2024年6月13日 (木)

スカシユリ11種&白い鉄砲百合

5月中旬に咲いたスカシユリ2種(5月23日 掲載)に続き、今日は その後 に咲いた百合たちです。

ローリポップ(5月26日 開花)
絶えてしまいそうで鉢植えから花壇に移して復活した百合です。今年の蕾は2つありました。
これは、開花から4日目の、2輪目が咲いた時の写真です。
草丈は低く、可愛いピンクの百合です。
20530


リトルキス(5月31日開花)
開花の翌日、もう2輪咲いてます。
昨年までは弱弱しくて心配でしたが、今年は急に元気になって嬉しいこと。
蕾も沢山出来て、別の1鉢も咲きそうです。
名前のとおり、小さく控えめな花です。
0601_20240612163901

こんなに咲いて嬉しいです。
0607


ロイヤルサンセット(5月31日開花)
開花から4日後
0604_20240612164801

開花後は日毎に色合いが変わります。
分かりにくいですが、右端から左端へと。
604

とにかく丈夫! チョット殖えすぎ。
自治会の側溝掃除の際、ご近所のSさん、Kさんに数本づつ切って差し上げました。 
0605_20240613155201


グランドクルー(6月1日開花)
明るくて、可愛くて 好きな百合の一つです。
もう少し茎がしっかりしてくれないかなぁーと。
0607_20240613140101


パーティダイヤモンド(6月2日開花)
これも数年前までは沢山咲いてました。
急に少なくなって、昨年はちゃんと咲いた写真が無いので、今年はダメか?と思っていた百合です。
持ち直したようで良かったです。
ピンクの百合は弱いのかも?
0602_20240613142301


グランパラディソ(6月3日開花)
ロイヤルサンセットに次ぐ丈夫な百合です。
花の終わりは花の形のままに萎みます。
他の百合は花びらが一枚一枚崩れて落ちます。
060



モナ(6月4日開花)
黄色の明るい花。
これも最近は弱くなって、なんとか頑張ってもらってます。
0604_20240613144701
0607_20240613144801


グランパラディソとグランドクルーとモナ です。
0607_20240613155301


ナボナ(6月5日開き始め6日に完全開花)
絶えてしまいそうで鉢植えから花壇に移して何年か経ちました。
0606

ロイヤルラブ(6月6日開花)
これも絶えてしまいそうです。
この1鉢1輪のみ。
今年は花壇に移しましょう。
0606_20240613145801

2輪目のパーティダイヤモンドと一緒に
0606_20240613150501

6月8日 布団を干す前にベランダか撮りました。
0608_20240613155701


ホワイトトライアンフェータ(6月10日開き始め11日に完全開花)
やはり絶えてしまいそうで、2年前に花壇に移し、昨年は開花せず、今年 咲いてくれました。ここで復活出来ると良いのですが?
ホントは草丈がもっと高く、鉄砲百合に似た大きな花が咲くのですよ。
0611

白い鉄砲百合(6月10日開花)
↑のホワイトトライアンフェータにそっくりですが、花弁の裏にはしる赤茶色の線が無いのが鉄砲百合です。清楚な感じで主人はこれが一番好きだと。
そういえば、この鉄砲百合も絶えてしまいそうで、花壇に移し、3年目ぐらいに復活したのでした。あれから何年?周りに分球した子が幾つか咲いてます。この秋には球根を掘って、植替えたいと思います。
06100612

アルバタックス(6月10日開花)
元気そうですが、ちょっと花弁に触れるとポロっと剥がれ落ちてしまいます。
0611_20240613154301

残るスカシユリは パビア(黄色)のみ、、もうすぐ開花するでしょう。
グラジオラスの花芽が伸びてます。
Photo_20240613160201

今朝は花芽に色が見えて、紫色でした。






























 

 

 

 

| | | コメント (8)

2024年6月 5日 (水)

カマキリの赤ちゃん

6月5日きょうは、24節気の一つ 芒種(ぼうしゅ)、そして72候の一つ蟷螂生(かまきりしょうず)の1日目です。
24節気は太陽の運行に合わせ1年を24等分し、その区切りの日。
72候は同じように72に分けたその期間です。

きょうは我が家のカマキリの赤ちゃんたちの写真です。
最初に見たのは4月24日 雨戸を開けたら戸袋にいて、撮ったらすぐ落ちてしまいました。雨戸を開ける大きな音がして私が居たのでビックリしたのかしら?
0424_20240605143301

2日後は百合の葉に、同じ子かしら?
赤ちゃんのエサはショウジョウバエとかアブラムシだそうです。
百合にはアブラムシが付くので、いっぱい食べて大きくなってね。
0426_20240605143301

5月になって、しばらく見てなかったけど、いましたね。
紫蘭の葉の中に。背中が茶色で、大きくなってますよ。
カマキリは成虫になるまで6回脱皮して、脱皮時に体色を変えることも出来るとのことです。
04524

その3日後はホシギキョウの中に。
場所的にはかなり離れてますが、同じ子かしら?
04527

その2日後、サーモンクラシック(スカシユリ)の花の中に。
これは可愛い!! 
まだまだ小さくておしりを立てて!
04529

未だ小さいのでおしりが立っているのかと思っていましたが、先ほど調べたら
オオカマキリはお腹をまっすぐにしている。
ハラビロカマキリはお腹をぐっと上に曲げている。
と、カマキリの種類の違いと分かりました。

昨年の卵鞘(らんしょう)
斑入り葉の姫クチナシの枝に見つけました。
これはオオカマキリの卵と思います。
Photo_20240605153901

この中におよそ200個の卵があって、4~5月に一斉に生まれますが、成虫になれるのは極わずかとのこと。
我が家の赤ちゃんたち 頑張って羽のある成虫になって、秋まで逞しく生き抜いて欲しいです。






| | | コメント (6)

2024年5月31日 (金)

紫陽花が咲き出した公園

5月も今日まで、明日はもう6月、梅雨の季節です。
梅雨に咲く花は紫陽花、梔子、睡蓮、花菖蒲など色々 これからも楽しめますね。

日本庭園の紫陽花は 先ず白い花から咲き出します。
後ろの赤い花は杜鵑花(サツキ)です。
O523

Photo_20240531095801

紫陽花を見ると思い出してしまいます。
66歳で逝った姉のこと。

あぢさゐに雨降るあの日忘れえず   蘖

火葬場の雨のあぢさゐ見てゐたり   蘖



日本庭園の十薬(ドクダミ)の花
あちらこちらに群生して、馴染み深い花ですね。
我が家では八重咲きの花が咲きました。
0523_20240530170801

十薬や母の生地の土やはらか   上田五千石


躑躅に遅れて咲く杜鵑花(サツキ)は躑躅の仲間でよく似てますが、雄蕊の数が違います。杜鵑花の雄蕊は5本、躑躅の雄蕊は5本以上あるとのことです。
O524
日本庭園の杜鵑花
0524_20240530170801

さも新居らしく金魚鉢と杜鵑花   富安風声


この白い花は何?
昨年12月に、この公園の野球場の脇に咲いていた花に似てますが?
夏にも冬にも咲くのかしら?
翼を抱いた3人の航空整備兵の像の傍に咲いていました。
0524_20240530170901

Photo_20240530170901

夏の空あおぐ航空整備兵の像   蘖


蛍袋(釣鐘草)
日本庭園の この場所に少しづつ増えてます。
0529_20240530170901

宵月を蛍袋の花で指す    中村草田男

人声の蛍袋に来てやさし   高橋悦男



未央柳(ビヨウヤナギ)、美女柳とも
O529

又きかれ未央柳とまた答へ   星野立子


3月頃から管理棟の脇で作製中だった木彫の大きな鳥。鷹? 鷲? か分かりませんが、時計塔の下に設置されていました。
園内は他にも木彫の作品がありますが、これが一番大きいです。
周りが開けていてよく目立ちます。
捕らえたのは鮭?
0524_20240530170902

今日は朝から雨で体操は無し、午後は止みそうなので、ポットに蒔いた朝顔を鉢に移植しようかと思います。朝顔は直播きでしたね。間違えて2袋買ってしまったので、1週間ほど遅れて、プランターとブロック下にも直播きしました。こちらも昨日から発芽が始まりました。

| | | コメント (8)

2024年5月23日 (木)

咲き出した百合、他

5月17日 今年も百合が咲き出しました。
以前は25日ごろに咲き出しましたが、ここ何年か早くなってます。昨年より1日遅い開花でした。
サーモンクラシック
Photo_20240523153001

五日遅れて咲いたスピリット
サーモンクラシックと一緒に26年前から咲いてます。
サーモンクラシックは丈夫で、よく殖えますが、このスピリットはなかなか殖えにくく、ある時期を境に減ってしまい、絶えてしまいそうなので、数年前に鉢植えから花壇に移し、なんとか今年も咲いてくれました。
Photo_20240523153002

毎年同じ百合なので、最近は蕾が見えてから 開花までの写真はあまり撮りませんが、このスピリットは蕾が見えると嬉しくて撮ってました。青い小花は、シシリンチウム カリフォルニアスカイ(ニワゼキショウ)
Photo_20240523153101

5月は百合に前後して咲く花もいくつかあって・・・
バルビネは4月ごろからポツポツ咲きだし、真夏は休んで、少し涼しくなると、また咲き出します。鉢植えよりも花壇に咲かせたいお花ですね。
バルビネ フルテッセンス
Photo_20240523153205

宿根姫ひまわり
昨年3株求め、今年は2年目です。
5月15日に開花しました。
これが向日葵? といくらい小さくてかわいいです。
ぼやけて並んでいるのはホシギキョウです。
Photo_20240523153202

ホシギキョウ
丈夫でいつの間にか殖えて、大きめの鉢に植えると周りに枝垂れて綺麗です。玄関前に置いてます。
Photo_20240523153203

ミニヘメロカリスも咲き出しました。
一日花でこれから沢山咲いてきます。
Photo_20240523153204

ホタルブクロは今年チョット花が少ないかも?
隣に置いた鉢の中にも、いつの間にか育って咲いてます。
Photo_20240523153201

ホタルブクロの花を見ていて、ふと思い出しました。
12~3年前、ワード絵やGIFアニメに夢中になっていた頃のこと。
ワードで描いて、こんなアニメを作ってました。
仕事もしてたのに・・・と
最近は気力に欠けてます。
今なら白い背景にはせず、蛍の闇にしたいです。
画像のクリックで蛍が光ります。
Hotarubukurotohotaru_20240523153101

さて、次に咲く百合は、もしかしたらローリポップかも。
やはり 絶えてしまいそうで、花壇に移した百合です。












 

 

 

 

 

| | | コメント (6)

2024年5月17日 (金)

初夏の公園

今まであまり気に留めてなかった公園の松。
先日 たまたま蕊を伸ばした松を見てから、急に興味を持ち、何度か松を見に通いました。

5月8日
3人の庭師さんが松の芯を摘んでいました。
脚立というのか?梯子というのか?
池の中にもありました。
庭園には誰も居らず、縁台で冷茶セット(抹茶ときんとん)を頂きながら、しばらく見学させて頂き、帰りかけた時、偶然 Yさんに出合いました。
もう少し早かったら一緒に頂けたのに・・・
Yさんはこの公園のすぐ近くにお住まいで、ご自分の庭のように散歩していると、以前おっしゃってましたよ。
0508_20240516211001

よく見ると、長い蕊と短い蕊があって、長い蕊は残して形を整えるのでしょうか?もしかしたら、一日だけではなく作業をなさっているのかも?
Photo_20240516211001

5月14日
池の周りに8本の松があります。
緑を摘み終えた松が清々しく、この日も人が居らず、池に流れ込む水音ばかり。

寂として水音さやか松の芯   蘖

0514_20240516211001

5月6日
可愛い河津桜の実
花は葉に(葉桜の副題)・・・
ですが、花は実に? これは季語にはならないようです。
0506_20240516211001

百合の木の花
チューリップのようにも見えますね。
昨年の果実が残ってます。

百合の木の花乾杯は高々と   椎名智恵子

0506_20240516211002

薔薇園
体操の会員Kさんが 薔薇を撮ってました。
お花を背景にお撮りしましょうか。
と お声をかけて、Kさんのスマホで撮って差し上げました。

手の薔薇に蜂来れば我王のごとし  中村草田男

薔薇守の証の腰の鋏かな       高田正子

0506_20240516211101



5月8日
シャリンバイ
車輪状に出る葉と、小花のひとつひとつの花が梅に似ているので車輪梅となったようです。
これも季語にはなってませんね。

0508_20240516211002

紅葉(楓)の種
風に揺れてなかなか撮り難い紅葉の種です。
たまたま風の少ない日で何とか撮れました。
風で飛びやすいように、プロペラみたいになってます。
花の時も風で撮れませんでした。
0508_20240516211003


5月14日
睡蓮と河骨

河骨の二もとさくや雨の中     蕪村

睡蓮をわたり了せて蝶高く     高浜年尾

0514_20240516211002

昨日は句会でした。
自分句の良し悪しが自分では分からないこと実感しました。
以前中尊寺を訪れた時の1句ですが、あまりにも単純すぎるかと悩んだ末、句会に向かう電車の中で書き変えました。下車してから、書き変えた句は当たり前でつまらないと思いなおし、結局元のまま、ダメ元で投句しました。
やはり、会員のどなたからも とって頂けませんでしたが、何と先生の特選に!
嬉しかったです。
奥の細道の、芭蕉の足跡を訪ねた中尊寺で2句、室の八嶋で1句、公園散策で2句、今月は5句全て選に入って良かった!!
先月は1句だけでしたからね。
頑張った甲斐がありました。









 

| | | コメント (6)

2024年5月 4日 (土)

行く春

連休後半の今日はみどりの日、良く晴れて気持ちの良い天気です。朝の体操の傍にシートを広げたご家族ともう一組大人ばかりのグループが居ました。
小さな女の子がママと一緒に体操を真似ているのがほほえましかったです。

公園の花たちは日に日に姿を変えて、春は駆け足で過ぎてゆきます。
なのに、私の園内散策は週1回程度。
今年は牡丹の盛りを見逃しました。残念!
4月26日の牡丹
さすが牡丹、崩れても惹かれるものがありますね。
0426_20240504144901
牡丹の今崩れんとする気品   稲畑廣太郎
牡丹の崩るるときを旅にあり  稲畑汀子

5月3日の牡丹
崩れゆく牡丹を見たのは初めてです。
まだ彩を残して名残を惜しんでいるように見えました。
0503
0503_20240504152101

並びに咲ていた芍薬
「立てば芍薬、坐れば牡丹」どちらも美しいです。
0502_20240504152401

4月26日、日本庭園の
出始めのものから、ほとんど竹になったものまで色々。
実家の裏山で筍を兄が掘って、一輪車で私たちが何度も運んで、外竈の大きなお釜で母が茹でたこと。
懐かしいです。
Photo_20240504153901

二日目はもう筍といへぬほど   稲畑汀子
生きること許されてゐる筍も    小川龍雄
高松塚筍が伸び放題に      立石萌木

4月26日 御衣黄桜
Photo_20240504155502
かなり散って、花の姿のままに、根元を敷き詰めていました。
Photo_20240504155501

時計塔のタンポポはすっかり綿毛になりました。
Photo_20240504160301

たんぽぽのぽぽと綿毛の立にけり   加藤楸邨

藤棚の藤、今年は 八重咲きも咲いてますが、ほんの少しだけ。
何故かしら?
Photo_20240504160901

休めよと暮色がつつむ藤の花   鷹羽狩行


花壇の矢車草 今年も咲きました。
Photo_20240504161801

5月3日
日本庭園の松の新芽が伸びてます。
俳句では「若緑」と言いますが、
蠟燭の形に似ているので「松の芯」
まっすぐ空に伸びるので「緑立つ」
とも言いますね。
0502_20240504163301

水音の絶えぬ名園若緑      岡本直子
あをあをとおのが丈あり松の芯  百瀬七生子
潮風に気比の松原緑立つ     吉田万喜子

気比の松原を 秋に訪れたことがあり、ふと懐かしく、緑立つ松原を思い浮かべました。

5月2日
放送塔から公園の出入口まで、芝生の中に幾つもの花壇が並びます。花壇をはさんだ 真っすぐな道は、私の足で300~400歩。
園児の列が進んでゆきました。
0502_20240504170001

行く春を園児の列について行く   新海英二


明日は立夏。子供の日。
柏餅を頂きましょう。
日本庭園の彩翔亭に柏餅の旗がひらめいてます。





































 

 












 

| | | コメント (4)

2024年4月24日 (水)

3月~4月に咲いた花たち

このところのお天気がスッキリせず。
今日は朝からしとしと雨です。
昨日は公園の近くに咲いていると聞いた御衣黄桜を見に行きましが、チョット違う。御衣黄桜ではありませんでした。咲き始めから白っぽいピンクの桜だったようです。何という桜なのか?分かりません。

若葉の快い季節になり、今更ですが、3月から4月に咲いた 我が家の花たちです。手入れが行き届かず、雑居状態の花壇で恥ずかしいことです。

ドイツアヤメ(ジャーマンアイリス) 4月23日撮影
1茎に1~4輪ぐらい、次々に咲くので、萎んだ花を取るのが日課のこの頃です。
0423_20240424141801


開花は4月14日
5日後の早朝6時ごろ、朝日が射して綺麗でした。
↑の渓蓀とは場所が違います。
Photo_20240424142401

ドイツスズラン
日本原産のものより大きくて丈夫です。
4月23日撮影
Photo_20240424143601

すずらんのりりりりりりと風に在り   日野草城

花芽が見えると嬉しいものです。
咲き始めは4月14日でした。
大型プランターを二つ並べ置いて、花芽と開花は別のプランターでした。('◇')ゞ
Photo_20240424143801

ミニチューリップ
一昨年の秋に10球植えて、昨年は9本が咲きました。
今年の花は18本に増えて、ビックリ!
Photo_20240424150601

ものの芽の全きチューリップとなりぬ   星野立子

14日に2輪が開花し、その翌日は11輪に!!
Photo_20240424150501

青紫のシラー
Photo_20240424152301

丈が低く花も可愛い、ピンクのシラー
Photo_20240424152302
開花までの様子
これも14日と15日の株は違ってますね。
Photo_20240424152401

バルビネラ
ここに植えたつもりはなく。
近くにプランターを置いていたので、零れ種が育ったものと思います。
Photo_20240424153402
長く伸びた花茎の先に、小花が集まった長い花穂。
下から順に咲き上りつつ、閉じていきます。
0328_20240424153401

ヒヤシンス
同じ花壇で少し離れていて、開花に遅速あり。
20年以上前からここに。最初は立派だったのに・・・
健気に絶えず咲いてくれます。

ヒヤシンス日のある窓は開かれて   柴崎昭峰

Photo_20240424154601

ムスカリ

ムスカリの花影へすぐ雀の子   飴山 實

Photo_20240424155802

イカリソウ
20年以上前に「多摩の夕映え」という名前で購入したものが、次第に増えていくうちに、白い部分が赤紫になった花も咲くようになりました。一番上の写真が「多摩の夕映え」です。
Photo_20240425141801

ワタゲカマツカ
大きめのプランター植えで花数も減って、植替えないと絶えてしまうかも?
秋の赤い実が好きなのですよ。
Photo_20240424160601

今、紫蘭がひと花咲いて、シラー(ベルビアナ)の開花も近いかと。
明日は晴れて暑くなりそうです。
























 

| | | コメント (8)

2024年4月19日 (金)

公園のタンポポ 他、御衣黄桜など

満開だった桜が散って、春は先へ先へと駆け足です。
私は取り残されていくばかり・・・

4月11日
開花から楽しませてもらった桜ですが、 満開を過ぎる頃、黄色いタンポポが目立つようになりました。
Photo_20240419144601
Photo_20240419144901

ジョギングコースで囲まれたサークルの中心が時計塔で、その下 一面がタンポポです。
サイクル内のタンポポ
Photo_20240419150301
Photo_20240419150401
Photo_20240419150402
Photo_20240419150403

4月16日
体操に遅れたので、後ろからタンポポを入れて撮らせて頂きました。
Photo_20240419151801

同じ日体操後の散策で
Photo_20240419152001

何となくスッキリせず、推敲しました。
Photo_20240420141701
推敲しても堂々巡り・・・いつものことです。


4月11日
日本庭園、牡丹の蕾と
Photo_20240419153801

芍薬の蕾 、楽しみです。
Photo_20240419153901

4月11日 もみじの花
小さくて 風に揺れて上手く撮れませんがー
若葉の緑が清々しいです。
Photo_20240419154301

4月15日
3日前は 4~5輪? だった御衣黄桜はほぼ満開。
嬉しくて何枚も撮りました。
4-0415

0415_20240419155701

黄緑色の中心部から 次第にピンクの色が入ってきます
3-0415

2-0415

遠目には咲いているのか? いないのか?
知らないと見過ごしてしまいそうです。
Photo_20240419155701

日本庭園では躑躅が見頃でした。
Photo_20240419162001
Photo_20240419161701
Photo_20240419161801

庭つつじ庭師の刈リし通り咲く    高田風人子































| | | コメント (8)

2024年4月10日 (水)

満開の桜と春の草花

4月8日の公園です。
園内どこも、桜 !さくら! 桜!

さまざまのこと思い出す桜かな   松尾芭蕉

体操会場の桜
遠くに見える人影は 体操の人たちです。
Photo_20240410143801

ウォーキングコースの桜
Photo_20240410145301

5_20240410145001

4_20240410145101

時計塔の広場の桜
Photo_20240410151801


バスケットゴール&ハーフコートの所にも桜
手前はタンポポ
Photo_20240410145501

花壇の所、ここの枝垂れ桜が奇麗なのですがー
この写真では分かりませんね。
Photo_20240410145901

花壇のチューリップと桜
例年だと菜の花ですが 今年はチューリップですね。

チュウリップ影もつくらず開きけり    長谷川かな女

Photo_20240410151201

第一次世界大戦後、日本で最初の航空殉職者となった、木村・徳田両中尉の記念塔
Photo_20240410153001

なんと可愛い胴吹きの桜
株元近くに野イチゴあったので、最初は野イチゴか?
と思いました。
Photo_20240410153501

野イチゴ
数年前は、ここ(ほとんど人が入ってこない)に野イチゴが沢山咲いて感動しました。
最近は少なくなって淋しいです。
Photo_20240410154201

野イチゴに近く、菫がひっそりと咲いていました。

菫ほどな小さき人に生まれたし   夏目漱石

Photo_20240410155601


園内は山吹も見頃です。
Photo_20240410154701

ハナニラも
Photo_20240410154801

サッカーボールの忘れ物?
Photo_20240410155001

姫踊子草
仏の座に似てますが、葉の形で見分けてます。
花の向きも 姫踊子草は横向きです。
Photo_20240410155201

オオイヌノフグリ

いぬふぐり残らず咲いて信濃かな    飯田龍太

Photo_20240410161201

 
今日は(10日)、東川の八重桜が咲いていました。
Photo_20240410170901


我が家では、玉咲き桜草が小さくなって、それでも健気に咲きました。
イカリソウは花数が日毎に増えてます。
あやめ、鈴蘭、シラー、ミニチューリップは未だ蕾です。
蕾が見えると嬉しいですね。






































| | | コメント (8)

2024年4月 2日 (火)

公園の春(3月)&山車巡行(さくらまつり)

開花の遅れた桜が咲き出して、いよいよ春本番。
最近は何かと忙しく、公園の散策も短時間で済ませることが多くなり、でも、それなりに過ぎゆく季節を楽しみました。

3月19日
雪柳
0319

管理棟の脇に製作途中の木彫りの鷹?鷲?
木彫りの動物の作品が、園内に少しづつ増えていますが、ここで作製していたのですね。
お仕事の余暇に趣味で作っていらっしゃるとのこと。
完成したら、どこに設置するのか、楽しみです。
0319_20240402152001

3月22日の日本庭園
木瓜と寒緋桜
0322_20240402152601

利休梅
0322_20240402152801

紫陽花の新芽
0322

3月27日
桜が咲いてました。
0327_20240402153201

日本庭園では躑躅が咲いてます。
躑躅の向こうは、竹の秋
0327_20240402153501


3月30日
東川沿いの道に、祭りの法被を着た人がいて、離れて山車が見えたので寄り道することに。
東川を挟んで対岸の道から眺めました。

山車は未だ道に出ておらず、こちらを向いていましたが、川沿いの桜の木がチョット邪魔してます。
今まさに出発するところだったのに撮りそびれました。
重松流祭囃子と共に、山車は熊野神社へと向かいます。山車の中では、狐とかおかめとか踊るのでしょう。

重松流(じゅうまりゅう)祭りばやしは、所沢生まれの古谷重松が編み出した囃の流派とのこと。
私は神社までは行かず山車の列を見送りました。
Photo_20240402160701

故郷の祭りは、山車と神輿で地区を巡行する、夏の夜祭りでした。
男の子は提灯持ちをしました。
神輿は休憩(神酒所)ごとにお酒が入って、次第に荒ら荒らしくなって、子供の頃は怖かったです。
祭りの様子も今は変わってしまったことと思います。

| | | コメント (6)

2024年3月24日 (日)

龍崖山&あさひ山展望公園

今年は辰(龍)年。
龍の字が付く山に行こうということで、中学時代の友人3人で、飯能市にある龍崖山に行きました。
3月15日、風もなく良い天気に恵まれました。

10時に飯能駅で待合せ、Tさんの車で龍崖山公園の駐車場まで。ここから龍崖山頂を目指して登り始めました。246mの小さな山です。
Photo_20240324104701

一対の龍が迎えるくれる登り口
Photo_20240324110001

しばらく行くとこんなものが。
熊が出るとも思えませんが・・・
Photo_20240324110501

登ったり下ったりの繰り返し
この道標の書き方は? 距離ですね。
標高と勘違いしそうです。
Photo_20240324111001

「燧山を経て龍崖山」の道標を幾つも見てやっと到着した燧山、眼下には大きな工場があり、眺めが良いです。
Photo_20240324112001

Photo_20240324112601

これから行く龍崖山が見えます
Photo_20240324114801

ここでTさんに頂いたお餅で一休み。
チーズを挟んだ磯部巻、まだ暖かくて美味しかった💛

また少し登ると 展望テラスがありました。
Photo_20240324113901

Photo_20240324114001

ここからの眺め
上から大岳山(1,266m)
   御前山(559m)
   武甲山?(1,304m)
Photo_20240324115001

いよいよ山頂へ。
ですが、景色に見とれた私が、ここからも行けそうと、正規の道を外れてしまい、山頂へは柵を超えての到着でした。なので、山頂の標識を見逃しました。
龍崖山 山頂です
Photo_20240324120401

Photo_20240324120901

天覚山(446m)
Photo_20240324132401

今度行ってみたい 多峯主山(271m)
Photo_20240324123001


景色を眺めながら、身の上話?などいろいろと。
三人揃った記念写真を撮るのも忘れて山頂を後に 下山しました。
Photo_20240324122101

三四郎平。
Photo_20240324122401

トイレの為に、下山道から分かれて八耳堂へ
八耳堂の写真は撮り忘れ、同じ場所の軍荼利神社
Photo_20240324124401

ここからは道路を歩いて駐車場に戻り、車であさひ山展望公園へ向かいました。

あさひ山展望公園
2011年作られた公園です。
Photo_20240324124901

スロープと石段でどなたでも展望広場に立つことが出来ます
私たちはスロープ、石段、スロープ、石段と登りました。
Photo_20240324125101

スロープ
Photo_20240324125301

スロープからの眺め
Photo_20240324125601

最後は石段で頂上へ
Photo_20240324125701

展望広場
Photo_20240324125801

日時計がありました
Photo_20240324125901
のどけしや日時計二時の丘にたち   蘖

ベンチの辺りから撮ればよかっのに・・・
下手な写真です。
Photo_20240324130001

ここでの昼食は、下のコンビニで各自買ってきました。

何年かぶりのハイキング。
とても楽しかった。
誘って下さったSさん、案内して下さったTさんに感謝です。



































 

 

 

| | | コメント (8)

2024年3月17日 (日)

JTrimで河津桜 他3種

10年以上前に習ったJTrimをまた楽しんでます。
フェードアウト合成は、メモリスティックに保存してあるので出来ると思ったのに、保存してあったのは、手順途中の画像のみで、どのようにすれば その画像になるのか?その方法が記されておらず、さっぱり分かりません。あの頃は画像を見れば分かると思ったんでしょうね。10年も経ったら分かりません。その頃のブログに記載があって、何とか出来ました。

いずれも公園で撮った写真です
JTrimの枠で
河津桜(3月7日)
Photo_20240316172701

春蘭(3月13日)
Photo_20240316172702

春蘭に狐のごとき花芽出づ   堀口星眠


フェードアウト合成で
沈丁花(3月13日)
Photo_20240316172703

部屋部屋のうすくらがりや沈丁花   桂  信子


馬酔木(3月13日)
2_20240317110401

遠くより見て遠ざかる花馬酔木   稲畑汀子


塗装作業中の輸送機(天馬
何年か毎にしているのでしょうね。初めて見ました。
Photo_20240316172705

Photo_20240316172706

一昨日は体操を休んで、中学の同級生と三人でハイキングに行きました。
暖かく風もなく良い天気。
展望が素晴らしく、何年かぶりの同級生と沢山お話もして、楽しい一日でした。
出来れば後日に・・・




 

| | | コメント (6)

2024年3月 3日 (日)

JTrimの枠でクリスマスローズ他

3月3日ひな祭り、良い天気になりました。
三人官女までがケースに入ったお雛様を飾りました。
二人の息子が保育園で作った紙雛も。

吾娘欲しと言ふ青年が雛の客   山内山彦 

親戚となる客人を雛の間へ   蘖
NHK全国大会落選句

ケース入りのお雛様は、長男が生まれた時、母が三越で買ったものです。
三越で働いていた義弟は注文を受けて、生まれたのは男の子だよねって、聞いてきましたよ。
母が息子と夫を3週間で次々に亡くしたすぐ後だったので オカシクなったんじゃないかって心配してくれたのですね。
でも、そうではなくて、母には母の思いがあったのです。
遠い昔のことです。

今日はJTrimで遊びました。
10年以上も前に保存した枠があったので・・・
いざ、使おうと思ったら あら~
合成の仕方を忘れてます。
使ってないと駄目ですね。
あれこれやってみて なんとか出来たかな?

昨日、我が家で撮った写真を使いました。

クリスマスローズ
(◎で作った円形レース模様の枠)
Photo_20240303150401

ノースポール
Photo_20240303150501

ムスカリ
(超新星枠 円形を円形切抜きしました)
Photo_20240303150602

ヒヤシンス
Photo_20240303150601

植えっぱなしのミニチューリップ
Photo_20240303150901


イカリソウ
(超新星枠 円形2)
Photo_20240303150801

蛍袋
Photo_20240303151201

アルストロメリア (フォントを使った枠)
Photo_20240303151301

もうすぐ、春の花たちが咲き出します。
その前に植替えなければと思う鉢もあって、忙しくなりそうです。









 

| | | コメント (6)

2024年2月22日 (木)

玉川上水を一駅だけ

2月14日、東京都薬草植物園を見学した後、玉川上水に出て 玉川上水駅まで歩きました。
風もなく 良く晴れて暖かく 申し分ない日和でした。

玉川上水は、江戸市中への飲料水が流れた六つの上水道の内の一つです。
クリックで拡大します
Img_1417

多摩川の羽村から四谷まで、全長42.74km、高低差92.3mの間、全て露天堀りで築かれたと。
Img_1416
Img_14162

玉川上水は、庄右衛門と清右衛門の兄弟が立てた計画を幕府が認め、6000両の資金が与えらた工事ですが、途中お金が足りなくなって自分たちの家を売って費用に充てたとも。その功績によって 玉川の姓を与えられたとのことです。
約8ヶ月でこの大工事を完成させました。

玉川上水を このあたりから ゆっくりと歩きます。
12_20240222125401

3_20240222130801

4_20240222131301

少し開けてところがあって
5_20240222132001

ここから奥武蔵の伊豆ケ岳(851m)を眺めました。
何度か登った思い出の山です。
6_20240222133501

散策路に戻って
8_20240222150401

イメージしたのとは違って、水面は かなり下の方です。
7_20240222142501

しばらく行くと下にも道が見えました。
9_20240222142701

その先に 下る道があって、
10_20240222142801

 ここから再生水(処理水)を放流しているのですね。
11_20240222144301
15
Img_14393

先ほど見た橋(上水小橋)
上水に下りることができる数少ない場所とのこと。
12_20240222145301

14

ここまでくれば玉川上水駅はすぐです。
一緒に歩いた友達Tさん、Sさん お二人とも80代半ば。
Tさんは杖をお使いですが、良く歩かれました。
何度も休憩し、お喋りし、歩行時間より休憩時間が長かったけど、こうしてお出かけなさること、見倣いたいと思います。

玉川上水を詠んだ句を調べてみました。
前書きに玉川上水とありました。

虎杖がかぶさり青き水ねぢれ    細見綾子

取りて来し虎杖を捨つ浪ぎはに   細見綾子




















 

 

| | | コメント (6)

2024年2月16日 (金)

東京都薬草植物園

2月14日、体操の友達二人と東京都薬草植物園(小平市)に行きました。
体操をしてからでは遅くなるからと三人とも休んで所沢駅・小平駅で待合せ、東大和駅で下車。駅から2分、すぐ目の前でした。
Photo_20240216140401

門を入った左手に咲いていたオウバイ
白い建物が温室です。
工事中で温室以外は見学できず、入園は無料でした。
Photo_20240216140701

初めて見た カカオの木
Photo_20240216141301

Photo_20240216141401
Photo_20240216141402

ムユウジュ(無憂樹)
覚えにくい名前ですが、「仏教の三大聖樹」の一つ とのこと。
仏教三大聖樹とは、
ムユウジュ(釈迦が生まれた所にあった木)
アソカノキ 釈迦誕生 この木の下で生まれたと言われているようです。
インドボダイジュ(釈迦が悟りを開いた所にあった木)
サラノキ(釈迦が亡くなった所にあった木)
菩提樹や沙羅双樹はよく聞きますが、ムユウジュは知りませんでした。
Photo_20240216141501

ブーゲンビリアのアーチ
Photo_20240216144301

おもしろい形のヒョウタンウツボカズラ(和名)
食虫植物ですね。
Photo_20240216145201

ミラクルフルーツ
果実自体は甘くないが、次に食べた物を甘く感じさせると?
Photo_20240216145301

ノッポのローゼル
ジャムやハーブティーに利用するとのこと。
Photo_20240216145701

オオベニウチワ  ピンク・チャンピオン
別名アンスリウム、赤い色はよく見かけますね。
Photo_20240216150701

アップルゼラニュウム
小さくて白い花、 可憐なゼラニュウムです。
Photo_20240216151201


Photo_20240216152601

胡蝶蘭
Photo_20240216152801

コエビソウ
これ 体操の公園にあったのと同じかも?
名前が分からなかったのです。
Photo_20240216153201

他にも 色々ありました。
夏に咲くオジギソウが咲いて居たり、今 我が家にも咲いているキルタンサスなど。

植物園を出て、はま寿司で昼食後、玉川上水駅まで玉川上水に沿って歩きました。
出来れば次回に・・・





















 

| | | コメント (4)

«雪折れの梅