2022年5月10日 (火)

咲き出したホシギキョウ、他

5月も、もう10日ですね。
日がどんどんんと過ぎて行く中、初夏の花たちは日毎に花数が増えて元気です。

ホシギキョウ、5月6日に一輪咲いて、4日目のきょうはこのぐらい。
0510

0508-4

バルビネ(名前が似ているけど、バルビネラではありません)
今年は植替えをしなければと思いながら、植え替えたのは3鉢ある中の1鉢のみでした。
0506-2

0506_20220510150701

紫蘭、昨年は何故か、開花直前にすべての花がダメになってしまったので、掘り出して植え替えました。長年植えたままだったのがいけなかったようです。
0506-2_20220510151801

白い花はこぼれ種からのノースポール
種が風で飛ぶのでしょう。あちらこちらで咲いてます。
0506-5

シシリンチウム カリフォルニア・スカイ (別名ニワゼキショウ)
ブルーのこの花色が気に入ってます。
0506-3

小鉢二つと地植えも少し・・・
0506-2_20220510153601

小鉢に寄せ植えをしたら、消えてしまいそうなので地植えに分けました。
蕾のある百合はスピリットかも?
スピリットは増え難く、絶えないようにと此処に植えたような気がします。
0506_20220510153601

スカビオサ (別名 松虫草)
以前 種を蒔いて沢山育てましたが、何年か経って消えました。これは昨年2株植えて、此処で2年目の花です。
0506_20220510155001

花期は長いと思います。
0502-2 

シラー  ベルビアナ
地植えで増えすぎた球根を鉢植えにしたら咲かなかったので、捨てるつもりで昨年の夏は水遣りもせず、放っていたのに、この春蕾が見えてビックリ!鉢植えなのに、土の上に置いた鉢でもないのに、2鉢とも沢山咲きました。なんとたくましい事。
でも、花後の葉がだらしないし、咲き終わったら捨てます。
これは地植えの花です。
0430-4

