« 2021年2月 | トップページ | 2021年4月 »

2021年3月の投稿

2021年3月27日 (土)

イカリソウ&発芽した百合

3月7日に最初の1輪が咲いたイカリソウ、このところ だいぶにぎやかに咲いてきました。
カースペースのブロックの上に並べたイカリソウの鉢は9号鉢から4号鉢まで大小17個+置ききれない鉢が2個あります。
2日程前に、このブロックの上に纏めました。
冬の間、あちらこちらに分散しておいたので、鉢によっては未だ、小さな蕾の鉢も有りです。

20年ほど前に『多摩の夕映え』という名前で購入しのですが、植替え、株分け等を繰り返すうちに、濃い色の花が咲き出しました。花の中心部が濃い、淡い、白いと色々ですが、元々は上から三番目と一番下の写真のようだったと思います。
Photo_20210327144101
Photo_20210327144102

百合の鉢は 全て発芽し、すくすくと生長しております。
発芽する前の 土ばかりで何もない鉢に植えたネメシア&ビオラも益々元気。
でも、元気過ぎると百合の芽が傾いてしまいます。
傾いても大丈夫とは思いますが、少しずつ百合の株の周りを切り取ってます。
Photo_20210327155101

ムスカリは纏めるはずだったのに、掘り残しがあって、上手くいきませんね。
ヒヤシンスもとびとびに咲いてます。
Photo_20210327163001
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

公園の桜が見頃ですが~
昨日はデジカメのバッテリーが切れていて撮れず、今日は花粉症の症状が出たので真直ぐ帰宅。
一昨日は薄曇りで、桜は綺麗に撮れないと思い、主に桜以外の花を撮りました。
その時の写真です。

咲き出した山吹、遠方に桜
Photo_20210327160301

雪柳
むさしの川には水が無いですね。
Photo_20210327160701

藪椿
控えめな感じの花です。
Photo_20210327160801

いつも体操している所の桜、親子が見上げているのは何?小鳥かしら?
Photo_20210327161301

菜の花と手前の枝垂桜、向こう側の赤、白、ピンクの椿、綺麗な眺めです。
Photo_20210327162501

今日は花粉症で東川の桜にも行けず・・・
明日はまた曇りの予報で、明後日は先生のお墓参りの予定。
『三日見ぬ間の桜』になりそうです。












| | | コメント (4)

2021年3月23日 (火)

公園の黄色い花と俳句(春)

今日は一日 穏やかな晴天、桜は見頃に・・・
でも~ 人間ドックを明日に控え、花粉症が出ると困るので、今日は外出せず。
公園に咲いていた黄色い花の写真を纏め、俳句を調べ 鑑賞しました。

公園の菜の花畑に園児たちがやってきました。
黄色い菜の花の向こうから 一列に並んだ可愛い赤い帽子が近づいて 菜の花を前に写真を撮っていました。
Photo_20210323100102

菜の花に枝垂れ桜が揺れて、芝生の丘には家族連れ、平和な ひと時
Photo_20210323100101


菜の花や月は東に日は西に  与謝蕪村

菜の花といえば、先ず 有名なこの一句。
スケールの大きな景色。
未だ明るい夕刻、一面の菜の花の中で、東に昇り始めた月、西に沈みゆく太陽・・・
東に昇る月は満月か満月に近い月、西に見える月は三日月です。


菜の花の中に小川のうねりかな  夏目漱石

長閑な春の情景が スッと思い浮びます。
漱石の俳号は 愚陀仏です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーー

蝋梅園のラッパ水仙が見頃です。
昨年よりも殖えてますね。
Photo_20210323111301

柵に沿いに咲いている水仙を 屈みこんで撮りました。
白い花弁は清楚で良いですね。
Photo_20210323111501

喇叭水仙のぞくものではありません  川﨑展宏

喇叭水仙笑ひ上戸の集ひけり     渡辺恭子

喇叭水仙を詠んだ句は少ないのですが、その中で、心に残った句です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーー

待ち遠しかった三椏が咲き出しました。
私が三椏の花をアップで撮ると いつもピンボケ、後ピンになってしまうのは何故?
Photo_20210323112301 

三椏の花三三が九三三が九   稲畑汀子

三椏の枝は三つに分かれ、別れた枝が また三つに分かれ、花はその枝先に咲きます。
作者は 三椏の花を見た時に思わず九九を口ずさんでいたとのこと。
花の咲く様子を知れば、なるほど そうですね。
ーーーーーーーーーーーーーーーーー

園内あちらこちらの連翹が見頃。
春の水に映える 池の連翹が一番きれいかも?
残念なのは池の中の小島に咲いているので 近づけません。
Photo_20210323113001


連翹の奥や碁を打つ石の音   夏目漱石

これも漱石の句です。
春の昼下がりでしょうか。
庭に連翹の咲いている家があり、見事な連翹に足を止めると、縁側で碁を打つ姿が見えた。
通りまでは届いてないと思うけど、 碁を打つ石の音がピシッと響きます。
連翹や ではなく、連翹の奥やで切ってますね。
中村草田男の、万緑の中や吾子の歯生え初むる と同じ切れで、なかなか真似できません。


連翹の何も語らず黄より葉へ  渡辺桂子

この句にハッとしました。
葉の出る前に 黄色の花をびっしりと咲かせる連翹を「何も語らず、黄より葉へ」このように詠めたらと・・・
渡辺桂子は 渡辺水巴に師事し、後 水巴と結婚した俳人です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーー

これ、何の花後かお分かりでしょうか?
遠目には花が咲いているように見えました。
サンシュウの花後です。
Photo_20210323113601

3月上旬、サンシュウの花
Photo_20210323114901

山茱萸の花にぞろりと佇める   深見けん二

早春の散策、吟行の方々かもしれません。
サンシュウの花を見上げながら何やら話している様子・・・
ーーーーーーーーーーーーーーーー

日本庭園、紅葉の根元に咲いた小さな花。
ヒメリュウキンカです。
濃い緑の葉に 小さいながらぱっと開いた黄色小花が愛らしいです。
Photo_20210323113901

リュウキンカは俳句の季語にはないですね。


 

| | | コメント (4)

2021年3月20日 (土)

バルビネラ&ビオラ

このところ4月の陽気が続き、バルビネラは日ごとに咲き進んでいます。
今年の花茎は5本、長いのは1m、短いのは60㎝ぐらい。
スッと伸びた茎の上部の花穂は50㎝余り。
Photo_20210319163401

10年ぐらい前に植えたプランターからのこぼれ種が思わぬ所に芽生え、5年ほど前に初めて開花しました。プランターに植えた株は絶えました。植替えで鉢を小さくしたのがいけなかったようです。

開花までの様子
224

Photo_20210319165101


Photo_20210319165201

Photo_20210319165301

A_20210319165401

小花は花穂の下から上に向かって咲き進みつつ、下から順に閉じます。
B_20210319170501

何年か前の写真ですが、咲き終わりはこのように。
0417


百合の鉢やプランターは発芽するまでは土ばかり、淋しいので、ビオラの開花株3ポットを購入し11月に植えました。春になると、こぼれ種からのビオラも咲き出し、この2~3日は百合も次々に発芽するので、百合の芽の周りのビオラは切り取っています。

今 咲いているビオラ。
上の二つと真ん中の右が購入した株、下の二つと真ん中の左がこぼれ種からのビオラ
紫系のビオラが発芽しやすいようです。
2021

ビオラはここに越してきてから20年以上毎年咲いてます。10年ほど前にコンデジになってから咲いたビ オラを幾つか拾ってみました。
中の6つは種を蒔いて育てました。
Biora

デジカメ以前の花のアルバムも開いてみました。
ビオラはほとんど種から育ててているので、鉢の数が凄い。我ながらこんなに咲かせていたのかと・・・

思えば、あの頃は百合の鉢が少なかった。
今 百合の鉢が並んでいる場所がすべてビオラです。
他に、デージー、ペチュニア、ネモフィラなども種を蒔いて育てたので、あの頃の方が春はずっと楽しかったような・・・
また、種蒔きしたくなりました。

| | | コメント (4)

2021年3月12日 (金)

公園の昨日今日

東日本大震災から10年、4万人余りの方々の避難生活が続いているとのこと。原発事故による 福島県外への避難者数は2万9千人とか・・・
帰還困難区域に戻れる日は来るのでしょうか???
住まいがあるのに帰れない、どんなにか切ない事でしょう。

長男は福島第一原発で働いており、地震発生後の3月14日、『いつ爆発するかもしれない危険な3号機に入域する。万が一でも動転しないで』とのメール。そして11時に爆発しました。テレビの爆発映像を見て、あの中に息子が~。その後1週間も連絡が取れず、何かあれば連絡が来るはず、と思いながらも心配したことでした。無事でよかったです。

さて公園の春は休むことなく進みます。

日本庭園の春蘭が咲きました。
囲われた庭の中で更に木枠に囲われて、近くで撮れないのが残念。草丈が低く目立たないので、興味が無ければ気付かないかも?
Photo_20210312113901

草木瓜(クサボケ)が咲きました。
草ではなく日本固有の落葉低木。
枝が立ち上がって樹高2メートルほどになるのが木瓜。
枝が横に広がり 草状に立ち上がるのが草木瓜です。
Photo_20210312114202

Photo_20210312114201

遠目にレンギョウかと思いきや 日向水木でした。
小花が一つ二つの短い花穂なので、日向水木です。
原産地は日向(宮崎県)ではなく、近畿北部、北陸の日本海沿岸との事。
牧野博士が小さな土佐水木なので ヒメミズキとしたのが、ヒュウガミズキに転訛したらしいです。
土佐水木の花穂は長く、小花が5~10個もつきます。
Photo_20210312115201

赤い椿は花弁が傷んだもの多かったのですが、この日の椿は綺麗でした。
ハクモクレンは場所によっては 満開ですが、こちらは少し遅いようですね。
Photo_20210312115501

寒緋桜も見頃に
Photo_20210312115901

椿と寒緋桜
Photo_20210312120001

先日開きかけていたコブシが開きました。
Photo_20210312120401

そして翌日にはこんなに・・・
Photo_20210312120501

蔓日日草が咲き出して、あら 蜥蜴も・・・
暖かな日射しの中で 気持ちよさそうです。
Photo_20210312120901

我家の蔓日日草は未だ咲きません。
蔓が長く伸びて 、伸びた先で根を張って、やたらと広がります。切っても切ってもめげない したたかな花です。

| | | コメント (8)

2021年3月 6日 (土)

ハクモクレンが咲きました

3月6日 きょうは4月下旬の陽気、花粉は多いけど風は強くないので、体操に。
直ぐ帰るつもりでしたが、花粉症は大丈夫そうなので、園内を散策。
遠目にもハクモクレンの白が目に付きました。
咲いているかも?
Photo_20210306203101

蕾が膨らんで、花弁が開き始めていました。
Photo_20210306203301

駅の方へ行くことはなかったのですが、今日は陸橋を渡って、テニスコート沿いを歩いて行くと、ここにもハクモクレンがありました。こちらはもう咲いてましたよ。
2_20210306204701

嬉しくなって、撮っていると、公園の方らしい男性が来て傍に立っていました。
もう咲いているのですね。などとお話していたら、向こうにも咲いてますよって。
見ると テニスコートの敷地内にハクモクレンの大きな樹がありました。
テニスコートのフェンス沿いに土手を歩けば樹の下に行けると親切に教えて頂きました。
ありがとうございます。おかげさまで写真に撮れました。
3_20210306210601
32

日本庭園の門の前、大正天皇御駐輦之碑の傍に何か芽吹いているような・・・
Photo_20210306211901

コブシの蕾でした。開花直前の蕾もあります。
0306

日本庭園の雪柳と
0306_20210306213001

ヒイラギナンテン
0301


梅園の梅も咲き揃って綺麗です
Photo_20210306211602
Photo_20210306211601

今日は樹木の手入れで立入禁止で近づけなかったサンシュウ
0301_20210306213801

寒緋桜も咲き出しました。
0304

椿は花弁が傷んでいるのが多くてなかなか撮れませんが、この花は綺麗でした。
0302_20210306214601

この椿に並んだ赤い椿の枝に小鳥がいました。
ツグミかな?
0302_20210306214801

最近 小鳥にも興味を持つようになりました。







 

 

 

 

 

 




| | | コメント (6)

« 2021年2月 | トップページ | 2021年4月 »