« 6月の公園 | トップページ | 捩花(捩摺 )&もじずり石の思い出 »

2021年7月 4日 (日)

朝顔、グラジオラスなど

7月になりました。
朝顔がぽつぽつと咲き出しました。
最初に咲いたのは、買い求めた黒ポット1株の雪姫 
八重又は半八重咲とラベルに記されていました。
花は小ぶり、以前育てた 桔梗咲き朝顔に似てます。
Photo_20210704105601

種を蒔くのはもう止めようと思っていたのに、また 今年も蒔きました。
花色は4色、早咲き と記されてました。
雨で花弁が破れたり、ゆがんだりで、綺麗に撮れませんが、雨雫をまとった姿も良いと思いました。
Photo_20210704112501

朝顔の裂けてゆゝしや濃紫   原石鼎(はら せきてい)  

朝顔は秋の季語です。
俳句を始めた頃は、夏と思っていましたから、どうして?
歳時記に載ってないの?
不思議に思ったことでした。

原 石鼎は 大正~昭和の俳人
「鹿火屋」を創刊・主宰

**********

グラジオラスも花色が揃ってきました。
アフリカに仲間が多く、日本には 明治時代の初めに渡来し、オランダアヤメ、トウショウブと呼ばれたようです。
Photo_20210704114101
Photo_20210704115701

グラジオラス手向けてガイド嘉門次碑   宮脇白夜

上高地の上条嘉門次は、日本近代登山の父、ウォルター・ウェストン(イギリス人の宣教師)の登山案内人を務めたことで有名です。ウェストンは、日本アルプスなどを世界に広く紹介しました。

**********

何年かぶりに、ゴーヤを植えました。
1株づつ、2鉢です。
花は咲けども実にならず、雄花ばかりと思っていましたが、7月に入ってから、実が付いているのに気がつきました。花の後ろに、小さな 小さな実を付けた状態は、見逃しました。
その後にもう一つ小さな実を発見。
ゴーヤの収穫は少しづつずれた方が良いです。
二人だけですから
Photo_20210704120401

苦瓜やぶらさがるものみな愉し    長嶺千晶

長嶺千晶は 季刊俳句同人誌「晶」 の代表

********

今年はじめての我家の子蟷螂、アルストロメリアの花の中に居ました。
可愛い~
兄弟たちも居るはずですが、見当たらず・・・
Photo_20210704122301

蟷螂は秋の季語ですが、
蟷螂生まる は夏の季語です。

蟷螂や生まれてすぐにちりぢりに 
          軽部鳥頭子(かるべ うとうし)


蟷螂の草刈る傍に生れけり  尾崎紅葉

軽部鳥頭子は 昭和時代の俳人
尾崎紅葉は 「金色夜叉」で有名な小説家

********

梅雨の晴れ間に、我家にもツマグロヒョウモンが飛んで来ました。ホシギキョウの葉から イカリソウの葉へと、これは♂です。
Photo_20210704123701

蝶は春の季語ですが、このヒョウモン蝶や揚羽蝶などは夏の季語になります。

夏蝶や歯朶ゆりて又雨来る    飯田蛇笏

黒揚羽ふわり君との別れかな    蘖

| |

« 6月の公園 | トップページ | 捩花(捩摺 )&もじずり石の思い出 »

家庭園芸」カテゴリの記事

俳句」カテゴリの記事

コメント

朝顔の季節なんですね🎐
“雪姫”って、本当に白い桔梗みたいです

hikobaeさんのところでズッと百合を見せて頂いていたので、土曜日の検査帰りにはオレンジ色の百合と、たまたまですが珍しい色と思ってピンクのグラジオラス
そしたら、こちらでもピンクのグラジオラスが
偶然ですが、ちょっと嬉しい(ღˇ◡ˇ*)♡

投稿: ば~ば | 2021年7月 5日 (月) 08時25分

朝顔がもう咲いたんですね。我家はまだ蔓を伸ばし始めた成長期段階にあります。
朝顔は夏の季語だと思い込んでいましたが、秋の季語なんですか~ 勉強になります。
ウオルター・ウエストン、日本近代登山の父として有名ですね。我が近くに聳え立つ恵那山2191mは、日本百名山・花の百名山にも選定されていますが、この山もウエストンゆかりの山で毎年5月11日にウエストン祭が行われますよ。

色んな花々や、昆虫、俳句などとても詳しく整理されていて、教育番組を観ているようで勉強になります。
俳句は解説付きだと、素人の私には理解でき嬉しく思いますが・・ごめんなさい。

投稿: yasu | 2021年7月 5日 (月) 12時53分

ば~ば様
コメントありがとうございます。
検査に行かれたのですね。
お疲れさまでした。
結果 心配ないと良いですね。

我家の百合、今までに咲いたのは全て終り、今朝、最後の百合 黄かのこ が咲き出しました。
朝顔もまた色が一つ増えました。
4色揃うと良いのですが・・・

投稿: hikobae | 2021年7月 5日 (月) 13時53分

YASU様
コメントありがとうございます。
朝顔は、種を蒔くのが遅かったので、早咲きと記されている種を選びました。
蔓がまだ伸びないうちに咲き出した株もあります。そういう種類なのでしょうね。

独身の頃は よく山登りをしました。富士山をはじめ、北岳~間ノ岳~農鳥岳、槍ヶ岳・蝶ヶ岳等々・・・
御地の恵那山に登ったことはなく、もう今となっては2000m級の山は登れません。残念!!

この2~3年は毎年同じ花ばかり、ブログに載せるのも躊躇います。
なので、俳句を添えたりしてみました。
YASUさまのお庭も夏の花が咲いて綺麗でしょうね。

投稿: hikobae | 2021年7月 5日 (月) 14時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 6月の公園 | トップページ | 捩花(捩摺 )&もじずり石の思い出 »