の夏には、ここでこの花を見ました。



日本庭園の枯蓮
Photo_20231125161101

蓮枯るる満目の中黄の一葉       山口青邨

かなしみの倚り合ふごとく蓮枯るる   上田五千石 

枯蓮の折れたる影は折れてをる     富安風生



プラタナスの黄葉
大きな綺麗な落葉、ふと拾い上げてしまいますね。
Photo_20231125161301

深潭にして一片の落葉生く   富安風生



先週はまだ早かった銀杏並木も見頃になりました。
Photo_20231125161801

銀杏黄葉梢は落葉しつつ燃ゆ     山口青邨



| | | コメント (6)

2023年5月16日 (火)

サーモンクラシック&ミニヘメロカリスの開花、  公園散策(5月12日)

5月16日サーモンクラシック(スカシユリ)が一輪開花しました。育て始めた頃は決まって5月25日に咲き出しましたが、近年少しづつ早くなって、昨年よりも3日早い開花です。
Photo_20230516141801

ミニヘメロカリスも一輪開花しました。
Photo_20230516141802

ミニヘメロカリスの後ろはホシギキョウ、今が盛りと咲いてますが、生憎 日射しの少ない日の写真です。
Photo_20230516142301


蛍袋も咲いてます

蛍袋のぞいて蛍など見えず   能村登四郎

Photo_20230515120703

松虫草も少し
Photo_20230516153401



以下4日前の公園です。
コウホネに替わって睡蓮が咲いていました。

睡蓮の葉に掌をかけて亀しばし   松本たかし

雨意迫り来ぬ睡蓮の池暗く     高浜虚子


Photo_20230515120602


黄菖蒲
Photo_20230515120601


満開の薔薇園

薔薇を撮る人にばらの香なかりけり   稲畑汀子


Photo_20230515120604


ヤマボウシ

岨ゆくや咫尺の霧にやまぼうし   富安風声


Photo_20230515120603


以下 公園の帰り道で見かけました。

忍冬の花
忍冬、スイカズラですね。
常緑性の蔓植物で、冬も葉が枯れないので忍冬とのこと。花の初めは白く、後に淡い黄にかわるので、金銀花とも。

忍冬二花づつのよき香り   高野素十

Photo_20230515120701


カタバミ
先日の草取りは主にカタバミ(黄色の)でした。
すぐ抜ける根と深くてなかなか抜けない根がありますね。
大根のような根が出てくるとホッとします。
種類もありますが、我家は黄色ばかりです。

かたばみを掃きいぢめたる箒かな   辻 桃子

白いカタバミの名前は?ミヤマカタバミ?違うかも。
あまり見かけません。
下は紫カタバミと思います。
こちらは たまに見かけます
Photo_20230515120702

2~3日前 グラジオラス(鉢植え)が発芽し、どんどん伸びてます。
朝顔は未だ撒いてません。
今まで小さいポットに蒔いていましたが、今年は鉢に直播しようかと、もう、明日にでも蒔かなくてはいけませんね。



 

 

| | | コメント (2)

2023年5月 7日 (日)

公園散策(5月4日)

何日かぶりの散策ですが、すっかり花が入れ替わってますね。

ユリノキの花
チューリップのような花で、チューリップツリーとも
体操のMさんが友達のスマホの写真に花を持つ手が一緒に写っていたので、百合程の高さかと探したけど分からなかったと。ユノキは高木なので花を真上から見ることは少ないかと思います。

百合の木の花乾杯は高々と   椎名智恵子

Photo_20230507152901


藤棚の藤が終わり、藤棚の前後に薔薇が咲いてました。

手の薔薇に蜂来れば我王の如し   中村草田男

Photo_20230507154901
Photo_20230507155001
Photo_20230507155002
Photo_20230507155003
Photo_20230507155004


沢山咲いている白いクローバーの花シロツメクサ)の中に小さな子を置いて離れて写真を撮っているママ。
子は花を摘まんで口に、ちょっと不思議そうなお顏でママのところに・・・
私は驚いたけど、ママは平気。
お口から花を出してあげてましたね。

私が撮ったのはアカツメクサでした。

離陸後もしばらく戦ぐうまごやし   鷹羽狩行

Photo_20230507155901


シャリンバイ
Photo_20230507161601

以下我家の花です。
5月2日の朝、雨戸を明けると、目の前の紫蘭に朝日が射して綺麗でした。

紫蘭咲き満つ毎年の今日のこと   高浜虚子

0502

シシリンチウム  カリフォルニアスカイ
ニワゼキショウの園芸種かと思います。
上は小鉢に、下は地植えです。
傍で松虫草が咲き出しました。
Photo_20230507162201

バルビネ
4月28日、細く伸びた花穂は少しの風にも揺れて撮り難いです。
Photo_20230507162202

何年も前に撮ったものですが。
2_20230507162201

4月28日 シラー・ペルビアナ
今年は一寸乱れてしまいました。
Photo_20230507165501






 

| | | コメント (2)

2023年4月29日 (土)

4月の公園

4月も あと一日で終わります。
公園は 春の花から初夏の花へと駆け足です。
良いと思ったらすぐ撮らないと1~2日で姿が変わってしまいます。

4月10日
赤、白、ピンクと見事な椿です。
0410

0410_20230429205202

0410_20230429205201


春蘭
0410_20230429212201


菜の花
0410_20230429212301

0410_20230429212302




4月17日
藤棚の藤が見事でした。

藤棚のどの角度から見てもよし   塩川雄三

スライドショーにしたので、画像をクリックしてください。
Photo_20230429214501
牡丹

牡丹燃え甲斐駒雲に入らむとす   水原秋櫻子

0417_20230429212001

キランソウ 別名 地獄の釜の蓋
0417_20230429205801

花水木
0417_20230429210001

0417_20230429210102

0417_20230429210101 

水木の花
↑の花水木とは別の種類です。
ミズキ科の落葉高木、枝先に白い小花が集まって咲きます。

瑞々しき水木花挙ぐ塔ノ沢   高澤良一

0417_20230429210401


たんぽぽ

車輪繕う地のたんぽゝに頬つけて   寺山修司

0417_20230429211201


白花の紫蘭
0417_20230429211701

石楠花

石楠花に躍りゆく瀬や室生川   水原秋櫻子

0417_20230429211901


いつの間にか このような場所が。
今まで、気が付きませんでした。
0417_20230429212601

傍にベンチがありますが、人が居るのを見たことないです。
Photo_20230429213001


4月19日
オーニソガラム  別名 ベツレヘムの星
0419


4月24日
もう一度藤棚へ行ってみました。
未だ咲いて 体操の人が 八重咲があると探していました。藤棚の一番端にありました。
0424


ウツボグサ
これも体操の人に教えて頂いた名前です。
   
雄国沼望む峠やうつぼ草    石原栄子


0424_20230429220401


矢車草
画像をクリックしてください
Photo_20230429220901

4月27日

芍薬、渓蓀、ニセアカシアのスライドショーです

芍薬に紙魚うち払ふ窓の前   蕪村

画像をクリックしてください
427_20230430100501


4月29日は国民の祝日、昭和の日です。
1989年の昭和天皇の崩御により、昭和天皇の誕生日であった4月29日が「みどりの日」に制定され、その後、2005年に祝日に関する法律の改正により「昭和の日」となり、「みどりの日」は5月4日に変更されました(施行は2007年)。因みに、令和の天皇誕生日は2月23日です。

この4月29日は 私の結婚記念日で、夫は気付いてなかったようですがー 今年は50年目の金婚でした。
50年前の今日、結婚に反対した父は式にも来てくれず、その9か月後、突然に逝ってしまったこと、思い出されます。

 

 

 

| | | コメント (4)

2023年4月16日 (日)

我家の春の花ー2-

花は葉に・・・
夏の季語(葉桜の傍題)ですね。
若葉が美しく、清しく、過ごしやすい季節になりました。

花は葉に旅の期待は秘めしまま   稲畑汀子

我家の春の花も、咲いては終わりを告げていきます。

イカリソウ
20年も前から「多摩の夕映え」という名前の錨草を育てていますが、いつの頃からか?赤紫色の濃い花が咲くようになりました。
Photo_20230416095101

こちらが最初からある「多摩の夕映え」
Photo_20230415160301
株分けを返し、どちらもかなり鉢数が増えました。     


前回も載せましたが、見頃になったバルビネラです。
白とかオレンジの花もあったのですが、消滅し この黄色のみ殖え続けてます。
Photo_20230416100401

白い玉咲き桜草
赤い花に20日ほど遅れて開花しました。
花茎がヒョロヒョロと伸びて・・・長すぎます。
後ろの鉢に凭れさせてやっと撮りました。
Photo_20230415163301


チューリップ

ベルギーは山なき国やチューリップ   高浜虚子

主人はあまり好きじゃないと言ってましたがー
何年かぶりに、春はやっぱりチューリップ。
明るく 楽しくなりますね。
Photo_20230415160901

地植えのミニチューリップ
真ん中の石は、Kappa(飼っていたスッポンモドキ)の墓石です。
Photo_20230415161101

芝桜 

芝ざくら好天あますところなし   石原舟月

軒下のたたきに沿って植えましたが、何しろ狭い場所で、チョコッとだけ。
Photo_20230415161501

ジャーマンカモミール
カモミールティーに使われますが、私はやっぱり緑茶のほうが・・・
1年草ですが、毎年自然に発芽して育ちます。
Photo_20230416105001


ノースポール
やはり1年草です。
自然に発芽したものを鉢に上げたり、そのままにして咲かせたり。
マーガレット似ていて、マーガレットよりも小さい花です。

マーガレット猫額の庭満たしけり    中村汀女

Photo_20230415161602


ストック(和名 アラセイトウ)
昨年12月頃 ポットに開花したものを買ってきて、その後少しずつ花数が増えました。購入した時の花が萎れずに ず~と咲いているのですよ。初めて育ててますが、このような咲き方とは知りませんでした。
Sutokku


鈴蘭

すずらんのリリリリリリと風に在り   日野草城

昔いただいたものですが、ドイツスズランだと思います。
Photo_20230415162001


ドイツアヤメ

野あやめの咲くより草と分れけり   藤崎久を

昨年は4月15日に2輪開花とありますが、今年は4月7日に1輪咲きました。桜の開花が早かったけど、この渓蓀も早い。渓蓀の前に伸びている花芽は紫蘭です。
Photo_20230415162002


シラー(ピンク)
昔 、球根釣り鐘草として売られていました。
日陰向きとありましたが、日当たりの良い所に地植えで放置しても、毎年開花し 自然に殖えてます。
Photo_20230415162201

シラー(ブルー)
ピンクと一緒に買いました。
こちらは西日の当たる軒下に地植えです。
ピンクより大きめで、ピンクの愛いらしさには負ける?
お姉さまみたい?
Photo_20230415162301


ワタゲカマツカ
秋には赤い実が付く、落葉小高木
樹高は5~7mとのことですが、可愛そうに鉢植えです。
Photo_20230415162302

花を撮ったらピンボケばかり。
これも一寸ボケてますが、数年前に撮りました。
Photo_20230415162303


そろそろグラジオラスの球根を植えなければ。
水仙の大型プランターに植えたいけど、水仙の掘り上げには一寸早いし~
どうしましょうか?




 

 

 

 

| | | コメント (7)

2023年4月 1日 (土)

3月の公園、他 振り返り

あれよあれよと日が過ぎて、今日はもう4月。
今年の桜🌸 開花は早かった!!

3月27日の公園です。
Photo_20230331144001

日本航空史上 初の航空機事故の犠牲者の銅像
(陸軍航空史上初の殉職者、木村・徳田両中尉)
Photo_20230331144401

あらー どうしたの?
桜の中に何か引っかかってしまった?
落ちないように気を付けてよ
Photo_20230331144501

菜の花にかかる桜が綺麗でした

人知れず仰ぐものかも初桜   山田弘子

Photo_20230331144601


山吹も見頃

山吹のつき出し枝へ花はしり    星野立子

Photo_20230331144701


ピンクと赤、華やかな落椿

はなびらの肉やはらかに落椿    飯田蛇笏

Photo_20230331144702


以下 日本庭園

紅つつじ花満ちて葉はかくれけり    日野草城

庭つつじ庭師の刈リし通り咲く     高田風人子

Photo_20230331144802

1週間ほど前のことです。
公園の体操中にポツンと顔(左目の下)に何か落ちて当たりました。木の実?と思い指で触れてビックリ!!鳥の糞でした(>_<) でもね、 滅多にないことで幸運なんだって・・・ホントかしら???

そのこと「うららか」の季語で作句し今月の句会にと思いましたが、今、躑躅の句を調べていたら次の句が・・・
季語を変えた方がいいのかな?

うらゝかや躑躅に落つる鶴の糞    日野草城

 
利休梅
Photo_20230331144801

草木瓜
Photo_20230331144804

三椏

三椏の花や同じ日つづきつつ    中村草田男

Photo_20230402145901


3月29日 東川の桜
全長5.4mの桜並木のほんの一部です。
0329


3月2日、句会のK先生のお墓参り
梅の花咲く、のどかな里です。
墓地は この先の高台で、とても見晴らしの良い所です。

登り来し梅林の道見下ろせり   右城暮石 

Photo_20230331145102

3月24日 体操のお花見会
約40名の参加で、ビンゴゲームで盛り上がりました。
私が当てたのはポリラップ。
因みに1等はIH片手鍋でした。
Photo_20230331145101

景清も花見の座には七兵衛    松尾芭蕉

源平合戦の平家方の武将、恐れられた景清も花見の席では誰からも愛される人気者になったという句


公園の帰り、保健センターに咲いていた蒲公英。
道を挟んで ラベンダーとアヤメかしら?

たんぽぽと一本道とあそびをり    藤田湘子 

Photo_20230331145201

3月12日は友人とNHKホールへ全国俳句大会を見に行きました。
4句入選内定の通知を頂いてたのに、作品集を見ると3句しか掲載されてません。休憩時間に相談案内で聞いてみたら、夏井いつき先生の佳作になってました。2回も見たのに見落としたなんて、恥ずかしいことで。でも、同じ相談をしている人が他にも居ましたよ。

膵管拡張とかで受診したMRI&超音波の検査結果は、膵管拡張はなし、胆石もなし、膵臓に脂肪が溜まっているとのことでした。
られやれ、食事と運動を意識して過ごしましょう。












| | | コメント (4)