0430-2


多肉植物のこの花、頂き物で名前が分かりません。
05022

0506-2_20220510160101

05-02

今 一番楽しみなのがこれ
クレマチス(サムシングブルー) です。
0508_20220510160401

~~~~~~~~

最近は公園の散策をしていません。
体操の後、太極柔力球を指導員さんから一人で教えて頂いてます。
2年ほど前に始めたのに、少し覚えてはコロナで中止、の繰り返しで、なかなか覚えられません。新しく入ったのは私だけ。先輩たちは、今はやりたくないと。
指導員さんが、一緒にやりましょうと誘ってくださって、ホントに熱心に教えてくださって、とても有難く、感謝しております。
別の会場では、93歳の方が入って、一生懸命やっていると・・・
私も頑張らねば。

ところが、先日の日曜日に、水仙を掘出したり、朝顔 2種類をポットに蒔いたり、しゃがんでの作業がいけなかったのか?その日の午後から膝の様子がおかしく、昨日も今日も、2,000歩も歩かぬうちに膝が痛くなって、階段を下り難いです。
今までも歩き過ぎると(8,000歩)痛くなりましたが、翌日には良くなってました。
今回は一寸違うようで、様子を見て受診した方が良いかも。と思ってます。













 

 

| | | コメント (2)

2022年4月26日 (火)

アヤメ、他3~4月に咲いた花たち

充分に楽しんだ桜が終わって、気がつけば4月も残り僅か。公園はすっかり緑の季節になりました。

我家も春の花たちが終わりを迎え、初夏の花たちの蕾が見えてきました。
今 咲いているのはアヤメ、シラー、ジャーマンカモミール、ノースポールなど・・・

4月15日に2輪開花したドイツアヤメ、日毎に花数が増えて、2~3日前がピークだったような?今朝は花の終わった茎を株元から沢山切り取りました。
4月18日 後ろの鉢はイカリソウです。
0418

4月25日 白い花はジャーマンカモミール
0425-3

4月13日 ジャーマンカモミール
Photo_20220426150501

0413

4月26日 ジャーマンカモミールは夜間は花を閉じますが、花弁は下向きです。
0426-2

4月26日 ノースポールの花弁は上向きに閉じます。
0426

4月26日 青い色のシラー
0426-2_20220426153201

4月25日 草丈の低いピンクのシラー
0425-3_20220426153301

0425-5

ここからは3月~4月に咲いた花を順に振り返ってみました。
4月16日 スズラン まだ咲いてます。
0416

4月9日 咲き初めが何とも可愛く嬉しいです。
0409-2

4月16日  秋には赤い実になるワタゲカマツカ
0416_20220426152801

4月13日 イカリソウ
0413-2

4月9日
0409

4月7日
0407-2 

4月2日 咲き初めの頃
0402-5   

4月13日 芝桜、軒下にほんの少しですが~
0413_20220426154501

4月12日 プリムラ  植替えを怠ったらこの1鉢だけに。
0412

4月13日 バルビネラ
これは小さくなって咲かなくなった株を地植えにしてから2年ぐらい?今年はじめて咲きました。
0413-2_20220426155501

4月11日 こちらは種がこぼれて、此処で育ってもう何年になるかしら?
今年は新しく小さな花穂が増えて7本になりました。
0411-2

4月7日 このような小花が集まった花穂です。
0407-4

4月13日 ネメシアと百合
百合は発芽するまで、地上部には何もなくて寂しいので、丈夫な種類の百合のプランターにネメシアとかビオラを植えました。
413-2

0413_20220426160401

4月2日 ネメシアとビオラ
0402_20220426160501

4月2日 キルタンサス 後ろはバルビネラ
0402-2

3月14日
0314-2

3月21日 オレンジ色も
0321-2

4月7日 ムスカリ
0407

3月21日 ヒヤシンス 小さくなってしまったのですが、昨年よりは大きくなったような気がします。
0321_20220426161301

3月28日
0328_20220426161301

百合の開花まで、あとひと月足らず。
その前に、向日葵と朝顔の種を蒔こうと思います。
さて、どんな朝顔にしようかしら・・・








  

 

 

| | | コメント (4)

2022年4月 8日 (金)

歩こう会(東川の桜)

4月6日、中健体操の歩こう会に参加しました。
私たちの会場には、約60名の会員がおりますが、参加したのは20名ほど。

今回は会場近くの東川に沿って所沢サクラタウン(KADOKAWAが運営する総合文化施設、2020年11月オープン)までを歩きました。
休憩など入れて1時間20分ぐらいだったでしょうか?
サクラタウンの北側に昨年5月にオープンした「所沢市観光情報・物産館YOT-TOKO(よっとこ)」の前で解散しました。

所沢市を東西に流れる東川の桜並木は、1965年の東京オリンピックを記念して、西新井町から牛沼まで約2キロの両岸に180本植えられました。現在は松郷まで約5キロに700本ぐらいあるようです。

私たちは東川のこの辺りから歩きはじめました。
Photo_20220408145801

桜の下には諸葛菜、菜の花、ハナニラ、水仙など色々と咲いていて、お話しながらゆっくりと歩きました。
Photo_20220408145901

この桜並木の両岸を結ぶ橋は数多く、全部で幾つあるのかしら? かなりの数と思いますが、地図を見ながら数えてみようか・・・?
Photo_20220408145902

満開は過ぎて、ちらほらと散り始めです。
花吹雪、花筏の頃も好きです。もうすぐですね。
Photo_20220408145903

枝ぶりが イイですネ。
Photo_20220408150001

雪柳も満開
6_20220408150001

川沿いのお宅の、これは咲き分け枝垂れ桃でしょうか?  素敵です。
Photo_20220408150101

このように川に降りることが出来る石段も幾つかにありました。
Photo_20220408150102

見えてきました。桜の後ろ、左端に見えるのがサクラタウンの建物です。
Photo_20220408150202

もう鯉幟が泳いでました。
Photo_20220408150301

これは素晴らしい!!
一面の菜の花畑。
山村暮鳥の「いちめんのなのはな」の誌をふと思いだしました。
麦笛も、雲雀も、昼の月もないけれど・・・
遠くの景色と、白い雲が無ければ  ウクライナの色になるかも。
Photo_20220408150302

「よっとこ」で解散後、指導員の I さんと二人の会員さんと私の4人、お店の前のテーブルで昼食、私は持参のおにぎりを頂きました。帰りは皆さんと方向が違うので、東所沢駅への道を教えて頂き、自宅近くまで バスを利用しました。指導員の I さんが、何かと気を使ってくださったのが とても嬉しく、有り難く、感謝しております。

サクラタウンの中に入ったことはなく、今度来たときには入ってみたいです。






 

| | | コメント (7)

2022年4月 3日 (日)

師の墓参り&花巡り

3日前の3月31日、句会のK先生のお墓参りと周辺の桜巡りをしました。
会員7名、小手指駅に9時に待ち合わせました。
先ず、駅近くの砂川堀の枝垂れ桜を少しだけ鑑賞しました。
No

まさをなる空よりしだれざくらかな   富安風生

枝垂桜わたくしの居る方が正面    池田澄子

此処で見かけた赤い花。これも金縷梅だよねって・・・
私は初めて見たような気がしますが、ふと気がつきました。紅花トキワマンサクだと思います。
Photo_20220403145401

 


駅に戻ってバスに乗り 公民館前で下車。
仏の座、姫踊り子草などの違いを確かめながら、全徳寺へと向かいました。
途中、普段 見かけない菫を発見しました。
葉に模様が入っています。
帰宅後に調べて 「斑入り源氏菫」かしら?
 Photo_20220403144201

菫程な小さき人に生まれたし  夏目漱石

漱石は日本に「ガリバ旅行記」を本格的に紹介した人。
童話ではなく、堕落した人間の本質を抉る風刺小説である とのこと。

カメラ構えて彼は菫を踏んでいる  池田澄子

池田澄子さんの句はどれも好きです。

諸葛菜の咲く向こうに全徳寺が見えてきました。
花大根、紫花菜、オオアラセイトウとも言いますね。
Photo_20220403150001

この花は36歳の4月に逝った姉の好きな花でした。

病室にむらさき充てり諸葛菜   石田波郷


全徳寺の枝垂桜が見事でした。
Photo_20220403152301

K先生のお墓参りを済ませてから、狭山湖へ向かいました。
桜が見頃です。
1_20220403152101

2_20220403152501

狭山湖から狭山不動尊をサッと通り抜けて西武球場前駅へ。

狭山不動尊  桜井門
Photo_20220403152901

御成門から勅額門へ、急な階段の先、勅額門の向こうにベルーナドーム( 2022年3月1日より名称変更)旧 西武ドーム、がど~んと見えました。
Photo_20220403153001

電車で多摩湖駅まで行き、30分程待たされましたが、掬水亭で昼食をとりました。7階の展望の素晴らしい席でした。
目の前に多摩湖が拡がり、左に遊園地の展望塔、右はベルーナドームまで一望できました。
Photo_20220403155901

遠い山並みがはっきり見えなかったのは残念。
Photo_20220403160201

この日の天気予報は午後6時ごろより雨になるかも?
帰りの駅でチラッと落ちて来たような気がしましたが、降られずに済みました。
春の草花&満開の桜、先生のお墓参りも済んで、午後4時過ぎには帰宅出来て良かったです。
この日出会った草花や景色での作句を頑張りましょう。


 

| | | コメント (2)

2022年3月25日 (金)

公園の春

3日前の雪は寒かったですね。節電要請が出されて、停電になっては困ると、厚着で頑張りましたよ。翌日から やんわりと暖かさが戻ってきました。

さて、公園は梅が終わって 春の花々が一気に咲き出し、園内を歩く度に いつも新しい発見があって楽しいです。

3月19日&23日、日本庭園に咲いていた花たちです。

三椏(みつまた) ジンチョウゲ科の落葉低木
花弁は無く、細長い筒状の萼の先が4裂して花弁のように見えます。
和紙の原料として栽培されますね。

三椏の花はじめから和紙の味  滝春一(たき しゅんいち)

Photo_20220324154501 

枝は三つに分かれ、別れた枝の先で又三つに分かれ、その枝先に筒形の小花がかたまって咲きます。淡い黄色の花は 華やかさは無いけど趣があります。

三椏の花三三が九三三が九   稲畑汀子

Photo_20220324154801

Photo_20220324154401


馬酔木(あせび) ツツジ科の常緑低木
日本の固有種で、葉や茎にアセボトキシンと言うものがあって、牛馬が食べると酔ったようになるので、馬酔木と書くとのこと。

馬酔木咲く向こうで欠伸夢の僧   金子兜太

月よりもくらきともしび花馬酔木    山口青邨

Photo_20220324154901


沈丁花(じんちょうげ)  ジンチョウゲ科の常緑低木
夏の梔子(くちなし)、秋の金木犀を合わせて三大香木と言われています。

沈丁花その存在を闇に置く   稲畑汀子

Photo_20220324154902


椿 ツバキ科の常緑樹
日本原産で、緑の厚い葉がつやつやしてますね。

初椿といふべき一花ひらきけり   能村登四郎

Photo_20220324155001


柊南天(ひいらぎなんてん) メギ科常緑低木
葉が柊に似ているのでつけられた名前です。

Photo_20220324155002


石蕗の花後
福寿草から少し離れた同じ場所に ひっそりと・・・
絮毛が飛んだ後です。
Photo_20220324155102

石蕗の絮毛
こちらはひと月ほど前(2月23日)の状態。
絮毛 も好きです。
Photo_20220324155101


日向水木(ひゅうがみずき)マンサク科トサミズキ属の落葉低木
土佐水木との違いは下垂した花序が短いことです。
俳句を調べましたが、土佐水木の句ばかりでした。土佐水木は此処では見当たりません。やっと見つけた日向水木の一句

黄は黄でも日向水木の薄黄好き  高澤良一

Photo_20220324155201
Photo_20220324155202

 

彩翔亭のテイクアウトデーで桜餅と草餅を水屋前で販売してました。それぞれ2つずつを求め、待っている間に撮った躑躅
Photo_20220324155501


終わった福寿草の中で 芍薬の芽が伸びてました。
Photo_20220325171101


~~~~~~~~~

3月21日の東川、河津桜でしょうか?
ソメイヨシノは未だですね。
Photo_20220324155701

 

きょう25日、公園の桜(ソメイヨシノ)が咲き出しました。
日本庭園では春蘭も咲いていました。
我家ではムスカリ、ヒヤシンス、クロッカス、キルタンサス、芝桜など咲いて、イカリソウの開花待ちです。百合も次々と発芽しグングン育ってます。

ウクライナの惨状には心が痛みます。

| | | コメント (4)

2022年3月 4日 (金)

梅園&我家の花

3月に入ったと思ったら、あっという間にひな祭りも終わり、公園の梅園は見頃を迎えました。
3月3日と4日の梅園
2_20220304143201

Photo_20220304143201

4_20220304143401

2_20220304143301

壁画とも天井画とも梅仰ぐ    鷹羽狩行

日本庭園(彩翔亭)の入口前の道を下った 左手に建つフォール大佐の胸像に咲いた白梅です。
0303_20220304150801
クリックで拡大します。
Img_7188

胸像へのアプローチ入口の白梅
3_20220304143401



2~3日前、体操会場の近く、河津桜が1輪咲きました。日毎に花数が増えてます。
3月3日撮影
0303

池の近くの金縷梅は、花弁の色が日本庭園のものとは少し違い、枯葉も未だかなり残ってます。
新しい名札にシナマンサクと書かれています。
以前は、シナノマンサクと書かれていたと思いますが、見間違いだったのかな?
3月28日撮影
0228

