« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月の投稿

2012年10月31日 (水)

奥の細道を尋ねて第7回 あさか山~国見 (2日目)

本文
『短夜(みじかよ)の空も、やうやう明くれば、又旅立ちぬ。猶(なお)夜の名残心すゝまず、馬かりて、桑折(こをり)の駅に出づる。はるかなる行末をかゝへて、かゝる病、覚束(おぼつか)なしといへど、羈旅辺土(きりょへんど)の行脚(あんぎゃ)、捨身(しゃしん)無情の観念、道路にしなん、是(これ)天の命也(めいなり)と、気力聊(いささ)かとり直し、道縦横(みちじゆうわう)に踏んで、伊達の大木戸をこす。』

本文では芭蕉は月の輪の渡しを越えて、庄司が旧跡を見てから飯塚に泊っていますが、ツアーでは月の輪大橋を渡って、1日目が終わりましたので、庄司が旧跡の見学は2日目です。 2日目の朝は出発を30分早めて、先生が飯坂温泉の街をゆっくり案内してくださいました。
飯坂温泉駅前に建つ芭蕉像 
逆光になるので横向きです。日曜日、駅前ではウォークラリーの受付準備をしていました。
Photo

なかむらや旅館 
江戸時代からある旅館、土蔵造りでレトロな感じです。玄関から覗くと「芭蕉の跡をしのぶ宿」の暖簾、一泊してみたくなりました。
Photo_2

通りを挟んで向かい側が昨夜の鯖湖湯です。鯖湖神社の奥に見えます。
Photo_3
通りに建っていました。子規の句と与謝野晶子の歌を一緒に並べた石碑。

Photo_4
滝の湯跡 昭和の火災で焼失したそうです。Photo_5
芭蕉の碑があります。
碑には本文「其夜飯塚にとまる・・・・・・馬かりて、桑折の駅に出る」が記されています。
Photo_6
このほか旧堀切邸(江戸時代の大庄屋)の屋敷も見学しました。

散策後は熊出没注意ということで、タクシーで大鳥城址(本文でいう庄司が旧跡)へ向かいました。大鳥城址は「丸山」という小さな丘の上にあり、佐藤庄司(佐藤基治)の館があった所です。佐藤庄司は信夫群・伊達群の庄官を勤め、源頼朝が平泉を攻めたとき、これを迎え討って戦死したとも伝えられているとのこと。
本文
『佐藤庄司が旧跡は、ひだりの山際、一里半計(ばかり)に有り。飯塚の里、鯖野と聞きて、尋ね尋ね行くに、丸山と云ふに、尋ねあたる。是(これ)庄司が旧館也。麓に、大手の跡など、人のをしゆるにまかせて、泪を落し、又かたはらの古寺に、一家の石碑を残す。中にも二人の嫁がしるし、先づあわれなり。をんなゝれ共(ども)、かひがひ敷名の世に聞えつるもの哉(かな)と、袂をぬらしぬ。堕涙(だるい)の石碑も遠きにあらず。寺に入りて、ちゃを乞へば、爰(ここ)に義経の太刀・弁慶が笈(おひ)をとゞめて、什物(じふもつ)とす。
  笈も太刀も五月(さつき)にかざれ紙幟
五月朔日(さつきついたち)のことにや。』

NHK学園講座テキストによれば、曾良の旅日記には、『寺ノ門ヘ入ラズ、西ノ方へ行ク』とあって、実際には寺宝を拝観しなかった可能性もある。寺宝に伝わる弁慶の笈を飾ってくれ、義経の太刀も飾ってくれ、という強い呼びかけの句は、義経主従の悲劇的な運命の歴史を、時間を超えて今、芭蕉の眼前に呼び返そうとする叫び声であり、じつは寺に蔵されるのは、義経の太刀・弁慶の笈ではなく、義経の笈と弁慶筆蹟の大般若経であった。芭蕉はそうした実を超越して、義経伝説の物語的空間にふさわしいものを象徴として出してきたわけでありましょう。とありました。
『堕涙の石碑も遠きに有らず』とは、「中国の故事にある堕涙の石碑のようなものも、遠い中国まで行くまでもなく、ここ眼前にある」という意味とのこと。

