« 知床半島を行く 3日間 (1日目) | トップページ | 知床半島を行く 3日間(3日目) »

2009年9月 1日 (火)

知床半島を行く 3日間(2日目)

8月29日(土)
知床八景にもなっているオロンコ岩から始まりました。 ウトロ港のすぐ近く、急な石段を170段位登ります。 頂上は360度の展望、トリカブトが沢山咲いていました。 知床連山も見え、朝の風も心地よかったです。

Photo_9

オロンコ岩の後、小型の観光船で知床岬の先端までを往復しました。先端まで航行できるのは今の時期だけとのことです。

Photo_10
Photo_11
Photo_12
1 
船を降りると昼食の蟹弁当を食べるのも忙しく身支度をしてミニハイキングの出発です。ガム、ジュース、お菓子などは出かける前には食べない。持っていかない(匂いで熊が来るので)。長袖にズボンの裾はゴムなどで止める(虫対策)。もし熊を見たら、大声を出さない、走らない、ガイドさんの所にひと塊りになって、列の間に熊が入らないようにする。などの注意を聞いて出発しました。
熊が蝉の幼虫を掘った跡です。
Photo_14

鬼アザミです。葉の先が尖っていてちょっと触れただけでもとても痛いです。種はタンポポの綿毛のようで、風に吹かれて沢山漂っていました。

Photo_15

この写真が一番好きです。幻の滝の上にあたる場所で、前のグループの近くに鹿が出てきたのです。はっと思って思わず撮った1枚でした。

Photo_16

対岸に熊の掘った穴があるというので、ガイドさんの望遠鏡を順番に覗きました。私のときはちょうど穴の前に鹿が来てしまって確認できませんでしたが、持ってきた双眼鏡で別の穴を見ることができました。

Photo_17
Photo_18

歩いているとこんなものも見つけました。

Photo_19

ミミズが食べた葉です。自然のサイクルの説明も聞きました。
Photo_20

その時鹿がこちらを見ていました。
Photo_24

ハイキングの後、知床峠に行きました。ここからは羅臼岳がどっしりと大きく見えました。
Photo_22

海の色と同じようで見にくいですが、国後島も遠くに見えました。
Photo_23

知床峠を越えて羅臼国後展望塔へ向かいました。展望塔から見た羅臼港と国後島です。

Photo Photo_2

宿は羅臼温泉(らうす第一ホテル)ですが、ここから歩いて20分ほどの所に秘湯 熊の湯があるので、入るなら夕食前にして下さいとのこと。宿に着くや否やすぐに支度して玄関前に出ると、行きは添乗員さんがホテルのバスをお願いしてくださいました。この熊の湯は猟師さんが入るので、猟師さんは熱い湯が好きで、水を入れさせてくれません。男湯はとても熱いそうです。女湯は大丈夫でした。露天湯から出ると鹿が来て、鹿に惹かれてつい男湯の端まで行ってしまいました。

| |

« 知床半島を行く 3日間 (1日目) | トップページ | 知床半島を行く 3日間(3日目) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

しばらくブログを開かない間に素敵な記事が載っていて楽しませていただきました。今年の北海道は雨が多いと聞きますが、晴天に恵まれてラッキー、楽しさ倍増。知床に絞ったツアーだったのですね。羅臼の秘湯露天風呂、勇気ありましたね。詳細な記事と豊富な写真で、20歳の時、友人とリュックを背負ってユースホステル利用の北海道一周旅行を思い出しました。知床半島の海からの眺め、遠く浮かぶ国後島、五湖の神秘的なたたずまい、斜里の宿から見た真っ赤な大きな夕日、数々の湿生花園、摩周湖の青さに鳥肌立ったこと。その再現を求めて5年前に行った時は、残念ながら熊が出て、一湖の展望台まででした。私が野付半島のトドワラで見た丹頂鶴のつがいは全く小さな写真になってしまいましたが、何時もつがいなのかしら?3日目も楽しみにしております。

投稿: 恵 | 2009年9月 2日 (水) 16時07分

恵さま
北海道一周の旅、素敵ですね。もう何度も北海道へ行かれたのですね。
摩周湖へ行ったこともないのに、いきなりの裏摩周でしたが全く見られませんでしたよ。それ以降、天気はラッキーでした。釧路空港に着いた時と羽田に帰って来た時だけ雨でした。

投稿: hikobae | 2009年9月 3日 (木) 17時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 知床半島を行く 3日間(2日目):

« 知床半島を行く 3日間 (1日目) | トップページ | 知床半島を行く 3日間(3日目) »