カテゴリー「花」の投稿

2022年9月11日 (日)

公園、少しづつ秋

昨夜は中秋の名月、予報では雲の隙間に見られかも?でしたが、思いがけずよく晴れて、とてもきれいなお月さまでした。

公園の蓮は今日あたり最後の一輪が咲いているかも?

9月9日
すぐ散ってしまいそうな蓮
0909 

蓮と睡蓮
今年は睡蓮も沢山咲きました
0909_20220911150102

葉の水滴も素敵です
0909_20220911150101

9月5日
コウホネと散った蓮の花弁
0905

河骨のところどころに射す日あり   桂信子 

蓮の葉の茎にオンブバッタが居ました
いつもと違う? 自然の営み
いつもオンブしているのは、他の♂を寄せ付けないためだとか。隣の茎に居るのも雄だと思います。
蕾は睡蓮。
0905_20220911152101

ヒマラヤスギの実が目立ってきました。
松ぼっくりです。
ヒマラヤスギと言いますが、松の種類とのことです。
0905_20220911153601

彼岸花の蕾が伸び始めてました。
0905_20220911154101

公園の出口まで続いて、出口近くに白いものが?
雑多な草に紛れて咲いてましたよ。
日当たりがいいので早いのかしら?
0905_20220911154401

4日後、9月9日、こちらも咲き出しました。
Photo_20220911154601

日本庭園の萩に、セセリチョウが居ました。
イチモンジセセリか? チャバネセセリ?
0909_20220911154901

萩とくれば芒も
0909_20220911161501


これはヤマトシジミでしょうか?
0909_20220911155901

体操をする場所で、いつのまにか青桐の実が茶色くなってました。
花の時は気付かず過ぎてしまいました。
0909_20220911155601

管理棟脇の出口には、青い花梨の実。
0909_20220911160501



9月10日の日本庭園です

秋海棠と
Photo_20220911160601

秋海棠西瓜の色に咲きにけり   芭蕉

水引草 
花の紅白を撮りたいけど、小さすぎて上手く撮れません
Photo_20220911160801

水引の花が暮るれば灯す庵    村上鬼城


今日は曜白朝顔をネットから外し、百合のプランターにこぼれ種なのか?礒菊が何本も生えているので、別の鉢に取り上げ、百合も植替えました。これから植替えが忙しくなります。






















 

 

| | | コメント (4)

2022年9月 2日 (金)

8月31日の公園&倒れて咲いたグラジオラス

9月になりました。今日は雨ですが、気温も26°ぐらい、過ごしやすいです。午前中は月1回の内科へ、いつものお薬を処方して頂きました。昨日は、近くのクリニックで、4回目新型コロナワクチン接種の予約をしました。10月5日、ひと月先になります。

昨日今日、公園には行かず仕舞い、8月31日の公園です。花壇の向日葵は終わりましたが、この鉢?の向日葵が咲き出しました。
雨のあと、1輪に3種類の虫たちが動き回ったり、蕊の中に潜ったりしていました。1匹はカナブンでしょうか?
Photo_20220902151403

Photo_20220902151401

蓮は蕾が少なくなり、そろそろ終わりが近いようでです。
葉の上に水滴が輝いていました。
Photo_20220902151501

偶々、池の端で咲いた花があり、真上から撮ることが出来ました。
Photo_20220902151502

Photo_20220902151503

散った花弁にも惹かれます
Photo_20220902151402

~~~~~~

家の鉢植えのグラジオラスはとっくに終わってますが、数日前花壇で咲いているのに気がつきました。風で株元から真横に倒れ、咲かないものと思い、そのままにしていたのですが、花穂が90度曲がってまっすぐに上に伸びて咲いていました。ビックリです
0824_20220902160001

植物の力には驚かされることが多いですね。
花壇のミニ向日葵は良く分枝し、花は小さくなりましたが未だ数輪咲いてます。これも意外でした。










 

 

| | | コメント (2)

2022年8月28日 (日)

蓮の花、開花から散るまで

日本庭園の蓮の花を見てふと思いつきました。毎日少しずつ姿を変えているので 開花から散るまでを撮ってみることに。体操の後、午前10時40分頃~11時20分頃に撮りました。

8月24日、ちょうど開花1日目らしき花があり、この花と決めて、撮る位置も決めて、同じにしたつもりですが、少しズレました。

そして3日目 あれ?花弁が1枚散ってる!
蓮は午前中に咲いて、午後には萎む。を繰り返し、4日目の午後には全て散ってしまうとのことなので、これは4日めの花だと気がつきました。
その翌日27日、やはり全て散って、実を包んだ緑の花托になってました。

何年か前に行田の古代蓮を見に行った時に展示されていた説明版より
1日目
3~4㎝開いたら8時頃には閉じ初め蕾の状態に戻る
2日目
7~9時頃には満開になり、後また蕾の状態に
3日目
最大に開いた後、昼頃に閉じ始めるが、閉じかけたまま夜になる
4日目
7時頃には完全に開き、早ければ8時ごろから散り始め、昼にはすべての花弁が散る

思いついた日の前日(23日)の写真を見て ラッキー、同じ花の1日目を撮ってました。
Photo_20220828135101

この方が分かりやすいかも?
2_20220828135101

出来れば1日の中で、早朝から昼過ぎまでの変化を見たいのですネ。

23日~27日に撮った写真です

花弁の先端が一寸黒っぽいと思ったら、もう秋の虫です
82


散った花弁を葉が受け止めてます
82_20220828135801

滝の音も聞こえて
825

四阿から
82_20220828135901

1日目? 2日目? 決めにくいですネ。
826_20220828135901

826

蕾から散るまで、どれも美しく、見惚れてしまいます
827


5日目の花托以降、出来れば 枯蓮になるまでも、撮ろうかと思います。







 

 

 

| | | コメント (4)

2022年8月22日 (月)

8月20日の公園

このところ 気温が30度を超えず、過ごしやすいです。
雨も降って水遣りも少なく、楽ですね。
体操が夏休み中も公園に行くつもりだったのに、猛暑日もあって、最終日に1日行っただけで終わった夏休みでした。
休み明けの今日は、東電から設置したエコキュートの確認に来るとのことで、休みました。
3ヶ月掛かると言われたエコキュートは1ケ月足らずで設置されました。追い焚きも出来るようになって良かったです。

8月20日の公園です。
一日曇りの予報でしたが、午後2時頃、家を出る時に降り始めました。雨もまた良しと 傘をさして出かけて、30分。公園に着くと止みました。雨に濡れた赤いサルビアが一段と鮮やかに見えました。

雨に濡れサルビアいよよ鮮やかに    蘖

Photo_20220822140301

高砂百合が、あちらこちらに咲いています。
園内何処も蝉時雨。空蝉も沢山見かけます。

空蝉にものを見る目のなほ残り   片山由美子


Photo_20220822142401

放送塔脇の藤棚から航空公園駅方面出口近くまで、案内図では沈床茶園と書かれていますが?今はボランティアさん協力の花壇&広場になってます。
飛行場の滑走路だった場所と聞いてます。
Photo_20220822144701

飛行機の形をした花壇ですが~
上から見ないと分かりませ~ん。
Photo_20220822144702

ピンクの日日草が咲いて
Photo_20220822150201

マリーゴールドには 赤とんぼ&モンキチョウ
Photo_20220822145402

Photo_20220822145401

珊瑚樹(サンゴジュ)の赤い実も、先日より きれいに見えました。樹下に実の付いた枝が幾つも落ちていて、風で落ちたのか?小鳥さんがちぎったのか?
Photo_20220822151301

日本庭園の蓮は未だ咲いてます。
昨年より殖えてるかな~?
Photo_20220822152501


2月頃、10往復して膝が痛くなった40段の石段。
久しぶりに登ってみました。
途中で蟻さんが蝉の翅を引いてました。
暫く見ていたら、もう1匹寄ってきて2匹になった。
並んだり離れたりしながら、石段の上に上げようとしています。
1匹が上から翅を持ち上げたら、反対側にいた蟻は振り落とされて、下でウロウロキョロキョロしてました。最初の蟻さんはどっちだった?
上に上げた翅は 石段脇の草むらへと運ばれていきました。
Photo_20220822153501

私の膝は何ともなく、調子良さそうなので3往復しました。今度は過ぎないように気を付けて、また昇降してみましょう。














 

 

 

| | | コメント (2)

2022年8月 5日 (金)

7月31日の公園

太極柔力球の練習は、指導員さんの多忙に加え、私も この暑さの中、やるかどうか分からないラケットを持っていくのが億劫になり、気がつけば ひと月以上やってない。体操は、来週から2週間の夏休みになるので、練習の再開は9月になるかも?

という訳で、また園内の散策を楽しむことに。

メタセコイアの並木
私の好きな場所の一つです。
左手が池になります。
池を眺めながら 楽し気なお二人さん。


幹高く大緑陰を支へたり     松本たかし

緑陰に染まるばかりに歩くなり  星野立子

Photo_20220803153401

 

日本庭園の蓮
蓮は、開花1日目から4日目に散るまで、日々 その姿を変えていきます。
この日は、午前中でも昼に近い頃だったので、一番上の写真は1日目、2番目の写真は3日目かな~
散った後の姿が多かったけど、未だ蕾もあり、8月も楽しめそうです。

咲き進む刻をとどめず蓮の花   稲畑汀子

朝風やぱくりぱくりと蓮開く   正岡子規


Photo_20220805144601

 

百日紅
駐車場の植込みには白い百日紅が咲いてます。
園内はこのピンクですが、花後の緑の実が多くなってました。

女来と帯纒き出づる百日紅     石田波郷

百日紅園児ねむりの刻来たる      飯田龍太

Photo_20220803153001


アカボシゴマダラ
水道脇の枯れた枝葉の中に 蝶を見つけました。
アカボシゴマダラかと思います。
やはり水が欲しいのかしら?

夏蝶の水をもとむる肢(あし)と口   中村草田男

夏蝶のやさしからざる眸の光り    飯田蛇笏 



Photo_20220803153101


サルビア
白い塔は放送塔で、公園の入り口から、塔まで サルビアの花壇が続きます。わたしの歩幅で約300歩です。

淋しくて燃ゆるサルビアかも知れず  山田弘子

サルビアの心変はりのなき朱さ    田中貞雄

Photo_20220805160001


サンゴジュの赤い実
放送塔の真下は、芝生になっていて、サンゴジュ、金木犀などの樹木が塔を囲みます。
Photo_20220803153301


この日、居間のカーテンに、また蜻蛉がいました。
Photo_20220805161701
以前にも糸トンボが居たり、12月に居たことも・・・
これで3度目!
家の周りには そんなにトンボは居ないんだけど・・・





 

 

| | | コメント (2)

2022年4月 3日 (日)

師の墓参り&花巡り

3日前の3月31日、句会のK先生のお墓参りと周辺の桜巡りをしました。
会員7名、小手指駅に9時に待ち合わせました。
先ず、駅近くの砂川堀の枝垂れ桜を少しだけ鑑賞しました。
No

まさをなる空よりしだれざくらかな   富安風生

枝垂桜わたくしの居る方が正面    池田澄子

此処で見かけた赤い花。これも金縷梅だよねって・・・
私は初めて見たような気がしますが、ふと気がつきました。紅花トキワマンサクだと思います。
Photo_20220403145401

 


駅に戻ってバスに乗り 公民館前で下車。
仏の座、姫踊り子草などの違いを確かめながら、全徳寺へと向かいました。
途中、普段 見かけない菫を発見しました。
葉に模様が入っています。
帰宅後に調べて 「斑入り源氏菫」かしら?
 Photo_20220403144201

菫程な小さき人に生まれたし  夏目漱石

漱石は日本に「ガリバ旅行記」を本格的に紹介した人。
童話ではなく、堕落した人間の本質を抉る風刺小説である とのこと。

カメラ構えて彼は菫を踏んでいる  池田澄子

池田澄子さんの句はどれも好きです。

諸葛菜の咲く向こうに全徳寺が見えてきました。
花大根、紫花菜、オオアラセイトウとも言いますね。
Photo_20220403150001

この花は36歳の4月に逝った姉の好きな花でした。

病室にむらさき充てり諸葛菜   石田波郷


全徳寺の枝垂桜が見事でした。
Photo_20220403152301

K先生のお墓参りを済ませてから、狭山湖へ向かいました。
桜が見頃です。
1_20220403152101

2_20220403152501

狭山湖から狭山不動尊をサッと通り抜けて西武球場前駅へ。

狭山不動尊  桜井門
Photo_20220403152901

御成門から勅額門へ、急な階段の先、勅額門の向こうにベルーナドーム( 2022年3月1日より名称変更)旧 西武ドーム、がど~んと見えました。
Photo_20220403153001

電車で多摩湖駅まで行き、30分程待たされましたが、掬水亭で昼食をとりました。7階の展望の素晴らしい席でした。
目の前に多摩湖が拡がり、左に遊園地の展望塔、右はベルーナドームまで一望できました。
Photo_20220403155901

遠い山並みがはっきり見えなかったのは残念。
Photo_20220403160201

この日の天気予報は午後6時ごろより雨になるかも?
帰りの駅でチラッと落ちて来たような気がしましたが、降られずに済みました。
春の草花&満開の桜、先生のお墓参りも済んで、午後4時過ぎには帰宅出来て良かったです。
この日出会った草花や景色での作句を頑張りましょう。


 

| | | コメント (2)

2022年3月25日 (金)

公園の春

3日前の雪は寒かったですね。節電要請が出されて、停電になっては困ると、厚着で頑張りましたよ。翌日から やんわりと暖かさが戻ってきました。

さて、公園は梅が終わって 春の花々が一気に咲き出し、園内を歩く度に いつも新しい発見があって楽しいです。

3月19日&23日、日本庭園に咲いていた花たちです。

三椏(みつまた) ジンチョウゲ科の落葉低木
花弁は無く、細長い筒状の萼の先が4裂して花弁のように見えます。
和紙の原料として栽培されますね。

三椏の花はじめから和紙の味  滝春一(たき しゅんいち)

Photo_20220324154501 

枝は三つに分かれ、別れた枝の先で又三つに分かれ、その枝先に筒形の小花がかたまって咲きます。淡い黄色の花は 華やかさは無いけど趣があります。

三椏の花三三が九三三が九   稲畑汀子

Photo_20220324154801

Photo_20220324154401


馬酔木(あせび) ツツジ科の常緑低木
日本の固有種で、葉や茎にアセボトキシンと言うものがあって、牛馬が食べると酔ったようになるので、馬酔木と書くとのこと。

馬酔木咲く向こうで欠伸夢の僧   金子兜太

月よりもくらきともしび花馬酔木    山口青邨

Photo_20220324154901


沈丁花(じんちょうげ)  ジンチョウゲ科の常緑低木
夏の梔子(くちなし)、秋の金木犀を合わせて三大香木と言われています。

沈丁花その存在を闇に置く   稲畑汀子

Photo_20220324154902


椿 ツバキ科の常緑樹
日本原産で、緑の厚い葉がつやつやしてますね。

初椿といふべき一花ひらきけり   能村登四郎

Photo_20220324155001


柊南天(ひいらぎなんてん) メギ科常緑低木
葉が柊に似ているのでつけられた名前です。

Photo_20220324155002


石蕗の花後
福寿草から少し離れた同じ場所に ひっそりと・・・
絮毛が飛んだ後です。
Photo_20220324155102

石蕗の絮毛
こちらはひと月ほど前(2月23日)の状態。
絮毛 も好きです。
Photo_20220324155101


日向水木(ひゅうがみずき)マンサク科トサミズキ属の落葉低木
土佐水木との違いは下垂した花序が短いことです。
俳句を調べましたが、土佐水木の句ばかりでした。土佐水木は此処では見当たりません。やっと見つけた日向水木の一句

黄は黄でも日向水木の薄黄好き  高澤良一

Photo_20220324155201
Photo_20220324155202

 

彩翔亭のテイクアウトデーで桜餅と草餅を水屋前で販売してました。それぞれ2つずつを求め、待っている間に撮った躑躅
Photo_20220324155501


終わった福寿草の中で 芍薬の芽が伸びてました。
Photo_20220325171101


