« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »

2020年5月の投稿

2020年5月26日 (火)

スピリット(百合)の開花

5月26日、2番目の百合スピリットが開花しました。
前回のサーモンクラシックと同じ23年目になります。
23年経っても増えません。
サーモクラシックは増えて増えて・・
増えないように切り花に使ったりして、それでも、30数本 開花します。
なのに、スピリットの開花はこの2本のみ。とにかく絶やさないように、植え替えは新しい土のみにしています。
夏の日差し避けになるかと、株元にワイルドストロベリーを植えてみました。
Photo_20200526150504

開花前日の蕾です。
Photo_20200526150503

カメラを向けていたら、花蜂が来て止まりました。
雄蕊の葯の裏表を丹念に行ったり来たり・・・
幼虫のために花粉や蜜を集めているのですね。
Photo_20200526150604

サーモンクラシックの花陰で、捕食中の蜘蛛を発見。
蟻を捕らえていました。
百合にはアブラムシが付きます。天道虫がアブラムシを食べてくれますが、蟻は、アブラムシの腹部の先端から出る排泄物を餌にします。その蟻を捕らえた蜘蛛。
この蜘蛛は巣を張らない蜘蛛だど思います。
蟻を捕らえたまま、ヒョイヒョイトと跳び移ります。
Photo_20200526150605

先日のクレマチス(サムシングブルー)は、次の開花まで、まだ間があります。
もう一つ、 頂いたもので 名前が分からない、クレマチスが咲いています。
花付きも良く、丈夫です。
Photo_20200526150502
 
もう少し枝ぶりを考えて咲かせればと思いますが、自由に伸び放題で、恥ずかしい・・・
0526-2

20年以上植えたままだった、アガパンサス。
先日やっと株分けしました。
地植えで残した株に、花芽が見えてきました。
ダメもとで鉢に移した株には未だないですね。
Photo_20200526150601

巷ではホタルブクロが咲いていますが、我家のホタルブクロはこれから。
やっとこのくらい 膨らんできました。
昨年は咲かなかったので、楽しみです。
Photo_20200526150603

朝顔と向日葵は、毎年種を蒔きます。
向日葵(ビンセント ミックス)は、大型プランターで1か所につき2粒づつ直播し、本葉が見えた時、間引きした1本は花壇?に移しました。(上)
向日葵(小夏)はポットに蒔きました。もう、本葉が見えたので、鉢に移植しなければいけませんね。(下)
Photo_20200526150501

曜白大輪朝顔(富士混合)。
本葉が4~5枚になったら鉢に移植します。
Photo_20200526150602

ここ2~3年、暑さのせいか? 朝顔が以前ほどよく咲きません。
今年はどうなりますか・・・


| | | コメント (10)

2020年5月21日 (木)

百合の開花

今年最初の百合、サーモンクラシックが咲きました。
昨年より4日ほど早い5月18日、曇天の朝 1輪だけ咲きました。
もしかしたら明日咲くかもと、前日の夕方に蕾を撮っていました。
矢印↓を付けた蕾が開花しました。
Photo_20200521115602

開花した翌朝は雨。6輪になりました。
0519

百合の花粉が付くと落ちにくいので、雄蕊の先端の葯は取り除くという方が多いかと思いますが、私は付けたままにしております。
葯を取ってしまうと なんとなく淋しいというか、元気さ明るさが失せたような感じがして・・・
でも、葯を取る時はピンセットを使うと良いですね。
雄蕊の先端、葯の真ん中を摘んで上に抜くようにすると簡単に取れて、周りを汚しません。
Photo_20200521133501

今 一番よく咲いているのが、ホシギキョウです。
アルペンブルーと同じだと思います。
Photo_20200521115601 
カースペースと玄関前にも咲いてますが、もうこれ以上は増やせません。
2~3年毎の植え替えも、大変だし~
20年ほど前にあった5~6号の5鉢から少しずつ増えました。(^_-)-☆
0514_20200521115501

百合の蕾に今年初の天道虫を見つけました。
アブラムシを捕食してくれるので嬉しいです。
これはナナホシテントウだと思います。
昨日の新聞に載ってました。
天道虫は、危険が迫った時に、脚の関節からとても苦い液体を出すので、食べようとした鳥などが吐き出すと。この時、目立つ模様が、相手に覚えられやすく、「まずい」という印象を与えて、その後は狙われなくなると考えられている。このような生き物の派手な模様を「警告色」と言って、『襲うなよ』という周りへのメッセージとのことです。
ナナホシテントウムシは1種類ですが、ナミテントウムシには200種以上の模様があると。
我家で見かけるのナミテントウムシは3種類ぐらいかも。
ジュウニヤホシは害虫ですね。葉を喰われてしまうようです。
Photo_20200521115502

ミニヘメロカリスの蕾が色付いてきました。
Photo_20200521115701  

昨年咲かなかったホタルブクロ。
植え替えはしませんでしたが、肥料を与えたので、今年は咲きそうです。
驚いたのは、鉢底からも元気に伸びていました。
Photo_20200521115603

3か所あるアヤメのうち、2か所の株分け植え替えが終わったところで、その翌日からは雨。毎日スッキリしません。続きは来週かな~









| | | コメント (12)

2020年5月16日 (土)

公園散策

公園の入口まで行っても園内は控えるようにしていましたが、久しぶりに園内を散策しました。
5月14日と15日の午前中のことです。
駐車場と園内の施設は閉鎖され、子供の遊具も使用できないので、思ったより人は少なく、かなり間隔を取ることができました。それでも、ウォーキングコースや園内の道は歩かず、草や木立の中を散策しました。

まず、体操をする場所の梧桐(あおぎり)、桜、榎など・・・
梧桐 桐に似た葉で幹が緑色なので青桐。
大きな若葉が気持ち良い。花は未だのようです。
Photo_20200515170801

赤い実が可愛い桜の実今年はコロナ感染防止のため、グループでのお花見会は中止でした。
Photo_20200515170902

榎の実  夏には赤く色付いて、秋になると黒く熟します。
豊かに茂って、夏の大きな木陰が嬉しいですね。
Photo_20200515170901

池の周りで 木苺を見つけました。まだ、あまり色付いてません。
葉に隠れるように実が付いてました。
池に流れ込む溝で柵があって近づけません。
Photo_20200515171105  

ユリノキの花が咲いていました。
チューリップのような可愛い花です。
今年は、昨年咲いた花(花後の実が冬の間 枝に残っている)が多いような気がします。
園内のあちらこちらに見られます。
木村・徳田両中尉殉職記念碑(日本で最初の航空機事故の犠牲になった)の傍にも咲いていました。
Photo_20200515171001

クスノキの花がチラホラ、小さくて よく見ないと分かりません。気にする人もいませんよね。葉の寿命は一年なので、春に紅葉して落ち葉になります。
Photo_20200515171102

遊具にはテープが張られて 人影のない子供広場のヤマボウシ
なんとなく淋しそう・・・
Photo_20200515171101

蝋梅園もひっそりとして誰もいません。
あの花から このような面白い実が出来るのですね。
蝋梅の実
Photo_20200515171106

その蝋梅園の端っこに咲いていました。
ハコネウツギでしょうか?
花の色が白から赤に変わるのですね。
ニシキウツギというよく似た花もあるようですが・・・
Photo_20200515171104

やはり人影のない万葉植物園のウツギ。別名 卯の花ですね。
Photo_20200515171103

藤棚を挟んで色とりどりの薔薇が咲いています。
藤棚の下にはベンチがあって、夏は一番涼しい所。
薔薇の季節だし、夏日で暑いし、この辺りは やはり 少し人が居るかな。
Photo_20200515173001

見頃をやや過ぎた矢車草
Photo_20200515173002

前回4月22日にちょっとだけ見に来たときは咲きはじめでした。
0422

野の草花、色々。
シロツメクサアカツメクサ 別名 クローバー
<四つ葉になるのは、踏まれたりして傷つけられたから~>って5歳のチコちゃんが言ってましたよ。Photo_20200515173102



ハルジオン? ヒメジョオン? 似てるんですよね。
見比べないとよくわからないけど、ヒメジョオンかなぁ
Photo_20200515173101

ニワゼキショウ
黒い影は鳩です。
我家にあるのは園芸種かな?もう少し大きいです。
白やピンクの花もあるのですね。
Photo_20200515173103

珍しくもない花を長々とすみません。
日本庭園ではスイレンとか咲くころと思いますが、残念! 閉鎖中です。
ハスが咲くころは解除されると思います。
そうなって欲しいです。

外出自粛で園芸作業は例年より出来ているかも。
20年以上植えたままだった、紫蘭は、いざ花が咲くというときになって、葉は枯れたようなまだら模様になって、花茎は細ってうなだれてしまいました。頑張って掘り上げて、ビックリ!球根は上下に重なって大きな塊になって それがまた くっつき合って、これでは駄目ですね。この狭い場所から掘り上げて、大きなゴミ大袋いっぱいになりました(>_<)
アヤメも掘り上げないと、水仙もね。
今までサボっていたことがバレバレです。




























 

 

 

| | | コメント (8)

2020年5月 2日 (土)

シラー3種 他

5月になりました。春の花から初夏の花へと 季節は待ったなしで進みます。

我家にある3種類のシラーの中で、3番目に咲き出すシラー(ペルビアナ)が昨日咲きました。
手入れが悪く、渓蓀(アヤメ)とミニヘメロカリスの間で頑張ってます。どれも植え替えしなければ、と思っているのですけど・・・
5月2日 撮影
Photo_20200502165803

午後2時ごろは、小花が一つだけ咲いていた2番目の花が、夕方6時には一段目が咲いていました。Photo_20200502165801

花穂の下から咲き出して、上の方に咲き進むにつれて、次第に下から閉じていきます。閉じ始めたころが花火のようで一番きれいかも?
昨年5月5日の写真です。
Photo_20200502165804

2番目に咲いた 青色のシラー(カンパニュラータ)
4月28日 撮影
Photo_20200502165805

花穂の様子は違いますが、小花の蕾部分を見ると、ペルビアナに似てますね。
0415-4


一番先に咲き出したシラー(カンパニュラータ)はピンクです。青いシラーよりかなり丈が低く、可愛いです。
4月23日 撮影
Photo_20200502165802

今年2年目のクレマチスは4月28日に蕾が解け、30日にしっかり開花しました。その翌日には2輪目が咲き出しました。サムシングブルーという名前です。
4月30日
Photo_20200502174701

4月28日
Photo_20200502175001

きょうはシャボンアロエとルスカスの植え替えをしました。
シャボンアロエは5年ぶりの植え替えだと思います。
鉢から抜いてビックリ。鉢底に向かって新芽が何本も伸びていました。
Photo_20200502203902

小株を分けて
Photo_20200502203901

植え替え完成
これから日射しを浴びて、茶色から緑色の葉に変わります。
Photo_20200502203903

もう捨てようかと思っていた小鉢の
何年か前に購入した花苗に種が残っていたのか??
花が終わった翌年に、同じ鉢で咲いた菫です。
とにかく小さい。
私の親指にも満たない4㎝5㎜の丈で咲いています。
ニョイスミレにも似てますが、分かりません。
小さいので、郵便受けの上に置くことにしました。
Photo_20200502173701

スズランの可愛い花が終わりを迎えています。
ドイツスズランです。
ドイツスズランは葉と同じくらいの高さに花があり、日本のスズランは葉の下に隠れるように咲くようです。花の中を覗いて赤い色があればドイツスズランです。
4月23日 撮影
0423-4

可愛い花なのに、スズランには毒があって、特に花や根に多いようです。
秋には赤い実になるのですよ。















 

 

| | | コメント (12)

« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »