« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »

2020年4月の投稿

2020年4月25日 (土)

 下新井熊野神社

公園の体操が中止になって十日。
園内の散策は 自粛しております。
家に籠って居るばかりではいけない、少し歩こうと。
やはり、公園方面に足が向いてしまいます。
きょうは東川に沿って歩き、東川に面した熊野神社にお参りしました。
まだ新しいこの鳥居は平成27年10月の建立で、タイムカプセルが埋設されていると。
Photo_20200425143201

参道入口に咲いていたコデマリ
Photo_20200425143002

境内に入ると二の鳥居があり、右手の手水舎は感染防止のため、手水の杓は置きませんと。
Photo_20200425143007

この二の鳥居には大蛇が巻き付いて、睨みを効かせていました。
入口の説明版によると、昔、御神木に大蛇が棲み、参詣の人や、境内に遊ぶ子供がこれを見ると、原因不明の高熱や病に罹るため、毎年新しくお姿を作り替えお祭りするので災いのないようにお願いしたところ、現れなくなったとのこと。大晦日の夜、近隣の人々二十余名が奉仕して、藁で大蛇や注連縄を作り、午前零時の一番太鼓のなか懸替を行っている。とのことです。
Photo_20200425152101

鳥居を潜って拝殿へ
Photo_20200425152701

子狛犬と一緒の狛犬にほっこりです。
台座には彫刻が施されていました。
きれいに撮れなくてすみません。
Photo_20200425155701

鈴緒には、素手で触らないようにとの注意書きが付けられていました。
新型コロナがこれ以上拡大しませんように、ワクチンや治療薬が一日も早くできますようにとお願いいたしました。
Photo_20200425154201

拝殿の奥が本殿ですね。
Photo_20200425143008

本殿左脇の境内社
Photo_20200425160801

境内脇の参道に咲いていました。
この先の鳥居を出ると、国道の向こう側は航空公園です。
Photo_20200425160901

境内を東川の方に戻って、航空公園駅方向に歩きました。
これは花菖蒲かな。
Photo_20200425143004

この先、左手が航空公園駅。
二つ見える建物の右が所沢市役所。
道路の向こうは航空公園です。
Photo_20200425162301

駅前に展示されたYS‐11。(駅までは行きません)
このYS11機は平成9年4月13日の大島→東京を最後に引退したと。
また、日本の民間航空におけるYS‐11は平成18年9月30日を以て全て引退したと説明版にありました。
ハナミズキの中では可愛い小鳥さんがチョコチョコと動いてましたが、葉の陰で撮れません。
Photo_20200425143003

帰り道、市役所裏の図書館の所からちょとだけ公園に入ってみました。
誰もいない万葉植物園にチゴユリが咲いていました。
懐かしく、嬉しかったです。
昔、実家の裏山に咲いていたのですよ。
Photo_20200425143005

















 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | | コメント (8)

2020年4月21日 (火)

ジャーマンカモミールとノースポール、他

2週間前にジャーマンカモミールが、ノースポールは2月下旬から咲き出しました。
そして今日、一緒に撮ると、同じ花に見えますが~
手前がジャーマンカモミール、後方がノースポール。実際はノースポールの花の方が少し大きいです。
Photo_20200421151002

ジャーマンカモミールはハーブの一種、キク科の一年草です。ノースポールもキク科の一年草ですが、ノースポールという名前は商品名で、種名や英名ではないとのこと。

ジャーマンカモミールは14年前になりますが、NHK通信講座の園芸基礎を受講し、スクーリングで発芽した芽を小さなポットに移植して持ち帰ったものです。こぼれ種が所かまわず発芽します。ノースポールは二年目ですが、やはり、こぼれ種がやたらと発芽しますね。

咲き出した頃(4月8日撮影)のジャーマンカモミール
Photo_20200421151003

ノースポール
Photo_20200421151007

よく似てますが、葉を見ると違いが分かります。
花の黄色い部分は ジャーマンカモミールの方が盛り上がってます。
上の写真でも分かりますが、並べてみました。
Photo_20200421151005
マーガレットにも似てますが、マーガレットは育てたことがありません。