~~~~~~~~~

3月21日の東川、河津桜でしょうか?
ソメイヨシノは未だですね。
Photo_20220324155701

 

きょう25日、公園の桜(ソメイヨシノ)が咲き出しました。
日本庭園では春蘭も咲いていました。
我家ではムスカリ、ヒヤシンス、クロッカス、キルタンサス、芝桜など咲いて、イカリソウの開花待ちです。百合も次々と発芽しグングン育ってます。

ウクライナの惨状には心が痛みます。

| | | コメント (4)

2022年3月 4日 (金)

梅園&我家の花

3月に入ったと思ったら、あっという間にひな祭りも終わり、公園の梅園は見頃を迎えました。
3月3日と4日の梅園
2_20220304143201

Photo_20220304143201

4_20220304143401

2_20220304143301

壁画とも天井画とも梅仰ぐ    鷹羽狩行

日本庭園(彩翔亭)の入口前の道を下った 左手に建つフォール大佐の胸像に咲いた白梅です。
0303_20220304150801
クリックで拡大します。
Img_7188

胸像へのアプローチ入口の白梅
3_20220304143401



2~3日前、体操会場の近く、河津桜が1輪咲きました。日毎に花数が増えてます。
3月3日撮影
0303

池の近くの金縷梅は、花弁の色が日本庭園のものとは少し違い、枯葉も未だかなり残ってます。
新しい名札にシナマンサクと書かれています。
以前は、シナノマンサクと書かれていたと思いますが、見間違いだったのかな?
3月28日撮影
0228

日本庭園では福寿草も綺麗でした。
2月23日撮影
0223

Img_7140

2月28日 すぐに葉が伸びてきます。
0228_20220304152501

 ~~~~~~~

我家の玄関前は 今 良い香りが漂ってます。
サルココッカです。
目立つような花ではありませんが、良く香ります。
0301_20220304154601

0301-4

並びのピンク猫柳です。
ちょっと触れてみたくなりますね。
0301-2

0301_20220304155001

もう一つ、嬉しいのは、今年咲かなかった日本水仙が、思わぬ場所で咲いていました。
花壇の隅で、此処に植えた記憶はないのですが?
全て鉢植えにしており、今年は一輪も咲かなかったのです。
0301_20220304160101

昨年 植替えをしたクリスマスローズ。
俯いて咲くので撮り難いです。
0301-2_20220304160601

0301-3

すこし前から百合の発芽が進んでます。
水遣りが忙しくなりますが、楽しみです。

パソコンの調子が良くなくて・・・
良い時もあるのですが?
パソコンを開くのが億劫になりました。
息子が居てくれたら・・・と思うこの頃です。

| | | コメント (4)

2022年2月 4日 (金)

きょうは立春

立春のかゞやき丘にあまねかり   高浜年尾

暦の上では春になりましたが、朝は未だまだ寒い。
でも、日中は暖かくなりましたね。

40段の石段昇降10往復すると汗ばんで、暫くは脱いだジャンバーを手に散策します。昇降の後、日本庭園&蝋梅園を見て帰ることが多くなりました。

昨日の日本庭園、彩翔亭(和風喫茶)はテイクアウトのみでした。お庭で 梅の花を観賞しながら、抹茶と和菓子を頂けます。
1月の花びら餅は、うぐいす餅に替わっていました。
何やら嬉しくなって、主人と一緒にと 2個買って持ち帰りました。

街の雨鶯餅がもう出たか    富安風声

鶯餅わが買ひ妻も買うて来し  岩崎健一


昨日の日本庭園の紅梅&白梅 
見頃はもう少し先になりますね。

紅梅や枝々は空奪ひあひ    鷹羽狩行

Photo_20220203155301


村々に梅咲いて山機嫌よし   大串章

梅といえば白梅のこと。
故郷の懐かしい景色が思い出されます。


3日前に撮りました。
0201

蝋梅園は1月下旬に入って見頃を迎えました。
Photo_20220203161101
Photo_20220203161201


山茶花は 11月頃から 咲いては 散って、花期が長いです。

ふと咲けば山茶花の散りはじめかな  平井照敏

山茶花の散れば花びらおびただし   山口青邨

昨日の山茶花
Photo_20220203161701

これは植込みに咲いていました。
1月29日撮影
Photo_20220203162001

松の手入れは、2~3日 掛けてやってましたね。
松手入れの季語は秋でした。
0129

鴨の居る池の氷は消えましたが、日本庭園の池には 未だ見られます。
蹲の水も凍ってました。
 
流れたき形に水の凍りけり   高田正子

Photo_20220203163901

2月句会まで2週間、まだ5句出来ておらず。
先月は特選1句、佳作1句のみ。
ちょっと寂しい、 頑張りましょう。

















 

 

| | | コメント (6)

2022年1月16日 (日)

紅梅がちらほらと

昨日 1月15日 、もしかして紅梅が咲いているかも?
体操の後、日本庭園に行ってみました。
あら~ 咲いてましたよ。
この前 9日には未だ咲いてなかったと思います。
開花は何日前だったのかしら?
Img_6844

Img_6847


寒梅の紅梅なりしゆゝしけれ   久保田万太郎


そして今日 、庭を挟んだ向かい側に白梅が一つ、二つ、三つ、三輪ほどが開花していました。
Img_6881

これからが楽しみ
Img_6883

早梅に一人立ち見る静心     星野立子

紅梅の根元には 万両の赤い実、控えめで可愛いです。
Img_6884

千両か万両か百両かも知れず    星野立子

万両の日にぬくみゐる我もまた   森 澄雄

朝は冷えますが、日中は暖かくなりました。
この頃、膝の調子も良くなったようで、昨日から、園内の石段(40段)の昇降を始めました。
昨日は3往復、きょうは4往復+下りのみ2回。下る時は1歩1秒とゆっくり。このゆっくりが良いようです。
Img_6838

この石段の上、左手が蝋梅園です。
昨日の蝋梅
満月蝋梅のように見えますが? 
Img_6862

満月といふ臘梅の昼の色    後藤比奈夫

Img_6868

今日は暖かく良い天気の日曜日。
良い香りが漂って、人も多かったので 中には入らず でした。

日当りてゐる臘梅に人声す    鈴木貞雄

前回の鴨の句は思いついたまま載せてしまいました。
推敲し訂正しましたが、やっぱり駄句ですね。
鴨、凍れる、寒からうと季語が3つも・・・
寒そうな鴨の様子を言わないとね。

今度の木曜日は句会です。
頑張りましょう。

| | | コメント (6)

より以前の記事一覧