« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月の投稿

2012年6月30日 (土)

奥の細道を訪ねて 第3回 鹿沼~日光

6月24日、奥の細道を訪ねての3回目は鹿沼から日光でした。
鹿沼 光太寺  芭蕉が泊まったとされるお寺で芭蕉の傘塚が有りました。参道の紫陽花がきれいでした。芭蕉が泊まった当時は無住寺だったようです。写真は全てクリックで拡大出来ます
Photo
傘塚 「芭蕉居士 嵐雪居士 」と彫られた墓碑。芭蕉の死後、寺に残された芭蕉の破れ傘を埋めて供養したとのこと。この碑の後ろに有る自然石が当時の碑との説明ですが、見落としました。
Photo_3
Photo_4

鹿沼 今宮神社
神門、本殿、神楽殿、神輿倉、代官功徳の石燈篭などがあります。
Photo_5
ここに『おくのほそ道』本文の句では有りませんが、芭蕉の句碑が有ります。
芭蕉が門弟の高橋怒誰に宛てて送った書簡に記している「君やてふ(蝶)我や荘子が夢心」の句。これは古代中国の荘子説話を踏まえたものと見られ、芭蕉は古代中国の荘子の思想に強い影響を受けていたとする説もあるようです。とツアーで配布されたプリントにありました。
Photo_6
句碑は神社の裏手の小高い所にありますが、その石段の登り口にある飛越の獅子。句碑の他にいくつかの社が有り、その一つに東照宮も祀ってあるからとのこと。
Photo_7
その石段の傍の切株の上に置かれていたこれは何かしら?
Photo_9
代官功徳の石燈篭
Photo_2
社務所の前では茅の輪を作っていました。6月晦日の夏越(なごし)の大祓いに使うとのこと。
Photo_8

日光杉並木街道を二荒山神社に向かいました。
二荒山神社
Photo
『おくのほそ道』本文に 
卯月朔日、御山に詣拝す。往昔(そのかみ)、此の御山を「二荒山」と書きしを、空海大師開基の時、「日光」と改め給ふ。千歳未来を悟り給ふにや、今、此の御光(みひかり)一天かゝやきて、恩沢八荒(おんたくはっこう)にあふれ、四民安堵の栖、穏やかなり。猶、憚り多くて、筆をさし置きぬ。
あらたふと青葉若葉の日の光
とあります。この句の句碑が日光東照宮宝物館の敷地内にあります。
あまりよく読めなくて残念です。
Photo_2
この碑の傍に石の鳥居と石唐門がありました。
Photo_3

芭蕉は日光でもう1句詠んでいます。
暫時(しばらく)は滝に籠るや夏(げ)の初
裏見の滝です。芭蕉の本文に『岩窟に身をひそめ入りて、滝の裏より見れば、裏見の滝と申しはべるなり。』とありますが、今は裏から見ることは出来ないようです。
Photo_4
不動明王が見えます。
Photo_5
Photo_6
この句碑が小学校にありました。昭和31年に開校した日光市立安良沢(あらさわ)小学校です。初めは滝の入口に建てられていましたが道路改修の結果こちらに移されたそうです。ちょっと見難いですが校舎の横の壁にも描かれていました。
Photo_7
句の中の夏(げ)とは修験行者が夏の3ヶ月間、1ヶ所に籠って修行する「夏安居(げあんご)」のことを指し、単なる夏の初めではないとのこと。
ここから少し歩くと大谷川(だいやがわ)の大日橋の所に大日堂跡があり、ここにも芭蕉の句碑(あらたふと、、、)がありました。
大日堂跡
Photo_8
Photo_12
説明板
Photo_11 
大谷川と大日橋
Photo_9
橋から見た安良沢小学校 この景色には郷愁をそそられます。
Photo_10
橋を渡って憾満ヶ淵の並び地蔵を見ながら歩きました。参詣者がこの地蔵の数を数えてみるとその都度数が違うので化け地蔵と呼ばれるようになったとのことです。とにかく川に沿って延々と並んでいました。
Photo_13
途中にはこんな所も
Photo_14
Photo_15

