«  下新井熊野神社 | トップページ | 公園散策 »

2020年5月 2日 (土)

シラー3種 他

5月になりました。春の花から初夏の花へと 季節は待ったなしで進みます。

我家にある3種類のシラーの中で、3番目に咲き出すシラー(ペルビアナ)が昨日咲きました。
手入れが悪く、渓蓀(アヤメ)とミニヘメロカリスの間で頑張ってます。どれも植え替えしなければ、と思っているのですけど・・・
5月2日 撮影
Photo_20200502165803

午後2時ごろは、小花が一つだけ咲いていた2番目の花が、夕方6時には一段目が咲いていました。Photo_20200502165801

花穂の下から咲き出して、上の方に咲き進むにつれて、次第に下から閉じていきます。閉じ始めたころが花火のようで一番きれいかも?
昨年5月5日の写真です。
Photo_20200502165804

2番目に咲いた 青色のシラー(カンパニュラータ)
4月28日 撮影
Photo_20200502165805

花穂の様子は違いますが、小花の蕾部分を見ると、ペルビアナに似てますね。
0415-4


一番先に咲き出したシラー(カンパニュラータ)はピンクです。青いシラーよりかなり丈が低く、可愛いです。
4月23日 撮影
Photo_20200502165802

今年2年目のクレマチスは4月28日に蕾が解け、30日にしっかり開花しました。その翌日には2輪目が咲き出しました。サムシングブルーという名前です。
4月30日
Photo_20200502174701

4月28日
Photo_20200502175001

きょうはシャボンアロエとルスカスの植え替えをしました。
シャボンアロエは5年ぶりの植え替えだと思います。
鉢から抜いてビックリ。鉢底に向かって新芽が何本も伸びていました。
Photo_20200502203902

小株を分けて
Photo_20200502203901

植え替え完成
これから日射しを浴びて、茶色から緑色の葉に変わります。
Photo_20200502203903

もう捨てようかと思っていた小鉢の
何年か前に購入した花苗に種が残っていたのか??
花が終わった翌年に、同じ鉢で咲いた菫です。
とにかく小さい。
私の親指にも満たない4㎝5㎜の丈で咲いています。
ニョイスミレにも似てますが、分かりません。
小さいので、郵便受けの上に置くことにしました。
Photo_20200502173701

スズランの可愛い花が終わりを迎えています。
ドイツスズランです。
ドイツスズランは葉と同じくらいの高さに花があり、日本のスズランは葉の下に隠れるように咲くようです。花の中を覗いて赤い色があればドイツスズランです。
4月23日 撮影
0423-4

可愛い花なのに、スズランには毒があって、特に花や根に多いようです。
秋には赤い実になるのですよ。















 

 

| |

«  下新井熊野神社 | トップページ | 公園散策 »

家庭園芸」カテゴリの記事

コメント

ペルビアナもカンパニュラータもシラー仲間だったのですね
我が家には花が垂れ下がるタイプの空色の星形カンパニューラがありました

札幌赴任中に国営滝野すずらん丘陵公園や平取町芽生すずらん野生群生地に行きました
スズランって可愛くて好きな花ですが葉が多くて大きいので群生していても地味なの(๑´ლ`๑)フフ♡

投稿: ば~ば | 2020年5月 3日 (日) 07時26分

ば~ば様
コメントを頂きましてありがとうございます。
>我が家には花が垂れ下がるタイプの空色の星形カンパニューラがありました。<
多分、アルペンブルーだと思います。
我家のホシギキョウと同じで、呼び名が違うだけだと思います。
今、沢山 蕾を付けて伸び出しています。

スズランの群生は見たことがありません。
日本スズランは葉の下にひっそりと咲くようですね。君影草という名前が良いですね。

投稿: hikobae | 2020年5月 3日 (日) 10時35分

シラー、見事に咲き誇って華やかですね^^。
スズランの花は清楚で愛らしいですね。実がなるのは知りませんでした。しかも赤い色って意外ですね~。

投稿: ぽちこ | 2020年5月 3日 (日) 15時53分

ベルビアナ・スズラン・クレマチスは我家も細々と咲いています。
青色のシラー(カンパニュラータ)とよく似た花ですが、同一ではないのかな?丈の短い花が咲いています。
調べてみるとスパニッシュブルーベルのような。

外の気配とは無縁のごとく、我が家の花々もhikobaeさんの素敵なタイトル画のように、負けじと競演しております。(^^)/
春の花々は心を癒してくれますね。

投稿: yasu | 2020年5月 3日 (日) 16時41分

ぽちこ様
コメントを頂きましてありがとうございます。
シラーもスズランも丈夫ですね。
青いシラーは 20年ぐらい植え放しなので、そろそろ植え替えようかと・・・
スズランの赤い実は自分で育ててみて初めて知りました。実を付けると株が弱ると聞いて、最近は咲き終わった茎は切り取ってます。でも、少しは残してもイイかもね。

投稿: hikobae | 2020年5月 3日 (日) 20時11分

YASU様
コメントを頂きましてありがとうございます。
YASUさまのお庭にも、同じ花が咲いているのですね。
青いシラー カンパニュラータとスパニッシュブルーベルとは呼び方が違うだけで、同一だろうと私も思います。
20年ほど前に球根を購入した時は「球根釣鐘草」と言っていたような気がします。
タイトル画は万年春で恥ずかしいです。
季節ごとに変えようと思っていたのに、未だにできず・・・です。

投稿: hikobae | 2020年5月 3日 (日) 20時36分

こんばんは。

珍しい青いクレマチスですね。その名も
サムシングブルーですか~
なんか青いもの? 婚姻のときに必須の色
でもあり、高貴な色だそうですね。

スミレは、スミレサイシンか、アケボノ
スミレのいずれも白花か、その近くの
交雑種かな~ スミレのハンドブックは、
もっていますが、なかなか、同定の難しい
植物ですね。

投稿: しらこばと | 2020年5月 3日 (日) 21時15分

こんばんは~(^0^)
1番上の青いシラーですが、
先日初めて見ました。
写真を撮って、帰ってから「シラー」と知りました。
まだ咲きだしたところだったので、
全部咲いたらどうなるのか???でしたが、
4番目の写真の様に咲くのが分かりました。
綺麗ですネ~~~(^0^)
シラーといっても沢山の種類ありますね~

投稿: 章 | 2020年5月 3日 (日) 21時49分

しらこばと様
おはようございます。
コメントを頂きましてありがとうございます。
サムシングブルーは購入した時に付いていた名前で、その意味を知らずでした。
そうなのですね。調べてみて、今更ですが、嬉しくなりました。婚約指輪が誕生石のトルコ石だったことも・・・

スミレは小さすぎて、捨てようと思っていたのに、花が咲くとやはり可愛いなと・・
画像検索しても分からずでした。
調べて頂きまして有難うございました。

投稿: hikobae | 2020年5月 4日 (月) 09時02分

章 様
おはようございます。
コメントを頂きましてありがとうございます。
ペルビアナは昔実家から分けてもらって植えたのに10年ぐらい花が咲きませんでした。
地植えなので、そのままにしておいたところ、何年も前になりますが咲き出しました。
直ぐそばの生垣が枯れてなくなり、日当たりが良くなったせいかと思います。

投稿: hikobae | 2020年5月 4日 (月) 09時12分

「今晩は」
小さくてもスミレ、生命力は偉大。
郵便屋さんへの癒し、頑張ってください。

投稿: アットマン | 2020年5月 9日 (土) 19時26分

アットマン様
こんにちは。
コメントを頂きましてありがとうございます。
このスミレの生命力は凄いですよ。
2年ぐらい咲いていましたが、もう無くてもイイと、冬の間、雨もあまり掛からないブロックの隅に放り出しておいたのですよ。
気が付けばまた咲いていました。
郵便屋さんも今 大変みたいですね。
もう少し大き目の、明るい色のビオラの方がイイのにネ。

投稿: hikobae | 2020年5月10日 (日) 12時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



«  下新井熊野神社 | トップページ | 公園散策 »