« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »

2019年1月の投稿

2019年1月30日 (水)

公園散策

昨日は風が強くて、公園の体操を休もうか 一瞬迷ったけど、出かけました。

園内の立木は風除けにもなります。

先ずストレッチ。
両手を大きく広げ  仰いだ青空に鈴なりの実が・・・
毬栗のような ま~るい実がありました。                                  3                 
体操をしていた時、 大きな葉がゆらゆらと落ちて来たプラタナス。
今はすっかり裸木です。

実が落ちていないかと 落葉の中を探したらありました。                   Photo_2
の中には細長い種がビッシリ入っていました。        

ウォーキングコースを挟んで 向かいの枯芝にユリノキがあります。
ユリノキと言いますが、初夏にチューリップのような花が咲いてましたね。              Photo_4                      一本は上の方で折れてます。

見上げると 枯れたままの花の姿が枝に残っていました。
花後の種は冬の間 枝に残っているとのこと。                     Photo_5

枝先の冬芽がしっかりと春を待ってます。                                         Photo_6        

こちらも 春を待つシャクナゲ。           Photo_7    
ですが・・・これは花芽か? それとも葉芽?
ふっくらとしていたら花芽、ほっそりなら葉芽とのことですが~

馬酔木の蕾が膨らんで 、楽しみです                                                   Photo_9

昨日と今日と池の周りを歩きました。
きょうは日陰になる所に 薄っすらと氷が張っていました。
クリックで拡大します                                                        Photo_11  

池の鴨は 同じ方向に進んだり                                           2

うとうとと 眠っていたり                                  4

丸まって日向ぼっこも                                     1  

1羽だけ すいすいと前進したり                              5  

羽繕いをしていたり                                          P1307488_2

きょうは色々と鴨の仕草を見てきました。

昨日の鴨の様子                                        Photo_12  

帰宅後、山口誓子の鴨の俳句を勉強しました。                

ぢりぢりと鴨の大群移動する


八方に向き鴨の向定めなし


浮くは鴨かと問ひ佳き句得たるらし

  

立ち並ぶ杭にて鴨も立ち並ぶ

 

羽搏けば鴨の翼の大いなる

     

鴨の意のまま右往する左往する

全て山口誓子の句ですが、次の一句、特に惹かれました。


 海に鴨発砲直前かも知れず 山口誓子




hikobaeの鴨の一句 (昨年の春)

 鴨去りて蝌蚪の天下となりにけり

まだ、おたまじゃくしの季節には早すぎますね。

 

 

 

 

 

 

 

 



                                                      
  
                                                   

| | | コメント (4) | トラックバック (0)

2019年1月23日 (水)

蝋梅、見頃に

12月25日には ちらほらと咲いていた航空公園の蝋梅が見頃になりました。ご夫婦 又はお友達など 連れ立って観賞なさる方、花にカメラを向ける方の姿が多くなりました。
1月21日の蝋梅園です。                             Photo                      
園内の説明版によると、素心(ソシン)蝋梅と満月蝋梅の2種類ありますが、自然交配して見分けるのは難しいとのこと。
検索して見ると、花弁に丸みがあって、花芯に赤褐色の輪があれば満月蝋梅、花弁も花芯も同じ色でやや薄い黄色が素心蝋梅とのこと。
どちらかな?って思いながら・・・
上が素心蝋梅、下が満月蝋梅のような気がします。
1月19日 撮影                                          Photo_2                       
蝋梅はロウバイ科で、紅梅・白梅はバラ科です。
蝋梅は梅の仲間ではないんですね。
種類などどうでも・・・
綺麗だね~ 良い香りだね~って楽しめば倖せですね。                        
 
日本庭園の紅梅もきれいに咲いていました。                            Photo_3                      
 
白梅もちらほらと・・・                                          Photo_4
もう少し咲いてきたら、花びら餅を頂きながら鑑賞したいですね。                
 
裸木の公孫樹並木の端に、青々と茂って 葉柄の赤い木が目につきました。近づいて見上げると月桂樹のような葉に黒い実が疎らについていました。もう、かなり実が落ちた後のようです。                                                                                                                                                                               

Photo_2

帰宅後に調べて、ユズリハだと思いました。
お正月の門松の飾りについている葉ですね。
新葉の生長後に旧葉が落ちるので、この名前なったとの事。
なるほど お正月飾りに相応しいと思いました。

| | | コメント (4) | トラックバック (0)

2019年1月 7日 (月)

金山公園へ

1月5日、3月のように暖かく、風もなく、雲一つない青空が広がりました。
家に居てははもったいない良い天気。
一緒に歩きませんか?と主人を誘って、清瀬の金山緑地公園に行きました。
3月下旬に桜を見に行った公園です。                                  
                                  
家を出たのは午後1時40分頃。
柳瀬川は河川工事中です。
水が無くなった川の中に白鷺が5羽、何かを啄んでいます。
白鷺と言いますが、鳥の名前ではなく、「白い鷺」の総称とのことです。 
流れていた川の水はどのようにして消したのかしら?         
Photo_6

Photo                      

途中のカタクリの群生地を通ると、道端に腰を下ろし、草むらに カメラを向けている人がいます。近づいて その先をみると、鳩ぐらいの大きさの鳥がいました。
何ですか?
小綬鶏だよ
これが小綬鶏、名前だけは知っていました。
手前に2羽、その奥に2~3羽、さらに奥にもいるとの事。
あまり近づけないし、ちょこちょこ動くし、上手く撮れません。
やっと一枚                                                   Photo_3   
 
公園に着いたのは3時頃                                        Photo_4                       
                   
日本三大桜で有名な三春滝桜の子孫の木(花芽は未だ固い) 
満開の姿を思って・・・                                     Photo_5                       
                    
池には鴨の他、クイナもいました。                                P1057166                       
                   
石のベンチに腰かけて一休み。
持っていたビスケットを小さく砕いて投げると鯉が寄ってきます。                Photo_8                       
 
日本水仙が咲いていると思って来たのですが、もう、遅かったみたい。
思ったほど咲いていません。                                       Photo_9


川に沿って黄色い実を沢山付けた木が並んでいました。
対岸から見た時、枯葉ではなさそうと思いましたが、やっぱり。
実の中心部分に未だ少し青みが残っています。
何かしら?主人も知らないと。
やっと手が届くところの小枝を一つ折取ってくれました。
帰宅後に調べた結果、センダンですね。
花は5月ごろに咲くとの事。                            Photo_10                        
                   
帰り道ハクモクレンの蕾が膨らみ初めていました。                        Photo_11                      
橋の下に三脚を立てたカメラが6~7台、全て同じ方向で何か撮っています。
行く時にもいたので、ず~と何か狙っているのですね。
後ろをそ~と通った時、何か小鳥の鳴き声がしたような・・・
と思ったら、対岸の小さな木から小鳥が一羽飛び出してこちら側に・・・
その一瞬を撮る方たちだったようです。
小鳥は何かしら?
カワセミ?                                                   
                                                 
帰宅するともう4時半近くになっていました。
 
 
 

| | | コメント (4) | トラックバック (0)

2019年1月 3日 (木)

謹賀新年

明けましておめでとうございます
昨年は拙いブログにお付き合いを頂きまして有難うございました。
本年もよろしくお願い申し上げます。   

                          
例年通り、家族5人で迎えた元日。
お節も例年通り・・・
黒豆とお雑煮は私が、八頭、牛蒡、田作り、なます は夫が作りました。
今年は 大晦日に次男夫婦がお友達のお母様から頂いた味付け煮卵が加わって 日の出のイメージも。
黒豆は所々に松葉を挿せば良かったと、以前は長呂儀を添えてました。
丹波篠山産で、作り方は袋に書いてある通り。
煮汁から出してもシワになりません。
その他は市販品で・・・
料理苦手主婦と 料理もマメな夫と二人で作ったお節。         Photo
重箱は私たちの結婚のお祝いに、山仲間の友人二人から頂いた春慶塗。
四十数年、お正月だけ、大事に使っています。

お雑煮を頂いた後は 氏神様へ初詣。
穏やかな元日日和の境内から見た初富士。
電線が邪魔~ 仕方ないね。                                     Photo_2

午後は、夫と次男が水槽の掃除
大きな水槽で大変なんです~
水槽の主は次男が結婚した時に 次男夫婦が買ったスッポンモドキ。
香港への転勤で預かって以来、帰国後もず~と夫が世話をして、17年。
体長を測ってみることに・・・
でも、嫌がって動き回って、正確には測れず終い。
55cmぐらいかなって・・・                                   55cm

後何年?
次男は 飼育状況によっても寿命が決まるんだよって・・・
仕事も大変かと思うけど、日本に居るんだったら、もう少し面倒見て欲しいなって スッポンモドキ君が言ってますよ~                                           Photo_4   
 
今年も また お付き合いのほど宜しくお願いいたします。  

| | | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »