« 2021年11月 | トップページ | 2022年1月 »

2021年12月の投稿

2021年12月28日 (火)

咲き出した蝋梅&年末の思い

今日は御用納めでしたね。
公園の健康体操も明日から冬休みになります。
体操後に 今年最後になるかと思いながら園内を少し歩きました。

10日前にちらほらと咲き出した蝋梅
花数は増えてますが、まだほんの一部です。
Photo_20211228211301

1224

蠟梅の香の一歩づつありそめし 稲畑汀子
蠟梅に白杖の音残るなり     飯島晴子

ろうばい園の隣、日本庭園も静かでした。
11時頃でしたが、池には未だ氷が残ってました。
Photo_20211228213401 

四阿に立つといつも寄って来る錦鯉ですが、きょうは少し離れた池の縁に寄り固まって、ほとんど動かずです。
Photo_20211228214001

この公園に通うようになって3年が経ち、色々な草木の名前を知りました。今年知った草木の中で印象に残ったのはキランソウとハクウンボクです。

キランソウ
0402

ハクウンボク
0501

コロナで旅行に行けず、俳句はこの公園での句が多くなりました。
12月句会は句会後に忘年会もありました。
句会では投句した5句全て先生の選に入って嬉しかったです。その中の一句は公園の松から 名のある松へと想いを馳せました。8年ぐらい前に訪ねた 金沢 兼六園の根上松(ねあがりまつ)です。
Photo_20211228230201
 加賀藩主手植ゑの松や色変へず   蘖 

 色変へぬ松や主は知らぬ人   正岡子規

  色変へぬ松したがへて天守閣  鷹羽狩行 


今年もあと3日。
主人が障子の張替え、硝子磨き、高い所の掃除等、張り切って済ませてくれました。今日は公園から帰ると、いつも30日にしていた門松がすでに立てられていました。有り難いことです。私は カーテンを洗ったり、食器棚のシートを替えたり、台所の掃除をしました。
明日は黒豆を煮る予定です。

数へ日を旅して橋の上にあり    大串章

数へ日の素うどんに身のあたたまり 
                   能村登四郎


拙いブログですが、この一年間 ご訪問して頂き、コメントも頂きまして有難うございました。
皆さま、どうぞ良いお年をお迎えください。
来年こそコロナが終息しますように。

| | | コメント (6)

2021年12月 3日 (金)

黄かのこ球根&初冬の公園

12月も早や3日。
焦りますが、まだ3日と思うことにしましょう。
例年だと まだ残っていた百合 黄かのこ の植替えが、今年は11月30日に全て終わったという安心感かも?

この日 掘上げた黄かのこは開花見込球が35球ほど。

黄かのこは、球根から伸びた地下の茎からも根が伸びたり、木子が出来たりします。
なので、出来れば 球根の2~3個分の深さに植えます。
Photo_20211203151601

大きな球根は、地下で分球し、分球した茎にも木子がつきます。とにかく剛健な種類なので、こうして殖え続けるのですね。
Photo_20211203152101

~~~~~~~~~

昨日(12月2日)、2週間ぶりに散策した公園は、もうすっかり初冬の景色。

 初冬なほ紅葉に遊ぶ人等かな   高浜年尾

昨日の私みたいです。

メタセコイアとクロマツ
Img_6679

色変へぬ松を称へて四方の木々  鷹羽狩行


名残のヤマモミジ
Img_6680

 冬園のベンチを領し詩人たり   木下夕爾

山茶花とトウカエデ
Img_6691

Img_6693

春、まず 真っ先に咲くという シナノマンサク
Img_6690

秋の実を うっかり見逃した ムラサキシキブ。
Img_6686-2

日本庭園の入口では、今年も トナカイさんが出迎えてくれました。
ハッキリ撮れなくて ごめんなさい。
Img_6695

彩翔亭の玄関前
掲示板の下と、玄関を入った所にも居るのですが、毎年載せているかと、割愛
Img_6698

彩翔亭では、抹茶とお菓子を頂きながら、正面にこの庭を観賞することも出来ます。Img_6701

Img_6702

築山&と滝は 縁側からですね。
Img_6699

 枯園としてのやすらぎ水音にも  後藤比奈夫

所沢に用事があって、いつもは ここから歩きますが、最近は 歩き過ぎると膝にくるので、電車で行きます。公園の出口近く、真っ赤な葉が目に付きました。ハゼでしょうか? 陸橋を渡った先にも。
Img_6709
Img_6711

 櫨紅葉にも燃ゆる色沈む色    稲畑汀子

忘年句会を2週間後に控え、私も頑張らなくては。
























 

 

 

 

 

| | | コメント (4)

« 2021年11月 | トップページ | 2022年1月 »