« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月の投稿

2014年5月18日 (日)

花は葉に・・・

Photo_3
はなははに きっぽうとどく つまのもと

4月29日、春の叙勲者の発表があり、思いがけなく夫が受章することになりました。瑞宝単光章です。5月16日に三田共用会議所に於いて勲章の伝達式が行われました。配偶者同伴で、私は内示の時は欠席にしていましたが、再度、財務省への出欠の届を出す段階で思い直し、出席にしました。

当日は3時半に起きて、朝食を取って出かけ、6時半から、ホテルで色留袖の着付けと髪のセット&メイクをし、伝達式の会場に向かいました。会場で日程の説明がありましたが、一番後ろの席のためか、補聴器を付けていても全く分かりませんでした。ここでの受章者(財務省関係)は85名でした。開会の辞に続き、国歌斉唱、君が代は何年ぶりかしら?覚えていません。続いて一人づつ勲章が授与され、大臣祝辞、閉会の辞とすすみました。記念撮影後の祝賀会(立食)では和やかな時を過ごし、その後、バス3台に分かれて皇居に向かいました。

皇居では、撮影禁止です。法務省、総務省など合わせて22台のバスが並びました。宮殿(豊明殿)に於いて、陛下に拝謁いたしました。受章者と同伴者に分かれ、間が広く空いていました。ここでも拝謁前の説明は全く聞き取れませんでしたが、陛下は御入場されると、一段と高いところにお立ちになられたので、障害なく、陛下のお言葉を拝聴することができました。受章者と同伴者はそれぞれ、横3列に並び、間が空いていたのは、陛下が受章者と同伴者とに交互に近寄られながら、向きお変えになりながら、ゆっくりと前にお進みなって、ご退場される為でした。幸い私は一番前に居りましたので、感激もひとしおでした。拝謁後は記念撮影をして、宮内庁から十六菊の焼印の入ったワッフル型の三笠山のような「菊焼残月」というお菓子と、「皇室」のアルバムを頂き、財務省に戻りました。

財務省で局の受章者7名(配偶者6名)の記念撮影をし、マイクロバスで支局に向かいました。私の40年前の職場です。支局ではお祝いの会が用意され、国歌斉唱し、祝辞を頂き、記念品も頂きました。配偶者と一緒に一組づつの写真も撮って頂きました。時間もあったので女性6人だけとか、一人づつとか、楽しいひと時でした。

マイクロバスで朝のホテルに戻り、着替えと休憩後に、親睦会が予定されていましたが、関西方面からの受章者5名のうち3名の方がお帰りになりました。残った2名の方はこの日もホテルに泊まるので部屋が有りますが、東京の2名はロビーで約1時間半、支局の方の仕事が終わるまで待ちました。親睦会はホテル内のレストランで6時から開かれました。
支局側の出席者は次長・課長など8名の方々、受章者側は同伴者を含め7名で緊張しましたが、40年前に私も勤めていたということなどで、少しは話のきっかけが持てたかしら?私にとってフルコースの洋食は滅多に頂けることではありません。とても美味しく頂きました。有難うございます。実はこの親睦会は欠席したかったのですが、伝達式を欠席から出席に変えた時がぎりぎりだったので、『ちょっと待ってくださいよ、奥さんは皇居には行かれないかもしれないですよ。』と言われ、その後、『大丈夫です。そのかわり親睦会に出て頂きますよ。』とのことで、夫がOKしてしまったのです。でも、結果良かったです。楽しいひと時を過ごさせていただきました。

人生の最初で最後の良い思い出ができました。夫を支えてくださった皆様へ感謝の気持ちでいっぱいです。

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »