2024年2月22日 (木)

玉川上水を一駅だけ

2月14日、東京都薬草植物園を見学した後、玉川上水に出て 玉川上水駅まで歩きました。
風もなく 良く晴れて暖かく 申し分ない日和でした。

玉川上水は、江戸市中への飲料水が流れた六つの上水道の内の一つです。
クリックで拡大します
Img_1417

多摩川の羽村から四谷まで、全長42.74km、高低差92.3mの間、全て露天堀りで築かれたと。
Img_1416
Img_14162

玉川上水は、庄右衛門と清右衛門の兄弟が立てた計画を幕府が認め、6000両の資金が与えらた工事ですが、途中お金が足りなくなって自分たちの家を売って費用に充てたとも。その功績によって 玉川の姓を与えられたとのことです。
約8ヶ月でこの大工事を完成させました。

玉川上水を このあたりから ゆっくりと歩きます。
12_20240222125401

3_20240222130801

4_20240222131301

少し開けてところがあって
5_20240222132001

ここから奥武蔵の伊豆ケ岳(851m)を眺めました。
何度か登った思い出の山です。
6_20240222133501

散策路に戻って
8_20240222150401

イメージしたのとは違って、水面は かなり下の方です。
7_20240222142501

しばらく行くと下にも道が見えました。
9_20240222142701

その先に 下る道があって、
10_20240222142801

 ここから再生水(処理水)を放流しているのですね。
11_20240222144301
15
Img_14393

先ほど見た橋(上水小橋)
上水に下りることができる数少ない場所とのこと。
12_20240222145301

14

ここまでくれば玉川上水駅はすぐです。
一緒に歩いた友達Tさん、Sさん お二人とも80代半ば。
Tさんは杖をお使いですが、良く歩かれました。
何度も休憩し、お喋りし、歩行時間より休憩時間が長かったけど、こうしてお出かけなさること、見倣いたいと思います。

玉川上水を詠んだ句を調べてみました。
前書きに玉川上水とありました。

虎杖がかぶさり青き水ねぢれ    細見綾子

取りて来し虎杖を捨つ浪ぎはに   細見綾子




















 

 

| | | コメント (0)

2024年2月16日 (金)

東京都薬草植物園

2月14日、体操の友達二人と東京都薬草植物園(小平市)に行きました。
体操をしてからでは遅くなるからと三人とも休んで所沢駅・小平駅で待合せ、東大和駅で下車。駅から2分、すぐ目の前でした。
Photo_20240216140401

門を入った左手に咲いていたオウバイ
白い建物が温室です。
工事中で温室以外は見学できず、入園は無料でした。
Photo_20240216140701

初めて見た カカオの木
Photo_20240216141301

Photo_20240216141401
Photo_20240216141402

ムユウジュ(無憂樹)
覚えにくい名前ですが、「仏教の三大聖樹」の一つ とのこと。
仏教三大聖樹とは、
ムユウジュ(釈迦が生まれた所にあった木)
アソカノキ 釈迦誕生 この木の下で生まれたと言われているようです。
インドボダイジュ(釈迦が悟りを開いた所にあった木)
サラノキ(釈迦が亡くなった所にあった木)
菩提樹や沙羅双樹はよく聞きますが、ムユウジュは知りませんでした。
Photo_20240216141501

ブーゲンビリアのアーチ
Photo_20240216144301

おもしろい形のヒョウタンウツボカズラ(和名)
食虫植物ですね。
Photo_20240216145201

ミラクルフルーツ
果実自体は甘くないが、次に食べた物を甘く感じさせると?
Photo_20240216145301

ノッポのローゼル
ジャムやハーブティーに利用するとのこと。
Photo_20240216145701

オオベニウチワ  ピンク・チャンピオン
別名アンスリウム、赤い色はよく見かけますね。
Photo_20240216150701

アップルゼラニュウム
小さくて白い花、 可憐なゼラニュウムです。
Photo_20240216151201


Photo_20240216152601

胡蝶蘭
Photo_20240216152801

コエビソウ
これ 体操の公園にあったのと同じかも?
名前が分からなかったのです。
Photo_20240216153201

他にも 色々ありました。
夏に咲くオジギソウが咲いて居たり、今 我が家にも咲いているキルタンサスなど。

植物園を出て、はま寿司で昼食後、玉川上水駅まで玉川上水に沿って歩きました。
出来れば次回に・・・





















 

| | | コメント (4)

2024年2月10日 (土)

雪折れの梅

2月7日、公園にはまだ沢山の雪が残っていました。
雪だるまは無かったけど、雪のお家?中をくり貫いて 2つ3つトンネルのような穴が出来てました。
40段の石段を5往復プラス上り1回で ろうばい園へ。
雪晴れの ろうばい園
Photo_20240210152501
Photo_20240210152601

ろうばい園から日本庭園へ
Photo_20240210153101
Photo_20240210153301


日本庭園から梅園へ
雪で裂けた枝と思いますが、落とされた大きな枝から 紅梅と白梅の小枝を手折る人たちが居て私も仲間入りさせて頂きました。
Photo_20240210154101

頂いた梅の小枝
Photo_20240210154401

翌日8日も石段の筋トレ後に、梅園に行きました。
Photo_20240210155101

Photo_20240211104301

この幹越しに 濃く淡く重なった紅梅を見るのが好きです。毎年撮っているかも?
Photo_20240210155202

この幹もすごい。まだ蕾の白梅です。
Photo_20240210155301

前日の名残の小枝が雪の上に無数に散らばっていました。花の枝はありませんが、小さな蕾を付けた小枝ばかり。

 雪折れの跡が 痛々しい?
Photo_20240210155302

Photo_20240210155303

今日、日向は暖かいですが、日陰の風が冷たいです。
来週は気温が上がりそうで、残った雪も解けますね。











 

| | | コメント (4)

2024年2月 6日 (火)

雪が降りました

予報通り昨日の午後から雪になりました。
クリスマスローズの蕾も、たった一輪のスノードロップも雪を被ってしまいました。今朝はもう止んで、道路の雪も凍ってなくて良かったです。

窓に降る雪を見ながら、Giamで雪降りアニメを作りました。8年前に作ったパターンが保存してあったので、思ったより簡単にできました。
背景は雪景色でと思いましたが、どれも青空の下の雪景色ばかり。やっと降っている時の写真を見つけました。

何年か前の雪の日に撮ったものです。
クリックで雪が降ります
Photo_20240206113701

もう一つ、ワードで描いたメジロさんと白梅。
6年ほど前に描いたもので、メジロさんはしらこばとさまのお写真をお借りして描きました。
画像をクリックしてください。
Photo_20240206113702


1月31日のクリスマスローズとスノードロップ
Photo_20240206120701

Photo_20240206122201


Photo_20240206120801

雪は止みましたが、体操場所はグチャグチャと思い、公園には行きませんでした。









| | | コメント (6)

2024年1月29日 (月)

1月28日の公園

ほぼ毎日通っている公園ですが、1週間ぶりに園内を歩きました。天気は日が射したり陰ったり、昼頃には晴れてきました。

航空自衛隊の輸送機(天馬)の実物。
内部は公開されてません
白い建物は航空発祥記念館です。
航空をテーマとした博物館
Photo_20240129161801



蠟梅園
全ての木が咲き揃ったようです。
Photo_20240129160201

日本庭園の紅梅
Photo_20240129162201

紅梅の下で、福寿草が芽を出していました。
Photo_20240129162701

紅梅に遅れて咲いた白梅
紅梅と白梅は庭を挟んで向かい合って咲きます。
Photo_20240129162401

日曜日で人も多かったのですが、ウォーキングコースに人が見えない時がありました。
ふと思いついて、これから咲く花を散りばめてみました。
どれもこの公園で撮った花です。
JTrimの加工で、末摘花さまの作成手順を参考にさせて頂きました。
河津桜、三俣、柊南天、木瓜、沈丁花、姫踊子草
Photo_20240129164201

1月も残り僅か。
未だ寒いですが、春はすぐそこまで来てますね。










| | | コメント (6)

2024年1月19日 (金)

元日の富士山、公園の紅梅(17日)

松が明けて、体操が始まって、日脚が伸びて・・・
やることなすこと遅くなったせいか?
何もせずに日にちだけが過ぎてしまいます。

昨日は句会でした。
俳句では 季節の分け方が、春・夏・秋・冬・新年の五つになります。
1月句会は できれば新年の句をと思いながら、結局 新年で2句、冬で3句の投句でした。
先月 先生にとって頂いたのは1句のみ。
1句もとって頂けないと、句会報に載りません。
それだけは避けたいと。
会員の誰もが思っていることです。
今回は3句とっていただきました。
内2句が新年の句で頑張った甲斐があったかな?

元日の初詣、氏神様の境内から眺めた富士山です。
初富士という季語は、元日の富士山のことです。
電線がよぎるのは仕方ないですね。
初景色も元日に眺める景色のことです。

富士の前電線よぎる初景色   蘖

Photo_20240119155801

初富士や草庵を出て十歩なる   高浜虚子

17日、穏やかな良い天気。
紅梅が咲いているかも?と日本庭園へ。
とびとびの枝にぽつぽつと咲いていました。
Photo_20240119161801


Photo_20240119161901

寒紅梅馥郁として招魂社   高浜虚子


この紅梅の下に未だ小さな蠟梅の木があってしっかり咲いていました。
今まで ここには無かったと思います。
新しく植えたのかしら?
22_20240119162801

1_20240119162801

今日は暖かかったけど、明日は雨が降って寒い一日になりそうです。





 

 

 

 

| | | コメント (6)

2024年1月 6日 (土)

蠟梅と紙ひこうき

清々しい気分で氏神様へ初詣をした元日。
その日に大きな地震が発生しました。
翌日にはその地震の救援物資を運ぶ海上保安庁の航空機と日航機の衝突事故。
ショッキングなニュースの年明けに、これ以上酷くなりませんようにと、ただただ祈るばかりです。

昨日は、もう蠟梅が咲いている頃と思い、今年初めて 公園に行きました。
初々しい感じの花が咲いてましたよ。
未だ人影は少なく3~4人程度でした。
Photo_20240106135801

飛行機広場から出口へ向かう途中、目の前に紙ひこうきがスイーと飛んできて着地しました。
何処から?
振り向いてもそれらしき人は見えず?
何となく撮って 歩き出し、振り返ってみたら拾っている男性がいました。かなり遠くまで飛ばしたようです。
アニメにしてみました。
画像のクリックで飛んできます
Photo_20240106141101

元画像です
1_20240106141401

JTrimの画面キャプチャが拡大していて使えず、検索したらWindowsの設定から100%にすれば良いと分かり、やってみましたがー今度は小さすぎて、125%も上手くいかず、結局wordからJTrimへ1枚1枚コピペしました。
設定をいじったせいではないと思いますがー JTrimで加工したのもが一部保存できなくなりました。
なぜかしら?
自然に直れば良いんだけど・・・







| | | コメント (6)

2023年12月31日 (日)

良いお年をお迎えください

大晦日の朝です。
少し雨が降りましたが、昼前には日が射してきました。
やり残したこともありますが、年末の掃除、その他、ほぼ完了しました。
夜には長男と次男夫婦も来て1年ぶりに家族が揃って年越しが出来そうです。
この一年拙いブログにご訪問して頂き有難うございました。
来年も宜しくお願いいたします。
どうぞ佳いお年をお迎えください。
Giamアニメにしてみました。
画像のクリックで動きます。
失敗、失敗。
筆を万年筆に変えたのに書体はそのまま??
Photo_20231231220501



| | | コメント (6)

2023年12月25日 (月)

公園散策&雪国のクリスマス機関車(アニメ)

今日はクリスマス。
ですが、らしきことは何一つない我が家です。

昔wordで描いた機関車を思い出し、また 昔のGiamアニメも少しアレンジしてみました。
Photo_20231225163501

画像のクリックで機関車が走ります。
Photo_20231225163701


12月22日は山茶花日和の公園でした。
蕾、咲き始め、散る間際どれを見てもそれぞれの良さがありますね。
Photo_20231225164301
Photo_20231225164303

山茶花の葉にささやいて落ちしかな   原 月舟

これは鷲でしょうか? それとも鷹?
野外ステージの脇で何かを聞いているようですね。
Photo_20231225164302


日本庭園のこれは侘助でしょうか。
小ぶりの白い花が静かに咲いていました。
Photo_20231225165501
Photo_20231225165503
Photo_20231225165502

侘助や障子の内の話声   高浜虚子


ひと月前にはまだ青い葉を残していた枯蓮。
今は折れ残った茎がつんつんと傾き立って、葉は水底へと沈んでいきます。
Photo_20231225170601

枯蓮となりてののちの日数かな   安住 敦


名前を知らないこの花。
ここに咲いているのも初めて知りました。
Photo_20231225171101

今年の体操もあと2日。
最終日に役員会をして終わります。
主人が頑張った年末の掃除を私も頑張りましょう。



 

| | | コメント (6)

2023年12月11日 (月)

紅葉散る

12月6日の公園、メタセコイア黄葉はかなり散ってますが、ヤマモミジは未だ綺麗でした。
Photo_20231211162901

1206_20231211162901

1206_20231211163001

Photo_20231211163001

2~3枚持ち帰った落葉に wordで背景の削除をしました。白い紙に置いた時の影の削除が難しく、もう少し丁寧にすれば良かったですね。
Photo_20231211163002

久々に、Giamを使ったアニメにしてみました。
wordでは背景が動いてしまうので、JTrimに張り付けた画像に1コマづつ落葉を合成しました。
これももっと細かく、コマ数増やせばと思いますが、以前の根気がなくなりましたね。
画像のクリックで動きます。
Photo_20231211173701

散紅葉一二片づつたゆるなし    清崎敏郎


以下12月3日の公園(日本庭園)です。
1203_20231211163001

1203

Photo_20231211163003


先日は体操の忘年会、来週は句会&忘年会、年賀状は未だこれから。
遊んでいる間に、主人が少しづつお掃除をしてくれて感謝です。
私も 台所などこれから頑張らねば・・・



| | | コメント (6)

2023年12月 3日 (日)

JTrimで 紅葉黄葉&黄かのこの木子

11月30日の公園。
遠目には綺麗な紅葉ですが、近づけば 葉先から衰えている葉も・・・
久々にJTrimを使ってみました。

此処に来れば 紅葉が纏まって見られます。
Photo_20231202215003

Photo_20231202215002

Photo_20231202215001

濃紅葉と戦ふごとくうちむかふ      富安風生

ふるさとの雑木紅葉はあたたかし   小暮信泉

亡くなられた句会の先生が小暮信泉先生。
先生の先生が富安風生先生でした。

 

時計塔の傍で見つけた(はぜ)紅葉
自衛隊で使われていた中型輸送機(C-46)も入れてみました。
Photo_20231202215101

Photo_20231202215102 

櫨紅葉にも燃ゆる色沈む色   稲畑汀子



片側はかなり散ってしまった銀杏並木
Photo_20231202215103

銀杏ちる兄が駈ければ妹も   安住 敦

🍂 🍁 🍂 🍁 🍂

黄かのこの植替えが終わりました。
今年の百合の植替えは全て完了です。
いつの間にか東のお隣さんとの境(北側の狭い場所)にも黄かのこが生えて、地植状態でした。地植はさすがに勢いが良く、地上に伸びた茎にもこんなに沢山の木子が出来てビックリです。地下の球根はどうなってるか?
殖え過ぎないように、来年は切り花にしましょう。
Photo_20231202215104

わが胸をあたたかくして枯るる園   阿部みどり女

| | | コメント (6)

2023年11月26日 (日)

枯蓮、ハゼランなど

あれからもう6日も経ってしまいました。
体操の帰り、天気が良かったので、帰りかけた道を急に引き返し また公園へ。いつもとは違う 道路沿いの歩道を、正面の入口へと向かいました。

歩道と公園との境の石垣に、小さな赤い実がとびとびに並んでいました。可愛い‼
屈んで撮っていると、女性が自転車を降りて「可愛いでしょう!」って。
私はこの名前を知らなかったのでお聞きしました。
ハゼランです。ドライフラワーにも使いますよ。」と教えて頂いて 嬉しかったです。
公園に戻ってラッキーでした。
Photo_20231125154501

草の実や一粒にして日の熱さ    鷹羽狩行

大きな株は日陰だったので撮ってませんが、大きな株から小さな株まで 色々な姿でズーと並んでました。
2_20231125154501
2年ぐらい前の夏には、ここでこの花を見ました。



日本庭園の枯蓮
Photo_20231125161101

蓮枯るる満目の中黄の一葉       山口青邨

かなしみの倚り合ふごとく蓮枯るる   上田五千石 

枯蓮の折れたる影は折れてをる     富安風生



プラタナスの黄葉
大きな綺麗な落葉、ふと拾い上げてしまいますね。
Photo_20231125161301

深潭にして一片の落葉生く   富安風生



先週はまだ早かった銀杏並木も見頃になりました。
Photo_20231125161801

銀杏黄葉梢は落葉しつつ燃ゆ     山口青邨



| | | コメント (6)

2023年11月14日 (火)

銀杏並木

昨日の体操後、園内を少しだけ歩きました。
何日ぶりかしら? 最近はすぐ帰宅することが多くなりました。 日暮れが早くなり、やりたいことも出来ずに暮れてしまうからでしょうか?

日本庭園に向かう途中の公孫樹並木。
未だ少し早いけど、カメラを向ける人もちらほら。
私も、次はいつ来るか分からず、数枚撮りました。
落ちている実は、園内の別の樹の下です。
Photo_20231114152101

柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺   正岡子規

鐘つけば銀杏ちるなり建長寺   夏目漱石

子規の句は有名ですね。
句を詠んだのは法隆寺ではなく、東大寺だったとか。
ですが、東大寺より法隆寺と言った方が言葉の流れというか、印象が合っているので法隆寺にしたと。以前聞いたことがあります。なるほど、そう思います。

子規と漱石は大学の同級生、そして友人ですが、大文豪 漱石の俳句の先生は子規だったと。
上記の句は似てますが、漱石の鐘つけば…の句が先で、子規の句はその少し後とのことです。

銀杏黄葉梢は落葉しつつ燃ゆ      山口青邨

踏みて又踏みては銀杏落葉かな   稲畑汀子

明後日は句会。
投句する5句(足跡を訪ねた時の句で3句)一応出来ましたが、未だ迷いもありです。



 

| | | コメント (2)

2023年11月 7日 (火)

ヒメツルソバ&蟷螂とその卵鞘

朝は少し雨が降っていましたが、止んで 午後には晴れて暑い26℃です。

数日前からヒメツルソバの花が沢山咲いてます。
小さな花が沢山集まって一つになったピンクの可愛い花です。
横に伸びた茎の節から発根し増え続けます。
我が家では西側の軒下と北側の道路沿いに咲かせてますが、道路沿いは水の流れを止めないように伸びた茎をこまめに切らないとです。
Photo_20231107132601

ヒメツルソバの中に、ルスカス クリスマスベリーの鉢植えを2つ置いてます。
今年は例年よりも多くの実が赤くなりました。
ルスカスを画像検索すると、我が家のはどうも一寸違うようで?ルスカスというよりナギイカダ クリスマスベリーと思います。
葉のように見えるのは葉状枝で、その上に小さな花が咲いてやがて実になります。
葉状枝の先は棘のように鋭く、手入れが大変です。
Photo_20231107141701

18年位育ててますが、花の写真はこの1枚のみ。
8年ほど前の写真です。
Photo_20231107143601

ヒメツルソバのところ見つけた蟷螂
気が付いて良かった。
もう少しで踏んでしまうところでした。
塵取りに乗せて、サルココッカの中に移しました。
2枚目がその時の写真です。
シッカリこちらを見てますよ。
この時 主人も蟷螂を触れないんだって知りました。
Photo_20231107144201

墜ち蟷螂だまって抱腹絶倒せり   中村草田男

草穂つかんで立つ蟷螂や佐久平   渡辺水巴


同じ日に見つけた蟷螂の卵鞘
斑入り姫梔子の枝にシッカリと。
毎年1つは見つけてます。
Photo_20231107150001

百合の植替えは黄かの子だけを残して終わりました。
今年はコガネムシの幼虫は一つの菜園プランターに10匹いただけで、他の鉢には居ませんでした。
珍しいことです。
未だホシギキョウの植替えも残ってます。









 

 

| | | コメント (6)

2023年10月29日 (日)

久々の公園散策

左足首を捻挫してから、明日でちょうど20日。腫れは残ってますが、だいぶ良くなって、普通に歩けるようになりました。
怪我してから1週間は様子を見ていましたが、後から足の甲とか内側のくるぶし周りとかが腫れてきて、この部分の痛みはありませんが、念のため診てもらいました。結果、すぐに来なくちゃだめだよって、テーピングして、湿布薬28日分処方して頂きました。
歩くと痛いけど、歩いても良いと。
8,000歩(公園の体操往復の歩数)は?とお聞きしたら、そんなに歩くのって。でもダメとはおっしゃいませんでしたよ。
でも毎日8,000歩は?と思い、体操は1日おきにしました。

2週間過ぎてから、痛みも軽くなったので園内をほんの少しだけ歩きました。
その時の写真です。

ユリノキの黄葉
Photo_20231029160801 
黄葉の全きが遠ち方にあり    細見綾子


キバナコスモス
Photo_20231029162301
Photo_20231029161001
Photo_20231029161002
Photo_20231029161202
Photo_20231029161201

コスモスの花あそびをる虚空かな   高浜虚子

26日に体操の友達二人に昭和記念公園のコスモスを見に行こう誘われましたが、広い公園なので、歩き過ぎてはと思い、残念ながら また次回のお誘いをお願いしました。 


家の近くの背高泡立草、年々範囲を広げてます。
Photo_20231029162601
Photo_20231029162701

背高泡立草は秋の季語ですが、俳句には長すぎる名前ですね。下五に据えて(5・4・10)で2~3句作句、ただいま推敲中







| | | コメント (6)

«捻挫