« 日本水仙 | トップページ | ロムレアが咲きました »

2017年3月 6日 (月)

入院日記

もうずいぶん前、もしかしたら10年ぐらい前から鼠径ヘルニア(自己診断)がありました。自分で押さえると 元に戻るので あまり気にしていなかったが 今回は大きくて、頻繁に出る。押さえてもダメ、足を組んでいると自然に治るけど30分~2時間は掛かる。ということではじめて受診した。CT検査の結果ヌック管水腫とのことで、半月後に手術することになった。
 
1日目
入院前に何度か、最後は連日で、治るまでの時間が徐々に長くなり、入院予定日の2日前、午後2時半ごろから4時間たっても戻らない。困って、病院にTELし 時間外受付で受診した。主治医の先生ではなかったが、外科の先生で良かった。先生の手で ぐにゅぐにゅっと戻したが、腸を無理に動かしたので 入院しなさいと言われ、なんの準備もないまま車椅子で病室へ・・・午後8時30分、点滴で一晩過ごすことになりました。
 
2日目
点滴をしたまま腹部のレントゲン撮影し、結果 昼食から食べても良いとのこと。前日の昼から何も食べてない。お腹が空いたと思うのに、いざ 昼食を前にしたら、気分が悪く、おかずだけをやっとのことでいただきました。 夕食は半分ぐらいだったかな・・・
昼前に回診があり、ズボンのベルトを外そうとしたら、看護師さんがやるようなので、手を引いたら、手間取って「ベルト~」て焦ったようす。 アウトドア用のズボンでバックルの真ん中を押せば外れたのに、ごめんなさいね。
夜になって、入院準備をしたスーツケースを主人が持って来て、やっとパジャマに着替えました。
 
3日目
部屋は1室4床の窓側。3階から7階までが病棟で、外科は7階。 明るくて、眺めが良くて、ラッキー! 黄色の矢印の辺りへ自衛隊機が飛んで行ったり、こちらに向かって来たり、オスプレイも見ました。入間基地ですね。                               Photo_5
テレビカードとイヤホンでテレビも使えます。隣のベッドのYさんとおしゃべりも・・・
手術前日、お臍の掃除とシャワー浴
 
4日目
手術日。朝から点滴、右手首にネームバンド、切る場所の左右を間違えないために 左手の甲に黒マジックで大きな○を書かれました。手術は朝9時半から 腰椎麻酔に全身麻酔も少し加えたとのことで、腰椎麻酔の注射の後は、「終わったよ」と言われるまで全く記憶なし。水の溜まるヌック管を切取り、腹膜の穴を特殊なメッシュで塞ぎました。約2時間ほどの手術でした。先生がヌック管はかなり大きかったと、主人は切取ったヌック管を見せてもらったと・・・ 私も見たかったな。 
部屋に戻ってから麻酔は徐々に切れて、まず右足が動き、左足は時間が掛かった。腹筋がないのか、なかなか向きを変えられない。痛みよりも喉の渇きが辛い。夜8時半頃、看護師さんが「動いてみる」って、起き上がったら気分が悪く、すぐ横になり、嘔吐3回。手が痺れて指が突っ張って、過呼吸症候群になってしまった。 今夜はこのままだねって、長い夜になった。
 
5日目
朝起き上がったら、少し気分が悪く、ベットに台を置いての朝食。少しずつ頑張って食べる。食後に痛み止めを飲んでから、楽になり、尿管もはずれ、歩けるようになった。 シャワー浴出来ますと傷口に防水テープを貼ったので、待っていたが、時間を知らせてこない。Yさんに聞いたら、自分の都合の良い時間が空いていたら自分でボードに記入するんだよって。そうだったのか。もう、シャワーの時間が終わってしまい入れなかった。 夜間に緊急入院したので、看護師さんがトイレの場所だけ教えてくれて、館内は明日案内すると言って、でも、翌日は看護師さんが交代してしまって何も聞いてないよ。
 
6日目
良い天気。廊下の先の窓から日の出を見守った。 
お日様の昇る速さに感動!                    Photo
先生が腫れてくるかもと言っていたが、左の腹部が片寄って大きくなっていた。
 
7日目
ベッドには横にならず一日を過ごした。
Yさんは胃の4分の3を切除したとのこと。大手術なのに 術後10日でこんなに元気になれるのかと驚く。「俳句を作ったんだけど・・・」とメモして持ってきたのには更にビックリ! 素敵な方ですね。
 
8日目
外科病棟は入れ替わりが早いのかな。廊下側の方二人が退院し、新しい方に替わった。
午後、Wさんがお見舞いに来てくださった。職場は休むので隠せないが、 息子にも、友人にも内緒だったのに 訳あって、Wさんだけには、皆には内緒でということで知らせていた。
素敵なプリザーブドフラワーを頂き嬉しかった。 窓辺に飾ると、優しい気持ちになり、癒されました。
Wさんありがとう!                                         Photo_2
 
9日目
朝37.3度の微熱があったので、シャワー浴をキャンセルした。傷があると微熱が出ることもあり、心配ないようだ。 こっそり、傷口の写真をアップで撮った。ホッチキスのような金具が10個並んでいた。
 
日の出の写真を撮った。3日前と比べると日の出時間がはやくなっているのが分かる。Photo_3 Photo_4
 
10日目
食後の痛み止めの薬がなくなったが、痛むことなく過ごせた。
Yさんが退院した。色々と教えて頂いて助かりました。ありがとう。
退院後の食事が大変だと思いますが、無理をせず、頑張ってほしいと思います。
 
 
11日目
退院です。
朝、傷口の金具を外しました。チクっと痛かった。
 
実は角部屋の食堂から富士山も良く見えますが、写真に撮れなくて、最後のチャンス、食堂の電話コーナーから撮りました。富士へと続く山並みもきれいです。開けることのできないガラス窓と技術のなさ&手ぶれで ダメな写真です。                                Photo_6
 
留守の間に草花はあれこれと咲き出し、芽を出し、嬉しい春になっていました。

| |

« 日本水仙 | トップページ | ロムレアが咲きました »

日記」カテゴリの記事

コメント

手術・入院大変でしたね、お疲れ様でした

私も痛みが強かったり熱が出ると過呼吸になります…痙攣して辛いですよね
息子さんに連絡しなかったとのこと、私もいちいち報せませんが~hikobaeさんと違って夫も居ないのでちょっと困ります

留守中の花たち、育つ春なので気になるでしょうが、くれぐれもお世話タイムを長引かせないでね

投稿: ば~ば | 2017年3月 6日 (月) 15時45分

ば~ば様
ありがとうございます。
予定より早い 急な入院だったので、主人がいて助かりました。息子は二人とも遠いいし、心配な病気でもないので報せません。独りだったらほんと 困りますね。

草花は、鉢に中の草取りだけしています。
留守に届いた苗が3ポットありますが、もう少し経ってから植えますね。

投稿: hikobae | 2017年3月 6日 (月) 20時48分

しばらくの間更新されていませんでしたので、どうしたんだろうと心配しておりました。
この間には大変な出来事があったんですね。
入院や手術は私も何度も経験がありますが気が滅入ってしまいますね。
本当にお疲れ様でした。でもご主人様がいらして心強かったと思います。

退院後も無理をなさらないように、ゆっくりなさって下さいネ。

投稿: yasu | 2017年3月 7日 (火) 22時54分

YASU様
ありがとうございます。
いつ出るか神出鬼没?で、更新しようかと写真を整理していたら始まってしまい、ひたすら治まるのを待ったけど、その気配もなく、そのまま~ 予定より早い入院でした。

入院・手術は次男の帝王切開以来、41年ぶりでした。

投稿: hikobae | 2017年3月 8日 (水) 08時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 入院日記:

« 日本水仙 | トップページ | ロムレアが咲きました »