« 2020年8月 | トップページ | 2020年10月 »

2020年9月の投稿

2020年9月27日 (日)

雨の公園散策

この2~3日は雨が降ったり止んだり、すっきりしません。そして 今日も・・・

二日ほど前のことです。
午後は止むかも? と出かけた公園ですが、細かな雨は止むことなく降り続きました。
園内の人影は疎らで、落ち着いて散策できました。
この前は咲いてなかった管理棟前の曼殊沙華
Simg_1735

松の緑とコラボで纏う雨雫
Img_1737

向かい側のハナミズキはすでに赤い実が沢山出来ていました。これからの紅葉も楽しみです。
Photo_20200927090901

前回も載せたサルビアですが、このように咲いているのですよ 。
Simg_1741

木立の隙からの眺めも好きです。
Simg_1761

日本庭園に向かう途中、雨の中、プラタナスの剪定作業をしていました。
この日は園内のあちらこちらで、剪定とか芝刈りとかの作業をしていました。
Simg_1745

日本庭園の紫陽花も・・・
紫陽花は花後の剪定がとても大事らしいですね。
Simg_1754

先日のタカノハススキも・・・
ひっそりとした寂しさを覚えました。
Simg_1756

でも、新しい発見がありました。
この樹 なん樹?
もう終わりに近いけど、葉を超えて伸びた枝に赤い実が、もう割れて種が見えてます。
花も咲いたはずなのに、まったく思い出せません。
Photo_20200927094101
Photo_20200927094701

帰宅後に調べました。
ゴンズイだと思います。
おなじ名前の魚もいたような・・・
秋に紅い実の付く樹は多いのですが、念のために撮った樹皮に特徴があり、間違いないと思いました。
Photo_20200927095901
花は小さくて目立たないとのことです。

曼殊沙華もかなり咲いてきたと思いながら、日本庭園を後にしました。
Simg_1753

時折ぶら下がってみる鉄棒。
最初は左肩が弱くやっと5つ数えるぐらいだったのに、今は足を振っても 頑張れば20位数えられるようになりました。
今日は誰も居ないので、カラスが使ってます。
Simg_1767

サンゴジュの実がまだ残っていました。
今年は纏まって赤くなることがなかったように思います。
Photo_20200927102501

雨続きでしたが、明日は晴れそうですね。
また夏日になるのかな?



| | | コメント (8)

2020年9月22日 (火)

咲き出した彼岸花、他

今日は秋分の日、彼岸の中日。
「暑さ寒さも彼岸まで」の言葉通り、朝晩は涼しくなり、公園の彼岸花(曼殊沙華)が咲き出しました。
彼岸花には赤、白、クリーム色、最近ではピンク、オレンジなどがありますね。
この公園では白い花が先に咲きました。
9月22日撮影
Photo_20200922151601    

日本庭園にも咲いているはずと行ってみましたが、赤い彼岸花はまだちらほら。
Photo_20200922152101
2日前の9月20日には1~2輪でした。
Photo_20200922152501

ミズヒキソウが咲いていました。
お祝いののし袋にかける紅白の水引のように細長い花軸に紅い小花を疎らに付けて、上から見ると紅く、下から見ると白く見えるので付けられた名前とのこと。
小さな花をアップで撮りたいのに上手くピントが合いません。
Photo_20200922153001

これ以降は、2日前(9月20日)に散策した時の写真です。

花の少ない日本庭園に ちらほらと咲いた秋海棠
  病める手の爪美しや秋海棠  杉田久女
Photo_20200921215701  

ススキを見ると、秋の訪れを感じますね。
横に薄黄色の縞が入る斑入り葉のタカノハススキです。
 おりとりて はらりとおもき すすきかな  飯田蛇笏
Photo_20200921220801

水辺の植物、カヤツリグサ科のカンガレイ
お魚の名前みたいですが、漢字で書くと寒枯藺です。
冬に立ち枯れた茎が残るからだそうです。
Simg_1654  

Photo_20200921221101

池の中の石にはタニシがウジャウジャ・・・
この池では初めてみました。
Photo_20200921221501

日本庭園を出ようとしたら、返り咲きの紫陽花が「私も見て!」と通路に枝を伸ばしていました。
Photo_20200921222301

日本庭園を出て、小さな薔薇園へ
秋の薔薇がちらほら、静かに咲いていました。
少し降った雨の雫が光ってました。
  秋の風 再び薔薇の 蕾かな  正岡子規
Photo_20200921222901

放送塔前から公園出入口までのサルビアは、花期が長いですね。
  雨に濡れ サルビアいよよ 鮮やかに  蘖 
Photo_20200921224101

我家でも咲き出したゼフィランサス(タマスダレ)
Photo_20200922154201

銀杏の実が沢山落ちてます。
昔 昭和記念公園でパラパラと落ちてくる銀杏を沢山拾って、かぶれたこと思い出しました。
あれは確か、11月の風の強い日でした。
Photo_20200922154901

駐車場前の植え込みのマリーゴールドとベニシジミ
Photo_20200922155401

マツバギクにはヤマトシジミかしら?
Photo_20200922155601

ここは白い花が咲く百日紅(百日白)の木の下です。
綺麗に咲いていますが、散ったばかりの花にも惹かれます。
Photo_20200922160401 

涼しくなって、これからは、我家の夏の花の片づけ、百合の植替えの季節です。











| | | コメント (6)

2020年9月12日 (土)

公園のキノコと百日紅

8月は 「コバトン健康マイレージ」の<月間で一万歩 以上歩く日が20日以上あれば1000ポイント獲得>を22日あったので達成しました。
9月は現在7日です。
残暑が厳しいので、園内の木陰巡りをしています。

シラカシ、アラカシ、エンジュなどの木立の中を歩いて見つけたキノコ。
キノコは名前のとおり、木との関係が深~い。
キノコは木から栄養をもらっているように見えますが、地中では、キノコの菌糸と木が、互いに栄養のやり取りをして、双方が栄えるようにしているのだそうです。
Img_1578  

朽ちた落葉が積もった中で ・・・
このように落葉が重なって 湿った場所が、キノコの育ちやすい場所なのですね。
Img_1553

Img_1555

Img_1560  

気が付けば そこにも 此処にも・・・
まだカサが開いてないキノコは可愛い。
「野生のキノコ」で検索しましたが、名前は分かりませんでした。
とにかく種類が多くてビックリです。
Img_1564

Img_1563

私は茸が大好き。
ほぼ毎日、何かしら茸を頂いてます。
松茸を頂く機会はほとんどありませんが、
松の木に生えるから松茸、椎の木に生えるから椎茸。
なのですが、現在はクヌギの原木を使うのが主流とのことです。

公園のキノコはシラカシの根元でしたから、勝手にカシタケと呼びましょうか。


この林の中で、子供たちが遊んでいました。
Img_1584

仲良く協力し合って・・・
何が出来るのかしら?
楽しそう~
Img_1585


園内は華やかに紅い百日紅が目を引きます。
花期が長いので付けられた名前が 百日紅ですが、
樹皮が剥がれやすく、幹が滑らかで、猿も滑り落ちるというので猿滑(さるすべり)とも聞きました。
Img_1572  

Img_1568

不意に現れたヘリコプター
Img_1569

白い花が咲く木を「百日白」というようです。






 

 

 

 

| | | コメント (9)

« 2020年8月 | トップページ | 2020年10月 »