日本庭園では福寿草も綺麗でした。
2月23日撮影
0223

Img_7140

2月28日 すぐに葉が伸びてきます。
0228_20220304152501

 ~~~~~~~

我家の玄関前は 今 良い香りが漂ってます。
サルココッカです。
目立つような花ではありませんが、良く香ります。
0301_20220304154601

0301-4

並びのピンク猫柳です。
ちょっと触れてみたくなりますね。
0301-2

0301_20220304155001

もう一つ、嬉しいのは、今年咲かなかった日本水仙が、思わぬ場所で咲いていました。
花壇の隅で、此処に植えた記憶はないのですが?
全て鉢植えにしており、今年は一輪も咲かなかったのです。
0301_20220304160101

昨年 植替えをしたクリスマスローズ。
俯いて咲くので撮り難いです。
0301-2_20220304160601

0301-3

すこし前から百合の発芽が進んでます。
水遣りが忙しくなりますが、楽しみです。

パソコンの調子が良くなくて・・・
良い時もあるのですが?
パソコンを開くのが億劫になりました。
息子が居てくれたら・・・と思うこの頃です。

| | | コメント (4)

2022年2月21日 (月)

公園の金縷梅、白梅など

2月9日、日本庭園の築山裏の三椏の蕾の様子を見に行くと、そこに金縷梅(まんさく)が咲いていました。小さな木の下の方に、ちょうど私の目の高さです。今まで、此処に金縷梅があるとは知らず、此処で見るのは初めてです。
Photo_20220221134001

公園の池の近くの金縷梅は毎年見てますが、この日は未だ咲いていませんでした。
2日後にやっと開きはじめていました。
0211

それからほぼ毎日 日本庭園の金縷梅に通いました。
2月13日 撮影
Photo_20220221135101

日曜日で、午後は雨の予報もあり、午前中早目にいってみました。しまった!10時でないと日本庭園には入れないかも?
9時半に着いたら、門は開いてました。良かった~
白梅に三脚を立てて撮っている男性が一人だけ。
滝の音を聞きたくて来たのですが、水は流れておらず・・・そうか、10時にならないとですね。
10時きっかり、滝水は勢いよく ほとばしりました。
金縷梅の所では、補聴器をしていても滝の音は聞こえません。たまたま通りかかった方に聞いて見たら「聞こえますよ」って。
作句の参考になりました。

 まんさくに水激しくて村静か   飯田龍太

日本庭園の白梅
2月9日 撮影
Photo_20220221141101

2月14日 撮影
硝子戸に映ってきれいでした。
Photo_20220221141201

2月11日 梅園の紅梅
0211_20220221141701

きょう、日本庭園の白梅は見頃でした。
梅園の白梅も咲きはじめてますが、もう少しですね。
最近の様子はまた、出来れば次回に。

13日にアップデイトしてから、パソコンの状態が良くなくて・・・
それまでは順調だったのに??
しばらく様子みながら、ビクビクしながらですね。

 

| | | コメント (6)

2022年2月 4日 (金)

きょうは立春

立春のかゞやき丘にあまねかり   高浜年尾

暦の上では春になりましたが、朝は未だまだ寒い。
でも、日中は暖かくなりましたね。

40段の石段昇降10往復すると汗ばんで、暫くは脱いだジャンバーを手に散策します。昇降の後、日本庭園&蝋梅園を見て帰ることが多くなりました。

昨日の日本庭園、彩翔亭(和風喫茶)はテイクアウトのみでした。お庭で 梅の花を観賞しながら、抹茶と和菓子を頂けます。
1月の花びら餅は、うぐいす餅に替わっていました。
何やら嬉しくなって、主人と一緒にと 2個買って持ち帰りました。

街の雨鶯餅がもう出たか    富安風声

鶯餅わが買ひ妻も買うて来し  岩崎健一


昨日の日本庭園の紅梅&白梅 
見頃はもう少し先になりますね。

紅梅や枝々は空奪ひあひ    鷹羽狩行

Photo_20220203155301


村々に梅咲いて山機嫌よし   大串章

梅といえば白梅のこと。
故郷の懐かしい景色が思い出されます。


3日前に撮りました。
0201

蝋梅園は1月下旬に入って見頃を迎えました。
Photo_20220203161101
Photo_20220203161201


山茶花は 11月頃から 咲いては 散って、花期が長いです。

ふと咲けば山茶花の散りはじめかな  平井照敏

山茶花の散れば花びらおびただし   山口青邨

昨日の山茶花
Photo_20220203161701

これは植込みに咲いていました。
1月29日撮影
Photo_20220203162001

松の手入れは、2~3日 掛けてやってましたね。
松手入れの季語は秋でした。
0129

鴨の居る池の氷は消えましたが、日本庭園の池には 未だ見られます。
蹲の水も凍ってました。
 
流れたき形に水の凍りけり   高田正子

Photo_20220203163901

2月句会まで2週間、まだ5句出来ておらず。
先月は特選1句、佳作1句のみ。
ちょっと寂しい、 頑張りましょう。

















 

 

| | | コメント (6)

2022年1月30日 (日)

スノードロップ一輪&八重咲き水仙

我家のスノードロップが咲きました。
我家のスノードロップは一株しかなく、その一株に咲いた一輪です。
昨年は無かったような?
絶えてしまったと思っていたので嬉しいことです。
草丈は10㎝足らず、軒下のやっと人が一人通れるだけの狭い通路で、屈んでも花の中を覗くことが出来ません。
0129-3

10年前に10球ほど鉢植えにしたのが最初、ちょうど10年目になりますね。
花後に植え替えた時、球根が零れたのに気付かず、翌年、通路のブロックの下で咲いていました。日当たりが悪いので、反対の軒下に移しました。
鉢植えは3年ほどで絶えました。
場所が悪くても やはり地植えですね。
たまに咲かない年もあるけど、健気に咲き続けてくれて感謝です。

10年前の写真です。
日当たりが良いとこのように花弁が開きます。
0128-9

もう一つ白い花、八重咲の水仙が咲き出しました。
今年は何故かどれも草丈が低いです。
40年以上前? 母が実家から球根を持ってきました。
狭いながらも花壇で一面に咲いた年もありましたが、今は、大型プランター&鉢植えのみ。
0129-2

今までの写真を見ていたら、出てきました。
ワードで描いてました。
最近はワードで描くことも無く、気力とか根気とか無いですね。
Photo_20220130162501

 




| | | コメント (4)

2022年1月16日 (日)

紅梅がちらほらと

昨日 1月15日 、もしかして紅梅が咲いているかも?
体操の後、日本庭園に行ってみました。
あら~ 咲いてましたよ。
この前 9日には未だ咲いてなかったと思います。
開花は何日前だったのかしら?
Img_6844

Img_6847


寒梅の紅梅なりしゆゝしけれ   久保田万太郎


そして今日 、庭を挟んだ向かい側に白梅が一つ、二つ、三つ、三輪ほどが開花していました。
Img_6881

これからが楽しみ
Img_6883

早梅に一人立ち見る静心     星野立子

紅梅の根元には 万両の赤い実、控えめで可愛いです。
Img_6884

千両か万両か百両かも知れず    星野立子

万両の日にぬくみゐる我もまた   森 澄雄

朝は冷えますが、日中は暖かくなりました。
この頃、膝の調子も良くなったようで、昨日から、園内の石段(40段)の昇降を始めました。
昨日は3往復、きょうは4往復+下りのみ2回。下る時は1歩1秒とゆっくり。このゆっくりが良いようです。
Img_6838

この石段の上、左手が蝋梅園です。
昨日の蝋梅
満月蝋梅のように見えますが? 
Img_6862

満月といふ臘梅の昼の色    後藤比奈夫

Img_6868

今日は暖かく良い天気の日曜日。
良い香りが漂って、人も多かったので 中には入らず でした。

日当りてゐる臘梅に人声す    鈴木貞雄

前回の鴨の句は思いついたまま載せてしまいました。
推敲し訂正しましたが、やっぱり駄句ですね。
鴨、凍れる、寒からうと季語が3つも・・・
寒そうな鴨の様子を言わないとね。

今度の木曜日は句会です。
頑張りましょう。

| | | コメント (6)

2022年1月 9日 (日)

雪 翌日の公園

1月7日、初積雪の翌日、4週間ごとに通う医療センターの後、時間があったので、公園まで行ってみました。
人影はまばらで、池には広く氷が張っていました。
Img_6795

Img_6804

Img_6800

鴨たちは寄り固まってあまり動かず・・・
 ああ鴨よ凍れる池は寒からう   蘖
Img_6798
Img_6801

Img_6803 

雪を被った蝋梅、美しいかも?
期待は外れ、花に雪は見られずでした。
蠟梅の花をアップで撮りたいのに、いつもピンボケばかり、なかなか撮れません。
Img_6805

Img_6808

日本庭園では、水仙が雪にひれ伏していました。
払ってあげたいけど、柵があって入れずです。
Img_6810

2日前の写真です。
私の好きな水仙の一句
 水仙や古鏡の如く花をかゝぐ   松本たかし
Img_6791

ひこうき広場の飛行機、いつもと違う?
雪で幅広の縞模様が出来てました。
Img_6811-2

 新しき年新しき雪降らせ   細見綾子
雪から3日目の今日、未だ北側の路上には凍った雪が残ってます。
回り道しても雪の無い道を歩こうと思います。



  



 

| | | コメント (4)

2022年1月 4日 (火)

初富士と元日

年が明けて 早や四日。
大晦日に2年ぶりに家族が揃って恒例のすき焼きを囲みました。
また、いつもは寝てしまう主人も珍しく起きていて、除夜の鐘を聴きながらの年越しそばも揃って頂きました。
200gの国産十割そばを5人で分けて海老天で・・・

元日は晴れて、風がとても強い日でした。
新年の祝膳のあとは氏神様へ初参りです。
例年だと石段の下の道路沿いにも並ぶ参拝者ですが、今年は石段の途中からでした。

毎年、重松流祭囃子の流れる中、獅子舞に祝儀を差し出す様子などを見ながら並びますが、今年はありませんでした。
Simg_6778

Simg_6774

石段を上った境内からは富士山が見えます。
電線が邪魔ですね。
Photo_20220104144501

初富士を隠さふべしや深庇  阿波野青畝

句意 深い庇が初富士を隠し続けてよいものか

初富士を拝んだ後、元宮もお参りしました。
Simg_6776

帰宅後に次男夫婦はトロピランドへ、グッピー10匹買って、スッポンモドキの居た大きな水槽へ入れました。グッピーにはあまりにも大きすぎる水槽(120×60×60)ですね。

長男は、私のパソコンのゴミ箱が機能しなくなっていたのを直してくれました。もう1年前からゴミ箱は使っていませんでした。削除するとゴミ箱に入らず、完全削除になってました。ブロバイダーさんに遠隔操作で診てもらってもダメで、出張修理では費用が掛かるし、諦めていたのです。良かった~、有難う。

元日の夕食は毎年 酢豚を作りますが、今年は、所沢応援食事券(1万円で1万3千円分の券)があるので、回転すし店のテイクアウトを利用しました。4~5人前でピッタリ1万3千円
また、大晦日に次男夫婦が友人のお母さまから頂いた骨付きハム(秋田、土田牧場の開拓者1.2㎏)とレアチーズケーキも。
骨付きハムは普段使うことのない大きな鍋で40分ほど湯せんし、主人に切り分けてもらいました。
どちらも美味しかった!

子供たちは2晩泊って、2日にそれぞれ帰りました。
楽しかったけどちょっと疲れたかな。
子供たちに会うのは、また1年後になりそうです。

今年もよろしくお願い申し上げます。

| | | コメント (4)

2021年12月28日 (火)

咲き出した蝋梅&年末の思い

今日は御用納めでしたね。
公園の健康体操も明日から冬休みになります。
体操後に 今年最後になるかと思いながら園内を少し歩きました。

10日前にちらほらと咲き出した蝋梅
花数は増えてますが、まだほんの一部です。
Photo_20211228211301

1224

蠟梅の香の一歩づつありそめし 稲畑汀子
蠟梅に白杖の音残るなり     飯島晴子

ろうばい園の隣、日本庭園も静かでした。
11時頃でしたが、池には未だ氷が残ってました。
Photo_20211228213401 

四阿に立つといつも寄って来る錦鯉ですが、きょうは少し離れた池の縁に寄り固まって、ほとんど動かずです。
Photo_20211228214001

この公園に通うようになって3年が経ち、色々な草木の名前を知りました。今年知った草木の中で印象に残ったのはキランソウとハクウンボクです。

キランソウ
0402

ハクウンボク
0501

コロナで旅行に行けず、俳句はこの公園での句が多くなりました。
12月句会は句会後に忘年会もありました。
句会では投句した5句全て先生の選に入って嬉しかったです。その中の一句は公園の松から 名のある松へと想いを馳せました。8年ぐらい前に訪ねた 金沢 兼六園の根上松(ねあがりまつ)です。
Photo_20211228230201
 加賀藩主手植ゑの松や色変へず   蘖 

 色変へぬ松や主は知らぬ人   正岡子規

  色変へぬ松したがへて天守閣  鷹羽狩行 


今年もあと3日。
主人が障子の張替え、硝子磨き、高い所の掃除等、張り切って済ませてくれました。今日は公園から帰ると、いつも30日にしていた門松がすでに立てられていました。有り難いことです。私は カーテンを洗ったり、食器棚のシートを替えたり、台所の掃除をしました。
明日は黒豆を煮る予定です。

数へ日を旅して橋の上にあり    大串章

数へ日の素うどんに身のあたたまり 
                   能村登四郎


拙いブログですが、この一年間 ご訪問して頂き、コメントも頂きまして有難うございました。
皆さま、どうぞ良いお年をお迎えください。
来年こそコロナが終息しますように。

| | | コメント (6)

2021年12月 3日 (金)

黄かのこ球根&初冬の公園

12月も早や3日。
焦りますが、まだ3日と思うことにしましょう。
例年だと まだ残っていた百合 黄かのこ の植替えが、今年は11月30日に全て終わったという安心感かも?

この日 掘上げた黄かのこは開花見込球が35球ほど。

黄かのこは、球根から伸びた地下の茎からも根が伸びたり、木子が出来たりします。
なので、出来れば 球根の2~3個分の深さに植えます。
Photo_20211203151601

大きな球根は、地下で分球し、分球した茎にも木子がつきます。とにかく剛健な種類なので、こうして殖え続けるのですね。
Photo_20211203152101

~~~~~~~~~

昨日(12月2日)、2週間ぶりに散策した公園は、もうすっかり初冬の景色。

 初冬なほ紅葉に遊ぶ人等かな   高浜年尾

昨日の私みたいです。

メタセコイアとクロマツ
Img_6679

色変へぬ松を称へて四方の木々  鷹羽狩行


名残のヤマモミジ
Img_6680

 冬園のベンチを領し詩人たり   木下夕爾

山茶花とトウカエデ
Img_6691

Img_6693

春、まず 真っ先に咲くという シナノマンサク
Img_6690

秋の実を うっかり見逃した ムラサキシキブ。
Img_6686-2

日本庭園の入口では、今年も トナカイさんが出迎えてくれました。
ハッキリ撮れなくて ごめんなさい。
Img_6695

彩翔亭の玄関前
掲示板の下と、玄関を入った所にも居るのですが、毎年載せているかと、割愛
Img_6698

彩翔亭では、抹茶とお菓子を頂きながら、正面にこの庭を観賞することも出来ます。Img_6701

Img_6702

築山&と滝は 縁側からですね。
Img_6699

 枯園としてのやすらぎ水音にも  後藤比奈夫

所沢に用事があって、いつもは ここから歩きますが、最近は 歩き過ぎると膝にくるので、電車で行きます。公園の出口近く、真っ赤な葉が目に付きました。ハゼでしょうか? 陸橋を渡った先にも。
Img_6709
Img_6711

 櫨紅葉にも燃ゆる色沈む色    稲畑汀子

忘年句会を2週間後に控え、私も頑張らなくては。
























 

 

 

 

 

| | | コメント (4)

2021年11月23日 (火)

公園の紅葉・黄葉

いつもの公園の紅葉の始まりは10月下旬でした。

10月23日
公園脇の道路、並んで駐車している どのフロントガラスにも、並木の黄葉が映ってました。
1023

10月29日
池畔のベンチに掛けると、対岸の2本の明るい黄葉に目を奪われました。
まだ緑の残る樹々を背景に 際立っていました。
傍に行くと奥にもう1本あり、「かつら」と名札が付いていました。
真下から仰ぎ 幸せ気分に・・・
かつら黄葉
Photo_20211108152501

はらはらと散る様子を撮りたかったけど撮れず。
拾った落葉は丸っぽい♡の形。
綺麗な色ではないけれど、すぐ目の前に落ちてきた葉です。
Photo_20211111215501

管理棟の前にあるケヤキの株元を見ると2本がくっ付いているような?同じ樹に見えて、黄葉と紅葉にしっかり分かれてました。
どちらもケヤキなの?
1029  

10月31日
衆議院議員選挙の日、朝食後に夫と投票に行き、久々 一緒に公園まで散歩しました。ほんの少し歩いただけ。
写真もこのケヤキ黄葉1枚のみ
Photo_20211108152701

11月5日
ユリの木の黄葉はかなり散ってます。
1105

11月10日
ウォーキングコースのイチョウが見頃に
Photo_20211121161001

11月11日
池畔の紅葉が色付き始めました。
1111_20211121170201

これを向こう側から撮りました。
左の黄葉がメタセコイア、その並びがトウカエデです。
Photo_20211121170601
1111_20211121170901

プラタナス落葉
1111_20211123153501

プラタナス落葉に捜す鍵ひとつ    蘖

『鍵は1つに決まっている。小さき鍵 にしましょう。』
と、先日の句会の添削でした。
どちらにしても、スッキリしませんね。
昨年のことですが、体操の会員が車の鍵を落としたというので、皆で落葉を掻き分けてさがしたのですよ。


11月17日
久々たっぷり園内散策しました。
ヤマモミジ
1117

イロハモミジ
1117_20211121171801

Photo_20211121171901

F

ツツジ?
1117_20211121172201

メタセコイア並木
1117_20211121172301

クヌギ
1117_20211123143601

ミズキ
1117_20211123143801

アカシデ
1117_20211123144101

イヌシデ
1117_20211123144201

エゴノキ
1117_20211123144401

エノキ&エノキの中からの景色
1117_20211123144501

ハクモクレンとサザンカ
1117_20211123144601

蔦紅葉
1117_20211123145101


日本庭園入口
1117_20211123144801

以下 日本庭園内での写真です
C_20211123145501

B_20211123145601

D_20211123145701

石蕗の花
1117_20211123145901

枯蓮
1117_20211123150001

1週間経って、きょうは紅葉がより鮮やかになったことと思います。
残念ながら、昨日 体操&柔力球をして、明日は錦秋の公園をと思っての帰り道、歩き過ぎてはいないのに、膝が痛くなって。家の階段が辛い。一晩で治る筈が、何故か今日もダメでした。
という訳で、きょうは俳句の勉強を少し。

昔、教科書で覚えた印象深い落葉の句

啄木鳥や落葉をいそぐ牧の木々  水原秋桜子

啄木鳥(秋)と落葉(冬)で季重なりですが、切字の や を使って、啄木鳥が焦点(季語)になってました。


木の葉ふりやまずいそぐないそぐなよ  加藤楸邨

この句は 破調かと思いましたが、8・4・5の17文字です。
なので、5・7・5ではない 句またがり(文節の終わりと句の切れがあってない)であると。

因みに 楸邨は秋桜子に師事していました。

 

 

 

 































 

 

 

 

 

| | | コメント (6)

«10月の公園