« 山形県・福島県へお花見に(1日目) | トップページ | 5月になりました »

2018年4月26日 (木)

山形県・福島県へお花見に(2日目)

4月21日(2日目)
AM7:50 ホテルを出発
山形鉄道フラワー長井線 の鮎貝駅から現地案内人の方に同行して頂き、山形県南部の置賜さくら回廊を巡ります。
置賜さくら回廊は南陽市、長井市、白鷹町をつなぐ約43㎞に渡る桜の観光ルートで、沢山ある見どころの中の6ヶ所を見学しました。
🌸 🌸 🌸 🌸 🌸
12
名前の由来は、薬師如来の守護神が十二神あり、その十二神将と薬師如来のお堂が此処にあったからだそうです。現在 お堂は別の場所に安置されているそうです。
エドヒガンザクラで、樹齢400年ほどの老木の古株(2代目)が残り、現在はその3代目が大木になりました。1代目はなくなってしまったとの事。
 
周辺の桜。一番手前はソメイヨシノ。
案内の方がソメイヨシノとエドヒガンの違いは樹肌の皮目が縦か横かで見分ける。
ソメイヨシノは横、エドヒガンは縦だそうです。でもね、齢を取ると縦にも横にも出ますねって・・・
ソメイヨシノの寿命は60年位と短いようです。 
エドヒガンザクラはとても長命で、千年級のものが数多く存在します。                         
 Photo_8
土筆が沢山生えていてビックリ。
 
 ここばかりではありません。何処にでも 沢山生えていました。
 
 
🌸 🌸 🌸 🌸 🌸
Photo    Photo_2               
樹齢1200年のエドヒガンザクラです。
坂上田村麻呂が奥州征伐の時、お手植えしたとのこと。
瘤のように見えるのは不定根といい、老木になって空洞になった幹から根が出て、やがて地面に達すると根が一気に太って、 樹勢が回復するとのことです。                             Photo_2

次の 釜の越桜 までは近いので歩きます。                            P4214024

途中の民家の庭に咲いていました。
黄色い花のカタクリ! 初めて見ましたよ。                         Photo_5

 
🌸 🌸 🌸 🌸 🌸                                             Photo_3                                                                                                                                                                                                                                                                       釜の越桜は枯れてますが、2世(樹齢90年)が育っていました。
樹元に並んだ3個の巨石は、この地の西方の山 三麺峰 に源(八幡太郎)義家が居陣した時、この石で竈を築き兵糧を炊いたと伝えられています。

パンフレットには「釜の越農村公園の桜群」と記載されています。               Photo_7
 
 

🌸 🌸 🌸 🌸 🌸                                            
Photo_8
予定にはなかったのですが、見頃なのでと、案内の方が追加してくださいました。
個人宅に植えられた国指定天然記念物の桜です。
樹齢1200年。高さ14m、枝張東西27mの巨木。                          Photo_9
伊達政宗が14歳の初陣で敗北し、この桜の洞に隠れて生き延びたと伝えられ、後に家臣の横山勘解油(かげゆ)を遣わせ、手厚く保護にあたらせた とのこと。   

 

🌸 🌸 🌸 🌸 🌸                                      Photo_10
大正天皇御即位大典の記念に最上川の両岸 さくら大橋~長井橋間約2㎞に ソメイヨシノ 300本が植えられ、「千本桜」、「土手桜」と呼ばれています。
ここから最上川は見えませんでした。
桜並木を背に、ツアーの一行が眺めているのは、船着場跡ですが、ちょっと分かり難いです。            Photo_12    
 
次の久保桜へと歩いていた時のこと、ふいの風に 思わぬ花吹雪・・・                    Photo_19
 
 
🌸 🌸 🌸 🌸 🌸                                       Photo_13      
樹齢1200年のエドヒガンザクラ。
坂上田村麻呂と土地の豪族久保氏の娘との悲恋の伝説を聞かせていただきました。
昔は枝が40アールにも広がったので「四反桜」とも呼ばれたと。
 
幕末の頃、乞食が根元の洞に宿って炊事したところ、火が木に燃え移り、大枝2本、その他の枝も枯れた。その後、支柱を立て、柵を作って保護を続けたが、火を受けて不定根が出来にくいので、樹勢回復作業を行っているとの事。 Photo_4                                              
不定根の部分が割れてますが、4年ほど前に見た山高神代桜(山梨県)に似てますね。
一回りして撮ってみました。                                                                                                                                                                                                                                                                               
    
Photo_16
 
 
 
バスで鮎貝駅に戻り、ここから長井駅まで、山形鉄道フラワー長井線(ローカル線)に乗車します。                                                                                       Photo_21
ホームからの景色   のどかで、気持ち良かった~                   Photo_22

ゆっくりと電車が入ってきました。                   Photo_5                                 
のどかな風景に心和ませて16分間の乗車。
(久保桜のあった)長井に戻ってきました。
今度はバスで喜多方(福島県)へ向かいます。

 

🌸 🌸 🌸 🌸 🌸🌸 🌸 🌸 🌸
🌸日中線記念自転車歩行者道🌸
🌸 🌸 🌸 🌸 🌸🌸 🌸 🌸 🌸

長い名前ですね。
廃止された旧国鉄日中線の跡地で、約3㎞の遊歩道に枝垂桜が並びます。                Photo_24

Photo_25

途中、当時運行していたSLが展示されていました。                      Photo_26
私たちはここで戻ることに・・・
帰りも新幹線なので、集合時間 厳守 ですから・・・

枝垂桜の下の芝桜やムスカリもきれいでした。                       Photo_27

もう一度ローカル線に乗りました。

福島県の会津若松駅と新潟県の小出駅を結ぶ 只見線を 会津宮下駅から会津柳津駅まで。

沿線の桜を楽しみながら、約20分の乗車でした。

 

磐梯サービスエリアで、磐梯山の雄姿に見送られて、新白河駅に戻ってきました。Photo_7

 

今年の桜は早かったので、半ば諦めていたのに、何処の桜も美し姿で迎えてくれました。
天気も良く、無事 帰宅できたことに感謝です。

 

|

« 山形県・福島県へお花見に(1日目) | トップページ | 5月になりました »

おでかけ」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

桜の古木、どれもスゴイですね
幹の太さといい瘤といい、人間の想像を超える樹齢ですものね
なんか花より幹に畏れに近い魅力があります

たくさん観て周った桜が、どれも時季外れでなくて良かったですね

投稿: ば~ば | 2018年4月26日 (木) 16時47分

ば~ば様
エドヒガンザクラって スゴイですね。
今回は樹齢1200年でしたが、山高神代桜の樹齢は2000年とも・・・
古木になると幹に空洞が出来て、そこから根が生えて、朽ちた幹を栄養にして地面に届けば一気に太くなって樹勢を回復させるんだって。
それでも枯れそうになると、土壌微生物による大規模な土壌の入れ替などの樹勢回復工事をするんですね。
桜の生命力と守る方々の努力があって、毎年花を見ることが出来る・・・・・・なんだか胸が熱くなりました。

三春は満開とニュースで聞き、弘前は5日とか?1週間とか?桜祭りを前倒しにするとの情報も入って、心配しましたが、未だきれいに咲いていて良かったです。参加者の皆さんも同じ気持ちだったようです。

投稿: hikobae | 2018年4月26日 (木) 22時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/509871/73361883

この記事へのトラックバック一覧です: 山形県・福島県へお花見に(2日目):

« 山形県・福島県へお花見に(1日目) | トップページ | 5月になりました »