« 2022年9月 | トップページ | 2022年11月 »

2022年10月の投稿

2022年10月25日 (火)

雨の公園&柘榴の実

10月 24日 AM9:30 それまで雨は降ってなかったのに、出かけようとしたら、シッカリ降ってます。迷いましたが、10頃から止むとの予報。体操は10時からなので、柔力球のラケットも持って出かけました。
公園に着くと 指導員さん二人が帰るところで、他の人たちは皆帰られたとの事。
雨は降ったり、止んだりの繰り返しです。
せっかくなので少し歩くことに。

園内 今は薄紅葉です。
Photo_20221025151501

Photo_20221025151201
なつかしき旅はるけしや薄紅葉   稲畑汀子

Photo_20221025151202
家の近くでは一面に咲き乱れている背高泡立草 ですが、ここではほんの少し。
俳句には長すぎる名前です。アキノキリンソウともいうようですが、別の花のようですし、風声編歳時記にはありません。
朝日新聞社の草木編歳時記(秋の巻)1998年11月発行に泡立草、秋の麒麟草で記載された句がありました。
その中から1句
廃線路泡立草に占められし   安原 葉



Photo_20221025151502
池の縁に柿の木があって、実も付けましたが、もうありません。
ひと際鮮やかな落葉が一枚


Photo_20221025151601
桜の木です。
この先に筋トレの40段の石段があります。
10往復して膝を痛めたので、様子を見ながら1週間づつ、2往復、3往復と回数を増やし、下る時 膝が変なら無理をせず。今6往復になりました。


ヒイラギモクセイが満開でした。
ギンモクセイとヒイラギの交雑種とのことです。
香りもありますが、咲いても あまり目立ちませんね。
Photo_20221025151602
Photo_20221025151603


公園の帰り道の柘榴
ぱっくりと割れてました。
Photo_20221025165301
ひやびやと日のさしてゐる柘榴かな   安住 敦
 
実柘榴の笑ひすぎたる裂目かな      蘖

今週は体操の「歩こう会」あり、翌週は句会のハイキングあり、一寸楽しみです。

 

| | | コメント (4)

2022年10月17日 (月)

10日ぶりの公園

10月12日、10日ぶりに公園内を歩きました。10日前はほんの少しだったコスモスが かなり咲いていました。
白い花にイチモンジセセリ
ピンクの花にはアブのような?ハエのような?
Photo_20221017144201

2_20221017144201


コスモスにかくれんばかり教会は    山口青邨

望郷や土塀コスモス咲き乱れ      星野立子

 


日本庭園の杜鵑草(ホトトギス)
今年は花が少ないみたいで、これから出てくるのかしら?この公園で知った花の一つです。
Photo_20221017150501

杜鵑草庭の表情変るほど   稲畑廣太郎



イヌタデは園内どこにでも見られますが、通路に沿った斜面のイヌタデが見事だったこと思い出して行って見ました。未だ早かったのか?期待外れで一寸ガッカリ。
Photo_20221017150502
イヌタデは 別名 赤のまま(赤まんま)とも言います

長雨の降るだけ降るや赤のまま    中村汀女



藤棚前の花壇の隅に咲いた小菊
Photo_20221017150503

道ばたに伏して小菊の情あり   富安風生


3ヶ月もやってなかった柔力球の練習、やっと きょうから再開しました。
と言っても私一人に 先生(指導員)二人。
会員は5人だけ、私以外は何年も前からやっているし、レベルも違う。 仕方ないね。皆さんに追いつけるよう 頑張りましょう。

 

 

 

 

 

| | | コメント (2)

2022年10月 5日 (水)

公園で見つけた木の実、金木犀&ルリタテハの幼虫

2日前に公園で見つけた木の実。
ピンポン玉のように丸くて 黄色い実が一つだけ落ちていました。
Photo_20221004164101


枝には緑色の太くて鋭い棘があります。
名札はなくて分かりませんが 柑橘類かなぁ?と
Photo_20221004164202

管理棟から蝋梅園に向かう坂道の右側、大きな桜の木の傍です。
Photo_20221004164201

帰宅後に調べました。カラタチだと思います。
♪こころで好きと叫んでも口では言えず・・・
島倉千代子さんの『カラタチ日記』で名前は知って居りましたが、これのことだったのですね。

北原白秋の詩にも『カラタチの花』がありますね。
山田耕作の思い出話に共感して作詞したとのことです。

カラタチは枳殻と書いてミカン科の落葉低木
枳殻の実(きこくのみ)は秋の季語
芳香はあるが、酸味が強く食用にはならず、薬用にする。鋭い棘があるので生垣などにされた。
とありますが、最近はあまり見かけませんよね。

からたちの実の金色を棘囲ふ   野澤節子

 

花水木は赤い実もイイですね
0930_20221005215301


園内はどこも 金木犀が真っ盛り。
これは駐車場の金木犀です。
0930_20221005215801

ゆるぎなく金木犀の香のほとり   中村汀女



🐛 🐛 🐛

我が家の黄かのこ百合の葉にルリタテハの幼虫を見つけました。
未だ小さい鉢の小さい株で、翌日には葉を食べ尽くし、隣の鉢の黄かのこの葉に移動していました。2鉢離れた鉢にも小さな同じ幼虫が居たのですが、それは居なくなってました。飼育箱に保護される方もいらっしゃいますが、私はこのまま様子を見ることにします。黄かのこは沢山あるのでどんどん食べて育って欲しいです。
Photo_20221005220901


今日はコロナワクチンの4回目を接種してきました。
8月に予約に行ったら予約は9月1日からとのことで、9月1日に今日の予約が取れました。オミクロンに対応しているとのことで良かったです。副反応が出ないと良いのですが?

| | | コメント (2)

« 2022年9月 | トップページ | 2022年11月 »