« 2023年7月 | トップページ | 2023年9月 »

2023年8月の投稿

2023年8月27日 (日)

備忘録(熱中症)

熱中症で救急車のお世話になってから1か月。未だ厳しい残暑が続いていますね。
あれから体調不良が続き、怖くて未だ外出できません。
備忘録としての長文なので、以下パスしてください。

夏風邪は 気管支に微かに咳の元が残っているような感じですが、ほとんど治りました。
2回目の発熱外来を受診後、食事中に急に食べられなくなって、貧血のような?感じ。じっと治まるのを待って、また少しづつよく噛みながら、1時間掛けて食べることが多くなりました。完食出来たり残したり・・・とにかく食べなくてはの思いが強く・・・

朝・昼・夕食ともそんな状態だった翌日、内科を受診しました。
毎月お薬を処方してくださる先生は、生憎夏休み中で、2回の発熱外来で2人の先生、この日は3人目の先生でした。先生がコロコロ変わりましたが仕方ありません。
夜は2時間ごとに目が覚めて、2回目以降は1時間ごとに目が覚めて 朝になる。起きるとしばらく動けないことなどお話したら、睡眠導入剤(頓服)を処方してくださいました。

2回服用しましたが、途中の目覚めの回数は1回ぐらい減ったかなと思う程度。でも、眠っている間の眠りが深くなっているのかも?と3回目を服用しました。これがダメで。2時間後に目覚めたら汗をかいていて、その50分後には何かドキドキするような感じ。その後10分~20分間隔で手足の違和感を覚えました。その度に水分を補給し、朝まで1時間ごとに目が覚めていました。
その後は服用せず。朝までに途中5回ぐらい目が覚めるのは毎晩の事。

17日は句会でした。
前日は体調が良かったので行けると思いましたが、当日の朝はまた体調が悪く、作成しておいた7月の句会報と私の今月の欠席投句を会員のYさんに届けていただこうと思い お電話でお願いし、Yさんの近くのお店の前でお渡しすることに。
徒歩30分のところです。9時過ぎに家を出てしばらく歩いたら、あれ、大丈夫かしら?一寸不安に。途中 開店準備中のお店に入って水分補給。また歩いて、待ち合わせ場所に到着。Yさんに着いたことをTELしたら もう熱中症になりそうで、お店のドアを押したら開いたので中に。ガラス戸で外が見えてます。
Yさんが見えて、中へ招き書類をお渡ししようとしたら、お店の方が冷房の効いた店内の補助席をどうぞって。お水と塩飴も出してくださいました。有難うございます。Yさんに書類をお渡ししても、立ち上がる気力なし。Yさんが帰った後、お店の方にタクシーを呼んでくださいとお願いしました。ほんとに助かりました。お世話になりました。有難うございました。もうフラフラで帰宅しました。

その何日か後にも 湿度が高かった朝、書き物をしていたら急に体調が変。いつの間にか室温30℃近くに!ホント注意しなくては。

公園の体操、7月は34℃の日は中止でしたが、夏休みが終わり、34℃でもやっていると聞きました。今は怖くて行けません。往復1時間ですから・・・
体重2~3㎏減、体力も落ちたと感じてます。
食欲無くても食べなければの思いが強く、頑張ってます。

午後は体調も良くなるので、室内歩きなどしてますが、とにかく狭い部屋でとても足りてません。

欠席した句会報の作成の資料、私の欠席投句結果など、Yさんに預かってもらっていますが、10日も経つのに受け取りに行けません。
朝は体調が悪く、日中の暑さはとても無理。日が沈んでも暑いし、夜しかないかな?悩みます。私もYさんも車が無い。車がさえあればこんなことなんともないのにネ。

今日は幾分 気温も下がってるようで、日が沈んでから行けるとよいのですが・・・



 

| |

2023年8月 8日 (火)

夏風邪から熱中症に

10日ほど前のことです。
2~3日前から軽い風邪気味でしたが、この日の朝は急に37.7°に。不安になって発熱外来にTEL。10時予約で9:45に来てくださいと。受診の結果、インフルエンザA・Bとコロナのどちらも陰性でした。

咳と痰のお薬を処方して頂き、S薬局へ行くと、この薬はこちらでは用意できませんと。院内の薬局にあると思いますがー で、また病院に戻ったら、院内の薬局は閉鎖したんですよって。仕方ないW薬局へ行き、やっとお薬を手に 帰宅の途に。途中水分も摂りましたよ。

朝食の食べ残しを昼食にして、お薬を服用し、横になってしばらくしたら急に気持ち悪くなって、すべて吐いてしまいました。スッキリしたけど38.3°もあり、冷やしたタオルを当てたりしました。
とにかく疲れて、夕食は小さなごま豆腐をやっと1つ。

夜8時ごろ2階の窓開けて、風もあり、30~40分ウトウトし、居間へ戻ろうと階段をおりる途中突然クラクラとして、やっとのことで居間へ。なんだか朦朧として、気分も悪く・・・時間も時間だし、夫が救急車を呼びました。救急隊員さんとの受け答えはできました。搬送先の病院は3つ目の問い合わせで決まりました。
血液検査、CT検査の後、点滴をしていただいて、脱水症とのことでした。

翌日のこと。処方して頂いた2種類のお薬の説明を読むと、1つは眩暈、眠気、吐く。もう1つは食欲がない等が現れることがあると。服用後の私の状態にピッタリと思い、1回服用しただけで止めました。
風邪症状は相変わらずで3日過ぎ、4日目の朝、起き上がると汗ビッショリ、とにかく怠い!食欲もなく、両足の膝から下がチリチリしているような。熱は37.2°でした。服用を止めた薬の事もお聞きしたいので、再度発熱外来(本来は37.5°以上)にTEL、状況をお話しして受診しました。お薬は飲まなくてよいと。朝の状態は熱中症ということで、点滴をして頂きスッキリしました。

その後も 充分に気を付けているつもりですが、毎朝起床すると怠い。30分位椅子でぼんやりしている状態です。
昨日あたりから風邪は良くなっているようで、咳&痰が減ってきました。

今思えば、風邪の状態で炎天下を歩いたのがいけなかったようです。
嘔吐の後スッキリしたことで 安心してしまい 水分補給を怠ったこと。
食事は摂れなくても水分はしっかり摂ること。
反省してます。

多肉植物の花、その後こんな風に咲きました。
Photo_20230808145701

暫くコメント欄は閉じさせていただきます。

 

 

 

 

| |

« 2023年7月 | トップページ | 2023年9月 »