« ホタルブクロとホシギキョウ | トップページ | 端午の節句 »

2016年5月29日 (日)

百合の開花 その1

今年の百合の開花のトップをきったのは、やはりサーモンクラシックでした。新顔さんのあった昨年を除き、毎年一番先に咲き出します。開花した5月19日からきょう29日までに開花した百合です。
Photo
サーモンクラシック(すかし百合)
はじめて栽培した百合の一つ。とにかく丈夫、増えすぎたので、近くの3軒の方に切り花でおすそ分けしました。主人はこのカップ咲きの百合はあまり好きではないとのこと。
Photo_2

シュガーラブ(すかし百合)
優しいピンクと白のバイカラーの可愛い百合です。2年目ですが、ちょっと か細くなってしまいました。
Photo_3

オレンジココット(すかし百合)
多花性のミニスカシユリで、花粉は出ません。
Photo_4

スピリット(すかし百合)
はじめて栽培した百合の一つ。あまり増えませんが、絶えることもなく毎年咲きます。今朝はモンシロチョウが止まってピクリともせず、未だ目が覚めない様子でした。今年は珍しい花が咲きました。普通花弁は6枚ですが、4枚しかない花が2株ありました。19年目の突然変異かしら。
Photo_5
Photo_6

ローリポップ(すかし百合)
白地に花弁の先が濃いピンクで、草丈も低く、愛らしい百合です。シュガーラブに似ているけどちょっと違う、シュガーラブとは姉妹のような感じかな。
Photo_7

タイニーダブルユー(八重咲きすかし百合)
昨年からの百合です。昨年は6株見事に咲きましたが、今年は3輪のみ。八重咲きの百合は2年目以降はなかなか育ちません。なにか特別な処置をしているのでしょう。たぶん来年は無いかも...
Photo_8

一番心配なタケシマユリ
Photo_9
休みの日は、日差しを見ながら、当たり過ぎず、蔭になり過ぎずと小さな鉢を、あちこちと移動させていますが、葉の黄ばみが徐々に広がり、でも、蕾も日ごと色着いています。何とか開花してほしいと願っています。

| |

« ホタルブクロとホシギキョウ | トップページ | 端午の節句 »

家庭園芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 百合の開花 その1:

« ホタルブクロとホシギキョウ | トップページ | 端午の節句 »