« 寺坂棚田の曼珠沙華 | トップページ | 藤城清治 影絵展 »

2016年10月 1日 (土)

里の秋

シェイプアートサロン 10月はキキョウとイヌタデでした。
テキストを見ながら完成させましたが、アレンジが思いつかず、遠山のシルエットを背景にしました。                                             Photo
イヌタデはアカマンマともいい、俳句では「犬蓼の花」、「赤のまま」と言います。
 
 長雨のふるだけ降るや赤のまま  中村汀女
 
今年はよく降りましたね。また、来週も雨模様です。

| |

« 寺坂棚田の曼珠沙華 | トップページ | 藤城清治 影絵展 »

ワード絵」カテゴリの記事

コメント

あ、こんなシンプルなのもイイ!!、好きです
このところの仏前はキキョウかリンドウ、夫は「もっと華やかなのにして、君の好きな薔薇でも」と思ってるかも
薔薇好きですが、秋は秋らしい青紫系の花がイイです…物思いの季節ですしね

投稿: ば~ば | 2016年10月 2日 (日) 05時33分

ば~ば様
花野の丘から山里を見下ろすイメージにしたかったのに、手抜きです。集落は霧の中、でした。

ご主人様も お供えの秋草花に移り行く季節を感じていらっしゃると思いますよ。
薔薇はいつ見ても素敵ですが、冬薔薇(ふゆそうび)にも 凛とした美しさがありますね。

投稿: hikobae | 2016年10月 2日 (日) 11時10分

桔梗の花(紫)にイヌタデ(赤)背景に遠山を配置し素敵な構図ですね。
爽やかな秋を連想させます。

花と山の間は白く霧がかかったようにアレンジされていて遠近感を感じました。
よくよく見ると桔梗の蕾は白く、葉を白く暈すなど立体感ある素敵な作品だと思いました。

この構図を観ながら小生もうん年前に制作した日本画ではススキの穂をバックに遠景の山を描いたのを思い出し懐かしく思いました。

投稿: yasu | 2016年10月 2日 (日) 16時42分

YASU様
山里へ続く花野道を描こうと思ったのに、省略し、楽な方に逃げました。

YASUさんの作品、「笠置山の夕暮れ」ですね。素敵です。このようなイメージに仕上げたかったのに、描けませんでした。

投稿: hikobae | 2016年10月 2日 (日) 21時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 里の秋:

« 寺坂棚田の曼珠沙華 | トップページ | 藤城清治 影絵展 »