芭蕉は日光山の麓に泊まったと書いていますがそれが鉢石宿の仏五左衛門という人の家ですが、そこが何処かは不明とのこと。また、鉢石宿本陣を勤めていた高野家の庭に芭蕉の句碑がありました。その句は『あらたふと木の下闇も日の光』と言う句ですが、これは『あらたふと青葉若葉の日の光』の発案と聞いています。その句碑があったことにちょっと驚きました。
Photo_16
鉢を伏せた形に見えると言う鉢石
Photo_17

最後は稲毛神社の西行戻り石です。西行法師は、奥州藤原氏の許へ勧進の旅に出て、途中、日光を訪れたが、この時1人の子どもが背負い籠を負い鎌を持って石の上に休んでいるのに出会った。西行のどこへ行くのかとの問いに子供が歌で答えたので西行法師は子供でさえこれほど歌が上手いのだからはここから先では歌比べは難しいと思い引き返した。との言い伝えです(ツアーで配布の説明プリント参考)。芭蕉は鎌倉時代の歌人西行法師を崇拝し、その足取りを追っていたとのことです。
Photo

今回は芭蕉に関係した所を廻りましたが、日光の見所は沢山あり、もし機会が有ればまたゆっくりと訪ねたいと思いました。

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年6月25日 (月)

6月句会

6月21日句会。いつものことながら間際になっての作句で、推敲もしましたが、どれが良いか分からなくなるばかり、、、結果、先生に3句とって頂きました。
日曜の朝、百合1輪が折れていたので花瓶に挿しました。
原句 休日や朝餉の卓に百合挿して
添削 休日や朝餉の卓に百合活けて
確かに活けての方が良いのですが、写真はたった1輪なのでやはり挿してにしました。
きゅうじつや あさげのたくにゆりさして
Photo_6
秩父札所めぐり、西光寺の六地蔵尊です。
あおばかぜ ぜんこうせよと ろくじぞう
Photo_3
昨年行った西善寺の六地蔵尊です
ちちぶじや あおばにそまる ろくじぞう 3

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年6月13日 (水)

百合(マレーネ)開花の様子

きょうは調整休。夜来雨も上がったので、気になっていた園芸作業を朝一番に開始。分球した小さな球根で咲くかどうか?分からないけど小さな鉢に植えておいた百合(マレーネ)の蕾が膨らみ、開花が近そうなので観察しました。きょうは曇りなので天気の良い日だったらもっと早く開くのかしら?草花の手入れしながら時々の観察です。最後の円形フェードアウトの写真は別の鉢のマレーネです。クリックで拡大します
Photo

ローリポップは満開です。咲きはじめは濃い色をしていますが次第に薄くなってしまいます。草丈が低く可愛い百合です。枠は太めの格子風模様にウェーブ6、拡散50、もう一度ウェーブ6、幅1の枠線と影を付けて円形切抜き クリックで拡大します 
Photo_2
一番先に咲いた花は、病気かしら? 2~3年前にも同じことが有りましたが、翌年は何ともなかったので、このままで大丈夫かと思います。
Photo_7
6日の午後です
0606

スピリットはそろそろ終わりです。移動不可能な大型プランターでブロックの上なので写真を撮るのに苦労します。頭の上に出来るでけ手を伸ばして、確認画面が見えないのでこのくらいかな?と予想して撮りました。草丈は普通です。枠は、、、忘れたけど最後にパンチ100を3回かけました。クリックで拡大します
Photo_4

秋に植替えをしたので、今年のホシギキョウはよく咲きました。まだ少し咲いていますが、半分ほどの鉢は咲いた花の枝を抜き取り北側のあまり日の当らない場所に移動しました。夏は半日陰が良いのです。クリックで拡大します
Photo_5

ホシギキョウの置いてあった所にはスカビオサを並べました。初めて種を蒔いて育てた花です。花の縁の方から咲きはじめ日毎に中心へと咲き進みます。一番花は5月5日でした。じきに散ってしまいますが次々と新しい蕾が出てきます。いつ頃まで咲くのかしら?
Photo_6

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月10日 (日)

秩父札所ハイキング(3)

6月4日(月)1年ぶりに秩父札所巡りを再開しました。3回目は宋福寺→19番→17番→16番→14番→15番→13番→12番の順に8ヶ寺を廻りました。
宋福寺
以前は19番龍石寺(無住職だった)の納経所だったようです。今は龍石寺で納経を受付けています。せっかくなのでお参りしました。かえる寺とも呼ばれ、境内には蛙の地蔵や置物があちらこちらあり、花ハスの鉢が沢山ありました。石庭風にきれいな箒目があり、参拝するのに入ってもいいのかしら?と思いました。お子さんを遊ばせている方が「どうぞ」と言ってくださいました。とても気持ちよく、心和むお寺でした。
本堂
Photo
六地蔵尊 前に置かれた蛙が「境内に子カエルが居るので踏まないように」との注意書きを持っていました。
Photo_2

子育てお婆さんのお堂
Photo_3
境内には蛙の六地蔵や置物、花ハスの鉢など、ハスの季節には未だ早かったのでイラストで飾りました。 本堂の裏の池にも花ハスがあるとのこと。
Photo_4

19番 龍石寺
御本尊は千手観世音菩薩(私の守り本尊)です。秩父札所中、最古の建造物で、大きな岩盤の上に建っているとのことです。
観音堂 七間半、四面表流れの向拝をふした方形造り(案内板参照)
Photo_5
六地蔵尊
Photo_6
三途婆堂 三途の川辺で死者の服をはぎとる奪衣婆の坐像がまつられている。奪衣婆がはぎとった服は樹上の懸衣翁に渡され、枝のたわみ具合で罪の軽重をはかるのだそうです。
Photo_7

17番 定林寺
御本尊は十一面観世音菩薩。 昔わがままな殿様が居て、家来の林太郎定元が苦言を述べたので定元を追放してしまった。その後定元と妻は相次いで病死し、残された子供はお寺に引き取られた。その殿様が狩りでこの地を訪れ定元の子に会い、深く反省し林源太郎と名づけ領地を授け御堂を建て、その寺を定林寺としたそうです。
本堂
Photo_8
Photo_9

Photo_11

梵鐘 銅鐘でその周囲に秩父・坂東・西国の霊場百ヶ所百観音の御本尊像が浮き彫りに鋳出され百ヶ寺の御詠歌が刻まれおり、有形文化財に指定されている。残念!写真に撮れていません。
Photo_10

16番 西光寺
御本尊は千手観世音菩薩。四国八十八ヶ所の諸仏回廊堂、酒樽大黒天、仏足石等々沢山ありました。
山門
Photo_12
八十八ヶ所霊場諸仏の回廊堂入口(右)&札堂という旧観音堂(左)
Photo_13
回廊堂の出口、山門脇の六地蔵尊Photo_15仏足石
Photo_16招福大黒天が祀られている酒樽Photo_17観音像
Photo_18筆子塚 この寺で寺子屋が開かれその門弟達(筆子)が師匠の為に立てたものPhoto_19秩父祭の山車の車輪 ベンチに腰掛けてちょうど12時、おにぎり&サンドイッチでランチタイムをとりました。
Photo_20

14番 今宮坊
今回もまた道に迷って、2~3人の方に教えて頂き、今宮神社の前を通り、やっと辿り着きました。
御本尊は聖観世音菩薩。金剛寺という修験者のお寺でしたが、甲斐の武田軍と北条軍との戦いが絶えなかった頃、武田軍が秩父にやってきては神社仏閣に火を付け、この寺も武田軍に焼かれ、その後建てられたのがこの観音堂とのこと。
Photo_21
勢至堂 勢至菩薩を祀っている
Photo_22
縁起の額Photo_23聖徳太子の像
Photo_25
15番 少林寺
御本尊は十一面観世音菩薩。今までの札所とは違う雰囲気の本堂です。
Photo_27
境内の観音像&芍薬、芍薬の花は終わってました。Photo_26Photo_30
13番 慈眼寺(じげんじ) 
御本尊は聖観世音菩薩。
山門から見た本堂
Photo_31
瑠璃殿 薬師堂で眼病治癒などの御利益があるとか。
Photo_32
稲荷堂 福寿稲荷様を祀っています。Photo_34一切経蔵 経本を納めている所
Img_8898

メグスリの木があって、そのエキスの入った飴とかお茶などを販売していました。なんだか良さそうなので買ってきました。
飴&お茶
Photo_41ここまで記事を書いてきて、次の写真を入れようとしても何故か入りません。何度やってもここまでです。もしかして写真を入れる容量がいっぱいなのかしら???そんなことはないよね。最初は飴の写真を入れ、次にお茶の写真を入れたかったのですが入りません。飴を削除して、お茶にしたら入りますがこんどは飴が入らなくなりました。ということで途中ですがここまで。一度投稿してから、やり直してみます。
どうしたのかしら???投稿後にはスンナリと入りました。飴です。美味しいです!Photo_43
12番 野坂寺 芝桜の丘に近いお寺です。
御本尊は聖観世音菩薩。
山門 左右に花頭窓があり中に十王(よく知られている閻魔王など、死後の世界で亡者を裁く10人の王)を祀っています。
Photo_44
あずかり観音様 山門の正面には三つの御顔のあずかり観音様があり、右は怒り・腹立ちをあずけ平常心に、中央は病い・痛みをあずけ楽しい毎日を、左は煩い・悩みをあずけて安らぎの心に戻りましょうとの意味だそうです。Photo_45山門の中は仁王様ではなく、十牛観音様と山の神様です。
Photo_2Photo

山門を入って振り返ってみると
Img_8925_2
本堂
Photo_46
本堂正面の彫りもの
Photo_47
本堂の前の童の六地蔵さん 可愛い!! 下にそれぞれ一文字づつ刻まれています。あっ、一つフェードアウトで消えてしまった。ごめんなさいm(__)mPhoto_48境内
Photo_49
境内の観音様の御手から清水が流れ出ていますPhoto_54呑龍上人のお堂 この中に子授け観音様と呑龍上人が祀られています。孫が授かりますように...Img_8917_3十三尊仏 この中に十二支の守り本尊が祀られていました。
Photo_55

8ヶ寺を歩いて廻って歩数は家の玄関を出て、また玄関に戻るまで、25608歩でした。
4回目はいつになるか?未だ未定です。






















| | | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年6月 2日 (土)

ホシヒメホウジャク(雀蛾)

ホシヒメホウジャク。きょう覚えた蛾の名前です。夕方ビオラの花がらを摘んでいたら大きな虫が飛んできました。何度か見たことがあり、初めて見た時は蜂かと思いビックリしました。でも、私など眼に入らないようで、しきりに花の蜜を吸って跳び回ります。夫はオオスカシバだろうというので、きょうまでそう思っていましたが、ネットで調べると違うようです。オオスカシバは羽根が透けているのです。蛾の画像検索ですぐ分かりました。ホシヒメホウジャクという雀蛾でした。動きが速く、蝶のように止まることがありません。一寸吸っては花から花へ、ひたすらに飛び移り落着きがありません。蝶は止まっても近づくとすぐに飛び去ってしまい写真はなかなか撮れませんが、ホシヒメホウジャクは空中停止の一瞬に吸って止まることなく飛び移りますが、離れた方まで飛んで行かないので、デジカメで追って撮ることが出来ました。花芯まで細長い口が伸びています。漢字で書くと星姫蜂雀。蜂のように見えた訳です。
Photo_2花はビオラ(うみももか)。まだまだ良く咲いています。
クリックで拡大します
Photo_3
リムナンテスと寄せ植えしたプランターは、花の終わったリムナンテスを抜き取った後に、ペチュニアを植えました。ペレットシードの種をピートバン蒔き、発芽したままの形で移植しましたがこれで良いのかしら?ペレットシードは初めての試みです。
ビオラとリムナンテスの寄せ植え クリックで拡大します
Photo_4
ペチュニアを移植 ビオラの下から松葉ボタン(こぼれ種の)が覗いています。 クリックで拡大します
Photo_5
朝顔と向日葵も種を蒔いたものが育っています。梅雨が近づき、少しづつ夏の花に変わっていきます。この6月~7月は百合の季節。例年より3日遅れの5月28日、サーモンクラシックが咲きだしました。
クリックで拡大します
Photo

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »