« アブチロン | トップページ | クリスマスカード開封 »

2010年11月19日 (金)

武蔵野観音めぐり7(結願)

11月14日、武蔵野観音めぐり最終回は天龍寺(子の権現)&八王寺(竹寺)へ行きました。
6日に夫のグループと一緒に行く予定でしたが、急に都合が悪くなり、いつもの二人で行くことになりました。夫についていけば良いと思っていたのに、二人となるとちょっと不安です。今回は道を間違えると大変なので、注意するポイントとか、およその時間などを聞きました。日が短いので、もし山の中で暗くなってしまったらと懐中電灯も用意して出かけました。
吾野駅より西吾野からの方が20分位近いとのことで西吾野から歩きはじめました。

天龍寺 御本尊が子ノ聖大権現なので子ノ権現と言っています。
Photo
この日はマラソン大会が開催されており、ランナーの方が勢い良く駆け下りてきました。
二本杉を過ぎ、山門を入り、仁王像の前を進むと大きな茅葺き屋根が見えてきました。本坊です。本坊の前の階段を登った所が本堂です。
Photo_2
Photo_3
お参りすると足腰に霊験あらたかということで知られており、境内にはシンボルの大きな金色の鉄のワラジが奉納されています。ワラジに並んで紅白の下駄(めおと下駄)も奉納されていました。奥には閻魔堂、脇の階段を登ると地蔵堂がありました。
アニメにしたらやはり銀杏に黒い点々がでてしまいました。
Ityou 
子の権現を出た所でお昼のおにぎりを食べました。竹寺へは豆口峠を通り1時間位歩きました。
Mamegutitouge
八王寺 竹寺、俳句寺とも呼ばれています。
Photo_5
御本尊は牛頭天王 、本堂からは眺めも良く、トーテムポールがあり、いくつもの動物が彫られています。竹の鳥居の奥の階段を登ると稲荷様がありました。
Photo_7
Photo_8
帰りは名栗の小殿へ下りました。急な下りもあり やはり1時間ぐらいかかりました。友人は膝にきていた ようですが頑張りました。小殿からバスで飯能へ帰る途中、さわらびの湯に寄る予定でしたが、疲れきっているようで、まっすぐ帰ってきました。
竹寺では竹の器で季節の素材を使った精進料理を楽しむこともできます。
春と秋には写経と食事セットでのイベントもあるようで、機会があったら行ってみたいと思います。

| |

« アブチロン | トップページ | クリスマスカード開封 »

観音・札所めぐり」カテゴリの記事

コメント

相変わらず細かな状況説明と写真で情景が色々と想像できます。結願ということは武蔵野観音全てお参りした事ですか。すごいですね。観音巡りと札所巡りは又異なる行事なのでしょうか?地図で予定を立て歩いていかれとのこと足腰が丈夫なのですね。羨ましい。私も歩く事は苦になりませんが今年は体調を崩したのと、最近足首に多少の違和感があり慎重を期してむりせぬようにしております。来年からまた徐々にがんばろうと思います。

投稿: 花知らず | 2010年11月21日 (日) 13時55分

花知らず様
私も良く分かりません。観音めぐりも札所めぐりも同じように思います。秩父はよく札所めぐりと言いますが、100観音めぐりに入っていますね。100観音は西国33、坂東33、秩父34の観音様で、武蔵野は入ってないそうです。
花知らずさまも焦らず、少しづつウォーキングを楽しんでください。

投稿: hikobae | 2010年11月21日 (日) 23時08分

結願おめでとうございます。子の権現は足腰に霊験あらたかなので、大きな金のわらじが祀られてるのですね。銀杏のアニメ、黒の斑点はご自身以外には見えませんよ。
昔々の6月1日、小学低学年の子供と正丸駅→伊豆が岳→高畑山→天目指峠→子の権現→西吾野駅の予定でハイキングに出かけ、天目指峠付近で薄暗くなりかけ、舗装道を一目散に駆け下り、ヒッチハイクで西吾野駅にたどり着いたこと、若さと無知と無茶が懐かしく思い出されます。
1日中ずい分歩かれて、登山のようでしたでしょう。お疲れ様でした。足腰丈夫で霊験あらたかでしょう

投稿: 恵 | 2010年11月22日 (月) 14時56分

恵様
私も昔々息子が小学生だった頃、恵さんと同じコースを家族で歩きました。9月のお彼岸の頃でした。帰りは吾野駅だったように思いますが、やはり駅に着く頃はもう暗くなってしまい、日が短くなったことを実感。以後低い山でも気を付けなければと思うようになりました。

投稿: hikobae | 2010年11月22日 (月) 17時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 武蔵野観音めぐり7(結願):

« アブチロン | トップページ | クリスマスカード開封 »