« マリーゴールド | トップページ | インパチェンス »

2010年10月24日 (日)

武蔵野観音めぐり 5

10月18日 観音めぐりの5回目は八高線高麗川駅から歩きはじめました。飯能にもありますが、天気が良い時に沢山歩くところを済ませてしまおうと順番をとばしました。
ネットで調べた地図を頼りに番外の霊巌寺に向かいました。霊巌寺の手前の畑に色々な花が植えられてとても綺麗!
Photo

霊巌寺
先日、西武鉄道の「武蔵野観音スタンプめぐり」のパンフレットを見て分かりました。御手綱に触れるとき『南無観世音菩薩』と唱えれば本尊さまが耳を傾けて下さるとのこと。今まではただ願い事をしただけなので、本尊さまには聞こえてなかったのですね。
Photo_3

次の聖天院は川を挟んで反対側にあり、直線距離にすればそう遠くないと思うのですが、橋が有りません。橋のあるところまでまで歩き、橋を渡ったらまた今来た方向に戻る、この距離がかなりありました。カリカリ梅を食べながら、まだかまだかと...やっと見えてきました。
ここは拝観料300円掛かります。入らずに入口で御朱印を頂くことも出来ますが、お参りもせず済ませる方がいらっしゃるのかしら??

Photo_5
山門の前に高浜虚子の句碑がありました。
『山寺は 新義真言 ほととぎす』
新義真言?調べてみました。真言宗の宗派のひとつだそうです。
Photo_8
恥ずかしながら私も一句 
『さわやかに 観音参り 高麗の郷』
友人も一句 
『山寺を巡りし静寂(しじま)柿の秋』
「さわやか」は秋の季語、俳句をはじめてから知ったことで、ちなみに春は「のどか」です。
本堂への石段では上から大きな石の仁王さまが私たちを 見下ろしていました。
Photo_6

次に勝音寺に向かいましたが、地図の距離感が鈍って(ここまでだいぶ歩いたので)次も歩くと錯覚し、小さな脇道へ入るところは未だと思い遠くまで行ってしまいました。分からなくなって通りかかった青年に聞いたら一生懸命考えて下さりやっと分かりました。持っていた地図からはみ出していました。有難うございました。そして戻る戻る...
勝音寺
受付の呼び鈴を押しましたがお留守の様子。これは昨日見たブログの方の記事に留守の時は師岡さんのお宅へとありました。偶然に見たブログでしたが見ていて良かった。師岡さんからの帰り聖天院が見えました。こんなに近かったとはとほほ...
Photo_9
もう13時を過ぎ、お腹も空きました。目指すはやはり昨日見た記事にあった坦々麺のお店です。天神橋の近くにありました。岩海苔をたっぷりのせてちょっと辛めの坦々麺&餃子、美味しかった。食べて元気になったので瀧泉寺まで行くことにしました。そしてまた、道を間違えました。地図を狭い範囲で数枚に分けていたので、全体で見たら分かるのに、国道299号を武蔵横手に向かわなければいけないのに、高麗駅に着いてしまいました???自分が歩いているのが299号だとは思っていませんでした。車の免許を持たない二人なので仕方ないか...遠回りしてますね。
瀧泉寺
Photo_10
ここへ来る途中、前を颯爽と歩いていた女性とここで一緒になりました。未だお若い感じなのにお一人で偉いなと思いました。武蔵横手駅まで歩き、お話ししながら同じ電車で帰ってきました。
写真の整理をしていて気がつきました。お参りして頂いた記念散華、よく見たら、それぞれのお寺のイラストになっていたんですね。
Photo_11

| |

« マリーゴールド | トップページ | インパチェンス »

観音・札所めぐり」カテゴリの記事

コメント

歩くのに気持ちのよい季節になりましたね。ご本尊様が耳を傾けてくださるとは知らずに「南無観世音菩薩」と唱えながらお手綱を触っていました。散華も名前を知らずに、檀家のお寺でいただいて、お守り代わりに大事に持っていました。知らないことばかり。句が出てくるのが素敵です。聖天院と高麗神社は前に行ったことがありますが、お庭がとてもきれいだったのが印象に残り、本堂は全然覚えていませんでした。立身出世のご利益があるとか?

投稿: 恵 | 2010年10月25日 (月) 09時56分

武蔵野観音めぐりもNO.5となり今まで回ったお寺もかなりの数になりますね。まわられたところ全部を台帳か何かに御朱印を捺印していらっしゃるのでしょうか。武蔵野観音巡りは何かがきっかけとなって始められたのでしょうか?素敵な俳句を拝読させていただきましたが俳句の感性を磨くためにされているのでしょうか、本当に素敵なご趣味?ですね。高麗のほうは私もたまに行っており神社、仏閣を見かけると必ずお参りしておりました。今年は特に健康を願い街中をウォーキングしてましても仏閣等を見かけると今後の健康と体力の回復をお祈りしております。

投稿: 花知らず | 2010年10月25日 (月) 14時41分

恵様
流石お参りの心得はしっかりとお持ちですね。私は何一つ知らぬまま廻っていました。高麗神社&聖天院は2年前にも行きました。どちらも桜がありましたが、聖天院本堂前にあるのが三春滝桜だということを今回知りました。高麗はのどかで良いところ、また散策したいです。

投稿: hikobae | 2010年10月25日 (月) 20時24分

花知らず様
武蔵野観音霊場は33番プラス番外で34ヶ寺になります。今年の総開帳は11月18日まで、残りあと8ヶ寺です。無事廻れると良いのですが...
きっかけは、4月、すでに四国・秩父・武蔵野と廻り終っている友人に慈眼寺のイベントに誘われたことからです。この時納経帳を購入しました。これは34ヶ寺の名の入った白紙の朱印帳でお参りした時、ここに御本尊様の名前と、お寺の名前、参拝日などを書いて頂き、4種類の印を頂きます。その場で書いて頂いたり、すでに書いてあるものと白紙を差し替えたり、お寺によっていろいろです。信仰心の薄い私より、ウォーキング中にも足を止めて参拝なさる花知らずさまの方に御利益あると思いますよ。

投稿: hikobae | 2010年10月25日 (月) 21時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 武蔵野観音めぐり 5:

« マリーゴールド | トップページ | インパチェンス »