« 航空公園 花の頃 | トップページ | 東川で出会った花 »

2021年4月 4日 (日)

カンスゲ、スズメノヤスリ、キランソウ

3月1日、日本庭園に草丈低く咲いていた八重咲き水仙の傍にほんの少し離れて、名前の分からない1株。
植え付けたのか?
それとも 草の中に見つけたので残したのか? 
といった感じです。
ずっと分からずにいたところ、先日 体操をする場所の土手に同じような1株を見つけました。
よく見ると、草に混じって其処にも、此処にも・・・
日本庭園と同じものと思っていましたが、
写真に撮って比べてみると違いました。

昨日 東川で見つけたナヨクサフジを調べた時のサイトにより、名前が分かりました。日本庭園のはカンスゲ、土手のはスズメノヤスリだと思います。
間違っているかも?

カンスゲ
スゲは冬に枯れるが、カンスゲは常緑で冬も枯れない。
以前見た時はもっと大きかった思うのですが・・・
種類が違うのかも?
Photo_20210404140101

スズメノヤスリ
Photo_20210404140201

小さな株で草丈低く、ぱっと見 よく似てますが、花茎の花の付け根が違います。
スズメノヤスリには、 のようなものが見えますが、カンスゲにはない。
Photo_20210404140801

花茎と葉の付き方。
カンスゲには褐色の横縞が入り、伸びた花茎に葉は付いてません。
Photo_20210404141301

同じ土手に咲いていたキランソウ(金瘡小草・中国名)
別名 地獄の釜の蓋 ですって・・・
薬草で弘法大使が この草が薬になることを教えたことから、弘法草とも。
Photo_20210404145901

2株しか見られませんでしたが、体操の方が、もっとあったんだけどね。
と 言ってました。

 

| |

« 航空公園 花の頃 | トップページ | 東川で出会った花 »

」カテゴリの記事

コメント

カンスゲ、スズメノヤスリ・・・正直、これらの花には申し訳ないけれど、こんな華の無い花は見たこと無かったです
地味ですね~(^^;;
これらを見つけられる、さすがhikobaeさん(ღ˘⌣˘)☝

キランソウ=別名 地獄の釜の蓋って・・・何故にこんな名に??、弘法草に統一してあげて🙏
花の形状はちょっと“仏の座”に似てるし~🌹

投稿: ば~ば | 2021年4月 4日 (日) 17時05分

ば~ば様
コメントありがとうございます。
カンスゲは手入れされた水仙の傍にあったのですぐ目に付きました。
只の草に見えるのに、ちゃんとお手入れされているので、気になりました。
名前を知りたいと思っていたところ、土手の草の中で似たもの見つけました。

キランソウは墓地などにも生えていて、お彼岸の頃に、葉がべったりと地面を覆うので「地獄の釜の蓋」。
また、薬効があり、その効き目は 地獄へ行く釜の蓋をするほどの効き目があるとのことで、名付けには諸説あるようです。

キランソウは 同じように地を這うように咲くカキドオシの花にもよく似てます。

投稿: hikobae | 2021年4月 4日 (日) 21時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 航空公園 花の頃 | トップページ | 東川で出会った花 »