« 公園に咲いた木の花 | トップページ | 公園の花 (5月21日~27日) »

2018年5月16日 (水)

ハイキング(日和田山~巾着田~高麗峠)

ハイキングは何年ぶりかしら・・・ 日和田山へ行ってきました。
きっかけは、1月の全国俳句大会でNHKホールに来てくださった方々(句会の会員)が、あの日に「今度何処かハイキングに行きましょう」と相談していたとの事で、誘われました。
1年中どこかしらの山に登っているSさん(男性)にコースを決めて頂き、高齢&ハイキング初心者という事で、高麗の日和田山に行くことに。Yさんの都合がつかず4人となりました。
 
5月14日 前日の雨が上がって 五月晴れ
西武線の高麗駅の改札を出るとすぐ目に入るのがこれ。
朝鮮で将軍票という、道祖神のようなものだそうです。
昔(716年)、この地に高麗人が移住して高麗郡が設置されたとのことです。
高句麗国の王族・高麗若光を祀る神社もあります。                                   Photo
 
コンビニでおにぎり等を買って出発。
途中に立っていた水天の碑。
天保年間に繰り返された天災や水難を鎮めるために建てられたとのこと。       Photo_2
 
水天の碑の前を左に曲がって行くと、目指す日和田山が見えて来ます。        Photo_3
 
AM11:00  ここから山道に入りました。                     Photo_4
 
山頂までのコース                             Photo_6
 
道沿いに白い花が咲いています。                      Photo_32
シモツケに似ているけど・・・葉が違うし、分かりません。
この花は、この先あちらこちらに、高麗峠にも咲いていました。            Photo_5
 
一の鳥居に到着(これは帰りに撮った写真です)
10分?ほど休憩しました。                        Photo_7
 
この先は、男坂と女坂に分かれます。
男坂は鎖場もある岩場なので、女坂を登ることにしました。                     Photo_8
 
上の方から何やら賑やかな声が聞こえてきます。
朝来るときの電車で一緒だった小学生たちがもう下ってきました。女坂とは言え かなり段差のある岩がゴツゴツした登りで、手すりが付いていたりしますが、小学生(5年生?)には大変な子も・・・一人ひとり両手で手すりを掴んで慎重に下りて来ます。かなりの人数で後からあとから・・・しばらく待ってましたが~きりの良さそうなところで登らせてもらいました。子供たちの最後の女の子は先生に付き添われて しゃがみ込んでいました。頑張って と心の中で声掛けました。
 
登山口から約1時間、二の鳥居に到着                            Photo_9
 
ここからの眺めが素晴らしい!!
曼珠沙華で知られた巾着田の全景を眼下に。
遠くには、新宿副都心のビルや西武ドームもちょっぴり白く見えます。
クリックで拡大します
Photo_10
 
幽かにスカイツリー・・・ 分かりますか?                        Photo_11
 
巾着田の右手には 手前の多峯主山と、その背後に遠く 丹沢山塊       Photo_13
 
更に右手に奥武蔵の山並みが連なります。                        Photo_14 Photo_15
 
眺めは抜群ですが、ここは山頂ではありません。
金比羅神社があり、その少し上が山頂です。                               Photo_16
 
神社の右の道を行くと分かれ道があり、右の道を山頂へと登ります。                   Photo_17
 
まわり込むことも出来ますが、少しなのでこの岩を登れば山頂です。         Photo_18
 
神社から10分ほどで山頂(305.7m)に着きました。
景色を眺めながら、持ち寄った果物、野菜など分け合っての食事はやはり楽しい。Photo_19
 
ここから物見山(375.4m)へのコースもありますが、私たちは 来た道を戻って、巾着田へ向かいます。巾着田から高麗峠(177m)を歩いて飯能へ出ます。                Photo_20
 
山頂から 約1時間、巾着田に着きました。           
巾着田は高麗川の蛇行よって作られ、その形が巾着袋に似ていることから付けられた名前です。直径約500m、面積約22ヘクタール 、日本一の曼珠沙華群生地です。桜、菜の花、アジサイ、コスモスなども楽しめます。                               Photo_22
 
広々として気持ちがイイ                     Photo_21 
 
振り返ると 日和田山が、あそこから下りて来たんだね。              Photo_23

 
これから 蓮も楽しめそうです。          Photo_24
 
水車小屋って懐かしい~ 小さい頃、家の前の川にありました。Photo_25
 
東屋で一休み                                        Photo_26
 
ドレミファ橋を渡って、巾着田を後に               Photo_27

Photo_28

高麗峠に入りました。                  Photo_29

ひっそりとして、一人では歩けないかも・・・
木苺を見つけました。気が付けば其処にも此処にも木苺。
大きそうな一粒を口に、あ~ こんな感じなのね。                     Photo_30
 
そして これも一粒。
グミ、子供の頃食べたよね~ってMさん。
Sさんが振り向いてちょっと驚いたみたい。 
食べられそうで、毒のある木の実もありますから~Photo_31
 
白い花と 、また少し離れて同じ花のピンクが咲いていました。 
この花は名前が分かりません。 
Photo_39                                                                     

巾着田から約40分、緩やかに登って来て 高麗峠の頂上です。       Photo_35

ここから飯能へと下りました。
山の風は とても快かった!
あの風 最後に感じたのはいつのことだったか?
飯能市街を駅まで歩くと街中にあの風はない。
ただ暑いだけの風でした。

Sさん、有難うございました。
翌日は山の仲間と山梨県の山へ行くとのこと。
お元気ですね。

 

 

 

|

« 公園に咲いた木の花 | トップページ | 公園の花 (5月21日~27日) »

おでかけ」カテゴリの記事

コメント

奥多摩は東京近郊とは思えない自然が豊か
距離としては手近かなトレッキングコースですかね
ハイキングと言うにはちょっとキツメかしら

でも、豊かな自然と言っても整備されているので初心者登山にもいいですね

山に入ると普段の生活圏では見かけない草花など見られますよね
6年前に膝に大怪我をする前には、毎週のように高尾山に行ってました

投稿: ば~ば | 2018年5月16日 (水) 17時09分

ば~ば様
2年前に尾瀬ヶ原を少し歩きましたが、10年程前の雲の平を最後に山へ行かなくなりました。
今回は300m程の低い山でしたが、何とも言えず心地よい風に昔の自分に戻ったような気持ちになりました。

毎週 高尾山に行かれたのですか。
凄いですね。 私は3回かな?
高校卒業の記念に同級生と・母と一緒に家族で・中野区の親子自然教室に参加して と私にとっては良い思い出ばかりの山です。

投稿: hikobae | 2018年5月16日 (水) 21時37分

趣味の合った仲間との交流、素晴らしい事ですね。
しかも、ハイキングとは洒落てますよ‼
辛い上り坂も、下界を見下ろす所までくると眼下に広がる世界が別世界のように見えたのではないでしょうか?
素敵な山並みの美しさ、土が雨によって流れ落ちた根っこ等絵画を観ている様でした。
このような体験から俳句が生まれてくるんでしょうね。 お疲れ様でした。 happy01

投稿: yasu | 2018年5月19日 (土) 23時40分

YASU様
一月の俳句大会に行けなくなった方に代わって来てくださったSさんが たまたま山好きだったことで実現しました。題詠も「山」だったし・・・

天気にも恵まれ、久々の山歩きを満喫いたしました。
でも、俳句になるかどうか?これからですね。
シモツケのような? 葉はアジサイか? と思ったあの花は、コアジサイでした。
今回の収穫の一つです。

投稿: hikobae | 2018年5月20日 (日) 11時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/509871/73492151

この記事へのトラックバック一覧です: ハイキング(日和田山~巾着田~高麗峠):

« 公園に咲いた木の花 | トップページ | 公園の花 (5月21日~27日) »