« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年12月の投稿

2014年12月18日 (木)

不忍池 枯蓮

先日の日曜日(12月14日) 昼食を済ませてから、上野公園の枯蓮を見に行きました。句会を木曜日に控え、投句する句もなく、「花と俳句の東京散歩」という本をぱらぱらとめくっていたら、枯蓮が目に留まり、そう...枯蓮ってしっかり見たことが無い。「枯蓮、、、?」って夫は怪訝な顔をしましたが、快く「行ってらっしゃい」と言ってくれました。

午後1時過ぎに不忍池に到着。この時期来たのは初めてです。上野駅から5分足らず。良く晴れた日で、黄金に輝く枯蓮が目に飛び込んできました。
A

近づいて池の中を覗いて絶句 Σ( ゜Д゜)ハッ!
思ってもみない光景で、「百聞は一見に如かず」 と実感しました。
3
4
1_3

池には数種類の水鳥がいました。
これはユリカモメかしら? 人馴れしているようで、近づいても飛び立ちません
5
これは何という鴨かな?
9

不忍池は3分割されており、蓮池の隣はボート場です。
7
ボート場に並んで立つ杭毎にユリカモメが一羽づつ止まっているのが面白いです。
8

水鳥に餌をやらないで。と注意書きがあるのに、餌をまいている方があり、鳩や雀も一緒に沢山集まってきました。
B
6_2

池の中にある弁天堂は寛永寺の堂宇の一つで、弁財天(七福神の中で唯一女性の神様)が祀られています。
Photo

弁天堂に向い合わせて清水観音堂があり、子授け寺とのことなので、次男夫婦に代わってお参りしました。ここの「月の松」から見た弁天堂です。
10

上野精養軒の入口脇に「時の鐘」が有りました。
「花の雲 鐘は上野か 浅草か 」と芭蕉が詠んだ句はこの鐘とのこと。現在も朝夕6時と正午の3回 この音色が響くようです。
11

精養軒前の通りに面した広場の銀杏がとてもきれいでした。
上野公園は広い。見所も沢山。でも、もう帰らなくては、衆議院選挙も済ませなくちゃね。
12

今日18日の句会では5句すべて先生に取っていただき、枯蓮の句で4句うち2句は特選で短冊に書いていただきました。嬉しかった。帰宅したら、NHK全国俳句大会に佳作内定のお知らせが来ており、これも嬉しい。明日は誕生日、前日に届いたプレゼントですね。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月11日 (木)

羊 描き直しました

読売Word&Excelでお絵かきで年賀状の羊が掲載されました。可愛い羊です。
私の描いた羊は毛を刈りこんだ羊のようだと思い、描き直しました。頭頂部の雲形を体にも使いました。足先も細過ぎたようなので、頂点の編集で少しだけ太くしました。目や耳をちょっと変えたり、柵も描き足しました。きょうは公休日なので台所のお掃除をするつもりだったのに、結局遊んでしまいました。午後はしっかり、働かなくちゃ。句会の用意もできてないし、23日~29日までは7日間の連続出勤が待っているし、、、お絵かきで遊んじゃダメだね。
Photo

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月 8日 (月)

12月に入ってもう1週間が過ぎてしまいました。今年こそ早めに掃除&準備をと思いながら殆んど手つかずの状態。早めに年賀状の準備をと思い、来年の干支 未を描いて見ましたが、相も変わらず悪戦苦闘。やっと描いた羊ですが?未に見えるかしら?心配なので、立札を立てました。年賀状に仕上げるにはもうひと手間必要ですね。
Photo


| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月 7日 (日)

秩父札所ハイキング(4-5) 観音寺&岩之上堂

21番 要光山 観音寺 15:03到着
観音堂
Photo

下調べの時、芭蕉句碑があるんだと思っていたのにすっかり忘れていました。帰宅後に気付き、どこにあったのかしら? 写真で探したら境内の隅にありました。遠くから撮った八幡宮の写真の片隅にありました。この地は昔八幡宮の社地で神託により観世音の霊場になったようです。句碑は山寺(立石寺)で詠んだ 「閑かさや岩にしみ入る蝉の声 芭蕉」 です。
 Photo_2

六地蔵尊
Photo_3

観音寺から歩いて20分足らず

20番 法王山 岩之上堂 15:30到着
入口 本堂の裏手になります。
Photo_2
Photo_4

観音堂 
写真撮影のグループらしき方々と一緒になり、ちょっと混み合いました。
荒川に臨む断崖の上にあり、秩父札所の中では最古の建物とのこと。
Photo

境内
Photo_5

近くのバス停で30分待って西武秩父駅に向かいました。駅では 朝の裏山口駅下車の際、パスモが使えなかったので精算し、発車間際の急行に飛び乗ったので、お土産ひとつ 買うことが出来なかったのが残念。
でも、天候に恵まれ、気持ち良く 6ヶ寺をお参りすることが出来ました。残るは9ヶ寺。
あと3回は掛かります。最後の7回目は札所間の歩行時間が3時間半、6回目の札所間は4時間も掛かるようで、私たちに出来るかしら? とにかく、日が伸びて暖かくなってから... 次回は来春ですね。 家を出てから戻るまで、32,000歩。よく歩きました。




  

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月 2日 (火)

秩父札所ハイキング(4-4)  童子堂

お蕎麦を美味しく頂いた跡、童子堂へと向かいました。先ほど上ってきた坂道をおしゃべりしながら下りました。やはり下りのほうが楽で早い。

22番 華台山 童子堂 14:20到着
正式には、西陽山 永福寺といいますが、子供にまつわる伝説が多いので、童子堂と呼ばれているようです。
萱葺の仁王門 と六地蔵尊
童子堂の名に相応しい童顔でユーモラスな仁王様でした。
Photo

童子堂(観音堂)
Photo_2
紅葉が綺麗でした
Photo_3

讃岐の国に大変欲ばりな長者あり、旅の僧が来て食を乞えども、与えられず、僧は金を払って米を求め、犬に与えれば、長者の息子犬となり共に喰いる様に親は驚き悲しみ、僧に因果の道理を説かれ、その犬を引いて諸国の霊場を廻り、童子堂にて来て祈願せしおり、忽ち元の姿になったという縁起の額
Photo_5

身代わり地蔵尊
戦時中、金佛の、みたま抜きをして供出しましたが、この金佛が身代わりになったので、この地区から出征した全員が無事に復員したとのこと。今は、新しい身代り地蔵様です。Photo_6

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »