2020年1月25日 (土)

所沢七福神巡り(持明院)

今年、令和二年元日から「所沢七福神めぐり 八国山・荒幡富士コース」が開場しました。
Epson012

狭山丘陵の自然に恵まれた 歴史ある7か寺に新しく七福神のご神体をお祀りしたとのこと、ウォーキングを兼ねてお参りすることにしました。
巡拝の道のりは約10㎞、ゆっくり休憩を入れて4時間とのこと。

先ず1番の持明院までの地図を調べて、そこで次の地図が頂けるであろうと、13日の午後、一人で出かけました。
自宅から約30分、調べた地図を持つのを忘れて、途中で迷子に…
お庭でお花の手入れをなさっている方にお聞きしたら、地区の地図を広げて調べてくださいました。ありがとうございました。
お陰様でたどり着きました。

1番 淵上山 持明院(じみょういん) 真言宗豊山派

参道
Photo_20200125094803

本堂 ご本尊は不動明王
Photo_20200125094804
南無大師遍照金剛像
南無は帰依する、おまかせする、という意味。
大師遍照金剛は弘法大師 空海のことです。
P1133023

七福神の恵比寿天は本堂の右に祀られていました。
真新しいピッカピカの恵比寿さま。
納経所にはどなたもいらっしゃいません。
御朱印の日付はご自分でと筆が用意されていました。 
Photo_20200125094801

Photo_20200125094802        
御朱印に「かっぱ寺」とありますね。
持明院には「かっぱの詫び証文」というお話がありました。
『寺の南に曼荼羅淵という深い淵があり、そこに棲む一匹の河童が、夏になると、笹井・伊草に棲む河童(親分)へ贈り物(人間の肝)をしていた。そのため、川に水浴びに来る人間を襲っては肝を抜いていた。その噂が広まって誰も来なくなり、困った河童は、川岸につながれた馬の肝を取ろうとして、馬方に見つかり、捕まって持明院に連れていかれた。お坊さんに懇懇と説教され、二度と悪いことはしないという証文を書いて許してもらった』というお話だそうです。

境内に入ってすぐ左側には六地蔵尊&二宮金次郎の像、不動明王像が並び、右側には可愛い狸さんの置物。狸は「他を抜く」ということで商売繁盛の縁起物ですね。
不動明王の両脇の像は? 両大師(慈恵大師・慈眼大師)の像?                                  
Photo_20200125094701


曼荼羅堂(ご本尊は阿弥陀如来)と聖観音像    
Photo_20200125111901

七福神めぐりのパンフレットを頂き、大まかな地図を頼りに、 次の長久寺へ向かいました。途中、変だとは思ったのですが、やはり、所沢駅に出てしまいました。日の短い時なのでまた出直すことにしました。
帰宅すると帽子がない!
参拝で外したまま置き忘れ来たようです。
後日お電話をしてお聞きしたら、弘法大師像の所にあったとのこと。
有難うございました。
1週間後の20日、帽子を取りにお伺いしてから、七福神巡りを再開しました。







 

 

 

 

| | コメント (2)

2020年1月19日 (日)

雪割草と蝶

昨日は霙か…雪か… 寒い一日でしたが、今日はよく晴れました。
何日か前に 水仙とプリムラが咲き出して、今朝は まだ、昨日の雨しずくが残っています。
Photo_20200119145501

Photo_20200119145602

暖冬ですが、寒さはこれから。
我家では花の少ない時期に、ふと、雪割草を思い出しました。
5年ほど前にベランダで咲かせました。
1月下旬から3月にかけて咲いていましたが、やはり夏越しが出来ませんでした。
その時にWord描いた雪割草に蝶を付け足して アニメにしてみました。
画像をクリックして頂くと動きます。
Photo_20200119145701

5年前の雪割草です
Photo_20200119145601

5年前のブログ記事に開花までの様子を載せていました。
よろしかったらどうぞ…





 

| | コメント (4)

2020年1月14日 (火)

蝋梅と冬の公園

1月12日、午後から、公園に出かけました。
家を出るとすぐに雨がポツポツと、傘も持たずに出ましたが、すぐに止んでホットしました。散策中は降られませんでしたが、帰路にはまたポツポツと、帽子を被っていて良かったです。

園の蝋梅は日ごとに花数を増し、訪れる人がちらほらと、カメラを向ける姿も多くなりました。
あいにくの曇天ですが、航空公園らしい背景をと…

 蝋梅の香の一歩づつありそめし  稲畑汀子
1_20200114110701


3_20200114110701

222_20200114113101

ろうばい園を出て、隣接する日本庭園へ…
囲われた奥に水仙が咲いていました。

 水仙に年の行き来のありし白  森 澄夫
6_20200114110701


前日に手入れが済んで 清々しい松

 色変えぬ松には齢なきごとし  鷹羽狩行
7_20200114110701


晩秋から初冬に、鮮やかな黄色い花を咲かせた石蕗の花は綿毛に…濃い緑の葉が印象的でした。

引きかへて白い毛になる石蕗の花 鬼貫
                 (江戸中期、芭蕉と並ぶ俳人)
9_20200114110801

山茶花の赤い花をバックにきれいでした。
4_20200114110701


枯園に春を待つ三椏の蕾 

 枯園に何か心を置きに来し 中村汀女
8_20200114111001

暖冬の寒鯉
ヒレナガニシキゴイは枯葉とともに空へ舞い上って行く???

寒鯉はしづかなるかな鰭を垂れ  水原秋櫻子
P1122992-2

園内のあちらこちらで山茶花&椿の赤が目に付きます。
山茶花と冬木になったメタセコイア

 山茶花を雀のこぼす日和哉  正岡子規
5_20200114110701
山茶花の垣の果てまで遠まわり  蘖

句会を控えて まだ句が揃いません。
5句ないと出席できません。
いつものことながら、ギリギリにならないと集中できない私です。
あと2句なんとかしなければ・・・

 



  



 

| | コメント (4)

2020年1月 2日 (木)

明けましておめでとうございます

新しい年が明けました。
例年通り、大晦日に家族5人が揃い、元日は揃って氏神様へ初詣。午後は息子たち3人がトロピランドへ水槽の浄化装置を買いに行き、古いものと交換しました。
また、家の電話機のコードが傷んでいたので、電話機も買ってきました。
23年前と違ってかなり小さくなってますね。
ありがとう!


そして きょう、これも例年通り、昼前に次男夫婦は嫁の実家へ、長男は福島へと帰って行きました。
ここ数年のお正月は、毎年同じ、この通りに過ぎて行きます。でも、今年はちょっと疲れました。
年のせいかしら?
午後は昼寝して・・・
干支を使ったお正月らしいものをと思い、ワードで描いてGiamアニメにしました。
回っている独楽は以前に作成したものを再利用しました。
画像をクリックすると動きます。
Photo_20200103095301


本年もどうぞよろしくお願いいたします。






| | コメント (12)

2019年12月30日 (月)

きょうは晦日

「きょうは晦日、明日は大晦日」
昔の祖母の言葉を、思い出します。
お餅つきの日で、門松を立てて、縁側では注連縄を作っていました。
12年前は、母の葬儀の日だった。
あれこれと思い出しながら、サッシの溝掃除をしました。
ガラス磨きは主人が早々と済ませていて、助かります。
午後は買い物に行って、明日 息子たちが来て使う部屋の準備をしましょう。

平成から令和となり、良いこともありましたが、大きな災害が多く、心が痛みます。
私自身としては、例年通りの年越しができそうです。
拙いブログへのご訪問を頂き、コメントも頂き、有難うございました。
皆さま、どうぞ、穏やかな、良いお年をお迎えくださいますように。
画像をクリックして頂くとイノシシが走ります。
Photo_20191230115401

  





 

 

 

| | コメント (4)

2019年12月27日 (金)

糸トンボが部屋に

昨日は寒い一日でしたが、今日は、昼頃から風が強くなりましたが、よく晴れて暖かい一日でした。
この暖かさのせいでしょうか。
部屋のカーテンに糸トンボがいたと、主人がプラスチック製の小さなケースと台紙を使って捕獲し、テーブルの上に・・・
何処から来たのかしら??
前にも9月頃部屋のカーテンに居たけど・・・
考えてみると、最近はガラス戸はほとんど開けてないんですよ。
もしかして水槽の水草に卵があったの???
そんなことってあるの? 不思議・・・
Pc272906

今年はじめて咲いたクリナム(エレンボサンケ)も暖冬のためか、この時期にも新しい葉が伸びています。
今までは防寒せず、葉が枯れても春に芽が出ていましたが、今年はどうすればいいのかな?   
Pc272911

地植えのテッポウユリも・・・
百合は寒さに強いのでOKでしょう。
Pc272912

雑草がいっぱいと思ったら、こぼれ種からのノースポールだと思います。
年が明けたら、鉢に移しましょう。
Pc272923-2

キルタンサスの花芽も見つけました。
霜に当たると萎れちゃうかも・・・
Pc272920


公園の健康体操は明日から冬休みです。
もしかしたら、今年はもう公園には来ないかな?と思い、蝋梅園に行ってみました。
3~4輪咲いた木が1本、2輪咲いている木が1本ありました。
27

先日24日に見た最初の一輪です。
雨雫を残してきれいでした。
黄色く枯れた葉を残した木が多く、遠目にはもう咲いているみたいです。
24

この日は青空の雲がきれいでした。
ここは日本初の飛行場だった場所、『航空発祥の地』です。
Pc242888

柵の周りのピラカンサスが見事。
Pc242893










 

| | コメント (6)

2019年12月21日 (土)

チューリップの発芽

11月初めに植えたミニチューリップがもう芽を出しました。早咲きなのかもしれませんが ちょっと早すぎないかしら?
20球植えた中の7~8本が発芽しています。
植付が浅かった?ちょっと心配です。
Photo_20191221201505

福寿草の芽が出ました。
まだ小さくて、よくよく見ないと分かりません。
これはちょっと遅いのかな?
お正月2日に開花した年もありました。
Photo_20191221201506

サルココッカはいつの間にか実が落ちて(少しは残ってます)花芽ができています。             Photo_20191221201503
早春に目立たない花が咲いて、良い香りが漂います。
香りで花が咲いたと気付かせてくれます。
花後には青い実ができて、秋に赤く色付き、やがて黒い実となって、翌年の花芽も出来ます。
Photo_20191221201504

水仙の花芽も膨らんできました。八重咲の水仙です。
早い年だとお正月(松の内)に咲いた時もありますが、今年は遅いです。
日本水仙はまだ、花芽が確認できず…咲くかどうか?
Photo_20191221201508

今咲いている磯菊。
何年も植え替えをしてないから 花数が少なくなったようで、淋しい。
Photo_20191221201502

アルストロメリアが一輪咲いています。
今年は帰り花とか、狂い咲きとかが多いみたいです。
Photo_20191221201501

写真には撮ってないけど、ガーデンシクラメンが咲いています。
猛暑にもめげず咲き続け、秋口にちょっと弱ったようでしたが、活力剤アンプルで元気を取り戻しました。

昨日は気持ちよく晴れた青空に、冬木となった公孫樹がきれいでした。
Photo_20191221201509

何かと忙しいので、少し歩いただけ。
出口に向かったら、体操仲間の方が4人、太極柔力球をしていました。
遠心力を利用しながら、シリコン製のラケットで、砂の入った球を操ります。
体操に入会したばかりの時に誘われましたが、体操も覚えてないし、私には到底無理と諦めていました。
見ていると楽しそうで…
ちょっとやってみたい気持ちにも…
写真ではボールが見えにくくて残念。
Photo_20191221201507

 

| | コメント (8)

2019年12月 1日 (日)

公園の紅葉いろいろ

紅葉と黄葉、どちらも こうよう  モミジです。
この違いはどこから?
樹の種類と言ってしまえばそれまでですが・・・
ちょっと気になって調べてみました。 

樹の葉の葉緑体の中には、緑(クロロフィルム)と黄(カロチノイド)の色素が含まれており、春~夏の日射しの時は光合成を行い、緑の色素の方が強いので緑に、秋になって日射しが弱くなると、緑の色素が分解されて黄の色素が残る。これが黄葉。
さらに紅くなるのは、葉の中に紅い色素(アントシアニン)が合成されるから。

緑→黄→紅 トウカエデなど
緑→黄は紅い色素の合成がなく散ってしまう。
      イチョウなど
緑→紅は黄と紅が同時進行して、黄がとばされたように
      見える。モミジ、ツツジなど

訳を知って園内の散策
11月25日 撮影
イチョウ  この日は風が強く 突然 黄葉が舞い上がりました。
Photo_20191201095102

11月25日 撮影
ムクノキ  明るい木立が気持ち良いですね。
同じムクノキなのに葉の形が違います。
奥にはエノキがあるかも
Photo_20191201095107

11月25日 撮影
ハクモクレン。
上の写真の木にはハクモクレンと名札が付いていましたが、下の写真(11月28日)の木の名札は飛ばされたようで・・・
ハクモクレンか 又はモクレンだと思います。
Photo_20191201095104

11月25日 撮影
アキニレ  未だ緑を少し残したまま散り急ぐ葉も。
この後、烏が自転車の籠から白い袋を咥えて下に落としていきましたよ。
Photo_20191201095101


11月25日撮影
紅葉と黄葉を敷き詰めてとても綺麗。
どちらもトウカエデです。
Photo_20191201095103

11月25日 撮影
ミズキ。ハナミズキではありません。
これも黄から紅になるようです。
Photo_20191201105301

11月25日撮影のイロハモミジ(上の写真)
11月30日撮影のヤマモミジ(下2枚の写真)
ヤマモミジは薄い緑~黄~紅とグラデーションが綺麗です。
2_20191201095101

11月28日 撮影のハゼ
遠くから目をひく濃い紅葉に引き寄せられました。
生憎の曇天で、彩が冴えません。
Photo_20191201095105

11月28日 撮影
リョウブ、やはり曇天で残念。反対側の葉は まだ黄色です。
林の入口なので、外側と内側の日当たりの違いでしょうね。
Photo_20191201095108

11月25日 撮影
何の樹かわかりません。
緑の葉の中で数枚が黄葉して落ちていました。
これも、同じ樹なのに葉の形が違います。
Photo_20191201095201  

モミジバフウと言う 最近知った名前の木を探しましたが、この公園にはないのかしら?








 

 

 

 

| | コメント (10)

2019年11月27日 (水)

小鳥と紅葉

昨日も今日もはっきりしないお天気です。
公園にも行かず、植替えも出来ず ・・・
綺麗だった公園の紅葉でJtrimのグラス合成をしてみることに。
ところが、出来ない。
どの写真を使っても、うまく合成できません。
諦めていたところ、ブログを拝読させていただいている方のお写真を見て、これ良いかも・・・
お~なんとか出来そう。
しらこばとさまが大事に育てていらっしゃる「秋華」という紅葉のお写真です。
ありがとうございました。リンクを付けさせて頂きました。

グラスの縁に苦労し、綺麗なお写真には申し訳ないと思いながら、何とか完成させました。
グラスの下の部分をカットし、Wordで描いた小鳥と紅葉を添えました。
3~4年前の小鳥と紅葉&今年2月のメジロさんです。
Photo_20191127152601




| | コメント (6)

2019年11月22日 (金)

初冬の公園

きょうは これから雨、寒い一日になりそうです。
もう、目に見えない細かな雨が降り出しました。
公園の体操はありません。
黄かのこ(百合)の植替え、句会などで、昨日一昨日と欠席したのできょうは行こうと思っていたのに~
公園の紅葉が始まりました。でも、まだ、少し早いのかな?

子どもの広場のイチョウは、ウォーキングコース沿いのイチョウより少し早そう。
ドウダンツツジの鮮やかさに惹かれますが、逆光で見る紅葉がとても綺麗です。
11月14日 撮影
1_20191122092001

時計塔から芝生の丘を下ったところにある榎の黄葉。
ウォーキングコースで 目立ちますね。
11月15日 撮影
Photo_20191122092104

未だ青い実のトベラ。
あとひと月も経てば、三つに割れて真っ赤な種が見えはず。
11月15日 撮影
Photo_20191122092101

体操をしている場所のプラタナスです。
今年は実が少ないのかな?
11月17日 撮影
Photo_20191122092102

池周りの紅葉を1枚撮ったら カメラの電池切れ。残念(>_<)
11月17日 撮影
Photo_20191122092001

用事があって、体操後の散策はせず、出口で信号待ちをしていたら、あら、いつの間に…山茶花が沢山咲いていました。
園内には白い山茶花もありますが、咲いているかな?
11月18日 撮影
Photo_20191122092105

紅葉が綺麗になったね。と会員のSさんに声を掛けられて、一緒に散策することに。
すぐ後からNさんも加わって、おしゃべりしながら歩きました。
途中でKさんを見かけて、4人に。
家にいると誰とも話すことが無いので と通っていらっしゃる方も多いです。

マラソンには良い季節。
よくマラソン大会が開かれておりますが、この日は高校生が走ってました。
木立の中の黄葉も明るい。
11月19日 撮影
Photo_20191122110301

時計塔からのイチョウが見頃に…
下から賑やかに小学生の一団が上って来ました。
11月19日 撮影              
Photo_20191122092002

リュックを一纏めにして、皆さんお出かけ中
11月19日 撮影
1119

この日の散策はここまで。
歩数は少ないけど、会員の方とお話しできて良かったです。

紅葉はこれからが もっと綺麗になると思います。








 

 

 

 

 

| | コメント (4)

2019年11月13日 (水)

武蔵御岳山 ハイキング

11月9日、句会仲間とハイキング。
今回は5名、武蔵御岳山に行きました。
風もなく、穏やかなハイキング日和。

JR御岳駅からケーブルカーの滝本駅までバスで10分。
ケーブルカーで御岳山駅まで約6分。
御岳平(御岳山駅)から山頂の神社までは歩いて30分ですが、私たちは、少しだけラクをしたいとリフトに乗って展望台へ。
前回のリフトはいつだったか?
眼下の市街地と遠く山並みを眺めながら 展望台で一休み。
1_20191112163401  

展望台から歩いて5分。パワースポットの産安社(うぶやすしゃ)です。
産安社は御嶽神社摂社で、御祭神の三柱がお祀りされており、脇にある御神木は「子授檜」「安産杉」「夫婦杉」です。
拝殿正面の写真を撮らなかったのが残念。
2_20191112163401

子授檜は二股に開かれた根元とそこへ突き刺さる幹が男女和合のしるし。安産杉は大地に力強く根を張り長寿を、開かれた幹は安産を、分かれて伸びる枝々は子孫繁栄を表している。夫婦杉は男性は女杉を女性は男杉を触りながら木の間を通ると良縁がある。とのこと。
3_20191112163401

産安社の左手、名木巡りの二本檜を仰いで、更に進むと鮮やかな紅葉の中に四阿があり、ここがカタクリの群生地とのこと。5人揃って記念写真をと思っても、他に人影は無く…ほとんどの方が、表参道に行きましたね。
Photo_20191113150801

山道を下って私たちもビジターセンターの所から表参道に出ました。
参道には御師集落点在し、宿坊は25軒あるとのこと。売店もありました。
上り坂の曲がり角にあった大きなケヤキ。
神代ケヤキです。
社伝にいう 日本武尊東征の昔から生い茂っていたと案内板にありました。
5_20191113151101

見えて来ました随神門。御岳神社の入口です。
ここで、おやつタイム。
休憩後は、250段の石段ではなく、石段右手にある女坂を上りました。
3枚目は紅葉が綺麗だったので随神門(裏側)を女坂から… 
6_20191113151101

急な坂道を上ること10分
御岳神社旧本殿の石柱が建ち、荘厳な趣の常盤堅盤社(ときわかきわしゃ)が見えました。
その先には大口真神社(おおぐちまがみしゃ)。
案内板によると、日本武尊が東征の際、御岳山の山中において狼に難を救われ、その際に「この山に留まり、地を守れ」と仰せられ、以来、御嶽大神とともに「おいぬさま」とあがめられたとのこと。(中略)「おいぬ」は「老いぬ」にも通じて、健康・長寿の神、戌は安産・多産な事から安産・子授けの神として信仰を集めている。と
7_20191113151101

標高929mの御岳山頂に建つ御嶽神社
境内には本殿・拝殿をはじめ、数々の神を祀るお社が建ち、宝物殿もありました。
8_20191113151101

参拝後 石段を少し下ったところから右にそれて、長尾平へ向かいました。
開けた場所に展望台、売店などあり、ベンチもたくさんあって、憩いの場ですね。
紅葉も綺麗。
日の出山とそれに続く山並み、眺めも良く、おにぎり・お菓子・果物などで昼食。
句会の事など色々と2時頃まで話し合って帰路につきました。
帰りもケーブルカーで…
私としては歩いて下山したかったけどね。                         
10_20191113151101

カタクリ群生地から長尾平への道には 所々に竜胆が咲いていました。
ビジターセンター付近に咲いていたシュウカイドウ、
御嶽山駅付近で見たノコンギク、
やはり、自然の中で咲く姿がイイですね。
9_20191113151101


            



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

| | コメント (6)

2019年10月29日 (火)

ツワブキとハナバチをJTrimの枠で

きょうは朝から一日中雨でした。
朝のゴミ出し以外は一歩も外へ出ず。
急に思いついて、久々にJTrimで遊びました。

昨日 公園で撮った写真を使いました。
咲き出したツワブキの花に来たハナバチ。
ハナバチを画像検索したら、まあなんと種類の多いこと・・・

JTrimは  末摘む花 さまの「◎で作った円形レース模様枠」に入れました。
そして、Giamを使ったちょこっとアニメにしてみました。
画像をクリックすると別ウインドウで動きます。
Tuwabikito

元画像です。 
C_20191029214101

B_20191029214101

A_20191029214101

もうひとつ
三椏に蕾が出来ていたので、やはり末摘む花さまの「桜の枠2011」に入れました。
今から春が楽しみ・・・
Photo_20191029214601

 


 

 

 

 

 

| | コメント (6)

2019年10月14日 (月)

ベランダからの雨漏り

 19号台風は、堤防の決壊、河川の氾濫、土砂崩れなど、甚大な被害を各地にもたらしました。被害に遭われた皆さまには、心よりお見舞い申し上げます。

前日は台風に備えて窓にテープを張ったり、鉢の移動や固定など済ませ、当日は雨戸を閉めたまま、時々玄関から外の様子を見ていました。携帯にレベル3の通知が入り、とりあえず非難の準備もしました。

レベル4になったらと思っていましたが、夕方には主人がもう行こうと・・・暗くなったからでは何が飛んでくるか分からないし、家の屋根が飛ばされたらどうする。と強く言われてしぶしぶ小学校の体育館に避難しました。初めての経験です。
夜の10時ごろ玄関から外を見ると雨も余り降っていない様子。11時過ぎ、壁に積んであった毛布の空のダンボール箱が次々に運ばれていきます。大部屋を覗くと、沢山いたはずの人達が疎らでした。もう、大丈夫と、私たちも帰ることに。

帰宅してテレビを見ると多摩川など 大変なことになっていました。
就寝前(午前1時過ぎ)雨戸を開けたら、まあ、きれいなお月さま! 周りに赤い輪が掛かってました。
十三夜の翌日の月ですね。
道路に すーとライトが走り、何かしらと思ったら、朝刊の配達です。
こんな時間にとビックリしました。

翌朝、1階和室の畳に染みが二ヶ所? 天井を見上げたら、雨漏りしてました。
Spa132057-2

この真上に私が寝ていたんです??? おねしょはしてませんよ(笑)
起きて来た主人言ったら、これはベランダからだと。
畳をあげて、下に張ってあった板を外すと、やっぱり・・・
畳の下はこのようになっていたのですね。はじめてみました。
Spa132058

ベランダ側の細く暗い隙間に水が溜まっていました。
Spa132064

雑巾で何度も何度も水を吸い取りました。
Spa132063-2

水を取り除いた後は、小型扇風機で乾かしました。
天気も良く 風もあって良かった。
Spa132065

張ってあった板を元に戻し、取り合えず完了。
お疲れ様でした。ありがとう‼
肝心のベランダはどうする?
プロにお任せしたらって言ったけど、主人は自分でやるつもり。ホームセンターで刷毛やら塗料やら色々と買ってきたみたいです。
「大工さんのようなことも出来るのね。」と言ったら、「昔、色々なバイトをしたからね。」って。
Spa132067

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (10)

2019年10月 3日 (木)

高麗 巾着田の曼珠沙華

10月1日 俳句仲間6人で高麗の巾着田へ行きました。
啓明荘の「お餅つき」の予定でしたが、昨年の12月で終わったとのことで変更した結果ですが、曼珠沙華は最盛期でラッキーでした。

西武池袋線 高麗駅から歩いて15分ほど。
途中の道端にも沢山咲いていました。
花弁に白い縁取りのある花と薄いピンクの花も2~3本
1_20191003113601

高麗川に架かる鹿台橋から曼珠沙華公園が見えました。
手前で、串団子&酒まんじゅうを買って、川沿いの道を進みます。
左手の土手は一面の曼珠沙華。
途中にアカメヤナギと名札の付いた大きな樹、太い幹。
Photo_20191003113601

かなり進んで、やっと入口に、入場料は300円
曼珠沙華の群生では日本一とのこと。
頂いた散策マップに記載されていた巾着田の地図
Photo_20191003113605
500万本、一面の曼珠沙華!
昭和40年代後半に、巾着田の用地を当時の日高町が取得し、藪や竹林、あしに覆われた現地を整地したところ、9月頃一斉に曼珠沙華が咲き揃い、多くの方の関心を呼ぶようになった。
河川の増水などにより流れてきた漂流物の中に混じっていた球根が漂着し、根付いたものと考えられている。
以上、散策マップに記載された説明の抜粋です。

見事な曼珠沙華に見惚れながら行くと、何人かの方が同じもの向かってカメラを向けています。
かわいいカマキリでした。
人の途切れるのを待って、偶々通りかかった方に、6人の記念写真も撮って頂きました。
Photo_20191003113607

河原でお団子、酒まんじゅう、持寄ったお菓子、果物などで、一休み。
Photo_20191003113701

木立の間に日和田山が見えました。
下の写真は、昨年登った日和田山から見た巾着田(5月)です。
Photo_20191003113606

下流エリアまでは行かず、ドレミファ橋を渡って高麗峠へ向かいました。
高麗峠からは、飯能駅まで歩くより、飯能行のバスが出る宮沢湖へ出た方が良さそうという事で宮沢湖へ向かって歩きました。
Photo_20191003113604

宮沢湖が見えたのに、下った後の道が??
以前来たことのある方が堤防に出たとのことで、畑の脇道らしき(一番下の写真の左端)を上ってやっと宮沢湖に到着。
堤防の黄花コスモスがきれいでした。
ここは、最近(3月)にムーミンバレパークがオープンしましたね。
湖畔で一休みして、私たちはバス停へ、ほとんど待つことなくバスが出ました。
Photo_20191003143001

この日の歩数 1万8400歩でした。

さて、我家のカマキリですが、先日、ピンク猫柳から八つ手に移した後、居なくなったと思ったら、また、ピンクの猫柳に!
あら~ やっぱりこっちが良いのね・・・
と思ったら、その翌日だったかしら?
そうだったのね(⋈◍>◡<◍)。✧♡
余計なことをしてごめんなさいね。
Photo_20191003113602


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (10)

2019年9月28日 (土)

公園の曼珠沙華・木の実 他

公園の曼珠沙華が見頃を迎えています。
例年より遅く、9月20日に2~3輪が咲き出しました。
今年は7月の長梅雨とその後に続いた猛暑が影響したようです。
曼珠沙華は園内の4か所に咲いています。

 国道463号線に面した東側の入口の左手は殆どが白い花です。
9月26日
Photo_20190928195901

東駐車場脇の入口を入ってすぐ、左手進むと右手の土手に咲いています。
揚羽蝶が何故か花に止まってくれません。
9月26日
Photo_20190928195801  

2日後のきょうは開花も進み、揚羽蝶は花から花へと忙しそうでした。
9月28日
Photo_20190928195902

日本庭園の曼珠沙華 
9月26日
Photo_20190928195702

これからは木の実の季節。
樹木の名前を確かめながら歩くのも楽しい。
Photo_20190928195704


トンボも良いですね。
ユリノキに止まったアキアカネ。
Photo_20190928195701

気持ち良く晴れた秋空。
Sp9251819

帰宅してピンク猫柳に見つけた蟷螂。
猫柳では葉が落ちてしまうと思い、でも、手で触ることが出来ないので、塵取りに移らせてから、八つ手の木に移しました。
でも、気に入らなかったようで、いつの間にか居なくなりました。
Photo_20190928195903

次は嫌いな毛虫。
でも、きれいな蝶になるのですよね。
1本の百合の茎に3匹も居ました。
もう殆どの葉が喰われて残っていません。
次に見た時は全て食い尽くし姿を消しました。傍にホシギキョウ、キルタンサスなどありますが、それは好みじゃないのね。
もしかしたら、ルリタテハの幼虫かな?って思います。
Photo_20190928195703

 

 

| | コメント (6)

«蓮の花が終わって・・・