大鳥城址 佐藤庄司(佐藤基治)の館跡 現在は公園になっています
Photo
大手門跡   柿の木の下、草が茂ってますが、昔、この道を芭蕉が通ったのですね。
Photo_2
本文の「古寺」とは医王寺のこと。
ここは医王寺山門前の芭蕉坂、ここを歩いて、寺を訪れたのでしょう。
Photo_3
医王寺 佐藤庄司基治の菩提寺。
Photo_4
庄司の息子、継信と忠信兄弟は義経に仕え、平氏追討にはその側近として活躍した。兄弟は戦死したが、兄頼朝に追われた義経はその途中、この寺に立ち寄ったといわれる。Photo_5
芭蕉句碑
Photo_10   
二人の嫁の人形
Photo_8
「二人の嫁がしるし」と芭蕉が書いたのは、おそらく、このあとで近くの斎川というところにある甲胄堂で見た、二人の嫁の出陣姿の木像から受けた感銘をここに織り込んだものとみられます。芭蕉がいたく感涙するのは、古浄瑠璃『八嶋』の四段目の佐藤庄司臨終の場面で、継信・忠信の「二人の嫁}が、戦死してもはや帰ることのない夫の身代りに、甲冑姿になり、自分たちを凱旋する勇姿のように見せて、病床にあった舅庄司を慰めた話を知っていたからだったとおもわれます。。(NHK学園 講座テキスト参照) 甲胄堂見学は来月のツアーで訪れる予定
境内にあった 松野自得の句碑  
Photo_13
庄司の妻は音羽御前といい、墓域に「乙和椿」がある。樹齢数百年、つぼみが色づけば落ち、一輪も花と開かず悲史母情を知る椿とのこと。Photo_11
Photo_12
二人の嫁が甲冑姿を見せたのは、舅 庄司か、姑 音羽御前か、庄司は戦死ともいわれているので、やはり姑のほうかな。
謡曲のことは分かりませんが...
Photo_14
薬師堂と墓域
Photo_15

旧伊達郡役所(建物は国の重要文化財で内部は歴史資料館)に芭蕉像があるので立ち寄ったのですが、生憎この日は休館日で中に入れませんでした。道路の鉄柵の隙間から手を伸ばしてパチリ。台座には「月の輪の渡しを越えて・・・・五月朔日のことなり」「其の夜飯塚に宿る・・・・桑折の駅に出る」が刻まれているそうです。
Photo

法圓寺の田植塚
芭蕉が須賀川の等窮宅で詠んだ句「風流の初めや・・・・」の短冊を埋めた塚
Photo_2
Photo_3
芭蕉翁とだけ刻まれている
Photo_4
塚の前に建つ句碑Photo_6  ここでも住職さんのお話しがありましたが、その中で本堂前にある蹲に凍った氷に奇跡が三度も起こったとのこと。氷に南インドの聖域の霊峰とか、三身一体仏とかが出現したって、これホント!嘘?信じる者は救われるでしょうか。
Photo_7

国見峠 長坂跡
Photo_10
林の中にある芭蕉翁碑
Photo_8
伊達の大木戸といわれた、国見町の阿津賀志山防塁跡Photo_9
防塁は平安時代末期の防塁跡で、二重の掘りと三重の土塁からなり、源頼朝の軍を迎え討つために掘ったものだそうです。この空堀の効果もむなしく、奥州軍は敗れ、佐藤庄司もこの戦いで戦死した、とのこと。
Photo_12
ここで先生に教えて頂いた「文化財愛護シンボルマーク」。両手のひらのような形が日本建築の「組み物」をイメージし、三つ重ねて、過去・現在・未来と文化財を伝承しましょう。という意味だそうです。赤い円で囲いました。
Photo_13

ここは風が強くて帽子などとばされそうでした。リンゴが美味しそう...
Photo_11
次回は白石から多賀城址まで。芭蕉さんが感涙した甲冑堂の「嫁の木像」とか多賀城址の「壺の碑」など楽しみです。

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年10月28日 (日)

奥の細道を訪ねて第7回 あさか山~国見 (1日目)

奥の細道を訪ねるツアーの7回目は10月20日~21日。新幹線 郡山で下車、バスであさか山へ向かいました。
本文 『等窮が宅を出でて、五里計(ばかり)、檜皮(ひはだ)の宿(しゅく)を離れて、あさか山あり。道よりちかし。此のあたり沼多し。かつみ刈る此(ころ)も、やゝちかうなれば、いづれの草を、花かつみとは云ふぞと、人々に尋ね侍れども、更に知る人なし。沼を尋ね、人にとひ、「かつみ かつみ」と、尋ねありきて、日は山の端(は)にかゝりぬ。二本松より右にきれて、黒塚の岩屋一見し、福嶋に泊る。』
あさか山 本文を刻んだ碑
Photo
万葉集の歌「安積山かげさへ見ゆる山の井の浅き心をわがおもはなくに」で知られる「山の井清水」
Photo_2
芭蕉が故事・古歌をたよりに探し歩いた花かつみは、江戸時代には真菰とも、花あやめとも、かきつばたとも、いろいろに当てられていてはっきりしない。(NHK学園テキストより)
現在、花かつみはヒメシャガのようです。安積山公園は「奥の細道」300年を記念して花かつみを植栽したとのこと。
Photo_3
Photo_4

トイレ休憩に寄った安達太良サービスエリアから見た安達太良山
Photo_5 

亀谷観音堂(かめがいかんのんどう)
二本松市亀谷にある観音堂で千手観音を祀ってあります。ちなみに、千手観音は私の守り本尊なのです。手前は御詠歌の石碑
Photo_3
境内に芭蕉句碑(人も見ぬ春や鏡のうらの梅)がありました。破損した部分もあり、案内板によると二本松市にある歌碑・句碑の中では最も古いものだそうです。句は元禄5年元旦(おくのほそ道の旅から3年後)に作られ、その意は「鏡の裏の模様の梅は、ひっそりと春の訪れを告げている。人が見もしない春とでもいうべきであろう。」と解されている。とのこと。
Photo_2 
この目と鼻の先、亀谷坂を登り切ったところに幸田露伴ペンネームゆかりの石碑がありました。露伴が阿部川餅を買った茶屋は現在は石材店になっていました。
Photo_7
Photo_9   

大隣寺
二本松藩主丹羽家の菩提寺です。、昼食後に立ち寄りました。
Photo_2
芭蕉さんが亡くなってから177年後、幕末のことですが戊辰戦争に出陣した二本松少年隊(12歳~17歳)の墓がありました。会津白虎隊のことしか知りませんでしたが、白虎隊に優るとも劣らない壮烈な戦死であったとのことです。
Photo_6
Photo_3
Photo_4
ここでもう一つ、「陰墓 」ということを知りました。
Photo_7

黒塚観世寺
安達が原 鬼婆伝説のある寺です。芭蕉も訪れました。「おくのほそ道」では『黒塚の岩屋一見し』と8文字の記載です。
Photo_8
Photo_9
本堂入口には平 兼盛が詠んだ歌がありました
Photo_11
正岡子規も訪れています
Photo_12

Photo_13蛇石   ここに棲みついた白蛇が白真弓如意輪観音の化身と尊ばれ、観音の守護として、亦、参詣人の道中無事の安全を守ったとのこと
Photo_15
笠石 鬼婆の棲んだ岩屋
Photo_16
芭蕉休み石 
Photo_17
夜泣き石 旅人が道中の夜もすがら、この岩屋に差し掛かると鬼婆に殺られた赤子の泣き声が此処から夜な夜な聞こえたという
Photo_18
甲羅石
Photo_19
胎内くぐり
Photo_27   
安堵石 胸の内の苦しみをこの石に託し、心身の悩みを追放し執着の手を緩められたという聞き受けの石
Photo_20
鬼婆供養石
Photo_24
出刃洗いの池
Photo_28
鬼婆石像
Photo_25
黒塚 山門を出て少し川の方に行った所にある鬼婆を埋葬した墓
Photo_21
平 兼盛の歌碑がありました
Photo_23
Photo_22
鬼婆の名は「岩手」、京都の公卿の乳母だったが、育てた姫の病気を治すのに、妊婦の生肝が良いと聞き、遠く安達が原まで来た。そこにやって来た若夫婦、妻は「恋衣」といい懐妊しており、急に産気づいて夫は薬を求めに出かけた。岩手はこの時と思い、恋衣の腹を裂いて生肝を取ったが、恋衣が小さい時別れた母を捜しに来たとの言葉思い出し、恋衣のお守袋を見ると、自分の娘だった。「岩手」はその後気が狂い鬼と化した。以来旅人を殺し、生血を吸い、肉を喰い、安達が原の鬼婆と言われるようになった。ざっとこんなお話しですが、このような詳しい話を私は今まで知りませんでした。

信夫文知摺(しのぶもじずり)
本文『あくれば、しのぶもぢ摺の石を尋ねて、忍ぶの里に行く。遥か山蔭の小里に、石半(なか)ば、土に埋もれてあり。里の童べの来(きた)りて、をしへける、「むかしは、この山の上に侍りしを、往来(ゆきき)の人の、麦草(むぎくさ)をあらして、この石を試み侍るをにくみて、この谷につき落せば、石のおもて、下ざまにふしたり」と云う。さもあるべき事にや。
  早苗とる手もとやむかししのぶ摺 』

もじずり石は文知摺観音(安洞院)にありました。
安洞院入口に建つ芭蕉像&芭蕉句碑(早苗とる手もとや昔しのぶ摺)
Photo
文知摺石は平安時代にもてはやされた模様の「もじずり絹」を刷った石で、自然石の石紋と綾形を利用したものだそうです。別名鏡石といい麦の穂や草の葉でこの石を摺ると、想う人の姿が浮かびあがってくるという言い伝えがあり、都からの按察使(あぜち)つまり巡察官の源融(みなもとのとおる)と、こ土地の山口長者の娘、虎女(とらじょ)との悲恋物語が生まれ、百人一首にも詠まれたとのことです。
もじずり石
Photo_2
百人一首に詠まれた河原左大臣(源融)の歌碑
「みちのくの忍もじずり誰故に乱れ染めにし我ならなくに」
Photo_3
ツアー参加者の最高齢の男性(90歳)と最高齢の女性(?歳)に、ここの住職さんからプレセントがありました。住職さんのお話で、「早苗とる・・・・・」の句は原句は「早苗つかむ・・・・・」であったと、そのことが分かる資料です。芭蕉が書いた境内の状況と原句の真蹟をこの寺が保存していました。観音堂の前で住職さんがお話をなさっている時、私の隣にその男性が座っていましたので拝見させて頂き、撮らせて頂きました。
Photo_4
観音堂&地蔵堂
Photo_5
子規もここを訪れていますね。句碑があります。
「涼しさの昔をかたれ忍ぶずり」
Photo_6
他にも、人肌石と小川芋銭の歌碑とか、沢庵和尚の歌碑があり
Photo_7
Photo_9
境内は紅葉がすこし色づきはじめていました。
Photo_10
住職さんのお話はとても分かり易く、楽しく、声も大きく聴き取りやすく(私にも)嬉しいことでした。33観音と云いますが、なぜ33なのか?多宝塔の軒下に何故雲が描かれているか?桃太郎の昔話はどのような職業の人に喜ばれたか?等々良く分かりました。
安洞院を出て左に少しあるくと、虎が清水、また少し離れて虎の墓がありました。
Photo_11 Photo_12

本文『月の輪の渡しを越えて、瀬の上と云う宿に出づ。』
月の輪の渡しがあったであろう場所は今は住宅地で、碑が建っています。芭蕉の頃はここまで川が蛇行していたのでしょうと講師の先生のお話しでした。
Photo_13
月の輪大橋に「早苗とる・・・・・」の句碑があります。バスの中からパチリ、やはり手振れです。
Photo_14

本文『その夜、飯塚にとまる。温泉(いでゆ)あれば、湯に入りて、宿をかるに、土座(どざ)に筵を敷きて、あやしき貧家(ひんか)也。ともし火もなければ、ゐろりの火(ほ)かげに、寝所をまうけてふす。夜に入りて、雷鳴(かみな)り、雨しきりに降りて、ふせる上よりもり、蚤・蚊にせゝられて眠らず。持病さへおこりて、消え入る計(ばかり)になん。』
私たちも飯坂温泉に泊まりました。(芭蕉は飯坂を飯塚と記しています。)
Photo_15
夕食後、芭蕉さんが入ったかもしれない鯖湖湯(外湯)へ夜のお散歩、47度とか熱い湯だそうですが、43度位にしますというので入ってみました。適温でした!
土曜の夜の温泉街ですが、人影もなく静か...
Photo_16

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月22日 (月)

10月句会

10月18日 今月の句会は入選2句のみ、不振です。
須賀川の軒行灯です。まだ灯は入っていませんでしたが、日暮れて行灯の点る街を想像しました。
Photo あきのくれ はいくのまちの のきあんどん

秋刀魚を焼きました。脂に火が付いて、その勢いにあわてました。写真が無いので、ワードで描きました。実際はガス台で焼いています。仕上げははやりJTrimです。
Photo_2
いきいきと とびつく炎 秋刀魚焼く

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年10月 7日 (日)

秋のベンチ 居眠りクマさん

友人へ手紙を出す時、便せん・封筒・はがき等によくワード絵を使っていますが、新しい素材が無くなってきました。そこで、半年以上も御無沙汰していた「読売Wordでお絵かき」を久々に描いてみました。ワード絵を描くと、どこか動かしてみたくなります。でも、あれこれ動かすとやはり鬱陶しい。最初♪も入れましたが♪のアニメはやめました。
Akinoinemurikumasann

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »