« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月の投稿

2011年3月28日 (月)

息子が帰宅

26日朝、息子から明日帰れるとの電話がありました。夕方、トラック運転中とのメールが来たので、我が家に向かっていると思い今か今かと待っていたら、厚木(アパート)に行ってしまい、やはり27日に帰ってきました。 自分の車はもう使えなくなり、職場の方のトラックでした。その方は、ご家族が別々に避難し、皆無事で一緒になりましたが家財が無くなってしまたとのことなので、アパートにある冷蔵庫などを取りにきたのです。1泊して今朝また福島へ帰って行きました。
地震発生時は原子炉建屋にいて、14:50~16:55まで、その後13日~21日までの写真を撮っていました。直前(14:42)に研修生(女性)の作業も撮っていました。 怖かったろうによく撮ったものだと思いました。
現在、作業員は仕事に入ると、夜は床に敷いた段ボールと毛布だけ、食事は乾パン&缶詰など、おにぎりの差入れもあるようです。風呂はなしとのこと。
皆さんの無事を遠くから祈っています。

| | | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年3月17日 (木)

春寒し

東北関東大震災が発生してから7日、日増しに大きくなる被害の様子にただただ驚くばかり。恐ろしい地震&津波から逃れ、家族の安否も分からず避難所で厳しい日々を強いられているいる方々に心からお見舞い申し上げます。どうか苦難を乗り越え頑張って!と思います。今私に出来ることは何かしら?買いだめしない!節電!僅かですが、でも出来るだけの義援金だけです。
気がかりなのは福島第1原発で働いていた息子のこと。地震発生後は避難して無事と翌日分かりほっとしていましたが、日曜日の夜『3号機が危険なので明日入域する。いつ爆発するか分からないくらい危険なので、万が一でも動転しないで』とのメールがありました。早寝してしまい気がついたのは翌日。そして11時に爆発!テレビの爆発の映像を見てあの中に息子が... ケガ人が出ました。でも詳しいことは分かりません。どこからも連絡が無いので、今も決死で働いているのだろうと思います。日本の(世界の)専門家の方々の知恵を集めて、どうかこれ以上ひどくならないでと祈るばかりです。「無事だよ!」と一言のメールをずっと待っています。
春の花が咲いても気が重い。節電しなければいけないのに、交通事情で出勤出来ず、せっかく咲いた花なのでJTrimで遊びました。すみません。
Photo_2 

| | | コメント (9) | トラックバック (0)

2011年3月 7日 (月)

桃の花

先日、末摘む花さんのJTrimで描いた桃の花をやった時、最後の合成で躓きました。きょう再度やり直してみて、自分の思い違いに気がつきました。途中の塗りつぶしは関係なかったようです。末摘む花さんのご説明どうり、花・蕾などの余白を白で塗りつぶしたあと、2階調化、ネガポジ反転、最小濃度抽出をすると綺麗に合成出来ました。背景を白で塗りつぶさないと2階調化が綺麗にできないこと、最小濃度抽出をすると合成した時に画像の縁が綺麗に仕上がることを覚えました。先日の自己流はこの2つをしてなかったので苦労しました。

Photo

影を付けて円形フェードアウトしました。影も末摘む花さんを参考にしました。

C_2 

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年3月 5日 (土)

花瓶に挿した薔薇

YOMIURI Wordでお絵かき 昨年の「ホワイトデーを描こうバラの花束」をやってみました。
ラッピングのリボンを半透明にすると何故か???最前面になりません。仕方なく半透明ではないピンクのリボンにしました。(同じブルーだったから前面になっていても後ろになって見えたのですね。ピンクは半透明でも前面になりました。訂正はしませんが...)
Hanataba
また、末摘む花さんがJTrimで描いた「バラとガラスの花瓶」を真似て、バラはワード絵ですが花瓶をJTrimで描いてみました。ワード絵でガラスの花瓶も描いてみました。

JTrimの花瓶
Rim
ワード絵の花瓶
Photo_2

本当は桃の花をワード絵で描きたかったのですが、描き方が分かりませんでした。
末摘む花さんの「JTrimは素晴らしい」にJTrimでの桃の花の描き方がありましたので、やってみましたが、塗りつぶしを間違えたので、最後の合成が出来ません。やり直しも億劫で自分流に合成しました。、もっと沢山の花を付けたかったのに、それには末摘む花さんの合成が出来るように、花の塗りつぶしからやり直さなければダメです。

Photo_3

| | | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »