« 百合2つ、他 今 咲いている花 | トップページ | 朝顔、グラジオラスなど »

2021年6月27日 (日)

6月の公園

3月の下旬頃から9,000歩近くなると 膝に違和感が出て、歩かないでいると回復し、を繰り返していました。
最近は公園の体操後に 散策すると 帰宅途中から痛くなってきます。
というわけで、園内での散策を控えめにした6月の写真です。

蛍袋
昨年もここに咲いてましたが、今年はかなり殖えてビックリです。野山などでもよく見かける多年草です。

宵月を蛍袋の花で指す     中村草田男
もごもごと虻ゐるほたるぶくろかな 
                   飯島晴子

Photo_20210627085701

紅葉の花後の種
プロペラが付いて 風によく飛ぶようになってます。
これは、イロハモミジと思いますが、枝から下に垂れるものと、葉の上に立つものとあるようです。
また、プロペラは2枚と思っていましたが、3枚のものも有りますね。
Photo_20210627085801
Photo_20210627085802

こちらはトウカエデと思います。
プロペラに赤い色がありません。
Photo_20210627085803

スイセンノウ
毎年 咲く多年草です。
条件が悪いと一年草になるとか・・・
株はビロードのような白い毛でおおわれて、小さいけど 赤い花に惹かれます。
八重咲もあるようですが、見たことないですね。
漢字で書くと「酔仙翁」、花が赤いことから ほろ酔いの仙人を連想して付けらたようです。
白い立葵が仲間入りしてます。
Photo_20210627090101

オカトラノオ
虎の尾と名がつく植物は多いのですが、俳句の季語の虎尾草(とらのを)はこのオカトラノオをさすようです。

虎の尾のさゆらぎもせぬ湖ほとり 
                今井千鶴子


Photo_20210627090102

キョウチクトウ(夾竹桃)
夾竹桃は、原爆投下後 いち早く花を咲かせたことから、復興の象徴として、広島市の市の花に指定されており、市内に数多く植えられているとのことです。
Photo_20210627212101


夏椿
沙羅の木、又は 沙羅双樹とも呼ばれますが、釈迦が入寂時に その根元に横たわったと言われ、また、平家物語の冒頭に登場する沙羅の木は、この夏椿ではありません。

 二 三滴雨のこりゐる夏椿   福田甲子雄

Photo_20210627102401

ムクゲ(木槿)
アオイ科フヨウ属なので 芙蓉に よく似てます。
韓国の国花ですね。
夏の暑い盛りに次々と花を咲かせる一日花です。
花色は 白、ピンク、紅紫などありますが、
白花の中心部が紅色になるのは 底紅です。

道のべの木槿は馬に喰はれけり   芭蕉
底紅の咲く隣にもまなむすめ   後藤夜半

3_20210627101601

ヤブレガサモドキの花
葉が細く深く切れ込んでいるので、破れ傘ではなく、破れ傘もどきではないかと思います。
小花が集まって咲きますが、細かくて、接写してはじめて小花の様子が分かりました。
名前の由来は、春に すぼめた傘を開くようにして葉が出てくるからとのことです。
3枚目の写真は蕾の頃です。
葉の上に細く長く伸びた茎に花が咲くので、少しの風にも揺れて撮り難い花です。

破れ傘まこと破れて夏の草   高野素十
やぶれがさむらがり生ひぬ梅雨の中 
                  水原秋桜子

Photo_20210627090206

Photo_20210627090207

ラベンダー
人気の高いハーブですが、この公園では初めて見たように思います。
北海道の富良野が特に有名ですね。
一度は行ってみたいと思ってはいるのですが、いつのことやら・・・
3_20210627101701

ハクウンボク(白雲木)の実
今年5月、花が咲いていると教えて頂いて はじめて知った花木です。
花が咲けば 実も付くはず、どのような実だろうか?
興味を持って見て来ました。
青くて可愛い小粒の実がいっぱい出来てました。
Photo_20210627090201

ザクロの花

けふまでの蕾あすから花ざくろ 鷹羽狩行

蕾を見ると明日は咲くと分かる蕾があります。
先日の句会でそのことを句にしたのですが~
このようにすっきりと詠めると良いですね。
Photo_20210627101801

マテバシイの花
遠目にはこのように見えて、何の木か確かめたくなりました。
Photo_20210627101901

マテバシイでした。
すでに椎の実が出来てますね。
2_20210627101901


日本庭園の睡蓮オホネ(河骨)

睡蓮をわたり了せて蝶高く     高濱年尾
睡蓮の隙間の水は雨の文(あや)  富安風生

河骨は泥中を伸びる太い根茎を骨に例えて付けられた名前とのこと。
河ほねの二もと咲くや雨の中  蕪村
河骨の葉の抽んでて乾きをり  高浜虚子
河骨のたかき莟をあげにけり  冨安風生

Photo_20210627102001

6月ですから、紫陽花も咲いてましたね。
2~3枚撮りましたが、綺麗に咲いてはいるのですが、今年の紫陽花は一寸寂しい?
以前の紫陽花と比べてしまうからでしょうか?









| |

« 百合2つ、他 今 咲いている花 | トップページ | 朝顔、グラジオラスなど »

」カテゴリの記事

俳句」カテゴリの記事

コメント

またまたいろいろな花とそれを吟じた句も
説明と句で花が身近に親しみを持ってきます

以前住んでいた武蔵野市の戸建てには猫の額ほどの庭が有り、花ザクロがありました
懐かしいです(ღˇ◡ˇ*)♡❁

投稿: ば~ば | 2021年6月28日 (月) 07時42分

ば~ば様
コメントありがとうございます。
花ザクロは八重咲だったでしょうか。
八重だと実が付きませんね。
以前、仕事に通った駅までの途中の坂道、高い石垣の上のお庭にザクロの木が有って、坂を上る時 その木の下でよく一休みしました。
夏は花を見上げて汗を拭き、秋は ぱっくりと割れた実で一句・・・な~んてね。

投稿: hikobae | 2021年6月28日 (月) 13時45分

ハイ✋
ご指摘通り、八重咲き花ザクロでした
引っ越した時から有って「ザクロ?、本当に石榴なの?、大好き~ジュースに出来るの楽しみ~」

花が咲いて「ア、これ花石榴か?」とガクッ!💦

でも、真っ赤な花は夏の始まりの見事さでしたが

投稿: ば~ば | 2021年6月28日 (月) 14時35分

ば~ば様
再度のコメントありがとうございます。
ザクロの花は、離れた所からでも目に付いて良いですね。
八重咲は見たことないような気がします。
ジュースに出来なくて残念でした。
ジュースも飲んだことないです。
実は甘酸っぱいような、種ばかりと思いながら食べた記憶はあるのですが、いつのことだったか?

投稿: hikobae | 2021年6月29日 (火) 14時32分

我が家にもある夏椿、可愛い花ですよね。
破れ傘もどき・・・初めて見る花です。
名前が面白いですね。
添えてある俳句も良いですね~。
楽しく読みました。

投稿: マーチャン | 2021年6月30日 (水) 09時05分

マーチャン様
コメントありがとうございます。
夏椿があるのですね。
秋には黄葉(紅葉)も楽しめるとか。
ヒメシャラは以前 近所だったお宅に咲いてました。

破れ傘の名前を知っていれば、春に出た葉を見ると すぐ「これだ!」と分かります。
私もそうでした。
でも、色々と検索してみて、どうもこの公園の破れ傘はモドキじゃないかと思うようになりました。

投稿: hikobae | 2021年6月30日 (水) 13時33分

破れ傘、この様な面白い芸術的な花が咲くんですね。初めて見ました。
ホタルブクロ、可愛い花で素敵です。
オカトラノオ・むくげ、ラベンダー我家の小さな庭にもポツンと咲いています。
むくげは一日花ですが、次から次へと花をつけるので、一日花とは思えないぐらいです。
素敵な句が添えてありましたが、私には高度過ぎて・・修行が足りないようです。(^^ゞ

投稿: yasu | 2021年6月30日 (水) 20時36分

YASU様
コメントありがとうございます。
破れ傘の花は、小さくて(10mm足らず)、拡大しないとこのようには見られませんね。
真上から撮ると、またちがった姿(ネット検索
)が見られますが、柵がしてあるし、すぐ近くでも揺れて撮るのが難しいです。

YASUさまのお庭、色々な花が咲いているのですね。
ムクゲは長く楽しめて良いですね。
以前、苗場山から下山した宿に咲いていた底紅(ムクゲ)の花。
とても綺麗でした。
下山した安堵感と重なって、印象深く、忘れられない花の一つです。

投稿: hikobae | 2021年7月 1日 (木) 10時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 百合2つ、他 今 咲いている花 | トップページ | 朝顔、グラジオラスなど »