« 雪割草と蝶 | トップページ | 所沢七福神巡り(長久寺) »

2020年1月25日 (土)

所沢七福神巡り(持明院)

今年、令和二年元日から「所沢七福神めぐり 八国山・荒幡富士コース」が開場しました。
Epson012

狭山丘陵の自然に恵まれた 歴史ある7か寺に新しく七福神のご神体をお祀りしたとのこと、ウォーキングを兼ねてお参りすることにしました。
巡拝の道のりは約10㎞、ゆっくり休憩を入れて4時間とのこと。

先ず1番の持明院までの地図を調べて、そこで次の地図が頂けるであろうと、13日の午後、一人で出かけました。
自宅から約30分、調べた地図を持つのを忘れて、途中で迷子に…
お庭でお花の手入れをなさっている方にお聞きしたら、地区の地図を広げて調べてくださいました。ありがとうございました。
お陰様でたどり着きました。

1番 淵上山 持明院(じみょういん) 真言宗豊山派

参道
Photo_20200125094803

本堂 ご本尊は不動明王
Photo_20200125094804
南無大師遍照金剛像
南無は帰依する、おまかせする、という意味。
大師遍照金剛は弘法大師 空海のことです。
P1133023

七福神の恵比寿天は本堂の右に祀られていました。
真新しいピッカピカの恵比寿さま。
納経所にはどなたもいらっしゃいません。
御朱印の日付はご自分でと筆が用意されていました。 
Photo_20200125094801

Photo_20200125094802        
御朱印に「かっぱ寺」とありますね。
持明院には「かっぱの詫び証文」というお話がありました。
『寺の南に曼荼羅淵という深い淵があり、そこに棲む一匹の河童が、夏になると、笹井・伊草に棲む河童(親分)へ贈り物(人間の肝)をしていた。そのため、川に水浴びに来る人間を襲っては肝を抜いていた。その噂が広まって誰も来なくなり、困った河童は、川岸につながれた馬の肝を取ろうとして、馬方に見つかり、捕まって持明院に連れていかれた。お坊さんに懇懇と説教され、二度と悪いことはしないという証文を書いて許してもらった』というお話だそうです。

境内に入ってすぐ左側には六地蔵尊&二宮金次郎の像、不動明王像が並び、右側には可愛い狸さんの置物。狸は「他を抜く」ということで商売繁盛の縁起物ですね。
不動明王の両脇の像は? 両大師(慈恵大師・慈眼大師)の像?                                  
Photo_20200125094701


曼荼羅堂(ご本尊は阿弥陀如来)と聖観音像    
Photo_20200125111901

七福神めぐりのパンフレットを頂き、大まかな地図を頼りに、 次の長久寺へ向かいました。途中、変だとは思ったのですが、やはり、所沢駅に出てしまいました。日の短い時なのでまた出直すことにしました。
帰宅すると帽子がない!
参拝で外したまま置き忘れ来たようです。
後日お電話をしてお聞きしたら、弘法大師像の所にあったとのこと。
有難うございました。
1週間後の20日、帽子を取りにお伺いしてから、七福神巡りを再開しました。







 

 

 

 

| |

« 雪割草と蝶 | トップページ | 所沢七福神巡り(長久寺) »

観音・札所めぐり」カテゴリの記事

おでかけ」カテゴリの記事

コメント

>令和二年元日から「所沢七福神めぐり 八国山・荒幡富士コース」が開場
と言うことは未だホヤホヤなんですね
これから初春に向け道中にもいろいろな花芽などが見られるでしょうね(๑’ᴗ’๑)~♪
初夏には初摘みのお茶を頂けるかも知れないし
約10㎞の巡拝の道中に良い句が詠めることも(ღˇ◡ˇ*)♡

投稿: ば~ば | 2020年1月25日 (土) 16時42分

ば~ば様
コメントありがとうございます。
花の季節でもなく、まだ、参拝者はチラホラですね。途中、紅梅が咲き出しているのを見ましたが、桜のころに巡拝した方がイイかもね。
吟行したわけではなく、2回目からは夫と一緒でした。

投稿: hikobae | 2020年1月25日 (土) 21時28分

ご利益がありそうですね♪

もう梅ですか。この冬は暖かいのでお花たちにも影響がありそうですね。

投稿: ぽちこ | 2020年1月26日 (日) 18時42分

御朱印集めてる人がとても増えましたね。いろんな御朱印帳が売られていますね。

今年は暖かいから色んなお花が早く咲きそうですね。

帽子、紛失しなくて良かったですね~。

投稿: ぽちこ | 2020年1月27日 (月) 19時39分

ぽちこ様
2通もコメントをいただき有難うございました。
昨日は朝から一日出かけてしまい、お返事が遅れてすみませんでした。
武蔵野観音巡り、秩父札所巡りをしたことがあり、御朱印帳はお寺さんにあると思っていたのですが~ご自分でご用意してください。でした。
特に信心深いわけではなく、御朱印はウォーキングのスタンプラリーみたいな・の・でご利益は?

道中の紅梅は咲き始めていましたが、境内の梅はもう少し先でしょうね。

投稿: hikobae | 2020年1月27日 (月) 20時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 雪割草と蝶 | トップページ | 所沢七福神巡り(長久寺) »