« あさがお (暑中お見舞い) | トップページ | 松葉ぼたん »

2016年8月11日 (木)

向日葵 2016

今年の向日葵は3種類。 ゴーギャンとサンスポットは、他の球根を堀り上げないままの大型プランターだったので、大きく立派な花にはならず、ちょっとガッガリ。 小夏は花壇の端に直播しましたが、去年の鉢植えの方が良かったみたい。葉が白く汚くなってしまいました。

サンスポットの余った種2粒を花壇に直播したのが、一番元気に育ちました。小さなカマキリがかわいいね。     
Photo

こちらにも、写真を見て気がつきました。分かりますか?   Photo_2

小夏は草丈25~30センチほど、ミニひまわりです。  Photo_3

向日葵で一句。と言いたいところですが、できない。

私が向日葵で好きな一句
向日葵や起きて妻すぐ母の声       森澄雄

次の句は、21歳で陸軍に入隊し、中国大陸、フィリピンと転戦した鈴木六林男の句です。
                たお
追撃兵向日葵の影を越え斃れ     鈴木六林男

六林男は地獄と言われた激戦地(バターン・コレヒドール要塞戦)で生き残り、十数片の機関銃弾の破片が腕に食い込んだままだったとのこと。戦争に対する怒りの句は、紙も鉛筆もない状況で、頭に刻みこんで持ち帰られたとのことです。
遺品あり岩波文庫『安部一族』       鈴木六林男
射たれたりおれに視られておれの骨    鈴木六林男

六林男は晩年、飯田蛇笏賞、現代俳句大賞を受賞しました。

 

| |

« あさがお (暑中お見舞い) | トップページ | 松葉ぼたん »

家庭園芸」カテゴリの記事

コメント

え~っ ‼ ミニ向日葵、草丈が25~30cmですか。
可愛いですね。小さくても一人前の立ち姿に思わず感動しました。
夏を象徴する花で、逞しさを感じます。

戦争に対する怒りの句、大変な出来事が脳裏に焼き付き俳句で表現されたんですね。
絶対に悲惨な戦争はいやですよ。人を殺し合う戦争なんて、二度と起こらないで欲しいですね。

投稿: yasu | 2016年8月11日 (木) 22時03分

ゴーギャン、ゴッホの絵画が脳裏にドーンときました
日本人の昔ながらのイメージは“小夏”の大型版(迷路なんかに使われるヒマワリ)かしら

さて、昔のイタリア映画に『ひまわり』(ソフィア・ローレン)って有ったけど、あの野一面に咲くのは何というヒマワリ?

投稿: ば~ば | 2016年8月12日 (金) 08時03分

YASU様
向日葵は夏の花ですね。
何年か前に、種蒔が遅れて、9月に咲かせたことがありました。良く咲いたのですが、元気を頂くといった感じではなく、どことなく、よそよそしさを感じました。

地獄のような戦場も句に表現できるんですね。俳句ってすごい。
このような戦争をしてはいけないという気持ちが、ひしひしと伝わってきます。

投稿: hikobae | 2016年8月12日 (金) 17時21分

ば~ば様
向日葵の迷路、一度行ってみたいです。迷路にはキッズスマイルという向日葵が多いようです。

イタリア映画『ひまわり』思い出しました。
ちょっと気になって調べてみました。
映画の向日葵はロシアヒマワリです。
映画の舞台はロシアの農家のひまわりですが、ロケ地はスペインだそうです。イタリアにも広大な向日葵の景色は有りますが、向日葵の種類、ロシアヒマワリに拘ったのではないか? ロシアヒマワリはスペインに多いとのことでした。

投稿: hikobae | 2016年8月12日 (金) 17時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 向日葵 2016:

« あさがお (暑中お見舞い) | トップページ | 松葉ぼたん »