小鉢のシシリンチウム カリフォリニアスカイ(庭石菖 ニワゼキショウ)が咲きました。
アヤメ科の耐寒性多年草です。
何年か前に、寄せ植えにしたら、消えてしまいそうなので、また、単独の小鉢に分けました。
もう少し大きな鉢に纏めようかと思います。
小さいけど、ぱっちり開いた この青い花が好きです。
Photo_20200421151001

ジャーマンカモミールもシシリンチウムも暗くなると 花はしっかりと閉じます。
ジャーマンカモミールは花びらを真下に下げて閉じますが、ノースポールは黄色い部分(蕊)を囲むように真上に閉じます。
以前 作ったアニメ。
ノースポールも追加すると良かったですね。
まだノースポールが無かった時のままで・・・
画像をクリックして頂くと動きます。
Kamomiru-sisirinntiumu

アヤメ(ドイツアヤメ)も次々と咲きますが、風に倒れやすくて・・・
傾いたものは切り花にして玄関へ。
2_20200421162701   

ミニチューリップは咲いたけど・・・
花色ミックスの球根を買ったのに? ちょっとガッカリ。
昨日は雨。きょうは花茎が急に伸びましたよ。
0421

二日前、花茎が短い時の写真です。
Photo_20200421151004

葉が1枚だけのものが10本あり、咲かないので葉を抜きました。
地際からちぎれましたが、2球だけ葉と一緒に抜けた球根は分球していました。
Photo_20200421151006

クレマチスの蕾が膨らみ、ホシギキョウにも小さな蕾ができて、シラー ベルビアナの花茎が伸びています。
公園に行き難くなって、少しは手入れが出来るようになりました。
先日は、20年以上やったことのない、アガパンサスの植え替えをしました。















| | | コメント (8)

2020年4月14日 (火)

春 あけぼの

朝 雨戸をあけた時、ふと見ると東の空が帯状に輝いていました。
早速 2軒先の市道に出て撮りました。
撮り方は分からないけど・・・
日の出の様子が分かるかと。
当地の日の出は5:11です。
黒い雲の向こうが輝いていました。
Photo_20200414210405

A_20200414210401

我家で一番先に朝日が射したのはこのシラー。
昨日は一日中雨でした。
Photo_20200414213102

朝日はドイツアヤメに移ります。
Photo_20200414213101

4月9日最初に咲いた一輪。
Photo_20200414210402

きょうはミニチューリップが開きました。
Photo_20200414210401

昨年、花色ミックスということで球根を購入しました。
12月の下旬に入ってすぐ発芽したものがあり、そのままにしていたのがいけなかったのか?
全て葉が1枚。これはダメですね。
これでは咲きませんよ。
Photo_20200414215501
ミニチューリップなので、肥料をやっても、来年の花は期待できません。
昨年はエレンボサンケの花色が違ったし、その前は、車百合が咲かなかったし、黄色い八重咲の百合の中にピンクの百合が咲いたことも。もう、この会社で買うのはやめましょうか。

| | | コメント (7)

2020年4月10日 (金)

緑の桜 咲きました

昨日、いつもの公園で見た桜の花色は緑色。
御衣黄桜(ギョイコウ)です。
この公園にもあったのですね。
目立たない花で、ぱっと見には咲いたと気付かない桜です。
ソメイヨシノは終わりますが、この御衣黄はまだ、咲きはじめでした。
Gyoikou
3_20200410213601

八重桜です。
Photo_20200410170605

咲きはじめの緑色は 次第にうすれて黄緑から黄色になり、中心部が筋状に赤くなる桜です。
咲き進む様子を観察する楽しみが出来ました。
きょう撮った写真⇓ では、上3輪の中心部が昨日より濃くなっているみたいです。
Photo_20200410170601

放送塔前の公園入口近くに咲いてた可愛いピンクの花。何かしら?
Photo_20200410170602

 帰宅後の画像検索でカリンかなと。
カリンの実は玄関に置いて香りを楽しんだり、かりん酒を作ったりしたこともあるのに、花は知りませんでした。
Photo_20200410170606

放送塔前の花壇
ネモフィラ、デージー、ノースポールなど
Photo_20200410170607

芝生には、オオイヌノフグリやヘビイチゴが咲いてました。
P4064735

コロナのせいで、公園のバスケットゴールは利用できなくなりました。散策は人の居ないところを通るように気を付けております。
これ以上感染拡大しないようにと祈るばかりです。




