« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »

2018年1月の投稿

2018年1月29日 (月)

雪の公園散策

大雪の日からちょうど1週間。
2日後と4日後に航空公園に行ってみました。
2日後のウォーキングコース 
(楽に歩ける所もあったけど・・・雪かきしたんですね)                 Photo
池の水面は氷っている個所もあり、氷の端に鴨が並んでいました。           Photo_6
 
4日後 ろう梅園                                      Photo_2
 
2日後 日本庭園の紅梅  
雪の上に落ちた花がきれいでした。                               Photo_3
 
2日後 日本庭園の白梅
雪が残って (・∀・)イイネ!!                                      Photo_4
 
 
4日後 日本庭園の鯉
眠っているのか?起きているのか? 全く動きません。
一匹だけ 氷の下を ゆ~くり動いてました。                        Photo_5
 
小鳥が雪のの上をちょんちょんと歩いて、何か啄んでいます。             Kotori
誰かさんが作った雪だるま
雪玉を2つ重ねたのが日本の雪だるま、3つ重ねると欧米の雪だるまだそうです。
欧米のは達磨じゃなくて、スノーマンなので、足があるんだって。先日のテレビで知りました。
ちょっと、棒を持たせて遊びました。                              Bouhuruyukidaruma
 
 
 
 
 
 

| | | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年1月22日 (月)

NHK全国俳句大会 の一日

1月21日、第19回NHK全国俳句大会がNHKホールにて開催されました。         1_2

12月に入ったある日、思いがけず届いた朗報。

なんと、特選に内定したと・・・

3句入選の内定は頂いておりましたが、その中の1句が特選とのこと・・・

もう、ビックリの一言。

大会当日、ステージで、選者の先生方と同席させていただくことになりました。

そのことがいつも頭の中に・・・ 何となく落ち着かない日々でした。

 

迎えた当日、主人と一緒に原宿駅へ。 本人と関係者は入場時間が異なるので、私はNHKホールへ、主人は駅で家族と待合せました。

 

会場で入場前に写真を撮ろうと思ったのに~ 一人になったらすっかり忘れています。

本人は入場すると、休憩時間を含め閉会まで、関係者との行き来は出来ません。

 

控室の席にお茶とプログラム・入選作品集があり、先ず、選者の先生を確認しました。

選者の先生は当日まで知らされておりません。年末に句の背景について男性からの電話があり、やはり男性でした。自由題の特選は一席と二席があり、私が一席だったのも嬉しい驚きです。

幕の内弁当を頂きながら、大会の流れを含め 細かな説明がありました。私には聞き取れないところもあり、ちょっと不安。でも、お隣の方が明るく、気さくな方で良かったです。

 

ステージに移動し、いよいよ開幕。「幕が開きます」と言われてからの僅かな時間。一番緊張しました。髪に手を当てる姿もちらほら・・・私一番後ろの段でした。

 

私の足元にはスピーカーが用意され、スクリーンの様子はグループごとの机に置かれた小さなモニターで、見ることが出来ます。 モニターを見ると顔が下がるので、自分の句が発表される時は顎を上げるぐらいの姿勢で、と言われたのに、気になってモニターを見てしまい、えっこんな顔って・・・失敗しました。

句会の方4名と家族5名には ホール前方の座席が用意され、これも確認できました。

 

休憩をはさみ前半は題詠「山」の披講と選評、飯田龍太賞の表彰。後半はジュニアの入賞発表、自由題の披講と選評。 先生方それぞれの俳句についてのお話もあり、最後に大会大賞3句の発表と表彰。来年度の題詠の発表で、閉幕しました。           Photo_3

 

 

龍太賞(15句1組)は流石です。

テーマに沿った素晴らしい句を15句も・・・感動しました。 

 

ジュニアの句には、ユニークな発想や、妹とか祖母を思う優しさがあり、温か~い気持ちになりました。

 

閉幕後にその場で一同の記念撮影し、控室に戻りました。

控室に賞状が届いており、特選になった句が 別の先生の秀作にもなっていて、その賞状もありました。特選は筒入り、秀作はA4を大きくしたサイズ。私は小さい方がファイルに収まるので良いんですけど。

 

閉会後は私が外に出るまで約1時間 掛かると言われていたので、句会の方にはお帰り頂き、家族には待ってもらい(長男は福島なので、先に帰り)、うどんすきの美々卯で食事しました。

次男の嫁のお母さんから思わぬお祝いの頂き物。

ありがとうございます。とても嬉しいかったです。                Photo_4  

 

 

大会の様子は編集後2月10日に放送されますが、時間の都合で、ほとんどの方が、作品のみの紹介になるとのこと。私は作品のみと思いますし、それで充分。

 

きょう22日、今、外は雪が降って、家の前の道が白一色、庭木にもかなり積もってきました。

きょうでなくて良かった~

 

 

 

 

 

 

 

 

| | | コメント (11) | トラックバック (0)

2018年1月16日 (火)

梅、ちらほらと

航空公園の蝋梅はどうかしら?
もう、5日も前のことですが、行ってみました。
遠目には分かりませんが、ちらほら咲いて、日当たりの加減か?良く咲いている木が1本ありました。                                                   Photo

Photo_2

2種類あるようですが、ここでは、自然交配でそれぞれの特徴を受け継ぎ、実生で大きくなったものがあるため、判別が難しくなってきたとのこと。                      Photo_4

Photo_5

 

蝋梅園から日本庭園に行くと、梅が咲いていました。
まだ ホンの咲き始め。
でも、嬉しかった!!
やっぱり 梅が好き!                                 Photo_6 Photo_7

咲き出した白梅の木を正面に、赤い毛氈の縁台が設けられていました。

 梅一輪一輪ほどの暖かさ 嵐雪

独り、抹茶と花びら餅を頂きながらゆっくり観賞しました。          Photo_8

 

よく見ると小さな小鳥が沢山来て楽しそうに梅の木の中を動き、ぱっと飛び立ってはまた戻って来て・・・鶯ではなかったけど・・・                               Photo_9

 

水屋の前の紅梅も1~2輪さいていました。
逆光での写真の撮り方が分からなくて・・・                          Photo_10

 

句会1週間前の散策でしたが、句が出来ない。
いつもの悩み、ぎりぎりにならないと 何も浮かびません。

朝はとても寒かったけど、きょうは これから暖かくなりそうで、あれから5日、蝋梅も、白梅もかなり咲いたことでしょう。午後 行ってみようかしら・・・

 

 
 

| | | コメント (8) | トラックバック (0)

2018年1月 4日 (木)

水仙と追羽根

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。
正月三が日もあっという間に過ぎ、きょうから いつも通りの日常が戻りました。
未だ1月分のイラストが準備できてなくて、なんとかしなくては・・・
新しく描くのも億劫で、ついつい再利用に。
2年前に描いた日本水仙に少し手を加え、これで良しとしましょう。                                  Photo_2
 
2年前に描いた水仙はこれ                                        2016_2
 
準備出来てひと安心
アニメにして遊びました。
懐かしい追羽根です。                                         Hanetukikannsei
 
 
 
 

 

 
 

| | | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »