« バルビネラ&ビオラ | トップページ | イカリソウ&発芽した百合 »

2021年3月23日 (火)

公園の黄色い花と俳句(春)

今日は一日 穏やかな晴天、桜は見頃に・・・
でも~ 人間ドックを明日に控え、花粉症が出ると困るので、今日は外出せず。
公園に咲いていた黄色い花の写真を纏め、俳句を調べ 鑑賞しました。

公園の菜の花畑に園児たちがやってきました。
黄色い菜の花の向こうから 一列に並んだ可愛い赤い帽子が近づいて 菜の花を前に写真を撮っていました。
Photo_20210323100102

菜の花に枝垂れ桜が揺れて、芝生の丘には家族連れ、平和な ひと時
Photo_20210323100101


菜の花や月は東に日は西に  与謝蕪村

菜の花といえば、先ず 有名なこの一句。
スケールの大きな景色。
未だ明るい夕刻、一面の菜の花の中で、東に昇り始めた月、西に沈みゆく太陽・・・
東に昇る月は満月か満月に近い月、西に見える月は三日月です。


菜の花の中に小川のうねりかな  夏目漱石

長閑な春の情景が スッと思い浮びます。
漱石の俳号は 愚陀仏です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーー

蝋梅園のラッパ水仙が見頃です。
昨年よりも殖えてますね。
Photo_20210323111301

柵に沿いに咲いている水仙を 屈みこんで撮りました。
白い花弁は清楚で良いですね。
Photo_20210323111501

喇叭水仙のぞくものではありません  川﨑展宏

喇叭水仙笑ひ上戸の集ひけり     渡辺恭子

喇叭水仙を詠んだ句は少ないのですが、その中で、心に残った句です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーー

待ち遠しかった三椏が咲き出しました。
私が三椏の花をアップで撮ると いつもピンボケ、後ピンになってしまうのは何故?
Photo_20210323112301 

三椏の花三三が九三三が九   稲畑汀子

三椏の枝は三つに分かれ、別れた枝が また三つに分かれ、花はその枝先に咲きます。
作者は 三椏の花を見た時に思わず九九を口ずさんでいたとのこと。
花の咲く様子を知れば、なるほど そうですね。
ーーーーーーーーーーーーーーーーー

園内あちらこちらの連翹が見頃。
春の水に映える 池の連翹が一番きれいかも?
残念なのは池の中の小島に咲いているので 近づけません。
Photo_20210323113001


連翹の奥や碁を打つ石の音   夏目漱石

これも漱石の句です。
春の昼下がりでしょうか。
庭に連翹の咲いている家があり、見事な連翹に足を止めると、縁側で碁を打つ姿が見えた。
通りまでは届いてないと思うけど、 碁を打つ石の音がピシッと響きます。
連翹や ではなく、連翹の奥やで切ってますね。
中村草田男の、万緑の中や吾子の歯生え初むる と同じ切れで、なかなか真似できません。


連翹の何も語らず黄より葉へ  渡辺桂子

この句にハッとしました。
葉の出る前に 黄色の花をびっしりと咲かせる連翹を「何も語らず、黄より葉へ」このように詠めたらと・・・
渡辺桂子は 渡辺水巴に師事し、後 水巴と結婚した俳人です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーー

これ、何の花後かお分かりでしょうか?
遠目には花が咲いているように見えました。
サンシュウの花後です。
Photo_20210323113601

3月上旬、サンシュウの花
Photo_20210323114901

山茱萸の花にぞろりと佇める   深見けん二

早春の散策、吟行の方々かもしれません。
サンシュウの花を見上げながら何やら話している様子・・・
ーーーーーーーーーーーーーーーー

日本庭園、紅葉の根元に咲いた小さな花。
ヒメリュウキンカです。
濃い緑の葉に 小さいながらぱっと開いた黄色小花が愛らしいです。
Photo_20210323113901

リュウキンカは俳句の季語にはないですね。


 

| |

« バルビネラ&ビオラ | トップページ | イカリソウ&発芽した百合 »

」カテゴリの記事

俳句」カテゴリの記事

コメント

ずっと楽しみに観ているTV番組『プレバト』で俳句の奥深さ、楽しみ方を識るにつけ“下手の横好き”で真似たりしてますが
夏井先生から「二度と来るナ!」と叱咤されそう(◟‸◞)👊

hikobaeさんの俳句のご紹介は無いの??

投稿: ば~ば | 2021年3月24日 (水) 07時34分

ば~ば様
コメントありがとうございます。
プレバトは私も見てますが、最近は俳句が番組の後の方になったので、落ち着いて見られなくなりました。最初にして欲しいです。

プレバトのお題の写真を見て句を作るのは なかなか難しいです。
さすが ば~ばさま、何でもこなしますね。
たまにはご披露してくださいね。

私は自分の句が分かりません。
推敲しても推敲しても堂々巡り。
先生に添削なしでとっていただいた時、やっぱりこれで良かったのだと・・・

先生が亡くなられて 句会はどうなるのか?
このような時、4月から会の役員(当番)が回ってきて、心配です。


投稿: hikobae | 2021年3月24日 (水) 21時02分

五七五と並んだ短い言葉の中に、その場の風景や作者の気持ちが表れていて、素晴らしいと思う反面、いざ自分で表現しようと思うと難しいものですね。

HIKOBAEさんも色々な場面で、俳句が浮かんでくるのではないでしょうか。

プレバト私もよく見ますが、夏井先生の手直しでスッキリ、さすがだと思って見ています。

投稿: yasu | 2021年3月26日 (金) 14時57分

YASU様
コメントありがとうございます。
私は 今まで 句会があるから句を作る。と思っていましたが、今は 自分のための俳句にしたいと思うようになりました。

K先生が指導されていたもう一つの句会は、解散しましたが、私たちの句会は、会員2名が退会(先生のこととは関係なく)しましたが、存続することに。
どのような会になるのでしょうね。

投稿: hikobae | 2021年3月26日 (金) 21時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« バルビネラ&ビオラ | トップページ | イカリソウ&発芽した百合 »