 

 

| | | コメント (10)

2020年4月 6日 (月)

公園散策 花4種

前回掲載したジシバリはオオジシバリではないかとのコメントを頂き、葉の形を見ると確かに、オオジシバリでしたが、もっとよく見てみようと、翌日(4月5日)曇天の公園に出かけました。
調べてみると ジシバリは葉の形によって3種類あるようです。

オオジシバリはへら状で細長い
ジシバリは丸い卵型
キクバジシバリは丸形の葉が羽状に裂けていると。

公園に咲いていたのは、やはりオオジシバリでした。
二日前より沢山咲いていましたが、萎んだ花、綿毛になったものも沢山。
Photo_20200406134401
 
子供のころは タンポポの綿毛を飛ばしながら下校したことも。
Photo_20200406134501

池周辺は、メタセコイアの並木の山吹が綺麗です。
Photo_20200406134505

曇天では、輝くような明るい黄色に撮れません。
Photo_20200406134504

ツツジも日当たりの良い方から咲いています。
Photo_20200406134502

ハナニラ、纏まるときれいです。
桜の花の下、遠く 小さく 並んだ人影は中学生?
向かい合って一斉に縄跳びをしていました。
桜の木の下はバスケット
若いってイイね。
Photo_20200406134503

きょうはとても良い天気、写真を撮るのに良かったのですが、用事がありました。
何日か前に、ウッカリ補聴器をフローリングの床に落としたら故障したようで、まったく機能しません。
お店に電話したら、早い方が良いということで出かけました。
修理に一週間かかるとのこと。
高かったのに・・・未だ半年しか経ってないのに・・・











| | | コメント (6)

2020年4月 3日 (金)

公園散策 昨日今日

雪が降った後、4月2日、五日ぶりの公園の桜です。
散った花びらが、芝生などをピンクに染めて、未だ見頃でした。
P4024507 

2種類の桜の木が重なってきれいです。
手前の木の桜の花色は、ピンクと白が一緒に並んでいました。
Photo_20200403164701

ピンクの桜を背景に、清々しい緑はモミジです。
Photo_20200403171501

よく見ると、小さな小さな花が一つ二つ咲いていました。
でも、風が強くて撮れません。
そして翌日の今日、それほど風はなかったのに、ピンボケばかり。花が小さいからと 花のせいにして、花の写真はありません。
Photo_20200403164801

姿のままに落ちた椿は素敵ですが、前日の雨に 少し傷んでいました。
Photo_20200403173401

日本庭園 彩翔亭の門の前、ツルニチニチソウがエノキの根元を飾っています。
Photo_20200403174101  

日本庭園
Photo_20200403174401

放送塔の芝生では、小鳥が しきりに地面を啄ばんで・・・ たぶん、ミミズです。
よく見る小鳥ですが、名前が分かりません。
Photo_20200403175301
Photo_20200403204101

上から二番目の2種類の桜の木の写真の右端に見える階段。いつも来ている公園なのに、今まで上ったことがない。はじめて上ってみました。階段の上からはじめてみた景色
Photo_20200403210701

上りきった所には何もなく、ひっそりとして、あまり人が来そうもない木立の中に野イチゴが咲いていました。
Photo_20200403210201

階段の脇に咲いていた白い花。
ニワトコでしょう。足元に若木が育っていました。
Photo_20200403211401

小さな子供たちや、ワンちゃんが良く遊んでいる広場の桜。
これから大きく育って楽しませてくれることでしょう。
Photo_20200403212101

芝生には小さな小さな花が・・・
踏まれるからでしょう、地に張り付いて咲いています。
カキドオシかな?
Photo_20200403212701

反対側の土手に咲いていました。
オオジシバリ です。
ジシバリと思って掲載しましたが、オオジシバリではないかとのコメントを頂きました。
教えていただきましたウェブサイトにより、オオジシバリであることが確認できました。
ありがとうございました。
Photo_20200403213501

土手には ハナニラやタンポポも
Photo_20200403213801
Photo_20200403213901

ユリノキはもう若葉が開いていました。
Photo_20200403214501

これからは、木の芽が次々に開く 快い季節。
コロナに感染しないよう、充分に気を付けて散策しましょう。



























 

| | | コメント (8)

« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »